買って実感!Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカーがとてもいい!

The そうじろう です。以前、アンカーの SoundCore ポータブルワイヤレススピーカーを購入して結構満足していました。その一方で、「お風呂用のスピーカーが欲しいな」という物欲が煮えたぎっていたのですね。どうせ買うのなら、ソニーのこれ↓とか思っていたわけです。

ソニーのSRS-X2は、アマゾンでも価格が1万円強するのでちょっと抵抗がありました。

今回もっと安い、AnkerのSoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー を購入しました。これが結構良かったので紹介したいと思います!(アマゾンで、2,999円なのです!)

スポンサーリンク
ad1(336px)

Anker SoundCore Sport 購入の経緯

過去にAnkerのSoundCore ポータブルワイヤレススピーカーのレビューをまとめています。

↓↓↓
低価格! Anker SoundCore ポータブルワイヤレススピーカー をレビューします。

このスピーカー購入当時には SoundCore Sportも検討していました。当時は、小さいスピーカーが欲しいけど、さすがにステレオじゃないとね。と考えました。=Anker SoundCore Sportは除外。

今回は、「お風呂で使えるスピーカー」がコンセプトです。そうなると、安いスピーカーとして、やはりAnkerのSoundCore Sport が候補になりました!

anker_soundcore_sport24

このSoundCore Sportは、Amazonでのレビューの評価もすごく高いのです。やはり、レビューの評価は重要ですよね。ただ、人気投票になりがちなので、「評価がいい」→「僕も買ってみる」→「よかった」→「さらにいい評価が増え信ぴょう性が増す」の繰り返しです。少しイイものは、どんどん評価が上がっていきます。一方、商品自体が平凡なのに故障などがあった場合には、悪評価ばかり集まる傾向になります。メーカーもドキドキですね!

最近は、この Anker SoundCore Sport を hikakinさんが紹介したようですね!(再生100万回ってすごいわ)

SoundCore Sport が届きました!早速、開封の儀!

注文して翌日の朝に到着。アマゾンやってくれますね。僕の所にも Anker SoundCore Sport が届きました!

anker_soundcore_sport1

箱をベリベリと開けると、ビニールでパチッと固定された Anker SoundCore Sport が見えてきます!(↓少し画像を明るくしすぎて色合いがおかしいです)

anker_soundcore_sport2

↓ あれ? ちょっと箱にダメージが・・。まぁ気にしません!

anker_soundcore_sport3

Anker SoundCore Sport UN Black NEW A3182011という記載のシールが貼られています。型番が A3182011なのですね。

anker_soundcore_sport4

以前購入した防水ではないAnkerのスピーカーの型番は、A3102011 でした。Ankerの型番には規則性があるのでしょうか?

↓ 蓋を開けてみると、柔らかい白いビニールに入ったスピカーが見えます。隣の箱にはアクセサリーが入っています。

anker_soundcore_sport5

↓ こちらが内容物です。本体、説明書類、充電用ケーブル、ストラップ です。

anker_soundcore_sport6_c

充電器は付属していません。スマホ用などを使うか別途用意しましょう!

スピーカー本体をチェックします!

SoundCore Sport本体をチェックしていきます。正面はメッシュカバーが付いていて、ANKERのロゴが入っています。

anker_soundcore_sport7

本体上部には4つのボタンが配置されています。奥から、電源ボタン、Bluetooth/通話ボタン、そして音量のマイナス、プラスボタンがあります。正直なところ、これらのボタンは操作し辛いです。(が、大きなデメリットではありません)

anker_soundcore_sport9

上部の角にはストラップ取り付け用のストラップホールがあります。付属のストラップにこだわる必要はなさそうです。

anker_soundcore_sport10

側面の防水カバーの下には充電用の端子と外部入力端子があります。外部入力端子があるので、TVなどのスピーカーの代わりにもできそうです。

anker_soundcore_sport12

防水性を確保するために、この端子カバーの厚みが猛烈に分厚いです。パッキンが二段階になっています。

anker_soundcore_sport13

カバーが分厚いため、充電時などでカバーを開け閉めする際には少し苦労します。

anker_soundcore_sport14

↑本体底面には、製品名(SoundCore Sport)、モデル名(A3182)の他に、各種規格の認証マークが刻印されています。(日本の技適表示もありますね)さらにシリアルナンバーのようなシールも貼られています。

↓ 電源を入れると右上のLEDが点灯します。スピーカーのサイズとしては下の写真のように中央の小さい丸なのかもしれません。(見やすいようにフラッシュを照射しています)

anker_soundcore_sport19

裏側にはパッシブラジエーターがあります。(見やすいようにフラッシュを照射しています)

anker_soundcore_sport20

この背面のパッシブラジエーターの存在によって、”ブリブリ”と低音が出ます。これが平置きしても塞がれないように突起が付いています。

anker_soundcore_sport11

ストラップをつけます。

Anker SoundCore Sport の付属ストラップは、ゴムのような素材です。

anker_soundcore_sport15

手に持ちやすく、また、引っ掛けられるように輪になっています。

anker_soundcore_sport17

残念ながら、フックのようになっていないので若干使いにくいです。大きめのカラビナなどにしたいです。

音質をチェック!A3102と比較します。

Anker SoundCore Sport の音質はどうでしょうか?ここでは、僕持っている、もう一つのAnker SoundCore A3102と比較します。

anker_soundcore_sport23_c

結論から言うと、今回購入した Anker SoundCore Sport A3182 は、元気でパンチのある音を出します!結構好きです!それに対して、Anker SoundCore A3102 は、ステレオスピーカーであるため、なんだかんだ言っても広がりがあります。それぞれ特徴を持った存在です。

anker_soundcore_sport21

聴き比べた時には、Anker SoundCore Sport A3182の圧勝!と思ったほどです。でも、よくよく聴き比べていくと、Anker SoundCore A3102の方が細かい音を優しく再生している事に気がつきます。

Anker SoundCore Sport A3182は、厚みのある音。Anker SoundCore A3102 は、繊細な音。だと思いました。

↓ 音質とは関係ありませんが、子どもがポテトチップスを食べた手でAnker SoundCore A3102 を操作する為か、操作パネルのテカリが気になります。Anker SoundCore Sport A3182 の方は、素材が異なるので、そのような心配はなさそうです。

anker_soundcore_sport22

設定で音が変わるかも。試してみたい設定変更(iPhone編)

アマゾンのレビューを読んでいると、この設定が良かった!という記載があります。少し拾い出してみましたので試してみましょう。

音量の細かい調整ができない

ボリュームのボタンを1回押すだけで、かなり音量が変わってしまい、大き過ぎたり、小さ過ぎたりする場合があります。これについては、「設定」→「ミュージック」→「音量を自動調整」をオンにしておくと細かく調整できるようになるそうです。

確かに、「音量を自動調整」がオフの場合には、消音→レベル1でも結構大きな音になります。

これは設定、必須ですね。

音がキンキンする

「設定」→「ミュージック」→「イコライザ」の下の方にある「small speakers」を選択すると、「キンキンした中高音が抑えられて聴きやすい音」になるという内容もありました。

僕は、「イコライザ」「オフ」の方が好みでした。

聴く音楽などで適切なイコライザがないか、試してみるといいと思います。

まとめ:子ども用、お風呂用、勉強用、お散歩用など、マジでこれオススメ。

今回購入したのは、Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー です。

これからの夏。外で音楽を楽しみたくなる機会も多くなります。

・夏フェス、バーベキュー、キャンプ、ビーチなどのアウトドア
・サイクリング、ツーリング(乗りながら鳴らして良いかはわかりませんが)
・お散歩、外での読書
などなど、どうでもいいシーンでも、このAnker SoundCore Sport スピーカーを持っていけば楽しみが広がります。

・お子さんが音質のショボいスマホのスピーカーで音楽を聴いていませんか?
・お子さんがシャワーの時にジップロックに入れたスマホを持ち込んでいませんか?

このAnker SoundCore Sport スピーカーを買えばこれらが解決します!(ジップロックでの持ち込みは避けられないかもしれませんが、かなり浸水のリスクを避けられると思います)

anker_soundcore_sport25

浴室の物干し竿にかけるのが一般的?乾燥機使用時には取り外しましょう。

The そうじろう としては、このスピーカーを買って少し感動しました。このような低価格の製品で生活や音楽の楽しみ方を変えられるモノなのだなぁ、と感動したわけです。僕は感動しましたが、残念ながら「感動するらしい」と思って買った場合には期待が高くなりすぎて感動しない可能性が高いです。(笑)

このAnker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー のストラップを持って、持ち歩いた時に「うわ〜、これ楽しい」と思いました。パンチの効いたそこそこの音質で持ち運びができるなんて!しかも防水。10時間の再生時間。しかも価格が、2,999円!これは買っておいて損のない商品です!

予算が潤沢で値段は関係なく、防水機能の必要もない方は、威張りの効きそうなボーズのSoundLink Mini を買ってください。価格は約10倍です(笑)!

こちらのBoseの製品もレビューしていますので、興味があれば読んでみてください。

↓↓↓
Bose SoundLink mini Ⅱレビュー。旧型から何気に大きく変化していた!オススメです。

ANKER SoundCore ポータブルスピーカーの紹介記事はこちら。

↓↓↓
低価格! Anker SoundCore ポータブルワイヤレススピーカー をレビューします。

↓↓↓ 充電器もレビューしています!
どれを選べば良いのか?Anker の 2ポートUSB急速充電器を二種類買ってみてわかった事。オススメはこっちだ!