Bose 非純正イヤークッションを試す。(Mudder編)

Bose のヘッドホンを使っていると、イヤーパッド(イヤークッション)やヘッドバンド部分の黒い合皮部分がはげてきます。今までの経験からすると、2年使うとイヤーパッドはかなり劣化します。

ヘッドバンド部分が劣化した場合には修理交換しか修復の手段がありません。修理交換はおおむね定価の半額程度で、新品同様となる点で考えるとおトク感がありますが、やはり費用負担としては辛いものがありますので、ギリギリまで修理交換には出せませんね。

さて、今回は、自分でもできるイヤーパッドの交換です。(汚写真で申し訳ありません)
Bose AE2w

AE2w(ワイヤレスのアラウンドイヤー初期型)なのですが、イヤーパッドの表面がはがれて来ているのがわかるでしょうか。
このAE2wは、本当はこの間モニターで使ったSounLink around-ear wireless headphones Ⅱ がスゴくよかったので買い換えたかったのですが、もったい無いので、もう少し使おうかということにしました。
モニター時の記事はこちらです。>>  これは欲しい! Bose SoundLink around-ear wireless Headphones Ⅱ をレビューします。

スポンサーリンク
ad1(336px)

イヤーパッド(イヤークッション)の価格がBose純正品は高い!

AE2wのイヤーパッドは、オンラインストアで購入できます。価格は 5,000円(税抜 ペア)です。
5,000円!!高いですよね!?
>> Bose AE2w Bluetooth headphones のアクセサリー/付属品のページ

一方、アマゾン等を見ていると、純正ではないサードパーティのイヤーパッドが売られています。
Bose イヤーパッド をアマゾンで見てみる。↓ このような茶色のパッドもあります!

しかも、(当然?)サードパーティ製 の イヤーパッドは安いわけです。安いモノでは 550円(!)からあります。レビューを参照しますと、さすがに、550円のモノは、みなさん苦労されているようです・・。
Bose QuietComfort 15 対応交換用パッド バルク(簡易パッケージ)品 QC15, QC2, AE2, AE2i 対応

今回は、サードパーティ製を割り切って購入〜!

うーん、純正は高いし、サードパーティ版は価格は安いけど品質がなぁ・・と思い、悩みましたが、今回は「まぁ、ネタとしてサードパーティ製Boseのイヤーパッドを買ってみましょうか!?」と割り切って買ってみました〜!

今回僕がチョイスしたのは、↓ こちらの Mudder 交換用イヤーパッド 2点セット 黒色 Bose Quietcomfort 2 / 15 / 25, Ae2, Ae2i対応可です。

何故これを選択したか、すでに理由は思い出せなくなってしまいました。価格と、写真の見た目等から判断したのだと思います。

Mudder 交換用イヤーパッドが届いたので、開封の儀!

Amazonからは内部がエアキャップになっている封筒で届きました。

その封筒から出て来たのは、ビニールに入ったイヤーパッドです。説明書等なく、非常にシンプルです。

Bose EarPad2

Bose EarPad

ヘッドホン内部に貼付ける布もついていますね。
↓ 内容物としてはこの写真の通りです。Bose EarPad3

↓ よくよく見ると、やはり作りの甘さを感じます。ちょっとノリがはみ出しているような・・。

Bose EarPad4

純正と比較!

Bose AE2w から取り外した、イヤーパッドと比較してみました。
Bose EarPad5

クッションの色が Bose 純正は黄色。今回の Mudder 製(上の写真右側)は青。
内部クッションが見える部分の丸の部分の大きさが違います。

↓ 左が純正。右が今回の Mudder 製のものです。純正の方は少し形が崩れてしまっているようです。

Bose EarPad6

下側が今回のMudder製。上がBose純正(中古)のイヤーパッドです。この写真では、イヤーパッドの厚さを比較しました

Bose EarPad7

クッションはやや硬め。内側の耳が当たる部分が気になる。

実際に装着してみるとBose純正でないためのクッションの硬さをシミジミと感じます。クッションが硬く、記憶に残る純正イヤーパッドと比較すると、密着感が弱くてヘッドホンが少し浮いているような印象になります。つまり、フィット感はイマイチです。

某ブログさんで 1.5倍堅い という表現をされていましたが、その通りだと思います。

イヤーパッドの耳部分の穴のサイズは、純正とそれほど差はないと思うのですが、実際に装着してみると、耳がキツイように感じます。結局はイヤーパッドのクッションが硬いが故に、耳に当たっている部分がBose純正の時よりも気になるのでしょう。でも、それほど気にするほどではありません。

悪い事ばかりではない。音が良くなった気がする!

クッションが硬い。素材表面が硬い。という悪い事ばかりでもないのです。
気のせいかもしれませんが、音質が変わりました。低音が、より鳴るようになったし、高音も聞こえて来るように感じます。
いや、コレはひょっとすると、いわゆるプラシーボ効果なのかもしれない。いや、この場合には、プラシーボ効果とはいわず、単に勘違いというのが正しい表現か・・。

ただ、自分の中では根拠があるのです。

純正と比較すると、この海賊版は、パッド全体が堅くなり、さらにクッションの穴が少なくなっています。故に、BOSE純正のイヤークッションよりも音が吸収されなくなるはずです。そのため、しっかりと耳に音が伝わると考えられます。これは例えば、スピーカーの下にレンガやブロックを置いて、音質を向上させようとするのと同じです。これによって 聞こえてくる低音、高音が変わっていると考えられます。

最後に。

この記事を書きながら、イロイロと見ていると、↓この、univerc のものがセールで安くなっていてレビュー評価もよさそうでした。イヤーパッドも結局製造元は同じかな?と思いますが、慎重に選んで下さいね。
【univarc】Bose QuietComfort 15 対応交換用パッド◆QC15, QC2, AE2, AE2i 対応(univarcオリジナル) 安心安全保証付き 1280円のセール価格!

お金に余裕があれば折角なのでBose純正のイヤークッションを、たまには(お金がもったいないので)浮気を、という場合には非純正のイヤーパッドを購入するといいのではないでしょうか。このあたりも、オーディオの楽しみの一つですね!イヤーパッドが高いからと、別のヘッドホンを購入してしまうのは本末顛倒だと思いますので・・。

スポンサーリンク
ad1(336px)
ad1(336px)

本記事を気に入っていただけたら、シェアをお願いします!

The そうじろう をフォローしてみるなら↓ 下のボタンからどうぞ!