「これ、好き」で選んだ VAIO C15 を紹介します。

バイオ株式会社のパーソナルコンピューター VAIO C15を購入しました。インターネットで VAIO C15の情報を見た瞬間に、「これは買い!」だと思いました。

このユニークなカラーリングは、それだけで購入する理由のある製品ですよね!
ソニーストア
ソニーストアでオーナーズモデル(BTO)の最安値が、66,800円(税抜)〜 と価格も手ごろです。最近は低価格なPCが多く、パソコン選びに悩みがちですが、「VAIOである」という事もあり、選びやすい製品です。

実際に購入し、届きました。まずは外観などの情報をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク
ad1(336px)

VAIO C15 は、店頭販売モデルとオーナーズモデルが存在

VAIO C15には、店頭販売モデルとソニーストアでスペックを自分で選ぶことができるオーナーズモデルとが存在します。僕はソニーストアでスペックを選んで注文をしました!

VAIO C15 店頭販売モデル基本スペック:

■OS:Windows 10 Home 64ビット
■プロセッサー:インテル Celeron プロセッサー 3215U
■グラフィックアクセラレーター(統合型):インテル HD グラフィックス
■メインメモリー:4GB(最大:16GB)
■液晶表示装置:15.5型ワイド(16:9)、HD 1366 x 768、アンチグレア
■ストレージ:HDD 1TB
■LAN:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T x 1、無線LAN:IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠、Wi-Fi 適合、WPA2対応
■インターフェイス:SuperSpeed USB (USB 3.0) port 給電機能付き×1、SuperSpeed USB (USB 3.0) port×1、Hi-Speed USB (USB2.0) port×2 、HDMI出力×1

↓ ビックカメラ.comへのリンクです。 税込:102,373円 ポイント 1,023ポイントです。
icon
icon
15.5型ノートPC[Office付き・Win10 Home・Celeron・HDD 1TB・メモリ 4GB] VAIO C15 イエロー/ブラック VJC15190411Y (2016年7月モデル)
icon

この価格だと、量販店で購入するメリットがあまりなく、ソニーストアでの購入の方がいいかな?と思います!

僕が購入した組み合わせはコレ。

僕は、あまり難しく考えずに店頭モデルと同等のスペックにしました。

OS

OSは、Windows 10 Home 64ビット。(+0円)

カラー

オレンジ/カーキを選択しました。
ソニーストア
ホワイト/カッパー、ネイビー/グレー もいいのですが、VAIO C15 らしさを出すには、オレンジ/カーキまたは、イエロー/ブラックでしょう!
ソニーストア
いえ、もちろん気に入った色の組み合わせを選べばいいのです!(+0円)

プロセッサー+ディスプレイ

液晶モニターは、フルHDを選択するかどうか悩みました。画面は15インチですので、解像度は高い方がいいです。ですが、フルHDにする場合には、+27,000円アップなのです。そこまではお金がかけられないのでフルHDは断念しました。Core i3-5005U(2.0GHz)でも+20,000円アップでしたので、プロセッサも一番安い Celeron-3215U(1.70GHz)に決定。(+0円)

メモリー

メモリーは4GBのまま。+5,000円で倍の8GBになるので、余裕があれば多く積んだ方がいいでしょう。メモリーの増設については、説明書にもメモリーモジュールへのアクセスの説明が書かれているため、後から増設が可能なようです

HDD

HDDは1TBのハイブリッドドライブを選択しました。容量よりも、スピードアップをしたいと考えたためです。多分、1TBを使い切ることはないため、500GBのままでもよかったかなぁと思ったりもしています。500GBのままでメモリーを8GBにした方がいいのかもしれません。

通常の1TBとハイブリッド1TBとでは、起動時間が大きく異なるようです。ハイブリッドにすると起動時間が半分になるそうです。(+7,000円)

ワープロ・表計算ソフト

Officeを付けました。これがなければかなり安く仕上がるのですが、ライセンスがないため、購入。Office Premium か Office 2016 のどちらかが選択できます。

どちらでもよかったのですが、最新版が使える!という理由だけで Office Personal Premium
プラス Office 365 サービス(+18,000円)を選択しました。Officeは最新版に変わると(UIに慣れるのに時間がかかるため)使いにくくなるパターンが多々あります。Officeの選択は慎重にした方がいいかもしれません。

合計金額は・・・

商品合計金額 :91,800 円+税 です。税込 99,144円です。

(66,800円+HDD 7,000円+Office 18,000円=91,800円)

このスペックで、高いといえば高いような気もしますね!

ただし、他のブランドで60,000円程度のパソコンを買った場合には、使えはするのでしょうが、モノとしての残念感が怖いので、僕としては、VAIO C15が最良の選択でした!

VAIO C15 開封の儀

VAIO C15が届きました。↓ 結構大きいです。

vaio_C15_1

ダンボールを開けてみます。バカッ!

vaio_C15_2

緩衝材をどかしてみると、ようやく中身らしいモノが出てきました。

vaio_C15_3

中身を並べてみます。↓一番大きい箱がVAIO C15です。右上の白いVAIOの箱はキャンペーンでいただいたマグカップです。

vaio_C15_4

それでは本体の入っている箱を開けてみます。パカッ。

vaio_C15_5

中からさらに黒い箱が・・。VAIOロゴが入っています。

vaio_C15_6

↓ それでは黒い箱を開けてみます。緩衝材が見えます。

vaio_C15_7

↓その緩衝材をどけると・・。白い袋に入った、VAIO C15が見えます!

vaio_C15_8

↓ VAIO C15本体とACアダプターです。VAIO C15の上に置いてあるのは、サイズ比較のための iPhone 6です。

vaio_C15_9

ジャジャーン!↓ 綺麗です!

vaio_C15_10

VAIOのロゴがキレイです!

vaio_C15_29

開けてみます。パカッ。

vaio_C15_11

ンフ。このキーボードのツートン具合がいいですよね!

vaio_C15_12

写真では色をうまく再現できていないのですが、パソコンでこの色ありはいい感じです!満足!!

キャンペーンでもらえるマグカップを紹介します!

VAIO C15を購入するともらえる、マグカップを紹介します。このマグカップペアなのです。

vaio_C15_31

白と黒・・ではなく、白とネイビーですね。

vaio_C15_32

底面には、VAIO Corporation、VAIO C15 Special mag、2016 made in Japan というプリントが!プレゼント品でも日本製ってすごいですね!

vaio_C15_30

マグカップは、期待していなかったのですが、結構嬉しい商品でした!

数量に限りがあるので、早めに VAIO C15 を注文しましょう!

VAIO C15 の各部を紹介!

電源ボタン部分です。電源ボタンの隣には、Numロック、Caps Lock のインジケーターがあります。

vaio_C15_17

タッチパッドは表面がザラザラしたタイプです。意外とこの感触とカーソルの追従性が好印象です。これは使える!と思います。

vaio_C15_15

キーボードの左下にも VAIO ロゴがプリントされています。

vaio_C15_16

キーボードはフルサイズ。テンキー付きです。キータッチは、MacBook系の方が好みですが、特に不満なく使えそうな品質です。

vaio_C15_21

Enterキーも大きくて使いやすそうです。

vaio_C15_18

画面上部には、内蔵カメラが付いています。(ちょっと怖いから目隠ししちゃおうかな・・)

vaio_C15_19

最も気になるディスプレイはどうだ!?

ディスプレイは15.5型ワイド なのに、解像度低めのWXGA(1366×768ドット)です。Yahoo!ジャパンのトップページの表示は↓このイメージです。

vaio_C15_25

正直な所、ちょっとした角度で見えにくくなります。品質としては高い部類ではありませんが、10万円以下で購入できる通常のPCと同レベルと考えます。

少し残念だったポイント。

せっかくのおしゃれなボディなのですが、少しだけ残念だったポイントがあります。

液晶側の角の仕上げが今ひとつキレイではありませんでした。もう少しキレイにならんかなぁ・・と思いますが、価格帯を考えるとこんなものかな・・、と妙に納得したりします。

vaio_C15_27

程度の差はありますが、反対側の角も同様です。

vaio_C15_28

個人的には気にならないので、このままで納得です。

リカバリーメディアの作成にはUSBメモリーが必要です。

説明書によると、CD、DVDでのリカバリーメディアの作成はできないそうです。

USBメモリーが推奨されています。さらにUSB2.0対応のUSBメモリーで16GB以上、32GB以下の要領である必要があります。

僕は、しっかりと説明書に書いてある通りのスペックの商品を購入しました。1,000円強の価格でした。

VAIO C15 ってオススメ?

見た目がかわいくて、画面が大きくて、キーボードもフルサイズで、タッチパッドがうまく使えるタイプで、光学ドライブが付いていて、SDカードが読めて、HDMI出力が付いていて、迫力あるスピーカーが付いていて、そして低価格!

全てを満たした VAIO C15。用途に合わせてパソコン選びも変わると思いますが、家庭で使うにはちょうどいいスペックだと思います。他の低価格パソコンを買うよりも満足度は高いと思います!

購入にあたっては、スペックを自分で選べて、かつ3年保証が付くソニーストア(オンライン)がオススメです!

↓↓ソニーストアへのリンクです。
パーソナルコンピューターVAIO(VAIO株式会社製) VAIO C15(VJC1511)
icon
icon
icon

ソニーストア

スポンサーリンク
ad1(336px)