ガス給湯器(熱源機)の交換。24号給湯器を松下電器産業製からリンナイ製に。

10年に1度の祭典!(熱源機と呼ぶらしいのですが)給湯器を交換しました。それなりに費用がかかりました!この情報が他の方の役に立つかどうかはわかりませんが、ざっくりとした費用感、実際に交換してみた結果についてまとめておきます。(素人&個人の経験、判断です。また、環境や設置場所などによっても結果が変わるかと思います。ご参考程度にお読みください)

changed_kyuto1

AT-4299ARSAW3Q-C

冷蔵庫、洗濯機、エアコンなど10年に一度クラスの設備の交換は家計に大きな負担を強います。計画的に準備しておかないと・・・ですね。

スポンサーリンク
ad1(336px)

給湯器交換の経緯

マンションに住んでいて、築10年を超えています。今年の春頃からお湯が出なくなる事がありました。春なので、まだ気温も低く、さすがにシャワー中に水が出てくると耐えられません。

この時はエラー番号がリモコンの表示パネルに表示されていましたので、一度東京ガスに来てもらって「もう寿命ですからねぇ・・」と言われつつ、エラー番号に対応する部品を交換しました(確か1.7万円位でした)。

しばらくは調子が良かったのですが、完治はしていなかったようです。たまに湯温が下がります。

それでは給湯器の交換を・・と思い見積りをし、9月になってようやく交換しました。かなり間が空いてしまったのは、夏場はお湯の出が調子良かった事もあり、緊急性が下がってしまったのです。

9月に入って気温が下がり出すと、湯温の安定感が若干下がってきました。「これはまずい。寒くなる前に交換せねば!」と思い、交換してもらいました。

各業者さんの給湯器見積金額の紹介。

給湯器の交換、特に床暖房や浴室乾燥機も動かすタイプの場合には費用がかかります。安いお店ではメンテナンスが・・という話もあります。

比較したのは、① マンションで斡旋しているメンテナンス会社。②インターネットで販売している「湯ドクター」。③ 定期的にチラシを入れてくる業者さん(以下 「チラシ業者」とします)。の三社です。

見積の前提条件

交換前に使用している給湯器は、松下電器産業製の AT-4299ARSAW3Q-C です。製造年度は2001年でした。長期に渡り、給湯していただきありがとうございました!

changed_kyuto2c

いわゆる、24号になります。ベランダ設置です。上部の排気口は、丸いタイプでした。(ページ頭に掲載した写真の通りです。

浴室への給湯(お風呂、シャワー)、台所、さらに 浴室乾燥機、TES床暖房へもつながります。

① メンテナンス会社

メンテナンス会社が斡旋している商品です。緊急時の仮の給湯器無料貸し出しなど、手厚いサポートを期待できそうです。

熱源機 ノーリツ GTH-244AWX3H-T-1
リモコン RC-D112
床暖房リモコン RC-D804C
排気アダプター 100−Z1
延長保証(7年)・・・あり

335,000円(税込)

② 湯ドクター

知人から「「湯ドクター」安いよ!」と聞いていたので、湯ドクターでも電話で見積もりをお願いしました。現在の機種や設置場所を説明すると、簡単に金額を教えてくれました。(実地確認をした最終的な見積もりではありません)

熱源機 リンナイ RUFH-V2403AT-3(B)
延長保証(7年)・・不明

305,000円(税込かどうか不明)

③ チラシ業者

リンナイの RUFH-V2403SAW2-1を 65%オフで紹介しているチラシ業者です。本体価格としては 135,800円 (税別)で、さらに工事費等 45,000円(税別)で紹介しています。ここまでの費用の単純計算で、195,264円(税込)です。

実際に家の中を見てもらって見積もりをした結果が以下の内容です。チラシではオートでしたが、フルオートに変更。床暖房リモコンをプラス、アダプター費用も入りました。

熱源機 リンナイ RUFH-V2403AT-3(B)
リモコン MVC-120V(T)
床暖房リモコン FC-W09DR
延長保証(7年)・・なし

231,000円(税込)

ガス代が安くなるエコジョーズというのもありますが・・?

他に、よりガス代を抑えるエコジョーズもありますが、10万円程度費用が上がります。この初期費用と10年間で低減されるガス代とを比較しましょう!我が家の場合には、トントンという試算でした。途中で給湯器が壊れるかもしれない事などを考えると、投資に見合ったリターンは得られないため検討の対象外としました。

The そうじろう の決断・・

前記のような三社の見積でした。中途半端な価格だった ②の「湯ドクター」を選ぶ理由はありません。フルサービスが望める①の33.5万円か、③の23.1万円 の勝負になります。

また、①はノーリツ、②はリンナイです。ノーリツとリンナイとで差があるのかはわかりませんが、知恵袋的には、故障率はリンナイの方が低いらしいです。(ただ給湯器と熱源機とでは違うような話も・・)僕の中では、ノーリツの方が個人的には印象がいいかも・・というレベルです。

延長保証のあり、なしはありますが、そもそも10年間は動く設計をされた商品なのです。だから7年という10年に対して余裕を見た保険商品が成り立つわけです。(保険料は1万円程度のようです)

このような将来か”かるかもしれない”費用に保険を無理にかける必要はなし!と判断しました。結果、最も安い見積だった、③ チラシ業者 の 23.1万円 を選択しました!

交換前後の状態を紹介します。

まずは、給湯器の外観です。交換前の松下電器産業製の AT-4299ARSAW3Q-C の写真は、本記事先頭に掲載しています。こちらは、↓交換後のリンナイ RUFH-V2403AT-3(B) です。

changed_kyuto5

リモコン(浴室)の比較

浴室のリモコンを比較します。

交換前

↓交換前の松下電器産業製。こうして見てみると、年季が入っていますね・・。電源が入っているかどうかをバックライトの点灯で見ていたのですが、正直見づらかったです。(お風呂ではメガネを外していて表示が見えにくいのです)

changed_kyuto9

フタを開けると、各種スイッチが配置されています。

changed_kyuto8

交換後

↓交換後のリンナイ製。高級感は下がりますが、表示が光っていて見やすく、また音声で説明があるのも嬉しいです。運転入/切ボタンが右下に配置されており、入り口から遠くなってしまったのがデメリットではあります。(スイッチの反転バージョンがあればいいのですが・・)

changed_kyuto16

給湯温度の変更も、フタを開ける事なく上下ボタンで調整可能です。(浴槽内の風呂温度はフタを開けて「ふろ温度」ボタンを押してから上下ボタン操作になります)

changed_kyuto17

リモコン(台所)の比較

交換前

↓交換前の台所のリモコン(松下電器産業製)

changed_kyuto10

フタを開けてみると・・。

changed_kyuto11

↓ ここに注目!(「運転切/入」ボタンが取れています)

changed_kyuto12

交換後

↓交換後のリンナイ製。こちらも音声でおしゃべりしてくれます。

changed_kyuto13

キッチンのリモコンについては、交換後に家内よりクレームが・・。「電源が入っていないと時計が表示されない!」とのこと。結構このリモコンの時計を見ていたそうです。

交換時に注意点として確認した方がいいでしょう。

リモコン(床暖房)の比較

交換前

↓交換前の松下電器産業製

changed_kyuto6

changed_kyuto7

交換後

↓交換後のリンナイ製の床暖房リモコンです。現代感のあるデザインです。

changed_kyuto14

↓ タイマーの時刻設定も簡単そうです!

changed_kyuto15

まとめ

僕の場合は、安心感を捨ててコストの安い業者さんをチョイスしました。このあたりは、それぞれの価値観、考え方、業者さんとのおつきあいの度合い、予算 によると思います。

現在のところ、リンナイ製の熱源機で元気にお湯が出ています。リモコンなども、もう少し落ち着いた雰囲気が希望なのですが、僕としては見やすいので特に問題はありません。

唯一NGだったのは、台所のリモコンで給湯をオフにしている時に時計が表示されない事でした。

全体としては、特に問題はなく、支払いもおさえられたため、今回のチョイスでよかったかな、と思っています。とにかく今は安定してお湯が出ることが嬉しいです!

検索でこのページにたどり着いた方は、コストを気にされているのだと思います。この情報が、そのような方への参考となれば幸いです。

*各業者さんの具体的な会社名等についてはコメント等で問い合わせ頂いても公開しません。ご容赦いただきたく、よろしくお願い致します。

↓ 見積もりはしていませんが、給湯器は楽天市場などでも安く販売されているようですね。(ちょっと驚きです)

スポンサーリンク
ad1(336px)
ad1(336px)

本記事を気に入っていただけたら、シェアをお願いします!

The そうじろう をフォローしてみるなら↓ 下のボタンからどうぞ!