クロックスのワークシューズ(crocs@work) ビストロに、普段使いしやすいギンガムチェックとレッドペッパーがWeb限定先行発売中!

クロックス 公式オンラインショップ による 「2016年秋・冬商品のご紹介」イベントに参加しました! イベントの中で、The そうじろう が「これはイイ!!」と思った クロックス 公式オンラインストアでのみ先行販売中のシューズを紹介します!

多くの商業施設にクロックスのショップ(リアル店舗)は入っているので、わざわざオンラインストアで買う必要がない、と思われがちです。しかし、自宅から注文できる!サイズ・在庫が豊富!そして Web限定商品がある!ことから クロックス 公式オンラインストアicon にはリアル店舗にはない魅力があります。

今回紹介するのは、飲食店で働く方向けに安全と快適性を提供したワークシューズ(crocs@work)の Bistro(ビストロ)の新商品です!Bistro gingham clog (ビストロ ギンガム クロッグ)と Bistro pepper clog(ビストロ ペッパー クロッグ)の二種類がWeb先行発売されているのです!急げ!

crocs_pro27c

Bistro gingham clog (ギンガムチェック 手前)と Bistro pepper clog(レッドペッパー 奥)

そもそも厨房等での着用をメインとしたシューズですが、医療の現場やその他の職場も含めてワークシューズとして人気のビストロです。その便利さから、一部の方は、普段使いされていましたが、今回の ビストロ ギンガム クロッグ と ビストロ ペッパー クロッグ の追加によって、今まで以上に普段使い用として購入されるケースが増えそうです!
クロックス オンラインショップ

スポンサーリンク
ad1(336px)

Crocs@work Bistro とは

Bistro という単語は、フランス語で「気軽に利用できる小レストラン。居酒屋。」という意味です。(出典:コトバンク)Crocs の Bistro は、その名の通りは 飲食店で働く方に使ってもらうワークシューズです。(ワーク用のシューズをCrocs @ Work™シューズ と呼ぶようです)

crocs_pro26

Crocs @ Work™シューズ の基本的な特徴について説明します。
(詳細は、クロックス 公式オンライショップのワークシューズのカテゴリーiconを見ていただいた方が早いのですが。。。)

Crocs @ Work™シューズ ビストロ の特徴

クロックスのワークシューズ ビストロ は、2007年に登場以来、飲食や医療現場に従事する方から根強い支持を受けているそうです。クロックス独自の快適な履き心地、滑らない靴底などの機能をサポートしつつ、作業靴には見えないオシャレなデザインが人気の理由です。

  1. 「クロスライト」素材が快適さと疲労知らずのクッション性を提供
  2. 滑りにくいCrocs Lock™の靴底
  3. 働く環境の条件に配慮した、踵とつま先を覆うデザイン
crocs_pro25

左のブラックがビストロ、右は通常形状のクロッグ

クロスライト素材により長時間の立ち仕事でも疲れにくいのは通常モデルと同じです。また、丸洗いしやすく、乾きやすいのも共通の特徴です。

ここからはビストロの特徴を紹介していきます。

ソールには crocs lock を採用。ISO取得に裏付けされた実力を持つ!

厨房などでは、油で滑りやすくなった床になっているケースがあります。また、洗い物などで床が水で濡れているケースもあるでしょう。

そのような環境に配慮して、ビストロのソールには、crocs lock を採用しています。

↓ビストロの靴底です。細かい溝が刻まれています。パッと見ただけで滑りにくいパターンである事がわかります。

crocs_pro20

↓ 靴底先端に、ISO(International Organization for Standardization(国際標準化機構)) の刻印を発見しました。何かの規格に適合されているようでしたので調べてみました。

crocs_pro8

「EN ISO 20347: 2012 OB, SRC」です。ISO 20347:2012 が ”Personal protective equipment — Occupational footwear” という事で、Occupational = 職業の なので、ワークシューズに関する規格です。

本来ですと、ISOの規格書をしっかりと確認し内容を把握したいところですが、ネット検索してみると、この規格には、OB、 SB、 01、そして S1 から S5 までのランクがあるようです。(こちらの英語サイトを参照しました)刻印に ”OB” の記載がある為、OBランクに適合していると思われます。対応項目の一番少ないのがOBですが、Anti-Slip(SRA/SRB/SRC) に適合しています。

つまり クロックスのビストロ は、むやみに「滑りにくい」と言っているわけではなく、ISO で取り決められた滑り止めの規格を満たした上で水、油などで濡れた床でも滑りにくいと言っているのです!すごい!

ビストロを普段使いする場合、雨の日も安心!という事になりますね!

あなたの足をしっかりと守る為に穴はありません。

クロックスのクロッグといえば、穴。ビストロには、この穴がありません。(クローズドトゥデザインと呼ぶそうです)このクローズドトゥデザインと厚みのあるアッパーにより液体の侵入を防ぐとともに調理器具等の落下からあなたの足を守ります。

crocs_pro22

上側だけでなく、側面も穴がありません。

ジビッツ チャームが取り付けられないのは、ちょっと残念ですが・・。職場には色々な危険があるでしょうし、普段使いであれば雨の日も大丈夫なクロッグとして大活躍するでしょう!軽い洗車でも大丈夫かもしれませんね。

深めのヒールカップが、しっかりと足をホールド

通常のクロッグとの違いとしてあげられるのが、ヒールカップです。

crocs_pro23

↑ ビストロでは、かかと部分が立ち上がっているのです。

↓ 通常モデルと比較してみるとよくわかります。

crocs_pro24

左が通常モデル。右がビストロ。

深めのヒールカップがかかとを包み込みます。また、ストラップをしっかりと使うことでシューズ感覚のフィット感で使うことができます。

crocs_pro19

このヒールカップによって、通常モデルよりも かかと からの水の侵入も抑えられているでしょう!

以上のように、ビストロは、ワークシューズとしての必要な事をしっかりと満たした上で、クロックスを使うことで得られるメリット(疲れにくい、丸洗い可能、オシャレなデザイン)をプラスした魅力的な商品です!

ワークシューズとしてだけでなく、雨でも困らないクロックスとして普段使いしてもいいですよね!

ビストロに関して、購入者のレビューがクロックス 公式オンラインストアiconに出ています。
良い評価(疲れない、滑らない、よかった!)がほとんどなのですが、一部合わないお客様もいるようです。(裏のゴムが剥がれる、疲れる)
個人的には、このあたりの低い評価も表示しているクロックスの公式オンラインストアには好感が持てます。

ビストロ ギンガム クロッグ を紹介!

ビストロ ギンガム クロッグ について紹介していきます。機能性は上述のビストロそのものです。このカワイイデザインをチェックしていきましょう!(ちょっと写真の色味がコロコロと変わっています。実際の色についてはショップまたは、クロックス 公式オンラインストアiconを参照願います)
↓ オンラインストアの画像です。カラーの具合としては、これが正しいかと。
icon
icon
ビストロ ギンガム クロッグ(#204284)
icon
crocs_pro4

crocs_pro5

前から見ると↓このようなイメージです。

crocs_pro1

かかと側はこの通りです。ストラップは黒です。部分部分で直線だったり曲線になったりするところも面白いです。

crocs_pro6

もちろんソールは crocs lock です!

crocs_pro3

ビストロ ギンガム クロッグを履いた状態で見ると、このようなイメージかな・・?

crocs_pro28

ギンガムチェックかわいいですね!

唐辛子!? ビストロ ペッパー クロッグ を紹介!

こちらは赤唐辛子の模様が斬新すぎる ビストロ ペッパー クロッグです。個人的には、「レッチリ」モデルと呼んでしまいたい!

↓ オンラインストアの画像です。カラーの具合としては、これが正しいかと。
icon
icon
ビストロ ペッパーズ クロッグ(#204283)icon

crocs_pro10

「ホワイ!唐辛子!?」・・・正直、斬新過ぎます。

遠目に見れば、赤と黒のウネウネとした模様に見えるでしょう。そして、近くで見れば「唐辛子!? 何これ!? カワイイ!!」となりますよね!

crocs_pro9

描かれているのは、すっきりとしたキレのある辛さを持った唐辛子かもしれません。

crocs_pro13

↓ ストラップは黒です。

crocs_pro11

↓ このストラップを止めているリベットが赤なのもいいですね!イメージにぴったりです。

crocs_pro15

↓ 自分が履いたイメージで。(いやー、自分に合うサイズが無くてですね・・)

crocs_pro29

・・・ガタン、ガタン・・あなたは電車に乗っている。それほど混雑していない車両だ。あなたは座ってスマホで Facebook をチェックしている。「ようが〜、ようが〜」車内アナウンスが用賀駅に着いたことを告げるが、あなたは顔を上げず、スマホの画面から目を離さない。用賀駅で乗車した誰かが自分の前に立った。ふわっと軽く香る柑橘系のフレグランスは嫌味がなく心地よい気持ちにさせてくれる。あなたは思う。「空いているのだからどこかに座ればいいのに・・」あなたはスマホを見たままだが、ふと前に立った男性の靴が視界に入る。その靴は、一瞬芸術作品のような印象だが、実は黒のバックに約60個の唐辛子が描かれた不思議な柄だった。

ビビビ!「運命のヒトだわ!」と、あなたは直感する。

なぜならその時、あなたも Web限定先行発売で購入した、同じビストロ ペッパー クロッグ を履いていたのだから・・。

ハッ!ついつい妄想してしまいました!(汗)

ちなみに用賀が出てきたのは今回参加した クロックス 公式オンラインショップの「2016年秋・冬商品のご紹介」イベントが 用賀 で開催されたからです。

ギンガムもペッパーもWeb限定先行発売です!

やはり人が持っている柄は避けたいですよね。

かぶるのを防止する最善の策は、とにかく早く手に入れて「見て!コレ、買ったの〜!」(=同じモノを買わないでね)のアピールをすることです。

今回紹介した、ビストロ ギンガム クロッグも、ビストロ ペッパー クロッグもWeb限定で先行発売されたばかりです!つまり、今現在持っている人は少ないはずです!

crocs_pro30

一般店舗に展開される前に公式オンラインストアで入手してしまうのがいいでしょう。

クロックス公式オンラインストアでは、新規でのメールマガジン登録で 今すぐ使える 15%オフのクーポンもゲットできるようです!(メールマガジン新規登録キャンペーンページicon

新製品が 15%オフで手に入るなら、結構いい条件だと思います。

オンラインストアであれば、店舗での取り扱いの少ない大きなサイズ等も購入できます。

送料は 無料ではなく 500円かかります。(6,000円以上(税抜)の購入で無料になります!)

「あ〜、送料かかるのかぁ・・」と思いますよね・・?

歩いていける範囲にクロックスのお店がないとすると、電車に乗って買いに行くしかありません。

送料について、いつも思うのですが、お店に買いに行くコストは思った以上にかかります。交通費、移動の為の時間、外に出た事により外食が必要になったり、余計なものを買ってしまったり・・・。

そう考えると、配達の方が家まで届けてくれて500円というのは実は安いのです。(もちろん無料の方がいいですが)

オンラインストアでは、万一、サイズが合わなかったり、イメージが違ったりという自己都合の場合でも返品が可能です。(送料はお客様負担です。その他諸条件はオンラインストアで確認願います)

そもそも、このビストロ ギンガム クロッグも、ビストロ ペッパー クロッグ については、「Web限定 先行発売」ですから今は オンラインストアで買うしかないわけです!

crocs_pro31

ホットペッパー柄は、メキシコ料理、韓国料理などのお店の厨房、フロアーなら当然アリアリですね!(お客様にも受けるでしょう!)

ウィメンズサイズ、メンズサイズまでサポートされていますから、カップルでホットペッパー柄を普段使いに・・というのも可愛いかもしれません。

ギンガムチェック柄は、万能の使いやすさで普段使いできますね。キレイ目デザインでまとまっていますので使いやすいと思います。雨の日クロックスとしても使いやすいハズです。(穴なし、かかとあり、滑りにくい!)

早期ゲットがオススメです!
クロックス オンラインショップ

スポンサーリンク
ad1(336px)
ad1(336px)

本記事を気に入っていただけたら、シェアをお願いします!

The そうじろう をフォローしてみるなら↓ 下のボタンからどうぞ!