電車の広告を見て、パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61-W を購入。その結果・・

The そうじろう(@TheSoujiro)です! 通勤の電車内の動画広告で見て即購入してしまった「パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 白 EW-DJ61-W」を紹介します!(まんまとパナソニックの作戦に引っ掛かりました。うまいなぁ!)

(写真などは、後から掲載していきます!)

電車の中で見た動画は↓このような内容です。「ジェットウォッシャーを使えば、歯ブラシで取り除けない汚れを落とす事ができます。」という内容です。

この動画では、実際の作動音も入っています。電車の中の広告では聞こえない、音について是非チェックしてください。(軽い感じの音に聞こえますが、実際にはもう少しうるさいです)

スポンサーリンク
ad1(336px)

ドツル ジェットウォッシャーの評価。結論から書きます。

電動歯ブラシを二本(音波と回転)、フロス、歯間ブラシを多用している僕が実際に使ってみて感じた事は、「お口の中が気になる方は、購入した方がいいです。悩むだけ損。すぐに買ってしまいましょう!」と言う事でした。買った方がいいですよ!

目安として、8cmx18cm の設置面積さえ確保でき、近くにコンセントがあれば設置できます。価格は現在(8/14)、アマゾンで9,301円です。価格の割にはチャチな印象のモノである事は覚悟してください。口腔内向けのジェット水流を提供してくれる機器です。この製品の本当の価値は見た目ではなく、そこにあります。(イメージ的には、昔の科学と学習の付録のような・・)

このジェットウォッシャーを使い始めてからは、外で何か食べた後などに「早く家に帰ってジェットウォッシャーをしたい!」と思ってしまいます。中毒性がありますね。

据え置き型の ジェットウォッシャー ドルツEW-DJ61 に設置場所が確保できない等の問題がある場合には、ハンディタイプもあります。EW-DJ51は防水の為、風呂場で使用できるメリットの代わりに、タンク容量が小さいためじっくりと作業ができない(水の補給が必要)、意外とサイズが大きい、などデメリットがありそうです。

ハンディタイプのEW-DJ51については、購入していないため何とも言えませんが、アマゾンのレビューなどを確認して自身のニーズにマッチしているかをチェックした方がいいでしょう。

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61 って、どう使うの?

使い方については、パナソニック公式の動画で分かりやすく説明されています。↓YouTubeの動画を3分ほど見てください。

実にキレイな動画に仕上がっています。しかし実際には口腔内の清掃ですので、水が飛び散ったり、食べカスが流れ出てきたりします。若干美化された映像ですが、使い方のイメージをつかむにはいいでしょう。

手に持つ部分は、電動歯ブラシなどよりも軽いです。ふわっとした軽さです。取り回しは軽いため誰でも使えます。

ジェットウォッシャーの音はうるさい? うるさいです。

スイッチをオンにすると、本体が稼働しブルブルブルブルと動作音がします。工事現場の発電機?のような音です。コンプレッサーのような音でしょうか。「ブォーォォウォォォォォ」というイメージです。さらに水を出し始めると「シャーッ」という水流の音も重なります。

初めて使った時には、「何の音!?大丈夫!?」と家人が心配してのぞきに来るほどでした。

作動音はそれなりの音量があるため、洗面所の近くに子どもの部屋がある事もあり子どもの就寝中は使わないように配慮することにしました。

もう、歯みがきはジェットウォッシャーだけでいいや・・と思ってしまう。←ダメです。

ジェットウォッシャーを使っていると、「あぁ、もう歯みがきなんていらないや・・。」と思ってしまいます。それだけの爽快感があるのですが、いやいや違います。

歯みがきを行った後に、歯みがきで取り除けなかった分をジェットウォッシャーで取り除くのです。歯みがきは必須ですよ。

効果を実感するために、洗面所の栓をしましょう。

ジェットウォッシャーを使っても食べカスが取れたかどうかが確認できないと、「使う意味あるの?」と思ってしまいます。使用時には、(ちょっと変ですが)どの程度の食べカスが取れたのかを確認できるように、洗面所の栓をしましょう。

口から出した水に、カスが含まれていれば効果があった、うまく使えている、という事です!

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61 の機能

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61 では、タンクの付いている本体で水流の強さの調整ができます。さらに手元では、ジェット水流バブル水流との切り替えができます。EW-DJ61の機能としてはこれだけです。

個人的な印象では、水流の強さの調整はあまり効果が無いように感じます。(弱くても強くても同じ)ただ、強くすれば水の減りが早いので、調整はされていると考えます。

ジェット水流では、歯間洗浄を行います。(歯と歯のすき間のゴミを飛ばす)

バブル水流では、歯周ポケット洗浄、歯ぐきケアを行います。

僕は、ジェット水流とバブル水流との使いわけが、まだうまくできていないと思っています。もう少しバブル水流を使って、歯周ポケット洗浄をしっかりとやっていきたいと思います!

「2週間で歯ぐきの健康を推進!」その実力は!?

「2週間で歯ぐきの健康を推進!」というフレコミでした。で、ジェットウォッシャー EW-DJ61 を 2週間ほど使ってみました。

いやー、食べカスが面白い程取れる事もあり、毎日欠かさず使っています!

2週間の利用で歯ぐきが健康になったかどうかは、自分ではわかりません。しかし、自分ではとても気になっていた口臭が気にならなくなってきました。(他の人からの印象はわかりませんが・・)

一度、奥歯のあたりから血が出てきて、おっ当たったな!と、血が出ると逆に満足したりして・・。ハレのある部分から血が出たのだと理解しています。

ジェットウォッシャーを使った口腔内清掃が気持ち良い事は確かです!歯周ポケットの汚れも取れ、これで歯周病予防になるのなら安い投資だと思います!

最後に

口腔内(歯ぐきの健康など)が気になる方、歯列矯正を行っている方など、ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61 は、買って損はない製品です!

歯間ブラシ、フロスの使用量も激減するため、トータルで考えると費用としてはそれほどでもないと思います。

まずは、Amazonの製品レビューもじっくりと読んでみてく購入の判断をしましょう!(レビュワーの方からも大絶賛なので、妙な感じかもしれません)