2016年 少し気になる展覧会 (僕用メモ)

このページでは、気になる展覧会をメモしていきます。

僕が、忘れたりしないためのメモです。特に前売り券情報などはお得に見学するために重要なファクターです!

スポンサーリンク
ad1(336px)

【開催中】History on paper -Rupert J. Smith-

ルパート・スミスの展覧会。7月3日まで東京・表参道のhpgrpギャラリー トウキョウで開催。公式HPはこちら

Andy Warholの「ハンマー・アンド・シックル」シリーズ(1977)から正式なマスター・プリンターとして活躍したRupert J. Smith。
以後、1987年のAndy Warhol他界まで、彼のすべてのタブロー、版画作品に携わりました。
今回は「ジャパン・シリーズ~アンディ・ウォーホルに捧げる」シリーズを展示いたします。
もともとAndy Warholが生前に制作し、発表する前になくなった為、Rupert J. Smithの名義で発表したと言われる貴重なシリーズとなります。
この機会にぜひご高覧くださいますようお願い申し上げます。

ミケランジェロ展 6/25〜8/29

パナソニック 汐留ミュージアムにて、2016年6月25日(土)~8月28日(日)。

詳細はこちらで。

ジュリア・マーガレット・キャメロン展  7/2〜9/19

三菱一号館美術館です。公式サイトはこちら

From Life―写真に生命を吹き込んだ女性
ジュリア・マーガレット・キャメロン展

7月2日(土)〜9月19日(月・祝)

ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~ 7/7〜9/11

ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~

僕はナウシカが好きです。金田伊巧の原画の展示とか・・・ないわな。

ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9」~漫画、9番目の芸術~ 7/22〜 The そうじろう!行きます〜。

チケット買ったみましたが、考えてみるとそれほど思い入れはないかも・・。

日付指定のアーリーインチケットを購入しました。

詳しくはこちら

音声ガイド付きアーリーインチケットはないのか・・?

Gallery Lucifer presents「ギーガー-陰翳の廻廊-」

ヴェアニラ画廊にて、7/22〜8/6 開催。公式ページはこちら

映画「エイリアン」のクリーチャーデザインなどで幅広く知られるH・R・ギーガー(1940‐2014)はサルバトール・ダリやロバート・ヴェノーサなどのシュルレアリストとの交流に影響を受け、エロティシズムとグロテスクが交錯する独自の暗闇の質感を生み出しました。
本展ではシュルレアリズムに深い造詣と敬意を表し、デカダン芸術を蒐集する’Gallery Lucifer’のあるじが厳選したギーガーの貴重なコレクション展を開催します。のちのクリーチャー胎動を感じさせる1960年代後半のギーガーの退廃的かつ未来的なモノクロームの創作や、バイオメカノイドなどの彫刻、版画、限定品など、多岐にわたるコレクションを展示いたします。
2014年に帰らぬ人となりしも、なお、私たちの神経系統を刺激してやまない、ギーガーの白黒の陰翳廻廊をご高覧ください。

エイリアンですね!見てみたい!グッズが面白そうですね!

ひつじのショーン展 8/3〜

ちょっと楽しみかも。公式ページはこちら

【開催概要】
「アードマン・アニメーションズ設立40周年記念 ひつじのショーン展」松屋銀座
期間:2016年8月3日(水)~8月22日(月)
会場:松屋銀座8階 イベントスクエア
住所:東京都中央区銀座3-6-1
内容:
ジオラマ展示、原画展示、ひつじのショーン グッズ販売、アードマン・アニメーションズ設立40周年記念グッズ販売

マリメッコ展 デザイン、ファブリック、ライフスタイル 12/17〜

Bunkamura ザ・ミュージアム で開催されます!これも楽しみです!

全国巡回中(現在島根県→西宮→東京です) 公式サイトはこちら

本展は、ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料 などを通して、マリメッコの60年にわたる歴史をたどり、個性あふれるデザイナーの仕事ぶりと活躍を紹介する、国内初の大規模な展覧会です。

なお、9月頃から早期割引チケットが販売されるようです。(Bunkamuraのページに掲載されていました)通常の前売りが 1,200円ですが、1,000円で購入できます!

買い忘れが無いように気をつけましょう!

◆早割チケット◆

【価格】1枚 1,000円(税込)
【販売期間】2016年9月頃より販売予定

スポンサーリンク
ad1(336px)
ad1(336px)

本記事を気に入っていただけたら、シェアをお願いします!

The そうじろう をフォローしてみるなら↓ 下のボタンからどうぞ!