「甲鉄城のカバネリ展 MEETS TOWER RECORDS SHIBUYA」に行ってきた!美樹本晴彦複製原画完売(涙)!

5月15日まで開催される「甲鉄城のカバネリ展 MEETS TOWER RECORDS SHIBUYA」に行ってきました! 入場料 600円の展覧会です。さて、どのような内容だったのでしょうか!

僕は開催初日の5月3日の夕方に行きました。

せっかく行くなら、5月4日の キャストトークイベント(畠中祐(生駒役)、千本木彩香(無名役)がゲスト)を狙った方が絶対に楽しいです。

カバネリ展及びイベントの詳細はこちらで確認してください。

スポンサーリンク
ad1(336px)

タワーレコード渋谷店への行き方

渋谷に着いた!スクランブル交差点に来た!どっちに行ったらいいかわからない!という方のために簡単に行き方を紹介します。

kabaneri_shibuya_1

上の写真の方向に進んでください。↓チラチラとタワーレコードらしきモノが見えます。

kabaneri_shibuya_2

kabaneri_shibuya_3

さあ、タワーレコード渋谷店に到着しました。エレベーターで上に上がります。

kabaneri_shibuya_4

会場は8階です。エレベーターに乗って8Fを押してもボタンが点灯しません。どうやら、8Fに止まらない設定になっていません。平静を装って7Fを押して、7Fからは階段で進みます。この階段も見つけにくいのですが、7Fの女子トイレ方向にあります。

8Fに着くと、エレベーター部分に止まらない旨掲示がありました。しっかり1Fから案内を出さないとダメですよ。

kabaneri_shibuya_6

それでは、会場内を紹介します。行くまで楽しみにしたい方はここでブラウザーを閉じてください。

kabaneri_shibuya_5

会場は、8Fにある、その名も「Space Hachikai」です。約50坪(165m2)の広さだそうです。

入り口で、入場料 600円を支払います。現金のみです。未就学児は無料です。さすがに深夜アニメのためでしょうか、子どもはいなかったです。

kabaneri_shibuya_7

入場料を支払うと、入場者特典の缶バッチもその場でもらえます!さて、今日の運勢は!?

kabaneri_shibuya_33

菖蒲さんでした!他のキャラクターはしっかりとヘッドホンをしているのですが、この頬の物体は・・?・・・あぁ!ヘッドホンを首にかけているのですね!

下のような、撮影禁止マークがあるところでは撮影はNGです。それ以外はOKです。

kabaneri_shibuya_8

会場のイメージは下の図の通りです。

haichi_c

ツラヌキ筒(レプリカ)

入って目につくのが、ツラヌキ筒のレプリカです。

kabaneri_shibuya_9

kabaneri_shibuya_10

kabaneri_shibuya_11

等身大キャラクターパネルと設定資料(複製)

登場人物のキャラクターパネルが設置されていますので、一緒に写真を撮ることができます。キャラクター設定資料(案)も展示されていて、コメントが結構面白いです。

kabaneri_shibuya_35

kabaneri_shibuya_23

「無名」は衣装が多いからでしょうか、設定資料のパネル数が多かったです。

kabaneri_shibuya_21

kabaneri_shibuya_22

個人的にちょっと注目の二人。「鰍(かじか)」と「侑那(ゆきな)」。

kabaneri_shibuya_27

kabaneri_shibuya_24

kabaneri_shibuya_25

レンコン・・。(→実際には、レンコンではなくっていますね)

kabaneri_shibuya_26

荒木哲郎監督による第1話の絵コンテ(複製)

第1話の絵コンテが30枚x(多分)6面に展開されていました。部分的に、カラフルな着色がなされていました。

kabaneri_shibuya_36

kabaneri_shibuya_19

↓ 「荒木哲郎」の隣の隠れているところが非常に気になります!

kabaneri_shibuya_20

イベントスペース

ここで、トークイベントなどが開催されると思います。モニターが設定されていて、予告編のような映像が流れていました。

kabaneri_shibuya_37

キャストコメント色紙

イベントスペースのサイドにCVの方のコメント付きサインが展示してありました。

kabaneri_shibuya_13

メカ設定資料(複製)

メカ・・というか舞台、背景、小物の設定資料になります。さらっとしか見なかったのですが、もっとじっくりと見ておけばよかった・・。

kabaneri_shibuya_30

やはり気になるのは、立体機動装置「背負い機関」。

kabaneri_shibuya_29

甲鉄城のカバネリ展 謎のメッセージコーナー(垂れ幕)

右下にペンが設置されており、誰でもメッセージを書いていいのではないか?と思いますが、よくわかりません。声優トークショーの後などでは、声優さんのサインも入りそうですね。

kabaneri_shibuya_28

トークイベント後など、かなり元気が出てきようです。↓

カバネリ物販コーナー

美樹本晴彦によるキャラクター原案集(1,000円)、および サイン入り複製原画(無名 30枚、菖蒲 20枚 35,000円)は品切れでした!どちらもちょっと狙っていたのですが・・。残念。(えーっと、合計50枚x35,000円で・・175万円・・)

kabaneri_shibuya_15

朝なら在庫があっただけに、出遅れた事が悔やまれます。複製原画・・どのようなクオリティだったのでしょうね。購入できた方が羨ましい!

Tシャツ、バッグ。

kabaneri_shibuya_18

kabaneri_shibuya_16

↓ 手帳型スマートフォンケース。なぜか一列空間が・・。(無名モデルがごっそりと売り切れ・・)

kabaneri_shibuya_14

kabaneri_shibuya_31

kabaneri_shibuya_32

kabaneri_shibuya_17

真っ赤なコラボドリンクを飲まれている方もおられました。ドリンク特典の缶バッチが欲しいような気もしましたが、今回はまぁ、よしとしました。

ラワーレコード渋谷店さんのツィートによると、初日にはなかった、「タワ写」がスタートしたようですね。

ブロマイドも発売開始されました。

結論:カバネリ展、もう少し安くてもいいんじゃない?

このようなイベントがゴールデンウィークに開催されることは、ありがたいなぁと思います。公式サイトにあらかじめ書いてあった内容通りではあるのですが、複製原画、複製絵コンテのオンパレードでは若干不満が残ったのは事実。せっかくの展示だったのでナマモノが見たかったなぁ〜。

(売り切れてしまいましたが)サイン入り複製原画の購入や、イベントの参加、グッズの購入という目的もあれば行ってもいいでしょう。

缶バッチ付きとはいえ、600円かぁ・・もう少し安くてもいいかなぁ・・と感じました。ただ、渋谷でスペースを確保して、スタッフも配置して、物販で売り上げがあるとしても、この程度の入場料は必要なのかもしれません。(僕みたいに何も買わずに帰る人もいますし・・)

数話放送されただけの状況で、複製とはいえ絵コンテ、設定資料を見ることができるのはファンにとって、作品を深く知る為にもいい機会だと思います。もっと深堀したい!という方は足を運びましょう!

#本項 当初「無料でいいんじゃない?」という内容でしたが、少女椿展 1,000円 と比較し、考えを改め、少し表現を柔らかくしました。

基本情報

開催日:2016年5月3日(火)~5月15日(日)
時間:11:00~21:00(最終入場20:30)
※5月4日(水・祝)イベント開催日のみ14:00~
準備が整い次第、前倒して通常営業を前倒す可能性がございます。
※予定変更となる場合がございます。
会場:タワーレコード渋谷店8F「SpaceHACHIKAI」
入場料:600円 ※ノベルティ付き

展示内容:

美樹本晴彦エンディングイラスト複製原画展示
美樹本晴彦ヒロイングラビア複製原画展示
荒木哲郎監督による第1話の絵コンテ
ツラヌキ筒展示
等身大キャラパネル
キャストコメント色紙

B2 リバーシブルポスターは、↓ Amazonでも付いてきますね。

関連記事:話題の「甲鉄城のカバネリ」を見逃した? 今からでも見られる方法を教えます!

スポンサーリンク
ad1(336px)