『描く!』マンガ展 に行ってきた!川崎市市民ミュージアムで開催中〜。

The そうじろう です!川崎市民ミュージアムで開催中の「「描く!」マンガ展 ~名作を生む画技に迫る―描線・コマ・キャラ~ 」に行ってきました。

kaku_mangaten1

正直なところ、まったく期待していない展覧会でした。その理由は、「猛烈にファンです!」という作家さんがエントリーしていなかった為です。

だがしかし!想像以上に充実した内容で面白かったので紹介したいと思います!このマンガ展は、幅広い層で楽しむことができる展覧会です!

スポンサーリンク
ad1(336px)

「描く!」マンガ展 基本情報

展示スケジュール:
○前期:7月23日(土)~8月21日(日)
○後期:8月23日(火)~9月25日(日)
※一部作品の展示替えを行います

観覧料:
一般 800円(640円)
学生・65歳以上 600円(480円)
中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金

リピーター割引:
本展の半券提示で、2回目の観覧料が通常料金の半額になります。
※1回限り有効。他割引との併用はできません。

出品作家:
赤塚不二夫、石ノ森章太郎、手塚治虫、藤子不二雄Ⓐ、水野英子
あずまきよひこ、さいとう・たかを、島本和彦、竹宮惠子、平野耕太、PEACH-PIT、陸奥A子、諸星大二郎

『描く!』マンガ展×なかよし60周年:
創刊60周年を迎えた少女マンガ雑誌『なかよし』とのコラボレーションで、歴代表紙パネルやふろくを展示。お絵描き体験コーナーも同時開催!

『描く!』マンガ展×なかよし60周年:

創刊60周年を迎えた少女マンガ雑誌『なかよし』とのコラボレーションで、歴代表紙パネルやふろくを展示。お絵描き体験コーナーも同時開催!

この「なかよし」とのコラボが結構見ごたえあります。(展示は無料で見学可能です!)

kaku_mangaten3

なんだか、「なかよし」の事をあまり知らなくても胸キュンです!

kaku_mangaten4

付録などの展示がまたいい!どうですか?懐かしかったりしませんか?

kaku_mangaten5

2Fの入り口前にも展示があります。PEACH-PITさんの「しゅごキャラ!」のパネルも!

kaku_mangaten6

こちらも付録類もある人にとっては懐かしいモノなのでしょう!

kaku_mangaten7

お絵描き体験コーナー

お絵描き体験コーナーは、入場したところにあります。(有料エリアです)

kaku_mangaten35

線画の紙が用意されており、備え付けのDELETER社のペンで色付けをするようです。この充実したペンの数々!スゴイ量です!ネオピコカラーという製品です。

kaku_mangaten37

線画としては、↑上の写真のポストカードサイズのモノと、↓下の写真のような絵も置いてあります。

kaku_mangaten36

ガッツリ色を塗っている方もおられました!

それでは「マンガ展」に入場してみます!

kaku_mangaten8c

マンガ展の入場券は2Fのカウンターで購入します。

kaku_mangaten9

チケットは、一般 800円、学生/65歳以上 600円。小学生・中学生は無料です!

観覧料は安いですねぇ〜。一般800円ですが、さらに東急TOPカードなどを提示すると2割引になります!

ロッカーも用意されていて、100円硬貨を入れて鍵を閉めて、鍵を開けると返却されるタイプです。身軽な状態になって見学しましょう!

それでは、チケットを購入して入場します。

kaku_mangaten10

会場内は3つの章に分かれています。

kaku_mangaten11

重鎮が揃う1章は写真撮影不可ですが、2章、3章は撮影可能です!

ここまで撮影可能範囲が広いと、どこまで撮影するべきなのか?本当に撮影が必要なのか?がわからなくなってきます・・。(贅沢な悩みですね)

↓ 下のは展示されている作品のリストです。(原画、複製原画の種別も記載されています)

kaku_mangaten12

1章 すべての夢はペンと紙からはじまる

1章では、手塚治虫やトキワ荘関連を中心に展示されていました。

赤塚不二夫、石ノ森章太郎、手塚治虫、藤子不二雄Ⓐ、水野英子、U-マイア(水野英子、赤塚不二夫、石森章太郎の3人合作時の共同名義)の原画、複製原画が展示されています。

わずかではありますが、手塚治虫の原画が見られたのが良かったです!

2章 名作の生まれるところーマイスターたちの画技を読み解く

1章を抜けると、2章のゾーンに入ります。

さいとう・たかを

まずは、「さいとう・たかを」です。ゴルゴ13の複製原画などが展示されています。

kaku_mangaten18

「さいとう・たかを」の画の力を感じる展示です。カッケー!!

kaku_mangaten16

これらの展示物が複製原画なのです。何度見ても原画そのものに見えます。

kaku_mangaten15c

そして、ゴルゴ13のM16も展示されています。

kaku_mangaten14c

原画や複製原画の展示の合間に、マンガの解説があります。

kaku_mangaten17

本当は、この辺りのパネルもしっかりと読んでいくべきですが、今ひとつ意味がよくわからず、ほとんど読みませんでした。(ごめんなさい!)

竹宮恵子

kaku_mangaten19

僕の中で竹宮恵子といえば、↓「地球へ」です。

kaku_mangatenXXc

うぉー!「地球へ」の原画がぁ〜〜!会いたかったゼェ!と思ったら「原画ダッシュ」というモノでした。

kaku_mangaten20

原画ダッシュとは、原画をデジタルでコンピューターへ取り込んだものです。出力としてはデジタル出力となります。僕個人としては、生の原画が見られるのが一番嬉しいです。

なので、↓ このようなクロッキーノートなどを見る方が感動します。

kaku_mangaten21

陸奥A子

陸奥A子さんです。なんだか、昔懐かし、昭和な香りがします!

kaku_mangaten22

kaku_mangaten23

一切作品は知りませんが、何か見ているとホントに懐かしい感じがします。そして、優しい気持ちにもなってきます。

諸星大二朗

何やらコーナー周辺から既に怪しい雰囲気になっています。

kaku_mangaten24c

ここでは、やはり諸星大二朗の絵をよく見て欲しいです!

kaku_mangaten25

諸星大二朗を抜けたところの展示で、何やら懐かしモノが!

kaku_mangaten26c

「ふぁんろーど」の創刊号、月刊OUT、THE MOTION COMICなどが展示されています!グゥワ、懐かしい・・。↓ 電子版もあるのですねぇ。過去分を出してみて欲しいです!

平野耕太

kaku_mangaten27c

島本和彦

kaku_mangaten30c

↓ 熱血漫画家十訓。

kaku_mangaten28

ちょっと、この原秀則!全く流れは知りませんが、おもろいわ!!(今度島本和彦の勉強しておきます)

kaku_mangaten29

あずまきよひこ

個人的に最も興味を惹かれたのが、あずまきよひこでした。「よつばと!」などタイトルと絵柄は知っていたのですが、読んだことはありませんでした。

kaku_mangaten51

kaku_mangaten50

ジュラルミン鳴き声体験コーナーもあります!

kaku_mangaten8

作品では単純化された線で表現されているため、この辺りの↓手書き感あふれる絵の展示が嬉しいですね。

kaku_mangaten14

青鉛筆で下書きですね。

kaku_mangaten15

↓ ページに出てくる小道具の展示です。

kaku_mangaten26

絵を見れば見るほど、興味が湧いてきます。一度読んでみたいな!と思いました。

PEACH-PIT

PEACH-PIT は全く知らない作家さんです。(勉強不足で申し訳ありません)

kaku_mangaten52

かわいい女の子や、かっこいい男の子が描かれていました!

kaku_mangaten33

二人で作画されている、ということで、どのように役割分担しているかのビデオが上映されています。映像の長さは 11分10秒です。(結構長い)

kaku_mangaten31

↓ ビデオの中では、この書き下ろしイラストが完成されていきます!

kaku_mangaten32

3章 「描く」ちからは未来へ続く

kaku_mangaten34

アナログとして「つげ義春」先生の作品の亜鉛版が展示されていました。デジタルとしては、パソコンで描くツールが展示されており、自由に絵を描くことができます。

グッズコーナー!

物販も用意されています。ちょっと僕も作品に疎くてよくわかっていないため、写真だけ載せておきます。

クリアファイル

kaku_mangaten39

手ぬぐい です。「ン・バギ」と「クトルーちゃん」???

kaku_mangaten38

竹宮恵子複製原画です。2,700円。

kaku_mangaten40

kaku_mangaten41

↓ 諸星大二朗のTシャツ類。

kaku_mangaten42

kaku_mangaten43

↓「ヒルコ」「ミケツ」「ムルムル」「マッドメン」というところでしょうか。

kaku_mangaten44

まとめ:

ここまででお伝えした通り、僕が知識を持ち合わせていない漫画家さんの作品も結構楽しめました。

古い内容から現代の作品までバランスよく構成されていると思いました。

多くの方が楽しめる展覧会になっていると思います。

大掛かりなギミックのある展示ではありませんが、漫画の展示としては見応えのある展覧会でした。

軽い気持ちでに足を運んでもらいたい展示会です!(日曜日の午後に行きましたが、かなり空いていました!)