【予告】入場出来る気がしない!庵野秀明率いる株式会社カラー10周年記念展は、11月23日から8日間x10H=80時間@ラフォーレミュージアム原宿

長すぎるタイトルが”全て”ではありますが、2016年11月23日から11月30日の8日間(短い!)、ラフォーレミュージアム原宿にて「株式会社カラー10周年記念展」が開催されます!時間は 11:00〜21:00なので、1日あたり10時間。8日間トータルで80時間しか開催されません!これ、入場難民になってしまいそうです!

現在開催中のピクサーアドベンチャーも猛烈な列でしたので、さらにディープなファンの多そうな株式会社カラーの展覧会となると・・どうなることやら・・。

ピクサー アドベンチャー@ラフォーレミュージアム原宿 初日の状況!
「ピクサー アドベンチャー「もしも」から始まる、冒険の世界」の東京会場での展覧会がスタートしました!場所は、ラフォーレミュージアム原宿です!...
スポンサーリンク
ad1(336px)

株式会社カラー10周年記念展 開催概要

以下の開催概要は、2016/9/16時点での株式会社カラーホームページからの引用です。

本展覧会では『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの原画や設定資料等をはじめ、『日本アニメ(ーター)見本市』シリーズの原画・資料も多数展示予定です。また、株式会社カラーの事業はアニメーションの制作のみにとどまらず、実写作品を含む映像の企画•製作及び配給・宣伝、アニメーション・特撮作品に関する資料の保存、書籍の出版など多岐にわたります。本展覧会をお楽しみ頂くとともに、カラーの今日までのあゆみと、その目指す未来を多くの皆様にお伝えしたいと考えています。

【会 場】ラフォーレミュージアム原宿
(東京都渋谷区神宮前1丁目11-6 ラフォーレ原宿6階)
【期 間】2016年11月23日(祝・水)~11月30日(水)の計8日間
【時 間】11:00~21:00
【主 催】株式会社カラー

■入場方法その他、本企画展の詳細は随時こちらでお知らせいたします。

ちなみに、ラフォーレミュージアム原宿は、ホール 442㎡ です。

オールスタンディング(コンサート)での収容人数が800人(約1/3がステージ)というスペックから想定してみます。(ラフォーレミュージアム原宿の詳細はこちら

全くイベント経験のない僕の勝手な推測ですが・・日時指定のチケットとなるとして、1時間あたり600枚程度販売(もう少し多くするかな・・?)。1日10時間なので、1日 6000人。8日間で48,000人の入場というイメージでしょうか?

スペースから考えて、観覧に1時間もかからないような構成になるかもしれません。入場してすぐの場所に映像を上映し、そこで入場者数のコントロールがかけられるでしょう。

最後に撮影スポット、物販を設置。物販で原画とかセル画とかリアルなモノが出ると面白いのですが・・。

シン・ゴジラで盛り上がっている庵野秀明ブームから考えると、かなり入場困難!

シン・ゴジラでアニメファンだけでなく特撮ファンの心も確実に捉えた庵野秀明。この株式会社カラーの10周年記念展は確実に盛り上がるでしょう!

株式会社カラーの名前を前面に押し出しアピール!「日本アニメ(ーター)見本市」の存在もアピール!アニメを始めとする映像業界の事業について再認識させられる展覧会になることを期待しています!

どの程度エヴァンゲリヲン、シン・ゴジラをアピールした展覧会ビジュアルになるのかはわかりませんが、期間から考えてチケットの入手は困難。または入場には長蛇の列が想像されます!原宿・そしてラフォーレにファンが集結するというのも面白い展開です!

最新情報については、入念にチェックしましょう!

「ジ・アート・オブ シン・ゴジラ」凄すぎ!

「ジ・アート・オブ シン・ゴジラ」は、ゴジラの日である11月3日に発売予定に変更になりました。これがまた凄い本になりそうです。サンプルページへの直接リンクを貼り付けます。

*リンクだけのつもりが、アドレスを貼ったら画像が表示されてしまいました・・

(株式会社カラーのページからだと2クリック必要で面倒なのです)

以下のサンプル画像の出典は、株式会社カラーのホームページです。

↓エェェ、セットだったの!?

とてもワクワクする本に仕上がりそうです!

それというのも、後から後から掲載したい資料や写真が見つかり、差し替えたり、紙面を増やしたりを続けているからです。
今日も、150,000点以上におよぶ制作資料・写真等から厳選したデータを掲載するべく、鋭意作業をしております。
先程も自分のインタビューが70,000字を越えてしまい、16ページ増やしたところです。
自分にとっての本作を総括するべく、少しでも良き本をお届けしたいと、力を尽くしております。

だがしかし、いつまでもクオリティーアップを続けて、お待たせする訳にもいきません。
全ての原点となる初代『ゴジラ』の公開日であり『シン・ゴジラ』の初上陸日でもある11月3日発売に間に合わせるべく最終作業を急いでおります。

これは期待できます!(お値段やや高め)早期予約が”吉”でしょう!

↓ 庵野秀明監督の実写作品を集めた Blue-ray Disk。映像特典のウルトラマンはいいね!

スポンサーリンク
ad1(336px)