ドローンならぬ小型飛行機 TobyRich Moskito!これはコントロールする事を楽しみたい!

気に入っていただけたら、SNSで紹介していただけると嬉しいです!

C’est LaVieが送り出す小型飛行機 CLV-622 TobyRich Moskito がロフトネットストアのイベント 秘密の屋根裏 で先行販売されます。現在流通量も少なく、興味を持った方は即入手していただきたい。モノとして見たときに、重厚感は全くありません。それもそのハズ、重量わずか18g。一円玉 18枚分です。(わずか18円の重み!)

正直な話しをしてしまうと、その姿を見たとき「あぁ、おもちゃのドローンみたいな飛行機ね・・」と思いました。

しかし、実際の飛行や操作、説明を受けるとムチャクチャ物欲が!これは、TVなどで話題になる前にゲットしておくべきガジェットです!価格は 7389円(税抜)!ロフトネットストアのイベント 秘密の屋根裏で販売されます!要チェックの商品です!

ロフトネットストアの商品ページはこちら。→CLV-622 TobyRich Moskito@ロフトネットストアicon

CLV-622 TobyRich “Moskito”概要

Moskitoの本体サイズは、全長 220mmx高さ 80mm で、重量は18gです。

飛行時間は、18分。充電時間は20分です。

熱中して遊んでいたら、18分なんて直ぐに経過してしまいそうですが、重量から考えて想像以上に長持ちバッテリーです。充電はUSBで行う事ができます。

驚く事に最高高度 60m というスペック。ムチャクチャ高くまで飛ばせます。

実際にプロペラを回し始めると、室内の場合に結構音が大きく、パワーがありそうでした。(その音でちょっと気持ちが高まります)

ワイヤレス:Bluetooth Smart だという事なので、Bluetooth Low Energy での接続のようです。

Moskitoのセットにはコントローラーは付属せず、スマートフォンに専用アプリを入れて操作します。

Moskitoの操作方法は二つあります。スマホ画面でエンジンの出力を、スマホの傾きで方向を決める「チルトモード」とスマホ画面にジョイスティック(操作部材が左右に動く)を装着し、左手でエンジンの出力を、右手のジョイスティックで方向を決める「ジョイスティックモード」とが用意されています。(エンジンと表現しましたが、プロペラを回すモーターの事です)

ジョイスティックモード

↓このようなジョイスティックが付属します。

スマホからのコントロールで、Moskitoのプロペラの回転が変わったり、尾翼が動くのには感動します。

Moskito本体には耐久性に優れた素材を使っており、ぶつかっても簡単に壊れるモノではありません。

最大の特徴。ドローンと異なり場所を選ばず楽しめる!

「ドローンって購入しても、規制があって飛ばせる場所が限られているんでしょ?」と思いますよね!?今回紹介している TobyRich Moskito は重量が軽いため、そのような規制に制限されないそうです。

Moskitoであれば、安全が確認できる環境であれば、場所を選ばずに楽しめるのです!

もちろん、人がいる場所や追突や落下により危険が生じる場所はNGです。このあたりは自身の判断に委ねられる部分です。

公園や河原で自由に飛ばしたいですね!(残念ながら電気パーツが水に弱いため、水没すると故障してしまいます)

ドローンは(買った事がないのですが)購入すると、「ふーん」という感じで終わりで、カメラでの空撮などが醍醐味だと思います。(しかし飛ばせる場所かどうかが心配)

競技用ドローンなどスピード感があり、かなり興奮しそうではありますが敷居が高い。(TVで見ただけです)

このMoskitoであれば、気軽に低価格で飛行物体をコントロールする事を楽しめます。

いやー、久々にロマンを感じるグッズに出会えました!

二軸での機体コントロールが楽しみな、CLV-622 TobyRich Moskito はロフトネットストアでは 7月18日 10:00から販売されます!

ロフトネットストアの商品ページはこちらです。→CLV-622 TobyRich Moskito@ロフトネットストアicon

ロフトネットストア