ボウイ展 David Bowie is 物販状況などアップデート。山本寛斎 iPhone ケースを見に行った!

よろしければ「シェア」をお願いします!

ボウイ展の物販コーナーで新発売された、山本寛斎デザイン TOKYO POP iPhone ケースを見に行ってきました!「これは買ってやるぜぇ!!!」と意気込んでいましたが、結局は買わず仕舞い。

「David Bowie is」に関してほとんどの事は、↓ こちらに記載しています。

ボウイ展『DAVID BOWIE is』に行ってきました!入場まで1時間。会場内も混雑!行く前に知っておいて欲しい事を伝えます!
デヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』(ボウイ展)に行ってきました!The そうじろう はライトなデヴィッド・ボウイ フ...

今回は会場周辺の写真や、物販状況の変化、iPhoneケースと湯のみ についてお伝えします。

品川から会場まで歩くのもいい!

JR品川駅港南口から、ボウイ展の会場の寺田倉庫まではいい感じの散歩コースです。

楽水橋から

水辺があり、橋があり・・。

橋を見上げてシャッターを切るだけで、結構いい感じだったり。

T.Y.HARBOR というお店があります。おしゃれな感じ(高そう!)です。

ここには、ベーカリーカフェとレストランがあるようでした。ボウイ展の会場からそれほど離れていないので、展覧会を鑑賞した後に立ち寄るのもいいと思います。

ちょっと会場方向に進むと、水谷吉法さんの COLORS というパネルが貼り出されています。

結構いい感じのパネルがいきなり道端に貼り付けられているのでちょっとびっくり・・。

さらに進むと、工事現場風の場所の壁にかっこいい写真がドーン!と!(これほぼボウイ展の前です)

↑ ついついモノクロにしてみました。

眺め良し、橋良し、レストラン良し、アート良し。品川=ボウイ展間は結構楽しめます!

オススメです!

会場前のパネルの状況(3/27)

ボウイ展の会場前のパネルについて撮影してきました。

↓ 天王洲アイル駅方面のパネル(バナー)です。ちょっと書かれてしまっています。(主催者はボウイの写真のあるバナーには書き込みして欲しくないと言っています。楽しみにして会場に到着した時に見えるバナーが書き込みありではちょっと悲しくなるでしょう)

天王洲アイル駅方向のパネル

もう一方のメインビジュアルです。こちらも少し書き込みがあります。(顎の下の首部分にもうっすらとあります)

https://twitter.com/davidbowieisjp/status/832048169533911040

どこが書き込み可能なのかを現地でしっかりと明示すればいいのに・・・。

↓ 着実にキスマークが増えています!

↓ メッセージボードは、今ならまだ上部に余白がありますよ!脚立を持って行って書いてもいいんじゃないですか!(肩車でもいいか・・気をつけてくださいね)

カフェコーナーの David Bowie is 歴代ポスター

カフェコーナーの展示物をあまり見ていなかったのですが、今回世界各地で開催した David Bowie is のポスターをゆっくりと見学しました。

2013年のロンドンから、2017年の東京まで多数のポスターが掲示されています。

当たり前ですが、初回からゼンハイザーの音響システムは使われていたのですね。(と改めて認識しました)つまり、機材としては4年前のシステムなのですねぇ・・。

↓ 基本的には、同じメインビジュアルを使っているのですが、国によってはデザインが大きく違う国もあります。

↓ 一番手前がブラジル・サンパウロ(2014年)です。さすがブラジル!

物販は新商品追加!

物販コーナーは、かなりスカスカになってきています。初めて足を運んだ時にはたくさんモノがあったのですが、テーブルの数も減らされているのではないでしょうか。

低価格なバッジがなくなったのは残念ですね。

デヴィッド・ボウイ・イズ 復刻版が品切れ!?

困ったことに、図録とも言える「David Bowie is 復刻版」が品切れになっていました!

てっきりアマゾンで品切れなだけかと思っていたのですが、会場でも品切れという異常事態です。ちなみに、 「再入荷はあります!」との事でしたのでtwitterなどを要チェックです!

大切な事を伝えます。この デヴィッド・ボウイ・イズの復刻版の定価は 7,097円です! Amazonで 高額な価格が付けられて出品されているケースがありますが、まだ通常の価格で入手できる可能性がありますのでもう少し様子を見ましょう!

山本寛斎 TOKYO POPシリーズ

ついに、ショルダーバッグも SOLD OUT していました!

今回新発売になった湯のみ!

縫い目のようなステッチ柄なのですね

底面です

底面を見て気づいたのですが、山本寛斎のデザイン湯のみであって、デヴィッド・ボウイの文字は無いのですね・・。

ちょっと残念です。

iPhone ケース

続いて iPhone ケースです。

iPhone 7 用と、

iPhone 6 用がラインナップされています。

ボウイが着ていた衣装の胸から足までの部分の模様が再現されています

素材はポリカーボネイトです。

MADE IN CHINAです。

TOKYO POP iPhoneケースの実物を見て、「なんか・・なんかなぁ・・」と考え込む The そうじろう でした。

バッグのような本格感がなくて、ちょっと躊躇してしまいました!

David Bowie is も残す所 12日(4月9日まで)です!

興味のある方は早めに会場へ!

品川から会場までは徒歩も楽しいですよ!

(最終日の状況を見に行きたい!みなさん最後の閉場まで過ごすでしょうね〜)

スポンサーリンク
ad1(336px)

よろしければ「シェア」をお願いします!

スポンサーリンク
ad1(336px)