Xperia Z4 アンバサダーミーティングで開発者さんの熱い気持ちを聞いてきた。

6月12日に開催された、「Xperia Z4, Xperia A4 タッチandトライ」 のアンバサダーミーティングに参加しましたので、ミーティングの様子と Xperia Z4 のポイントについて紹介します!

Xperia アンバサダーミーティングへの参加は、通算3回目です。今までは別ブログで紹介していたので、この ”モノ好き。ブログ” での紹介は今回が、初めてとなります。
アンバサダーミーティングは、主として Xperia ファンが集まるミーディングですので参加するのが楽しみです!
会場は、品川シーズンテラスというこの春に出来たばかりの建物でした。

20150612_095634548_iOS

偶然とは思いますが、同時にロイヤルカナンアンバサダーミーティングが開催されていました!
20150612_124545503_iOS
イロイロとアンバサダーがあるんですね。

会場はテラスホールという大きめの部屋でした。
受付でブログ名を言って紙袋を受け取ります。
毎度の事ですが、「モノ好き。ブログです」とブログ名を言うのは恥ずかしいです。

あまり意味は無いと思いうのですが、紙袋にはコーティングされた良さげなモノが入っていそうな袋と、コーティング無しの袋とがありました。私が受け取ったのは、コーティング無し版でした。

20150614_014842030_iOS
紙袋の中には、Xperia Z4(ソフトバンク版)と Smartwatch 3 、そして Xperia Z4 用のケース、充電用のケーブル等が入っていました。前回のモニターでは、Smartwatch 3およびケースがジャンケン大会による抽選でしたので今回はセットになっていてよかった〜。カバーをしていないと大事な借用品なのにキズをつけてしまいそうで心配だったので、これで安心です。

いつもは入っているノベルティ関連が無くて・・・!? 予算の都合でケチった??(ソニモバさん、失礼!)まぁ、厳しい時代ですから仕方がないよねぇ〜。と納得していましたが、後ほどサプライズが・・。

スポンサーリンク
ad1(336px)

まずは、Xperia 飯 で腹ごしらえする!

私がこれまでに参加したアンバサダーミーティング二回はサンドイッチでしたが、今回はカレー!
会場に入った瞬間、カレーの香りがスゴイ!
_20150612_100037657_iOS
↑空気はカレー臭です。

順番を少し待ってカレーを受け取ります。
今回は「もうやんカレー」というお店に来ていただいたようです。このカレー、結論から言いますと「うまい!特にポークカレーのお肉が柔らかく、とにかくおいしかった!」です。
↓お兄さんによそってもらって〜。
20150612_100405017_iOS

↓もうやん式おうどん、じゃがいも、西新宿式タンドリーチキン、牛すじ等をのせて〜。サラダやルイボスティーもいただいて〜。
20150612_100400961_iOS
私のセンスでは、↓盛りつけはこんなもんで・・。
20150612_100755694_iOS
カレー、本当に美味しかったですね〜。

Xperia Z4 について開発陣からのお話を聞く!

Xperia Z4 に関する説明を各分野のご担当から聞きます。

まずは、全般的なお話を・・。
_DSC03910

「だから私は、Xperia。」(この最後の句点、好きです!今度ブログを作るなら、「だから私は、モノが好き。」というので行こうかな!?)というフレーズでXperiaを使う理由をユーザーが述べているのを集めていますね。


(1:00頃に登場のダンサーさんのダンス、カッコいい!!)

Xperia は ”Android スマートフォンシェア にて 2014年 No.1” だったそうです!(国内です)
私も、Androidでスマホを買うなら、最新のOSが使える Nexus も好きですが、やはり Xperia がカッコいいし好きですね。
そして、”ソフトバンクユーザーのスマホ満足度No.1” が Xperia だそうです。
最早国内では、Xperia 一択です!

Xperia Z4 のポイントとしては・・
・基本スペックは次世代へ オクタコア採用 64bit対応
・処理能力が飛躍的に向上。快適な操作感を実現 Xperia Z比 2〜3倍
・GPUも進化し、処理能力は最大約2.6倍に。 (Xperia Z比)
・高速通信技術に対応し、通信速度が飛躍的に向上。(LTE:Z比 2.25倍、Wi-Fi:Z比 5.8倍
3キャリアの外観上の違いについても説明がありました。Xperia Z3 と同様にソフトバンク版はグローバル版(Xperia Z3+)と同じ表記です。
DSC03924

デザイン

今回はデザイナーさんが女性だったのですが、登壇するや「バシャバシャバシャ!!!!!」とシャッター音がスゴかったです。

design
↑ 見事にピントを外していますが・・。
金田さんは、CMFデザイナーという職種だそうです。(カラー、マテリアル、フィニッシュ の CMFだそうです)
今回の開発の中では「眠れない夜を過ごした」そうです。
やはりこのような方が携わった、Xperia Z4 は、かなりキレイな仕上がりです!

メカ

・キャップレスUSB(デザイン性を考え ボトムセンター)
・SIMとMicroSDを1つのトレイに
・さらに薄く、軽く。(厚み Z3 7.3mm Z4 6.9mm、重さ Z3 152g → Z4 144g)
このカメラ周りの処理は、Apple が iPhone 6 で突起した事に対して、意識してフラットにしたと推測します!がんばりましたね!絶対にフラットの方がカッコいいです。
DSC03932

マグネットコネクターを無くした事で、触りごごちが良くなったと、言及されていました。確かにあのサイドのゴツゴツしたコネクターはイマイチでしたので私は、今回の Micro-USB 化はうれしいです。

カメラ

メインカメラはほとんど変わっていないようですが、プレミアムおまかせオートでの料理検出が入りました。これはかなりおいしそうに写ります!!
そして、私も今回、大注目しているのがフロントカメラの高画素化です。
「世界的な自撮ブームに応える、高性能フロントカメラ。」510万画素です。なお、Xperia A4 は 220万画素です。(従来と変わらず)
これは自撮棒での撮影で助かりますね!(私もハワイでかなり残念な思いをしましたので、これはウレシイ!)

DSC03937

フロントカメラの画角は25mmになり、手持ち自撮りで3人まで画面に入るそうです。
そして、ピント位置を見直し、近いものから遠いものまでピントを合うように設定したそうです。
フロントカメラはオートフォーカスではなくて、固定焦点なのですね。後で聞いたのですが、従来はTV電話用途で近景のみにピントが合うように設定していたそうですが、今回は背景でも解像するようにやや遠景よりにピント位置を設定したそうです。

さらに、広角レンズの歪みを軽減 したそうです。端に写る人が「ぶぎゃ!」とならないので、これもありがたいですね!
DSC03941

この他、「走りながら撮っても、ブレない。」インテリジェントアクティブモード、「フロントカメラのセルフタイマーが選べて、自分撮りがさらに簡単に」という新機能も追加されました。

カメラアプリとしては、「スタイルポートレート」「顔の合成ができるARマスク。」が追加されました。

オーディオ

DSC03952

Xperia Z4 でのサウンド面での進化は上の表の通りです。
・LDAC対応
・ハイレゾのヘッドホン出力周波数アップ
・ヘッドホン音響補正の自動化

高音質コーデックであるLDAC対応でワイヤレスでの高音質化が注目ですね。なんと990kbpsで従来比3倍のデータ量を転送可能です。
従来方式では、CD音質以下になっていたのが、今回のLDACではハイレゾを高音質で再生できるようです。

かなり面白そうだったのが、「バイノーラル録音」です。
DSC03959

バイノーラル録音は、ノイズキャンセリング機能付き(つまり、キャンセリング用のマイク付き)イヤホンを接続して録音すると、まさに耳に入ってくる感覚での録音が可能となる機能です。今回のミーティングでは、声を出しながら会場内を練り歩くスタッフさんをビデオ撮影し、再生して聞いてみるデモをおこなわれました。参加者が撮影した動画を再生しだすと、「これ、すごーい!!」と言っている方がいました。すごいんでしょうねぇ!音声が3Dになるような広がりが感じられるようです。(私は試せなかったので、残念!)

ディスプレイ

「BRAVIAの技術をXperiaに搭載。」ということで、高画質はいつも通りです。

DSC03965

この説明に力が入った感じが非常に好感が持てました。
「明るく高解像度なディスプレイ。」ということで、Z3比 16% 高輝度になったそうです。

Z3を風呂場に持って入った時に、水滴でやはり誤動作することがあったのですが、それがかなり改良されたようです。
DSC03971

霧吹きで画面を濡らして指でなぞるデモンストレーションを行っていました。
やはり、iPhoneには無い防水機能は重要です。アピールにも力が入りますね!

その他の便利機能

・旅行や出張でも安心のスタミナ。
・フリック入力は上は大文字 下は記号で、入力が簡単に。・・・これはかなり便利!
DSC03977
・初めてのスマートフォンでも、簡単入力。・・・初心者マークをタップすると、かんたんキーボードになります
・好評のシンプルホームが さらに使いやすく画面デザインを一新。

DSC03980

アクセサリー

SmartWatch 3 の追加機能の紹介、カバー等の紹介がありました。
そして、ガンダムに出てくるハロに似た形状の Smart Bluetooth Speaker BSP60 も紹介されました。
DSC03992

質問コーナー

一通りの説明の後は、質問コーナーです。この質問コーナーが面白くていつも楽しみです。

ブロガーさん「早速Z4を購入して使っています。本体が熱くなるのですが・・」
ソニモバさん「(汗)はい、その件について、ウチとしては頑張っています!」
と・・。(注:会話内容は、記憶とイメージで書いていますので、正確性に欠けます)
実際に手に持って使ってみると、熱くなりますね〜。
裏面のメインカメラの右下のあたりから、結構発熱しています。

どうしても防水にしていると内部が密閉されてしまい熱がこもり易い傾向になりますし、Z4 で採用したオクタコアのチップセットには発熱の問題があるようです。Web等の情報によると、夏頃にアップデートし改善するとか・・。イヤ、マジでそのまま触ると熱いですよ!!

もう一人の方からの質問
ブロガーさん「Xperia A4 って出す意味あるんですか?」
ソニモバさん「・・・」(注:実際にはだまりこくったわけではありません)
うまく質疑応答が噛み合なかったようですが、私自身は Xperia Z3 Compact を購入しましたし、サイズ・重量、価格、性能の面でコンパクトモデルは必要だと思います。”A4”って「エーフォー」だと思っていましたが、「エースフォー」なのですね。たしかにツートップの宣伝では Xperia A の事を 「エース」と呼んでいたような記憶も・・。

各種展示では、開発者さん達とまさにタッチアンドトライ!

DSC04007
↑ このような形でのマテリアルが展示されています。
20150612_115923646_iOS
上の写真は、角のパーツの説明です。今回は、金属のパーツを写真上のプラスティックの素材でカバーしているということでした。まるで宝石のようなパーツです。Xperia Z系の角パーツについては、いつもちょっと気になる部分です。今回のモノが一番ベストかな〜。

デザイン関連の思い等については、こちらで公開されています。

機構部分の各パーツを見るのも好きなのですが、今回は特にSIMスロット部分からいつも出てくる シリアル番号等が記載されている ペロリーン パーツについて、じっくりと見せてもらいました。今回の Xperia Z4 では、この”ペロリン”がスロットから見つかり難いようになっていますが、しっかりと存在しています。
_20150612_122038112_iOS

この ”ペロリン” は、写真にある溝をとおってスライドするのですが、格納位置の状態において、若干引っかかるように溝に角度を付けているそうです。この角度を付けることによって滑り出しを抑制し、軽い引っかかりを演出しています。(大げさに書きましたが、斜めにした時に簡単に飛び出さないようにしているようです)「えー!そうなんだぁ〜!」と、今回のミーティングで私にもっとも響いたツボでした(笑)。
_20150612_122038112_iOS

今回のノベルティプレゼントは!!

20150612_115308011_iOS

今回は、手渡された袋にはノベルティが入っていませんでした。(それを期待して参加しているわけではありませんが、やはり楽しみなのです!) 今までのミーティングで、いつも持って帰りたかったストラップが、そのままプレゼントされました!!これはウレシイ!!

ブログの存在を家人には内緒の私、さて、このストラップどうする!!!??

最後にアンバサダーミーティングって、どうよ?

アンバサダーミーティングは、結局は企業のマーケティング戦略の一つなのですが、ホント、参加する側も大好きで参加しているので、まさに「ウインウイン」(古いですか?)です。

タッチアンドトライができて、開発者さんから直接お話が聞けて、自由に会話させてもらって、そしてブログ記事にし、全国に情報を拡散する。いつも、こちらのブログが役に立ててなくて申し訳ないのですが・・。(決して “Xperia 飯” や “ノベルティ”が目当てなだけじゃないですよ!!) でも、本当に楽しみで、参加させてもらっています!

やはり、Android でスマホを買うなら Xperia! という思いは揺らがないですしね。

今回は、Xperia Z4 と SmartWatch 3 を一ヶ月間お借りできていますので、今後、使用感等を Xperia アンバサダー としてお伝えして行きます!

スポンサーリンク
ad1(336px)
ad1(336px)

本記事を気に入っていただけたら、シェアをお願いします!

The そうじろう をフォローしてみるなら↓ 下のボタンからどうぞ!