映画「君の名は。」プチ聖地巡礼@国立新美術館に行ってきた。なぜこのカフェが選ばれたのか?すごい発見をしたかも。

国立新美術館に映画「君の名は。」のプチ聖地巡礼をしてきました!「君の名は。」で瀧くんと奥寺先輩とがデートで食事をした場所です。このシーンを映画で観た時に、「あぁ!これ国立新美術館の中だわ!」とすぐにわかりました!

kiminona_jyunrei17

国立新美術館は、このグネグネの窓が特徴的なので、一度行くと忘れられませんね。映画のシーンとしてそれほど思い出に残る印象的なシーンではないのですが、やはり自分でも一度行ってみたいと思いました!

まぁ、ダリ展に行くついでではあったのですが・・。(展覧会に行かなくてもカフェは利用可能です)

ダリ展@国立新美術館 に行ってきました!初日から結構混雑していました!
9月14日から国立新美術館で開催されている「ダリ展」に行ってきました!「ダリ展」の混雑状況、チケット割引情報、金券ショップ状況、会場情報、グ...

国立新美術館に入ると円錐が2つあって、奥の円錐の上が目的のカフェです。

kiminona_jyunrei3

スポンサーリンク
ad1(336px)

カフェの名は。

カフェの名は。カフェ「サロン・ド・テロンド」です!このカフェは2階にあります。ちなみに”テロンド”は、「円形」の意味です。

興奮を抑えつつ、とりあえず3階までエスカレーターで上がって上からチェックしてみます。

kiminona_jyunrei1

おー!これや、これや!映画「君の名は。」に出たカフェはこれや!(吹き抜けなので、カメラを下に落とさないように気をつけましょう)しかし、丸いデザインのカフェなんて面白いですね!

エレベーターで降りながら写してみます。まさにこれですねぇ!ワクワク。

kiminona_jyunrei2

実は三階にもレストランがあります。3Fのレストランは、フレンチを出してくれる「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」です。思い込みで行ってしまうと、間違えて3Fのレストランに入ってしまうかもしれませんのでご注意を。

↓ 2Fから見た、カフェ「サロン・ド・テロンド」です。(左奥が3Fのレストランです)

kiminona_jyunrei14

さて、それでは入店してみます。

残念ながら「君の名は。」のデート席には別のお客様がいらしたので、ニアピンな席で我慢します。(みなさん結構滞在時間は長めです)

kiminona_jyunrei2c

映画「君の名は。」に出てきた料理そのもののメニューは無いそうで(他の方のブログによる情報)似た料理を選択します。

kiminona_jyunrei4

サンドイッチが近いので普通であれば気分を出して「ハム&レタスサンドイッチ」を注文するのでしょうが、ついつい「サーモン&クリームチーズベーグルサンドイッチ」を注文してしまいました。しかも、ここで重大なミスを犯します。

僕「ドリンクはアイスコーヒーで。」

ここはスープを頼まなければ映画風にならないのです!↓なんだか全然違う方向に流れてしまいました。(メニューの写真の通りの料理にプラスしてドリンクが付いていると思っていました)

kiminona_jyunrei7

まぁ、それはさておき、ベーグルサンド・・冷たいのですね・・。まぁ美味しいですが。

kiminona_jyunrei8

記念に色々と撮っておきます。↓グラスです。

kiminona_jyunrei11

グラスは、DURALEX(デュラレックス) プリズム マリン でしょうか。

斜めからですが、奥寺先輩の後ろにあったケーキの入っているショーケース。

kiminona_jyunrei10

↓ 瀧くんがいた方向です。

kiminona_jyunrei13

椅子とか・・。

kiminona_jyunrei9

ドリンクメニューとか・・。(コーヒーは640円!です)

kiminona_jyunrei5

ちなみにお会計は、サーモンサンドで 1,360円。結構高いですね。kiminona_jyunrei18

何故、国立新美術館のカフェで食事をさせたのか?(勝手な推測の)新真実!

瀧くんと奥寺先輩は、東京デートで何故、国立新美術館のカフェ 「サロン・ド・テロンド」で食事をしたのでしょうか?

建築としての国立新美術館のユニークさ、円錐の上のカフェ、という理由もあるとは思いますが、カフェにこだわりを持っていた瀧くんらしくないように思います。

本来なら、もっと六本木近辺でおしゃれなカフェを選んでも良さそうです。

奥寺先輩とのデートで緊張していて、ここでいいや という流れだったのかもしれません。小説では「三葉の立てたデートコースをただ辿っただけだった」という表現でしたので三葉が計画した流れだったのかな・・。

カフェでの食事の後に、写真展示で瀧くんが飛騨の写真を「発見」するシーンにつながります。

実は!ジャーン!!↓↓↓なんと、このサロン・デ・テロンドは発見がテーマなのです!

kiminona_jyunrei19c

*画像は国立新美術館のHPをスクリーンキャプチャして文字、矢印を追加しています。

映画では、この「発見」を暗喩したのでしょう!(と信じたい)

やるな!新海誠監督!

まぁ、個人的な思い込みですけどね・・。

国立新美術館に行ったなら、トイレもチェック

展示場自体もシーンとして出てきますが、思い出深いシーンとしては奥寺先輩との会話に困りトイレに行くシーンがあります。あのシーンも国立新美術館のようなのでチェックしてもいいかもしれません。

実際にこのプチ聖地巡礼でトイレを経験した後に映画を見たら、「ぉぉぉ!これは!この間行ったトイレと同じやん!」と思いました。(トイレなので汚写真は無しです)

六本木の近くに来たなら六本木ヒルズの東京シティビューもチェックしましょう!

今日、(三回目の)映画を見て気づいたのですが、六本木ヒルズに行って、何気に撮影していた東京シティビューの写真が奥寺先輩とのデートシーンとマッチしていました!↓↓

TokyoCityView

東京タワーと中央の柱がポイントです。映画を見て、「あぁ!これこの間行ったとこだわ!」と。六本木ヒルズ 森タワーのエレベーターには窓がなく巡礼感がないのですが、この展望台の部分についても正にピッタシカンカン(古い)です。

これが、再現できたのも「ジブリの大博覧会」が終わって通常の営業になったからですね。

詳しくは↓こちら。

「大都市に迫る 空想脅威展」開催前!「ジブリの大博覧会」終了後の東京シティビューをチェック!
東京シティビューの年間パスポートを持っているため、六本木に行くと東京シティビュー(展望台)と森美術館に足を運ぶことにしています。なんとも贅沢...

*聖地巡礼による、各種苦情等があるようですので、くれぐれも迷惑にならないように気をつけましょう!