モノブロガーにオススメ!のキッチンスケール(計り) Bengoo SF-2012 を紹介します!

\ シェアしてください /

今回は、僕が最近購入した Bengoo SF-2012 というキッチンスケール(計り)を紹介します。

モノ系紹介記事で重さを紹介するためにキッチンスケールなどで計測し、その写真を掲載する場合があります。

↓ 今までは、この様な台所にあったキッチンスケールを使っていました。

表示部に表示されている重さを見せたいのです。まぁ、読めるのですが、コントラストが低いので見た方に少し苦労をかけていたと思います。本当に丁寧なブログでは、写真に数字を入れるのですが・・。スミマセン。

↓ 今回購入した Bengoo SF-2012 では下の写真のようになります。

これならしっかりと数字が読めます!

僕が購入したのは、↓コレです。Amazonのレビューを見ると軽いモノの場合の測定に難あり、という内容がいくつかありました。精度的にはちょっと問題ありかもしれません。価格を考えると1g単位で精度よく測定するのは難しいかな・・と思います。

The そうじろう的には、この商品は・・

  • 低価格!
  • 5kgまで測定できるのでオールマイティに使える!
  • 表示はバックライトありなので見易い!
  • ステンレスの表面で質感が良い!

価格も考えると、結構オススメできる商品だと思います!

スポンサーリンク
ad1(336px)

Bengoo SF-2012 を写真で紹介します!

↓ このようなパッケージです。(キッチンスケールの表面にリンゴのイラストが描かれているような写真ですが実物にはリンゴのイラストはありません。リンゴを測定しているように見せたかったのでしょうが・・完璧に失敗です)

↓ 裏側です。本体サイズは、約180x140x18mm。表示のLCDサイズは40x18mmです。

内容物は、スケール本体、英語の説明書、日本語の説明書です。

シルバーのキッチンスケールだと思っていたのですが、実物がブルーだったので「あぁ、こんな色のボディだったんだ・・」と困惑しました。

スケール本体の裏側です。中央に電池蓋があります。4角にゴム足があり、このゴム足にかかる重量で測定するようです。

電池蓋を開けるとパッキングされた電池が入っていました。電池は単4電池二本が必要です。

電池は”Panasonic”ではなく、”PenesamiG”というブランドでした。

↓ちょっと頼りない印象のバッテリーボックスですが・・。

↓ Pensaming の電池を入れます!

アマゾン商品ページには「省エネ電源:AAA 電池2個 (航空制限のため、電池は付属しておりません)」と記載されていましたが、実際には電池が付属してきました。ちょっと心配だけど・・ま、いいか。

↓電池を入れてスイッチをオンすると表示が出ました!

鈍感な僕も、この段階でようやく Bengoo SF-2012 がブルーではないことに気づきました!

↑ そうですよね!購入した時の写真は確かにシルバーでした!

↓ いやー、てっきりブルーだと思っていたらシルバーでよかった・・。

早速 iPhone 6 を測定!

オォ!しっかりと数字も見えていいですね!

↓ 写真がわかりにくいのですが、側面のプラスティックがステンレスよりも盛り上がっています。

この盛り上がりが左側だけで、右側はステンレス面に対してフラットです。これでは測定物が乗り上げてしまって正確に測定できない!と思いましたが、実際には、裏面の4つの足で測定するので、キッチンスケールの上に測定物が乗っていればOKなようです。

このキッチンスケールは 印象としてはお値段以上で個人的には満足できた Bengoo SF-2012 でした!

同一と思われる商品が、OuTera からも出ています。(価格はOuTeraの方が安い!)

スポンサーリンク
ad1(336px)

\ シェアしてください /

スポンサーリンク
ad1(336px)