モノ好き。ブログ

「モノ好き。ブログ」は、The そうじろう がモノを中心に紹介するブログです。Anker、Bose、iPhone、Mystery Ranch、ロフト が今は好き。イベント、株主優待、ふるさと納税も紹介します。

PC レビュー

アーロンチェアリマスタードを買ってわかった!購入前に「やっておきたい事」と「気をつけておきたい事」。

2019年8月3日

ハーマンミラーの「アーロンチェア リマスタード」を購入しました。価格20万円超のチェアです。失敗は許されません。今回、僕自身が購入にあたり認識した「気をつけておく点」と「やっておきたい点」について書きとめておきます。アーロンチェア 購入の必須プロセスをシンブルに表現すると「よく調べる」「実物に座ってみる」ことにつきるのですが、そこまで単純な話しではないな、と思いました。みなさんのアーロンチェア購入時の参考になれば幸甚です。書き手としては可能な限り丁寧に書いたつもりです。特に初めてチェアを購入するような方には参考になるハズです。是非、最後まで読んでください!高い買い物ですので、焦らずにじっくりと検討しましょう!

アーロンチェアリマスタード保証書

買いました!「アーロンリマスタード」!

「アーロンチェア  リマスタード」購入の経緯

家にいる時、多くの時間をPCでの作業に充てているので、どうせ買うなら良いものを!と思い、「アーロンチェア リマスタード」購入に至りました。(本当は5,6万円のイスでいいのではないか?とも思っていたのですが・・完璧に予算オーバーです!)
これまで、アーロンチェアとおぼしきイスには座ったことがあったのですが座面が安定せずあまり印象がよくありませんでした。(アーロンチェア に似たイスだったのか、サイズがよくなかったのか・・)

Webでの説明やレビューを読めば読むほど欲しくなってきます。しかし脳内の着座感覚は良くないイメージだったので通販で簡単には購入できませんでした。

これについては、アーロンチェア の実機に今一度座ってみることで解決しました。

当初は予算の都合、設置面積の狭さから見た目の圧迫感の少ない肘掛けのない「アーロンチェア リマスタード ライト アームレス」を購入しようと考えていました。

しかし、肘掛の役割を知っていくなかで可動式の肘掛付きの「アーロンチェア リマスタード」を購入することにしました。購入して、後で「肘掛付きを買えばよかった!」と後悔したくなかったので結果的には価格の高いモノを購入することにはなりました。

アーロンチェアリマスタード ポスチャーフィットSL

あのアーロンリチエアが自分の部屋にあるという事実。嬉しい!

ですが、所有欲も満たされて、ムッチャ満足しています。

「アーロンチェア  リマスタード」購入前にやるべき事

アーロンチェア 初心者の僕が購入までに行った事を整理し再構築してまとめます。お金のある方はあまり悩む事はないと思いますので、販売しているお店に行って相談した上でその場でオーダーすれば良いと思います。僕は予算の関係もあり「アーロンリマスタードライト」にするか最後まで迷いました。

ポイント

  1. アーロンチェア の商品体系、その他のハーマンミラーのチェアについてある程度知る
  2. 販売店や個人の使用感についての情報をチェックする
  3. 自分のサイズ(Aサイズ、Bサイズ、Cサイズ)のあたりをつける
  4. アーロンチェア のライトにするか、フル装備にするかを決める
  5. 実際のチェアに座ってみる(注意点あり)
  6. 最終的によく考えて購入する

アーロンチェア の商品体系、その他のハーマンミラーのチェアについてある程度知る

アーロンチェアリマスタードにおいては、アーロンリマスタード(20万円以上)とアーロンリマスタードライト(10万円以上)の2種類があること、カラーによって価格が違う事(グラファイトが一番安い)、キャスターに違いがある点について理解しましょう。

一般的な"ライト"版のイメージでは廉価版のイメージがあります。しかし「アーロンリマスタード(20万円以上)」と「アーロンリマスタードライト(10万円以上)」とではシートとしての基本はほぼ変わりません。これらの違いについては各所で解説されていますが公式ページの比較解説がわかりやすいでしょう。→ アーロンリマスタードとライトについて

ライトがお買い得に感じるハズです。僕も一度は「ライトのアームレスにする」と決めたくらいです。

用途によっては「アーロンリマスタードライト」でもOKなのですが、PCでのデスクワークの場合には"話を聞けば聞くほど"、"理解するほど"「アーロンリマスタードを買うしかないな・・」という気持ちになります。(この辺りは後述)

また、ハーマンミラーからは他にも魅力的なチェアが多数リリースされています。そのあたりについてもある程度品種を知っておく方が良いでしょう。

特に「エンボディチェア(22万円以上)」については少し知っておいてください。「アーロンリマスタード(20万円以上)」を購入すると決めた際に最後に対決する相手かもしれません。(今でも少し後ろ髪ひかれます)

エンボディチェアは日本マイクロソフトが新オフィスにてフレキシブルシーティング制(フリーアドレス)を導入する際に社員投票で決めたチェアです。
→ 「『働き方改革』を本気で進めるために必要なこと、教えます。 ~ワークスタイルのリアル~」のプレゼン内容で紹介されています!マイクロソフトで導入されているのであれば、モノとして確実でしょう!確かに実際に座ってみても「これは!」と思えるチェアでした。

このステップではハーマンミラーおよびアーロンチェアの基礎知識を取得しました。

販売店や個人の使用感についての情報をチェックする

「アーロンチェア  感想」などで検索すると、個人の方の感想がでてきます。これらをある程度読んでみましょう。多くの記事が「リマスタード以前(クラシック)」ではあるのですが、参考になります。

アーロンチェアに12年座ってきた感想 | vanilla mag(バニラマグ)

→ 販売店の方なのですが、気持ちの良い文章で綴られています。この記事はクラシックのコスパ最強!という内容ですがその後のリマスタードは進化しているという内容の記事も読みましょう。

アーロンチェアを購入して10年目の感想と新型の紹介

→ イラストレーターの方。11年経ってもまだまだ現役だそうです。

【レビュー】アーロンチェアを15年使ってみた!ヘタり具合はいかに!使い心地も徹底レビュー!

→ クラシックユーザーで15年使った感想。メッシュ(ペリクル)に劣化がないそうです。

アーロンチェアのすべてがわかるサイト【歴史から問題・誤解・裏話まで】

→ こちらも販売されている方の記事。ここで書きたかった事がほとんど書かれています。つーか文章も面白いのですが!!(←大絶賛です)

他にも記事を確認しましたが、アーロンチェアの耐久などの経過報告についてはブログ記事などが生の声でわかりやすいのですが、チェアそのものについては、しっかりとした知識の裏付けのある販売側の方が書いた記事を信じた方が確実です。(しかもヨイショ感、「買ってください!」感も控えめで実に上品)

特に最後に紹介したアーロンチェアのすべてがわかるサイト【歴史から問題・誤解・裏話まで】は大変参考になります。

これらの調査によって購入欲もMAXとなってくるのではないでしょうか!

ここからは商品選びの段階に入ります。

自分のサイズ(Aサイズ、Bサイズ、Cサイズ)のあたりをつける

このステップは簡単です。アーロンチェア にはサイズがあります。身長と体重とで簡単にサイズの目処をつけられるチャートがありますので自分のサイズを確認してください。

→ サイズの確認はこちらから。

Aサイズ(スモール)、Bサイズ(ミディアム)、Cサイズ(ラージ) の3サイズが存在します。チャートではAorB、BorCという判断がつきにくいゾーンもあります。このゾーンに属する場合にはサイズが複数用意されているショールームで必ず確認してください。

とくにCサイズはかなり大きいです。安直にゆったりとしていたほうが良いという理由で大きめサイズを選ばないようにしてください。

アーロンチェア はしっかりと奥に腰掛け、背もたれに背中をあずけて着座するスタイルです。大きめサイズの場合、座面の先端が脚を圧迫してしまう事になりリラックスできなくなるのでご注意を。

チャート上で確実にCサイズ(ラージ)に該当する方は、その時点で「アーロンリマスタードライト」が選択できない可能性が高くなります。なぜなら「アーロンリマスタードライト」にはCサイズが用意されていないためです。アームレスであればサイズが多少狭くてもOKなのかもしれませんので、実際に座って見て店員の方にアドバイスをいただきましょう。

このステップではサイズの"あたり"をつけるだけ。最終的なサイズ決定は実際に座ってみて決定します。

アーロンチェア のライトにするか、フル装備にするかを決める

ほぼ同じシートなのに価格の安い「アーロンリマスタードライト」は超絶魅力的です。

ざっくりとしたフル装備とライトとの違いは以下の内容です。

ライトとフル装備との違い

ライトは・・

  • サイズがA/Bのみ
  • カラーなど1種類
  • ポスチャーフィットが固定式
  • 前傾チルト設定に対応していない
  • アーム(肘掛) はアームレスまたは固定アームのみ(調節できない)

「Cサイズが欲しい」「グラファイト以外のカラーが欲しい」「前傾チルトが必要」「調節可能な肘掛が必要」のいずれかに該当する場合には考える必要はありません。ライトは検討の対象外にして「アーロンリマスタード(20万円以上)」に絞って購入を検討してください。

僕の場合、当初の考えは「スペースが狭いので、小ぶり(に見える)で立ち上がる際に体の抜けのよいアームレス!」「安いのでいい!」というモノでした。そのため「アーロンリマスタードライトBサイズ アームレス」に心を決め、あとは一応座ってみて違和感がなければ購入をしよう、と考えていました。

同じライトに用意されている固定式のアーム(肘掛)は確かに机をつかわない読書時や立ち上がる時の支えに便利かな、とは思いましたが中途半端だと考えたのです。

アーロンチェアにおいての基本的な選択肢は以下の3つです。(価格は2019/7/30時点 税込) カッコ内はライトのアームレスからの差額です。

  1. 「アーロンリマスタードライト アームレス」・・105,840円
  2. 「アーロンリマスタードライト 固定アーム」・・117,720円 (+11,880円)
  3. 「アーロンリマスタード」・・201,960円(+96,120円)

「アーロンリマスタード」に対して、アームレスにすれば半額!10万円安!という感覚になり、ライトのアームレスに決めた!と考える方も多いと思います。

さあ、「アーロンリマスタードライト アームレス」を通販で買っちゃいますか?ポイントも付くので実質10万円を切るかもしれませんよ・・・いえいえ、もう少しやることがあるので購入するのはもう少し待ってください。もう少し調査が必要です。

次のステップを踏まずに購入すると「あれ?10万円も払ったけどアーロンチェア って評判ほどではないな・・」という事態になりがちです。

実際のチェアに座ってみる(ここポイントよく読んでください)

そろそろ決断が迫ってきました。よくあるアドバイスとして購入前に「実際に座ってみてくださいね」というモノがあります。これは正しいのですが、もう少し足りていません。

ハーマンミラー認定エルゴノミックアドバイザーなど詳しい方に説明をしてもらいながら、実際に座ってみてください」がベストなアドバイスだと考えます。

アーロンチェア の調整方法がわからずに(自分にとってのベストな状態がわからない状態で)、展示してある椅子にひょいっと座ってみるだけではその良さがわからないハズです。

しっかりと知識をもった方に丁寧に説明していただいて、サイズも含めて分にあったチェアかどうかの確認をしないとダメです。

アーロンチェアショールーム

差を知った上で複数のチェアからベストなモノを見極める。

ただし、相手の陣地に行くわけですから、相手は自分に有利な内容で話を進め、「ライトでいいや・・」と思って訪問したのに、説明を受けた結果「ライトじゃダメだわ・・」という状態になることは覚悟していってください。(まさに私がそのパターン。でも後悔はしていません!)

僕が体験したアーロンチェアについての説明のポイントをざっくりとまとめると・・

ポイント

  • 座り方(奥までしっかりと腰掛ける)
  • 椅子の高さの調整(大腿部が床に平行に)
  • リクライニング範囲の設定
  • リクライニングの硬さ調整
  • 肘掛けの高さ・角度・前後の調整
  • キーボード打鍵時 肘掛あり・なしでの比較(調整できる肘掛必要!を認識)
  • ポスチャーフィットSLの調節による違い
  • ライト版のポスチャーフィットとの違い(ポスチャーフィットSLの方が良い!)
  • サイズの確認(A,B,Cサイズが揃っており確認可能)

予算にもよりますが、話を聞いてしまうと肘掛の重要性を認識することとなり、価格の安い「アーロンリマスタードライト」は候補から外れることになります。

ここではアーロンチェアの正しい座り方(調整方法を含む)と適したサイズの確認が大切です。

エルゴノミックアドバイザーとは?アドバイザーのいる販売店舗の探し方

エルゴノミックアドバイザーの説明については、ハーマンミラー公式の紹介ページを参照願います。

【エルゴノミックアドバイザーとは】

ハーマンミラーが実施する試験に合格したハーマンミラーの正規販売店の販売スタッフ で、以下のスキルを持つ
- 身体に負担をかけない姿勢や働き方の基本的な知識を持つ
- 顧客が抱えている問題点を把握して解決するためのアドバイスができる
- チェアやデスク、モニターアームの製品知識を持つ
- パーソナルフィッティングのノウハウを持つ
- 製品のアフターサービスやメンテナンスの知識を持つ

僕は東京のハーマンミラーストアにお邪魔してチェアの確認をしていたら店員さんに声がけしていただきました。その方がとても詳しく、しっかりと、丁寧にチェアの機能や調整方法について教えていただきました。確認はしていませんが「エルゴノミックアドバイザー」だったのではないかな?と推測しています。

アーロンチェアストア外観

ハーマンミラーストア。とても素敵なお店です。2Fにアーロンチェア多数あり。

エルゴノミックアドバイザーのいる店舗を検索するには次のようにしてください。

ハーマンミラーの「販売店を探す」のページで、希望の地域を入力して検索します。東京であれば"東京"を入力して検索します。

アーロンチェアリマスタード

検索結果に表示される「エルゴノミックアドバイザー」のお店で体験するのがベスト。

「エルゴノミックアドバイザー」の表示のある店舗を訪問するようにしてください。

可能であれば、アドバイザーの方と会話できるようにアポイントを取っておいた方が確実でしょう。

ハーマンミラー商品の価格にはこのようなサポートシステムも含んだ価格なのです。(できるだけ説明を受けた販売店さんで購入しましょう!)

最終的によく考えて購入する

デザイン、そして機能的な評判もよい「アーロンチェア リマスタード」です。実際に座ってみて納得できるなら購入です!

気をつけたい「調整可能アーム」と「前傾チルト」のあり・なし

「アーロンリマスタードライト」の購入で検討されている場合、「調整可能アーム」と「前傾チルト」機能が不要かについて自分の中で確認してください。

「調整可能アーム」については店舗などでの説明で重要性を認識できると思います。PC作業のためにアーロンチェアを購入する前提であれば必須機能です。

コクヨのサイトでも肘掛の重要性について説明されています。(ページ中段にある「肘掛けって、何が便利なの?」を参照願います)→ 快適なイスってどんなイス?(コクヨ ファニチャー)

僕が実際に「アーロンリマスタード」を使ってみて気づいたのは"意外に「前傾チルト」を使う"という点。

これは環境や個人の感覚にもよるのですが、ノートPCでの作業が前提であれば前傾チルト搭載の「アーロンリマスタード」を選択した方がベターだと認識しました。

高さ調整が可能なデスクトップでモニター利用時など、姿勢よく正面を見て作業できる環境での作業であれば「前傾チルト」不要ですが、ノートPCでの作業や手書き作業の用途であれば前傾チルト機能のある非ライト機種を購入してください。

アーロンチェア については、10年以上使えるチェアです。

費用的にどうしてもライトしか買えないという方の場合、(オススメしませんが)今回はライトを購入して、10年後に「アーロンリマスタード」を購入するという計画もありです。

今の僕の考えでは、ライトを購入するのであれば、調整可能な肘掛のある国産メーカーチェアを購入しても良いのかもしれません。

例えばオカムラのバロン。

もう1つの選択肢として中古のアーロンチェアの購入。(12年保証は受けられないそうです)

中古のアーロンチェアは楽天市場などでも販売されています。→アーロンチェア 中古 検索@楽天市場

正直、僕の感覚ではイスの中古はちょっと(いろいろ染み込んでいそう)・・なのですが、価格比でコスパが高い可能性はあります。(イスとしてしっかりしていますので!)

アーロンチェア 購入先はポイントの付く楽天市場などを利用してもよい

「アーロンリマスタード」であれば20万円を超える価格です。1パーセントでもポイントがつけば2,000円相当の割引となります。

アーロンチェアリマスタード通販の例

条件により10,000ポイント以上が付与される例。

楽天市場では条件などにより、さらにボーナスのポイントがつくこともしばしば。簡単に1万ポイント程度は還元されるのではないでしょうか?

通販で心配なのは信頼できるか?修理対応はどうなのか?

通販での購入の場合には近隣ではない店舗が多いため、故障・修理の対応が心配になります。

確認していくと、修理対応については購入店を経由してハーマンミラーに依頼することになるようです。(送って修理が必要になる場合の発送先もハーマンミラーになります)

したがって、信頼でき・対応の良いお店で購入すれば問題ありません。(保証をうけるならハーマンミラーの正規販売代理店である必要があります)

僕の場合には、「アーロンチェアの庄文堂 楽天市場店」にて購入しました。庄文堂は仙台というロケーションですが、かなり歴史のある企業です(創業1936年!)。何度かメールでやりとりしましたが、対応がかなり親切な印象です。心配であれば、電話をかけて対応をチェックしてもよいでしょう。

「アーロンチェアの庄文堂 楽天市場店」はこちら

僕がたまたま庄文堂をチョイスした、というだけで、もちろん他のお店でもOKだと思います。ただし、庄文堂には次のメリットがあります。

利用者が大学生・教職員などであればガク割(学割)対応ショップで!

アーロンチェア を安く買う方法として「ガク割(学割)」の利用も検討しましょう。大学生や学校の教職員さんであれば学生証や身分証明証の提示を条件に割引で購入することができます。

アーロンチェア のガク割については「アーロンチェア の庄文堂」だけで実施されているようです。

割引の対象となる製品は ・アーロンチェア・エンボディチェア・ミラ2チェア のみ。「アーロンリマスタード」は当然「ガク割」対象ですが、「アーロンリマスタードライト」は割引対象外です。(残念!)

ガク割による割引率については公開されておらず「アーロンチェア の庄文堂」に問い合わせて確認する必要があります。楽天市場でガク割を適用しての購入であれば楽天ポイントの還元も当然併用されるので実質としてはかなりの割引になり、オススメです。学生さん、教職員さんが羨ましい!!

アーロンチェア 購入・使用しての感想

庄文堂で購入した場合、アーロンチェアは「ヤマトらくらくチェア家財便」で届きます。2名のスタッフさんで運んでくれ、開梱などもお任せです。部屋まで運んでいただけるので楽でした。

事前に確認しておいた通りの座りごごち!なによりも「アーロンチェアが俺の部屋にあるぜ!」という喜び。

アーロンチェアリマスタード ハーマンミラーロゴ

もちろんこの記事もアーロンチェアに座ってタイプしています。これまでよりも頭をクリアにして執筆できている気もしてきます!

使わないかなと思っていた「前傾チルト」も気分転換や姿勢のバリエーションとして活用しています!

僕の場合、MacBook Pro (ノートパソコン)で作業をします。この時、前傾チルトにした方が姿勢を保てるのです。
いゃあ「アーロンリマスタード」にしてよかった!!

逆にモノ足りなかったのが、肘掛の高さ。

アーロンチェアリマスタード 肘掛けの調整

肘掛の高さ調節ロック解除レバー。ワンタッチではないが、その分しっかり固定されます。

お店で試した後に座高が伸びたのか・・(冗談です)、肘掛を最も上にしてもイマイチ高さが足りませんでした。

これは実際に使うノートPCの厚み、キーボード位置、机の高さが密接に関連しています。座面を高くすれば改善するのですが、それでは足が浮き気味になってしまい腿が疲れます。デスクの高さ調整があればなぁ・・とも思いますがそうはなりません。もう少しベストポジションを探して行こうと思います。(足元に台を設置しますか・・)

アーロンチェア の実物の満足度は非常に高いです。パーツに触れた時のひんやりとした剛性感。そしてデザイン。

アーロンチェアリマスタード 剛性感

パーツの重みがすごい!

車でお気に入りの外車を購入したり、カメラでライカを購入したりするような感じです。(共に購入経験ありませんが(笑))

「アーロンチェア を使い始めて腰痛が治った!」という話も目にします。確かに負担が少なくなるような座り方が可能になるのがアーロンチェア なので関連はあるかもしれません。幸いにも僕は腰痛持ちではないのでこの辺りはわかりません。

ここからは笑って読んで欲しいのですが・・・
僕の場合、椅子によってはイボ痔が気になるのです。ファミレスの椅子などに座っているとかなり気になってきます。しかし、このアーロンチェアであれば肛門にあまり負担がかからない座り方ができそうで、非常に安心できます。このあたりは個人の感覚や事情、体調によるものかと思います。

さて、非常に長文となりましたが、今一度アーロンチェア購入プロセスにおけるポイントをおさらいします。

ポイント

  1. アーロンチェア の商品体系、その他のハーマンミラーのチェアについてある程度知る
  2. 販売店や個人の使用感についての情報をチェックする
  3. 自分のサイズ(Aサイズ、Bサイズ、Cサイズ)のあたりをつける
  4. アーロンチェア のライトにするか、フル装備にするかを決める
  5. 実際のチェアに座ってみる(注意点あり)
  6. 最終的によく考えて購入する

「やっておきたい事」は、詳しい説明を受けながら実際に座ってみること。(使い方、最適なサイズ、機能の意味を知ることができます)
「気をつけておきたい事」は、自分にとって「調整可能な肘掛」と「前傾チルト」が本当に不要なのかの再考です。(「アーロンリマスタードライト」でも十分なのかの判断)

また、購入先としては文中にさらりと書きましたが、学生・教職員さんであれば「ガク割」+楽天ポイント還元が受けられ、そして歴史があり、何度もベストディーラーとしてハーマンミラーから表彰されている「アーロンチェア の庄文堂 楽天市場店」での購入はオススメできます。(別に庄文堂さんからお金をいただいてるわけでもなく、僕がたまたま庄文堂で買ったというだけでもあるのですが)

以上、アーロンチェア 購入の参考になれば幸甚です!



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員ブロガーです。 2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しています。 モノやコトの紹介をしています!

-PC, レビュー
-, , , ,

Copyright© モノ好き。ブログ , 2019 All Rights Reserved.