モノ好き。ブログ

「モノ好き。ブログ」は、The そうじろう がモノを中心に紹介するブログです。Anker、Bose、iPhone、Mystery Ranch、ロフト が今は好き。イベント、株主優待、ふるさと納税も紹介します。

ANKER製品 レビュー

「Anker Nebula Capsule II」がかなり良い!解像度UP、明るさUP、Android TV対応で全く別モノ。

Anker Power Conference 2019 summer にて執行役員である猿渡氏が数ある新製品の中で「本日最も紹介したい商品」として発表した「Anker Nebula Capsule II」。自宅で試してみたところ、非常に感触が良いので紹介します!

猿渡執行役員による「Anker Nebula Capsule II」の紹介

猿渡執行役員による「Anker Nebula Capsule II」の紹介。

TVより小さく、スマートフォンより幅広い事ができる「Anker Nebula Capsule II」。発表会で使われていたライフスタイルを変革する「ライフチェンジャー」という表現は、本当なのかもしれません。いやー、プロジェクターのある生活、楽しい!

「Anker Nebula Capsule II」は「ライフチェンジャー」

「Anker Nebula Capsule II」は「ライフチェンジャー」

今回紹介するプロジェクターは↓こちらです。

「Anker Nebula Capsule II」従来機種との違い

Anker Nebula Capsule(100ANSIルーメン)、Anker Nebula Capsule Pro(150ANSIルーメン)のニューモデルである「Anker Nebula Capsule II」。従来機種との違いをまとめます。

ポイント

  • 解像度がHDクラスに! ← これスゴく大切!!
  • 明るさが倍に! ← これも大切!!
  • Android TV に対応!
  • オートフォーカス機能搭載! ← これ便利
  • スピーカーが5Wから8Wに!

解像度は 854 x 480 画素 → 1280 x 720 画素というように、垂直・水平ともに1.5倍になっています。さらに明るさもアップしており、映像の見栄えはかなり良いです。

実際に使ってみての感想としては、
これなら使える!
というモノでした。

(実は過去にNebula Capsule Proも使ってみたのですが、僕の場合、正直あまり感動できませんでした)

Anker Nebula Capsule / ProAnker Nebula Capsule II
解像度854 x 480 画素1280 x 720 画素
輝度100/150 ANSI ルーメン200 ANSIルーメン
スピーカー5W8W
動画再生時間約4時間(ローカルコンテンツ再生時、
Wi-Fi利用時は3時間)
約3時間(ローカルコンテンツ再生時、
Wi-Fi利用時は約2.5時間)
サイズ・重量高さ:約120mm
直径: 約68mm
重さ:約470g
高さ:約150mm
直径:約80mm
重量:約740g
価格39,800円/46,800円59,800円

気を付けたいのは価格とバッテリー駆動時間(再生時間)とサイズ・重量。

性能・機能も向上していますが、価格もアップしています。

遊び感覚でCapsule無印を購入した方は、コスパ・新しい楽しみ方の点で満足でき、Amazonのカスタマーレビューでも高評価です。

その一方で新製品の「Anker Nebula Capsule II」は遊びで買うには勇気のいる価格でが、対価を支払った分の性能の良さを堪能できる商品だと考えます。

新製品発表会での「Anker Nebula Capsule II」。

新製品発表会での「Anker Nebula Capsule II」。

Amazonのレビューはまだ件数が少ない(執筆時点で 8件)ですが、Anker Nebula Capsule(100ANSIルーメン)ユーザーが「Anker Nebula Capsule II」を購入してみて良かった!という声も(2件)あります。

動画再生時間は短くなっていますが、2.5時間確保で許容範囲。
印象的だった350ml缶のサイズからは大きくなってしまいましたが、大きな問題ではないと思います。(直径が12mm増えたところで、どうこうは無いと思いますがどうでしょう?)

ご参考 明るさの表記について

明るさの表記で、Nebula は200ANSIルーメンと記載されています。一方、アマゾンで表示されるその他メーカーの製品は1500ルーメンなどと桁違いの数字が書かれています。

これについては、サンワサプライさんのページで詳しく書かれています。ANSIルーメンでないと、数値だけでの単純な比較が難しいようです。

このあたり、Anker・Nebulaのメーカーとしての生真面目さが出ていて好感が持てます。

「Anker Nebula Capsule II」実際の使用感

「Anker Nebula Capsule II」のパッケージ写真

HDピクチャー、BIGサウンド!

同梱品の紹介

同梱品は以下の写真の通りです。本体、リモコン、リモコン用電池、USB Type-Cケーブル、USBチャージャー、説明書。

「Anker Nebula Capsule II」の同梱品の写真

Power Delivery対応USB充電器として、Anker PowerPort Speed 1 PD 30 が付属しています。

画面の指示に従えばOKのセットアップ

セットアップは画面の指示に従えばOKで簡単です。googleのアカウントの入力やWi-Fiのパスワード入力が若干面倒なのですが、Androidスマホがあると簡単にできるそうです。

電源オフから起動するまでの時間はおおよそ40秒。耐えられる時間です。

リモコンは赤外線とBluetoothのハイブリッドのようです。

何もせずにリモコンが使えているのに「リモコンとペアリングするのには・・」という説明が出てきていて何??と思っていたのですが、BluetoothのペアリングをすればBluetoothで使えるようです。

動作は軽快。マジオススメ!

リモコン動作による画面遷移はサクサク。ストレスがありません!

「Anker Nebula Capsule II」付属リモコン

AbemaTVのチャンネルもスパスパ切り替わります。

もう一度言いますが、
ノーストレスです!

AFがうれしい!

画角を合わせると、自動でAFが動きます。

まるでカメラのようですが、これがかなり便利です。

手動でピント調整するプロジェクターがほとんどだと思いますが、このAFはムッチャ便利でカッコいいです。

これも「Anker Nebula Capsule II」をオススメするポイントの1つです。

ファンの音は少し気になる。スピーカーの音は十分良い。

ファンの音は気になるが抑えられていると思うし、映像の音声を鳴らしていればほとんど気にならなくなります。

どうしてもファンノイズが気になるようであれば、ヘッドホンと有線接続して音声を楽しむのもオススメ!迫力が増します。

スピーカーからの音も悪くなく、こもる事もなく十分使える音です。このスピーカーはスキャンスピーク社設計の8Wドライバーということで、かなり力が入っているようです。

どのプロジェクターでも同じですが、TVと違って音が近くに設置している「Anker Nebula Capsule II」から鳴るので若干の違和感があります(画面方向から聞こえない)。

Bluetooth接続で外部スピーカーとは接続できない?

Bluetoothで外部スピーカーと接続することはできなさそうです(試してみてダメでした)。
https://support.google.com/androidtv/answer/6123183?hl=ja
Android TVの説明によると「ワイヤレス キーボードやゲーム コントローラ」のみの模様。

この辺りはこう少し僕も調査が必要です。

Prime Video と Netflix の対応。

Androidのストアを検索しても僕が使っているPrime Videoのアプリが見つかりませんでした。そのため仕方なく「Anker Nebula Capsule II」のHDMIポートに Fire TV stick を接続して使っていました(笑)。

「Anker Nebula Capsule II」の背面写真

背面下部にはオーディオ出力、HDMI、USBのポートがあります。

よくよく「Anker Nebula Capsule II」の商品情報をみると「Amazon Prime VideoとNetflixを利用するには、製品本体のGoogle PlayストアからNebula Managerを検索し、ダウンロード」すればOKとの記載がありました。

  1. Google PlayストアからNebula Managerを検索しインストール
  2. Nebula Manager を起動して Amazon Prime Video を見つけインストール

これでOKです。ただし途中の過程で「不明なアプリのインストールを許可」しなければなりませんでした。

HDMI経由で Prime Video を楽しんでいた時には音量を最小にしても音が小さくならず困っていましたが、インストールしたアプリを使えばOKでした。

ワイヤレススピーカーとしても結構良い音を出す。

「Anker Nebula Capsule II」をBluetoothスピーカーとして使う場合の印象も結構良い。

Bluetoothコーデックの対応はSBCだけだが、スキャンスピーク社設計の8Wドライバー+デュアルパッシブラジエーターでカリッとした気持ちの良い音を出します。筐体のしっかり感も音質に寄与していると考えます。

パワーオフ状態からワイヤレススピーカーモードで起動させるには、背面の矢印ボタンを3秒程度長押しすればOK。

「Anker Nebula Capsule II」の画質はどうだ!?

最後に「Anker Nebula Capsule II」の画質についてですが、画素数アップ、輝度のアップにより従来の「Anker Nebula Capsule」よりも画質はかなり良くなっています。

もちろんFHDや4Kの方が解像度が高くて良いわけですが、個人的にはHD(ハイビジョン)で十分です!

明るい部屋での大画面利用は厳しいですが、就寝前に天井に投影して映像を楽しむには十分すぎます。

これなら「使いたい!」と思わせる画質です。

(さらに、タブレットのように寝落ちしても顔面に落ちることがないのが嬉しい!)

追加で購入したいのはスタンドとスクリーン。

「Anker Nebula Capsule II」に追加して購入したいモノはスタンド(三脚)でしょう。

三脚について

「Anker Nebula Capsule II」のそこ面にはカメラ用三脚が取り付けられるネジ穴があります。これに高さ・角度調整可能なカメラ用三脚などを取り付けて設置します。

取り急ぎ家にある三脚を使うと良いでしょう。もし三脚が無い!という場合にはアマゾンで購入しても良いでしょう。

根拠はないですが、↓こちらのような低価格三脚も使えそう。( 僕はSLIKのSBH-100DQという三脚で使っていますが台座のサイズが小さく、Nebulaとの相性が今ひとつです)

↓よくあるマンフロットのミニ三脚も一応使えます。ただし高さ調整ができないので今ひとつかもしれません。(正面に向けて使うだけならOKですが、角度や脚の開き方によっては倒れやすいのでご注意を)

Bose SoundLink Revolve 用の三脚にはマンフロットのコンパクト三脚 PIXI・PIXI EVO!

Bose SoundLink Revolve 用に三脚を購入しました。Manfrottoというイタリアの三脚ブランドの商品です。Manfrotto の商品はデザインが結構好きなのです。今回は、そのMa ...

続きを見る

純正上向き設置用ホルダー?

製品発表会の展示では、↓このように素敵なホルダーでベッドサイドに置くようなディスプレイがなされていました。

「Anker Nebula Capsule II」を上向けに設置できるホルダー。

「Anker Nebula Capsule II」を上向けに設置できるホルダー?

「うぉーーー!この素敵アクセサリー欲しいぜ!!」と思っていました。

コレ実は「Anker Nebula Capsule II」の梱包材でした(笑)。

「Anker Nebula Capsule II」の梱包材

箱に収まった状態の「Anker Nebula Capsule II」。

「Anker Nebula Capsule II」の梱包材。

ホラ。

ホラホラ。

このような梱包材をフォルダーとして使って良いかは判断が必要です。排気口もほとんど塞がず熱問題はなさそうなのですが・・、最大の問題はケーブルが挿さらないところ(笑)。

ご利用は自己責任でお願いします。

スクリーンが欲しい!

壁に投射する方がほとんどだと思うのですが、壁紙に小さな凹凸があるため今ひとつ映像がくっきりしない点が不満ではあります。

ここでスクリーンを購入するか!?という話になります。

今のところ天井に貼り付けられるタイプは見つかっていないのですが、壁に設置する用であれば少ない出費で購入できそうです。

僕の部屋であれば60インチ程度でOKそうなので↓NIEBROの60インチスクリーンの購入を検討中。(壁への固定方法について検討中です)

「Anker Nebula Capsule II」のオススメ度

「Anker Nebula Capsule II」のオススメ度はMax!です。欲しいと思ったら買った方が良いです。

NEBULAのロゴ

クオリティも高いので後悔することは無いと思います。

Ankerの製品なので、18ヶ月の製品保証なのもオススメポイントの1つです。

オススメポイント

  • HD解像度、200ANSIルーメンで"使える"画質
  • スピーカーの音質が良い
  • サクサク操作のAndroid TV
  • AF搭載で自動ピント合わせ
  • YouTube、Amazon Prime Video、Netflix、Hulu、Disney Theatre、TVer、Abema TV、DAZN 等主要サービスに対応
  • 内蔵バッテリーで駆動可能
  • ワイヤレススピーカーとしても利用可能
  • 1年半(18ヶ月)の製品保証

「Anker Nebula Capsule II」は出会ってよかった製品でした。



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員ブロガーです。 2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しています。 モノやコトの紹介をしています!

-ANKER製品, レビュー
-, , ,

Copyright© モノ好き。ブログ , 2019 All Rights Reserved.