AV機器 PC

REGZAのタイムシフトマシン・通常録画用に購入した外付けHDD2機種を紹介!

2022年に発売されたREGZAの「55X9900L」を購入しました。REGZA「55X9900L」はタイムシフトマシン機能が搭載されており、6つの放送局の番組を全録が可能です。また、予約録画機能も搭載されています。

この記事ではレグザのタイムシフトマシン用として安心して購入できる外付けHDDについて紹介します!

レグザのタイムシフトマシンとしては、6番組同時録画にプラスして再生の可能性もあります。かつ、場合によっては24時間365日連続稼働の可能性もあり、HDD選択は慎重におこなう必要があります。

最終的に1台あたり1.2万円程度のHDDでタイムシフトマシンとして使う事ができるようになりました!

▼ 今回紹介する外付けHDDは以下の2商品です。

TOSHIBA Canvio Desktop by BUFFALO HD-TDA6U3-B 外付けHDD 6TB

バッファロー HD-EDS6U3-BE パソコン&テレビ録画用 外付けHDD 6TB 

REGZA「55X9900L」の感想などについてはこちらで紹介しています。

REGZA 55X9900Lを購入!良かったところ、悪かったところ。

REGZAの2022年フラッグシップモデルである「X9900L(55V)」を購入しました。実際に「X9900L」を使ってみた感想をお伝えできれば、と思います!! 総合的なレビューには程遠く、使っている ...

続きを見る

タイムシフトマシン、ムッチャ便利ですね・・

REGZA「55X9900L」を購入して実際にタイムシフトマシンを使ってみたら、その便利さに感動しました。

REGZA 55X9900Lを購入!良かったところ、悪かったところ。

REGZAの2022年フラッグシップモデルである「X9900L(55V)」を購入しました。実際に「X9900L」を使ってみた感想をお伝えできれば、と思います!! 総合的なレビューには程遠く、使っている ...

続きを見る

TVを楽しむスタイルが確実に変わります。

「○○が昨日TVで紹介された!」という見逃しの対応だけでなく、
過去の番組表から気になる番組をチェックできるというのがホント便利なのですよ。
(TVerも便利ですが、CMが長いですし、見たいパートになかなかたどり着けなかったり、ちょっと面倒)

「過去番組表」などからタイムシフトマシンで録画した内容にアクセス可能。「始めにジャンプ」(名称がダサい)や左ボタンでもタイムシフトマシンで録画された内容が使われる。

ちなみにREGZA「55X9900L」に搭載されているチューナーの内訳は…

新4K衛星放送  × 2
地上デジタル × 9
BS・110度CSデジタル × 3

チューナーのお化けですね!(=コストがかかりますね・・)

2022年8月時点での商品一覧によると、タイムシフトマシンに対応している機種は以下の通り。

4K有機ELレグザ X9900L series 65V55V

4K有機ELレグザ X9400S series 65V55V48V

4K有機ELレグザ X9400 series 77V65V55V

4K Mini LED液晶レグザ Z875L series/Z870L 75V65V55V

4K液晶レグザ Z770L series 75V65V55V

4K液晶レグザ Z740XS series 65V55V50V

フルHDのモデルや32V型などでのタイムシフトマシン対応機種は存在しません。タイムシフトマシンを楽しむためには4K対応のREGZAから選択することになります。

ホント、タイムシフトマシンは全メーカーで対応して欲しいです。(もうREGZA以外は買えない体に…)

REGZAのタイムシフトマシンを使うなら外付けHDDが必要!

このREGZA「55X9900L」のタイムシフトマシン・予約録画機能を使うには別途外付けHDDが必要です。

▼ REGZAのHPによると

別売のUSBハードディスクを接続することで地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分*1まるごと録画*2できます。

*1) 別売のレグザ純正USBハードディスクTHD-600D3を使用して、地上デジタル放送のHD番組(17Mbps)をまるごと録画した場合の目安。
*2) タイムシフトマシンを使用するには、お客様が初期設定しておく必要があります。

また、REGZAのHPのタイムシフトマシン対応HDDリストには以下のラインナップが掲載されていました。(2022/8/11に確認した内容)

掲載されている製品を検索すると、販売中の製品は「THD-600D3」のみでした。

タイムシフトマシン対応USBハードディスク
■タイムシフトマシン&通常録画
東芝  
THD-600D3 4TB+2TB
THD-250D2 生産終了
THD-500D2 生産終了
THD-450T1A 生産終了
THD-250T1A 生産終了
THD-450T1 生産終了
アイ・オー・データ機器
AVHD-ZRC9 生産終了
AVHD-ZRC7 生産終了
AVHD-ZRC5 生産終了
■タイムシフトマシンもしくは通常録画
東芝  
THD-200V2 生産終了
THD-300V2 生産終了
■タイムシフトマシン専用
バッファロー  
HDT-AV6.0TU3/V 販売終了
HDT-AV4.0TU3/V 販売終了

この情報だけで購入するならば、東芝純正の「THD-600D3」を買うしかありません

東芝純正USBハードディスク「THD-600D3」とは?

タイムシフトマシン&通常録画に対応したレグザ純正USBハードディスク「THD-600D3」とはどのようなUSBハードディスクなのでしょうか?

クリックで商品販売ページへ移動します。

まずは価格。

ビック・ヨドバシという購入しやすいショップでの価格は以下の通り。

THD-600D3 録画用HDD USB-A接続 [据え置き型 /6TB]
価格 45,910円 (税込)ポイント 4,591ポイント (10%)

販売は「東芝 映像ソリューション

内部構成としては、「容量(タイムシフトマシン+通常録画) 4TB + 2TB」です。タイムシフトマシン用と通常録画用に2つのHDDが内蔵されています。

背面にUSB端子が2つあり、REGZAのタイムシフトマシン用のUSB端子と通常録画用のUSB端子とにそれぞれケーブルを接続します。

外形寸法は  200mm× 200mm × 36mm です。

一般的な外付けハードディスクを2台設置する場合と比較してみましょう。

一般的な外付けハードディスクのサイズが 114mm×171mm×33mm です。
これを2台設置するよりは「THD-600D3」の方がスペースメリットがありそうです。

また、HDDを2台設置する場合には2つ必要な電源用ACアダプターが1つで済むというメリットもあります。

そして、何よりも純正という安心感が大きなメリットです。

「THD-600D3」を購入するメリット

THD-600D3なら

  • 2台設置するよりもスマート
  • 2台設置する場合には2つ必要なACアダプターが1つで済む
  • 純正という安心感

4TBの外付けハードディスクを2つ購入しても2万円程度だと考えると2倍相当の価格の商品を購入するのかは悩むところです。

どうせなら タイムシフトマシン用には「容量の多い6TBを接続したい」という野望もあります。

どのハードディスクでも言われがちなのですが「音がうるさい」という書き込みも見受けられます
高価な費用ならイロイロ気になりますよね!

「THD-600D3」に使われているであろうHDDは?(中身)

そもそも「THD-600D3」の中身がどうなっているのか?は気になるところ。その中に入っているHDDの型番さえわかれば、同じ中身の外付けHDDを購入すれば間違いない!と考えられます。

"THD-600D3 中身" で検索すると、価格コムに有益な書き込みがありました。

中身のHDDは「DT02ABA400V」と「MQ04ABD200」

タイムシフトマシン用の「DT02ABA400V」について公式ページにて確認すると以下の仕様です。

フォームファクタ 3.5型
インタフェース SATA 6 Gbit/s
バッファサイズ 128 MiB
回転数 5400 rpm
最大連続データ転送速度 (Typ.) 176.4 MiB/s
MTTF/MTBF(AFR) 1 000 000h(0.88%)

また、Key Feature として 24時間365日連続稼働、ワークロード180TB/年 という記載もありました。確かに、タイムマシンシフトとして使うならば連続稼働になります。

シリーズの容量ラインナップとしては、2TB、4TB、6TBがあります。

★タイムシフトマシン用のHDDとしては「THD-600D3」に搭載されている「DT02ABA400V」(DT02-V シリーズ)の耐久性・スペックと同等もしくはそれ以上のHDDを用意すればよさそうです。

参考までに通常録画用の2TB HDD「MQ04ABD200」について公式ページにて確認すると以下の仕様です。シリーズのラインナップとしては1TBと2TBです。

フォームファクター 2.5型
インターフェース SATA 6 Gbit/s
フォーマット 512e
バッファーサイズ 128 MiB
ディスク回転数 5400 rpm
内部転送速度 ( Typ. ) 819.7 ~ 1733.6 Mbit/s
MTTF 600 000 h
消費電力 ( Low Power Idle ) ( Typ. ) 0.60 W
重量 ( Max ) 2 TB 117 g
1 TB 92 g

こちらは通常録画用であるため、24時間365日連続稼働などの特徴の記載はありませんでした。

もう一つの目安。バッファローのテレビ用ハードディスク検索で対応HDDを探す!

バッファローのサイトには対応しているハードディスクの検索が可能です。「通常録画およびタイムシフトマシンに対応しています。」という記載のある商品を見つけられるのです。

ただし、私が購入したREGZA X9900L(55V)などの対応確認結果が載っていないため、見つけるためには少しコツが要ります。

以下の内容で検索してください。(データベースの更新により、より最新の機種で検索できるかもしれません)

検索条件

メーカー 東芝
ブランド レグザ
シリーズ Z740Xシリーズ

Z740Xシリーズ少し古い機種でありますが、2022年のREGZAラインナップのタイムシフトマシン 6チャンネル同時記録という点では共通であるため、参考になるはずです。

→ 面倒な方はこちらでご確認を。

検索結果としては 全294件 あり、膨大な機種になりました。((タイムシフトマシンは非対応)という記載のHDDも含まれます)

バッファローのHDDは「特定販売店向け」として同じ商品でも販売店によって型番が変わっているモノが多いです。
例えば「HD-TDA4U3-B」と「HD-TDA4U3-B/N」は末尾のみが異なります。買って確認しないとわかりませんが、中身は同じだと推測されます。

HD-TDA4U3-B/Nについては Amazon で販売されているように見受けられます。
HD-TDA4U3-B/Nの中身については、レビューにおいて「DT02ABA400Vだった」という報告も複数あり、レグザ純正USBハードディスク「THD-600D3」に内蔵されているHDDと同じ模様。これならイケそうです!

2種類のバッファロー外付けHDDを購入。果たしてその中身は!?

今回、REGZA X9900L(55V)に接続するため 6TBの外付けHDDを2つ購入しました。バッファローの「HD-EDS6U3-BE」と「HD-TDA6U3-B」の2機種です。それぞれ内蔵されているHDDを確認しました!

6TBを選択した理由は、なるべく長く録れるようにしたいのと、4TBと6TBとの価格差が気にならなかったためです。

(どうせなら 6TB!)

内蔵されているHDDについては crystaldiskinfo で詳細な型番情報をチェックしました!

東芝 Canvio Desktop HD-TDAシリーズ「HD-TDA6U3-B」

一つ目は TOSHIBA Canvio Desktop by BUFFALO HD-TDA6U3-B/N です。パッケージにTOSHIBAと書かれていますが、バッファローが販売している外付けハードディスクです。

容量は6TBをチョイスしました。

セット内容は HDDの他、USB 3.2 Gen1ケーブル(A-MicroB Type 約1m)、ACアダプター、取扱説明書(保証書)です。

HD-TDA6U3-B/N のセット内容

サイズは 114(W)x171(D)x33(H)mm 重量は 約900g です。

▼ TOSHIBAのロゴがうれしいやら悲しいやら・・・。

ヘアライン仕上げっぽい外観です。

▼ 「HD-TDA6U3-B」のCrystalDiskInfo確認結果確認結果

「HD-TDA6U3-B」のCrystalDiskInfo確認結果確認結果

「HD-TDA6U3-B」の中身は「DT02ABA600V」(DT02-V シリーズ) です!

 TOSHIBA Canvio Desktop by BUFFALO HD-TDA6U3-B 外付けHDD 6TB

バッファローHD-EDS-Eシリーズ「HD-EDS6U3-BE」

2台目は バッファロー HD-EDS6U3-BE です。容量は6TB。

セット内容は HDDの他、USB 3.2 Gen1ケーブル(A-MicroB Type 約1m)、ACアダプター、取扱説明書(保証書)です。

HD-EDS6U3-BE のセット内容


サイズは 114×33×171mm 重量は 約900g。数値としては先に紹介した TOSHIBA Canvio Desktop by BUFFALO HD-TDA6U3-B/N と全く同じです。

▼ BUFFALOロゴと特徴的な横スジ。右側の縦の赤線はデザインであり光るわけではありません。

▼ 「HD-EDS6U3-BE」のCrystalDiskInfo確認結果

「HD-EDS6U3-BE」のCrystalDiskInfo確認結果

「HD-EDS6U3-BE」の中身は「DT02ABA600V」(DT02-V シリーズ) です!

▼ CrystalDiskMarkによる速度測定結果(ご参考)

バッファロー HD-EDS6U3-BE パソコン&テレビ録画用 外付けHDD 6TB

まとめ

今回購入したバッファローのHDDは、どちらも 「DT02ABA600V」(DT02-V シリーズ) でした!

レグザ純正USBハードディスク「THD-600D3」で使われている HDD と同じシリーズであるため安心してタイムシフトマシン用に利用できます!

今回の2機種を比較するとケース外観の違いはありますが、内蔵されているHDDは同じです。どちらを選んでも大きく影響はしないと考えます。

HDDの動作音については配置する位置や環境によるのかもしれません。
どちらの機種も回転数が 5400RPMで ファンレスの構造です。
もちろんHDDとしての音はしますが、リビングのTVの背面に置いている状況で私の場合には気にはなりません。

REGZAのタイムシフトマシン用にHDDを購入するなら以下の①、②で考えるとよさそうです。

心配な方:レグザ純正USBハードディスク「THD-600D3」の購入がオススメです。

東芝|TOSHIBA THD-600D3 録画用HDD USB-A接続 [据え置き型 /6TB]

純正にこだわらない方: DT02-V シリーズ(DT02ABA400Vなど) が搭載された外付けHDDの購入がオススメです。

私の方で 「DT02ABA600V」の内蔵を確認できた外付けHDDは以下の2機種です。
(ロットなどでHDDが変更される可能性もありますがバッファローとしてもタイムシフトマシン対応としているため大丈夫でしょう!)

 TOSHIBA Canvio Desktop by BUFFALO HD-TDA6U3-B 外付けHDD 6TB

バッファロー HD-EDS6U3-BE パソコン&テレビ録画用 外付けHDD 6TB

【ご参考】「HD-TDA6U3-B」と若干型番の異なる「HD-TDA4U3-B/N」(4TB品)においてもレビューの書き込みで中身が「DT02ABA400V」であると報告されていました。

東芝 Canvio Desktop HD-TDA4U3-B/N (4TBへのリンク 6TBの HD-TDA6U3-B/N もあります)



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-AV機器, PC

© 2022 モノ好き。ブログ