PC カメラ機材

レビュー:Webカメラ「eMeet NOVA」。FHD、お手頃価格、SkypeやWeb会議に!

USB外付けWebカメラ「eMeet NOVA」を紹介します!「eMeet NOVA」は1920x1080のフルHD解像度を持ち、焦点距離5㎝~5mで近接撮影も可能。三脚穴により設置自由度も高いWebカメラです。画角は広角寄り(75°)で、距離が確保できれば数名での会議にも使えますし、角度によっては小顔に写る可能性も!価格を抑えたUSB外付けのWebカメラの購入を検討されている場合に購入候補となる商品です。

eMeet NOVA

こちらが eMeet NOVA です!

今回、メーカーさんよりレビュー用商品を提供していただきました!

■今回紹介する商品はこちら!

WEBカメラ ウェブカメラ eMeet NOVA 自動フォーカス HD1080P 200万画素 ステレオマイク内蔵 

eMeet NOVA について

まずはeMeet NOVAの仕様について確認していきます。

そもそもeMeetって何?という点についてわかる範囲で解説。

以下はPRtimesのリリースにおける会社説明より引用。

eMeet社について

■私たちのビジョンは
コミュニケーションは記録、知能はサービス。
深セン壱秘科技有限会社は、スマートオーディオAI IoT端末製品、データ通信技術、音声ビデオAIサービスをベースとした革新的なテクノロジー企業。
壱秘科技は「科学技術革新」の理念を実践し、人工知能の商業分野での革新に力を入れている。

■私たちの成長は
会社は2016年8月31日に創立し、AI知能音声技術と革新製品でスタートし、創立して現在まで、中米数十の音ビデオ領域の核心発明特許を持ち、業務は全世界に及んでいる
(アメリカ、日本、イギリス、ドイツなどの地区、東南アジア、中東と中国は香港マカオ台地区などを含む)。

■私たちの技術
AI IoTターミナル製品、AIアルゴリズム、商用セクター向けの高速データ通信サービス向けの完全なIoTソリューションを提供し、PAC統合サービスを提供します。
R&D、生産、販売、グローバル化を統合するビジネスAI IoT業界のリーディングカンパニーです。 無限の可能性。

Webサイト:
https://www.emeet.ai/BrandStory.html

僕も既に eMeet Luna というスピーカーフォンをレビューしています。(これ結構オススメ)

eMeet Luna ノートPCと接続
スピーカーフォン「eMeet Luna」レビュー!テレワークを楽にするマストアイテム!手ごろな価格で個人購入もオススメ!

テレワークが楽になるスピーカーフォン「eMeet Luna」を実際に使ってみました。非常に好印象です。この記事では「eMeet Luna」を実際のテレワークで1週間使ってみての感想と商品のポイントを紹 ...

続きを見る

eMeetはスピーカーフォン、Webカメラを中心に商品展開している中国企業です。

eMeet社のWebカメラ ラインナップ

現在のeMeet製 Webカメラのラインナップは3機種。NOVA、C960、C980 Pro。いずれもFHD解像度です。

eMeet NOVAeMeet C960eMeet C980 Pro
解像度1080P 30fps1080P 30fps1080P 30fps
フォーカス範囲0.05-5m0.8-5m0.05-5m
視野角75°90°90°
カバーなしなしあり
レンズ構成4枚4枚5枚
無指向性マイク2つマイク内蔵2つマイク内蔵4つマイク内蔵
雑音制御高品質高品質高品質
スピーカーなしなし2つスピーカー内蔵
3脚穴
4,999円4,999円9,699円

C980 Pro はマイクが4つ、さらにスピーカーも内蔵していて最も高価です。

一人で使うならNOVA、数人での利用ならより広角なC960、高性能・スピーカー付きを求めるならC980 Pro という選択のようです。

いずれの機種も設置してUSBでつなぐだけでドライバーインストール不要で利用できます。三脚穴もあり、設置の自由度が高いのが特徴です。

NOVAとC980 Proは 5cmからのピント合わせが可能という驚きスペック。
手元カメラとしても活躍できる存在です。

NOVA自体もタイムセール時には3,990円程度になったり、20%オフのクーポンが発行されている事もあり、さらに安く購入できるチャンスが多々あります!

Webカメラ eMeet NOVA 実機を確認!

それでは、Webカメラ 「eMeet NOVA」の実機を確認していきましょう!

eMeet NOVA パッケージ

こちらがNOVAのパッケージです。

セット内容はUSBケーブルが組み込まれたeMeet NOVA、その他ドキュメント類です。

eMeet NOVA セット内容

eMeet NOVA セット内容

説明書は日本語にも対応していました。

eMeet NOVA 説明書

驚いた事に、レビューを投稿して連絡するとヘッドセットがプレゼントされるという感謝カードが入っていました!つねに同梱されているのかは不明です。入っていたらラッキー!ですね。

eMeet NOVA 登録カード

本体両端にマイク穴があります。カメラのレンズはカバーガラス内にあり、ダメージは受けにくそうで安心です。

eMeet NOVA

カメラ部は360度回転可能。また左右に傾ける事も可能で角度調整しやすい。

USBケーブルは本体に組み込まれていて取り外しはできません。

eMeet NOVA ケーブルは据え付け

また、USB端子形状はAです。USB-CしかないノートPCなどと接続する再には別途変換アダプターを介すれば接続可能です。(Surface Go2で動作確認済み)

eMeet NOVA

本体裏側に三脚穴があり、三脚に設置する事も可能です。

 

今回使用したのはミニ三脚の定番 Manfrotto PIXI です。

eMeet NOVAと三脚

ただし、初回の三脚取り付け時にはかなり苦労しました。どうやら三脚穴部分の外装寸法が少し小さく、むりやり外装の穴サイズを広げるよう力を加えて三脚を取り付ける必要がありました。

場合によっては三脚側のネジを痛める可能性もあるため、無理はせず何かあればメーカーのサポートさんに確認しましょう!

↓ 手持ちの27インチゲーミングモニターにもしっかりフィットして取り付けることができました。

eMeet NOVA

ぶつかると落ちてしまう可能性はありますが、テープなどで留める必要もなくそこそこの安定性があります。これで十分だと思います。

Windows 10 のPCに接続しましたが、特にドライバーやアプリケーションを用意する必要はなく、ケーブルを差し込むだけでカメラが認識されます。

Skype、Zoom、カメラ のアプリで動作することを確認しました。

カメラがオンしている(使われている)状態では、レンズの斜め下の青LEDが点灯し、使用中であることがわかるようになっています。

eMeet NOVA カメラ動作中は青LED不用意にカメラがオンになってしまっても姿が映らないようにカメラを180度反転させておくこともできます。

Webカメラ eMeet NOVA の画質はどう?

eMeet NOVAの画質が気になるところだと思います。

僕は顔出ししておらず、実際に録画した映像をみせられないのが残念です。

Windowsのカメラアプリにて撮影した静止画を紹介します。

被写体もチャート等もなく、かつ照明も手持ちのモノで対応しているためかなりアバウトな環境での撮影であることを認識していただき見ていきましょう。

eMeet NOVA カメラアプリで撮影

eMeet NOVAで撮影。画像は1200 x 675にリサイズしています。

まず、白飛びしやすい傾向があります。スマホの画面の白部分には本来文字などが表示されていますが、完全に白飛びしています。

この傾向は室内などで少し明るい部分があると飛ぶ傾向が散見されました。

ラチチュードは広くはない、という印象です。

WBにおいて、この画像では青い傾向にあります。(左側のチケットの白部分に注目)

比較的黄色は出ていますが、草間彌生先生の髪の色、下側のコカ・コーラの赤について彩度に欠ける印象です。

NOVAは5cmからピントが合います。↓カメラを被写体に近づけて撮影してみました。かなりきっちりとした写真になりました。

eMeet NOVA カメラアプリで近距離撮影

接写ではしっかりとした画像が撮れました。eMeet NOVAで撮影。画像は1200 x 675にリサイズしています。

1枚目の写真のピントが甘かったのか、手振れしたのか、接写が得意なのか、まではわかっていません。こちらの写真ではある程度の解像感を感じました。

ホワイトバランスはやや青みがかった印象は変わりません。

この画質の印象は、使うアプリケーションによって異なります。

Windows のフォト > Skype >> Zoom の順に画質が悪くなる印象です。(ZoomはHDを有効にしても今一つです)

Skypeでは下の画像のように、カメラの調整が可能です。合わせ込みによってよりよい印象になる可能性があります。

eMeet NOVA skypeのカメラ設定

eMeet NOVAはムチャクチャ画質がいいぞ!というモノではなく、価格相応なのではないかと思います。

画質こだわり派の方にはこのNOVAはオススメしません。

一方で、とにかくカメラが必要!ある程度写っていれば満足!ノートPCに内蔵のカメラがひど過ぎて・・!という方にはオススメです。

例えば、Surface Go 2 の内蔵カメラは eMeet NOVAよりも解像度が高く、発色もかなり良い存在でした。このような素性のよう内蔵カメラのリプレイスには向きません。

FHD(1920x1080)よりも解像度の低いカメラを内蔵しているノートPCの置き換え、デスクトップ機へのカメラ追加という方の選択肢の一つとしてよいカメラだと考えます。

リーズナブルな外付けのWebカメラでそこそこ画質がよさそうな定番モデルは logicoolのC920系 という印象。
ロジクールのwebカメラの価格は7,349円(2020/10/25現在)で、NOVAの1.5倍の価格です。

カメラですから、価格と画質はある程度比例すると考えてよく、どこまでこだわるか?というところで線引きする必要があります。

eMeet NOVA はリーズナブルな価格、広角レンズです。

スカイプ や Zoom、TeamsなどでのWeb会議参加用に比較的低価格な商品からチョイスする場合に候補としてはいかがでしょうか!

■今回紹介した商品はこちら!

WEBカメラ ウェブカメラ eMeet NOVA 自動フォーカス HD1080P 200万画素 ステレオマイク内蔵 



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-PC, カメラ機材
-,

© 2020 モノ好き。ブログ