グレゴリーのおっさんっぽいバックパックに満足しています。Gregory Covert Mission Day。

ミステリーランチのスイートピーというバックパックを使っていたのですが、ちょっと普段使いには大きかったので、新しいバッグを購入して使っています。

最近は、頭が四角いバックパック(上部にフラップのあるモノ)が多いですね。どこがオリジナルなんでしょうね。個人的なイメージではAS2OV(アッソブ)のモノがあの形状の元かな?と勝手に思い込んでいるのですが。(多分違いますね・・)
↓こんなやつです。

本当は、TUMI の スリーウェイ 26180 が欲しかったしたのですが、いささか金額が・・。
ミステリーランチの小さめのを、なんて思ったりもしたのですが、これも金額が・・。
バッグと言えば、全体的にバリスティックナイロン全盛の時代は終焉を迎えていますね。そんな時代があったのかはわかりませんが、個人的にはバリスティックナイロン -> TUMI が元祖!って思い込んでいますので、愛着があるんですよね。そんなバリスティックも飽きられて、最近はナイロンにウレタンコートしたような生地が多いような気がします。
(正直、通勤中は人のバッグばかりチェックしています・・。)
このバリスティックナイロン終焉の状況にも関わらず購入したのは、やはり!バリスティックナイロンのバックパックでした〜。
購入したのは、こちらの GREGORY カバートミッションデイ GM74676 Black Ballistic (HDナイロン) です。

本当はスリーウェイが欲しかったのですがね〜。
今回は、この グレゴリー カバート ミッション デイ を紹介レビューします!

スポンサーリンク
ad1(336px)

何故、スリーウェイを買わなかったのか?

仕事の都合上、それほどビジネスを意識する必要がない・・。ということがあって、普段使う上ではスリーウェイではなく、通常のバックパックの方がいい!と判断しました。それが何故か?ということですが、やはりスリーウェイの場合には、バッグとしての妥協があると考えるからです。

スリーウェイは、背負える、肩から下げられる、(ビジネスブリーフのように)手に持てる という事だと考えます。
重いものをストラップで肩から下げるのは非常につらく、それであれば背負ってしまうのです。
という事は、背負う、手に持てる が満たされれば十分ではないでしょうか。

そして、スリーウェイの弱点は、背負いスタイルから降ろして定期券を出す、財布を出す時にファスナーの方向が横長状態時に使いやすいように設計されているため、バッグを90度倒す必要があるのです。(慣れでどうにでもなりそうですが・・)特に、電車内等で、胸の前に抱えている時に小物を出す場合等は非常に使いにくいと考えます。

なので、今回は、「タテ持ちで使いやすくなければイヤだ」 と考えて、スリーウェイではなくバックパックを購入しました。

では、何故グレゴリーだったのか?

グレゴリーの、この カバートミッションデイ を選んだ理由は、

  • グレゴリーである(やっぱりグレゴリーと言えば安心しますよね)
  • ビジネスっぽいバックパックの中で、スクエアなスタイルである(一歩間違うと North Face の”あの”四角いヨウカンのようなバックと同じですが・・)
  • 黒がある(変わった色でもよかったのですが)
  • 価格がそこそこである

という所でしょうか。
写真を見てもわかるように、ロゴとしては一つ前のグレゴリーロゴですので、デザイン自体は少し古いのですね。
詳細は、このA&Fへのリンクに詳しく書いてあります。A&Fでは現在、インディゴのみ在庫 △ です。
GREGORY グレゴリー カバートミッションデイ@A&F オンラインストア

発売時期は、下の動画のアップロード時期から 2012年でしょうか。約3年前のデザインのバッグです。(まぁ、そんな感じはしますね)ただ、バッグなんてそんなに発売日から経過しているからどう、という事もないですね。

開封の儀〜

購入したのは、2015年の5月の終わり頃です。
届いた時に撮影した画像を紹介します〜。

実は、このバッグは並行輸入でガリバーから購入しました。(少し安かったんですよ)

グレゴリーのこのカバートミッションデイは、どこで見てもほぼ同じ価格で、安い所がなかったのですが、一軒だけ安かったので買っちゃいました。多分、並行輸入というところが味噌なのだと重います。

届いた時には、ビニールに入っていました。
20150525_120251148_iOS

20150525_120305001_iOS

べりべりっと、ビニールをはがします。
20150525_120432375_iOS
↑表です。
20150525_120458893_iOS
↑裏です。
↓ロゴ部のアップです。(ちょっと斜めだったりしません?)
20150525_120440243_iOS

↓商品タグもついています。(あ、ビニールはがす前の写真でした)
20150525_120325957_iOS

個人的には、ビニールに入った新品じゃないとイヤなので、今回の商品状態はよかったです。
小さいショップになると、Webの商品撮影に使ったモノが送られてきたりしますからね・・。

かれこれ、3ヶ月使っていますが、不満な点は特にありません。
背面のPC、タブレット入れは便利だし、正面の小物入れの容量もかなりあり、上のポケットには財布などを、下には定期券などを入れて使い分けています。メインの気室はPC入れに若干容量を喰われているため、マチは少なめですが、500mlのペットボトルが10〜12本は入るのではないでしょうか。月曜日などに、アマゾンでまとめ買いした飲料などを会社にバッグに入れて輸送するのですが、500mlのペットボトル 5本、缶ジュース(コストコで買ったエナジードリンクSharkだったりします・・)などを詰め込んでもマダマダ入ります!

重量が重くなっても、手で持つ時の握り部分が革(だと思う)でカバーされていてやさしい握り心地なのも好感が持てます。

ビジネスっぽさを併せ持つ、実用的なバックパックで、Gregoryなのにビジネス!というところが面白いオススメのバッグです!

カバートミッションシリーズは他にも種類がありますので、自分の用途に合ったモデルを選択しましょう。
Covert Extended Mission ↓は、スリーウェイで結構カッコイイと思います。

スポンサーリンク
ad1(336px)
ad1(336px)

本記事を気に入っていただけたら、シェアをお願いします!

The そうじろう をフォローしてみるなら↓ 下のボタンからどうぞ!