「モノ好き。ブログ」は、The そうじろう がモノを中心に紹介するブログです。Anker、Bose、iPhone、Mystery Ranch、ロフト が今は好き。イベント、株主優待、ふるさと納税も紹介します。

モノ好き。ブログ

バッグ ファッション

【大人気】MILKFED. のバックパックの種類と購入方法について。オススメはコレだ!

投稿日:

街中に「MILKFED.」(ミルクフェド)のバックパックが増殖中です。女子高校生を中心にMILKFED.ブームが来ているようです。ロゴが記憶に残りやすく、目立つ存在という事もあるのですが、宝島社のブランドムック本により手軽に購入できることが街中で見かける主要因のようです。コスパに優れた雑誌付録のバッグを否定する訳ではありませんが、個人的にはもう少ししっかりとした作りのメーカー品の購入をオススメします。今回は「MILKFED.」(ミルクフェド)のバックパックライナップについて一覧にし、オススメの購入先を紹介していきます!

 

「MILKFED.」(ミルクフェド)はソフィア・コッポラのファッション・レーベルだった

「MILKFED.」(ミルクフェド)はソフィア・コッポラのファッション・レーベルとしてスタート。(経緯などはここが詳しいです)2002年には日本の株式会社ビーズインターナショナルによってMILKFED.」(ミルクフェド)の商標権・営業権が買収されています。この株式会社ビーズインターナショナルがなかなかカッコいい会社で、XLARGE、X-girl などのストリートファションを擁する企業です。

「MILKFED.」(ミルクフェド)商品の販売店舗は?

ブランドサイトを見てもなかなかショップが見当たりません。取り扱っているショップもあるのでしょうが、ミルクフェド 原宿、ミルクフェド 新宿 が主たる販売店でしょうか。

▼ 通販であれば入手しやすく、かつ割引も大きいようです。購入先としは、割引が効き、返品もしやすいアマゾンがオススメです!

「MILKFED.」(ミルクフェド)を取り扱う、主たるECサイトとしては以下のサイトです。(いずれも「MILKFED.」ブランドサイトのストアにて掲載)

楽天ブランドアベニュー(スーパーディールやクーポンで安い場合あり)

Amazon(ファッションクーポンで15%、20%引き実施も!)

kalulu@楽天市場(10%オフなど明示)

 

「MILKFED.」(ミルクフェド)のバックパックについて

「MILKFED.」(ミルクフェド)のバックパックラインナップについて紹介します。実物未チェックで、表面的な情報ですがご容赦を。

「MILKFED.」(ミルクフェド)のバックパックに多いのは、靴などを入れることができるように底部分が分割されたタイプです。

底ポケットに靴などを分けて入れられます。

個人的にはこの分割タイプは使い分けが面倒で、バッグの容量を十分に使えなくなるので好みではありません。

これはライフスタイルによる考えの違いで、部活、ジムやダンス用に靴を入れる方には重宝するモデルです。

また、ママさんバッグとしても使われるようで、オムツを分けて格納するなどの用途に良いようです。

底ポケットありタイプ

 

入手困難「NEO BIG BACKPACK BAR」!

男の子が見てもカッコいいと思える「NEO BIG BACKPACK BAR」。プライスも 14,040円 (税込) と最も高価な部類です。

NEO BIG BACKPACK BAR

PC収納あり。「MILKFED.」のロゴテープが特徴的です。

公式のオンラインショップでも7月入荷とのことで、入手困難です。(地方店舗では一部在庫あり(特にブラック))

サイズとしては、縦 48.5cm 横 30cm マチ 22cm です。

カラーはブラック、レッド、ネイビー です。PC収納が必要な方はこのモデル一択です!

「BIG BACKPACK BAR」

「BIG BACKPACK BAR」はシンプルなBARタイプ。ロゴの下地がブラックでちょっと大人のイメージで男性も使いやすいモデルです。

サイズとしては、縦 48cm 横 30cm マチ 19.5cm です。

「BIG BACKPACK BAR 2」コレが「MILKFED.」代表モデル!

「BIG BACKPACK BAR 2」は「BIG BACKPACK BAR」と同型と思われるバックパックです。唯一の違いはカラーリングで、「BIG BACKPACK BAR」のロゴの下地がブラックであるのに対して、「BIG BACKPACK BAR 2」のロゴは下地がレッドで一般的なイメージの「MILKFED.」(ミルクフェド)のイメージです。購入するならこちらの「BIG BACKPACK BAR 2」でしょう!!

BIG BACKPACK BAR 2

サイズとしては、縦 48cm 横 30cm マチ 19.5cm です。

【8%OFF】MILKFED. ミルクフェド BIG BACKPACK BAR 2 @kalulu

「EMBROIDERY BIG BACKPACK BAR」

「EMBROIDERY BIG BACKPACK BAR」はロゴの刺繍がポイントのモデルです。PC収納なし。フロント上部がメッシュポケットになっています。

サイズとしては、縦 48cm 横 30cm マチ 19.5cm です。

「MILKFED.」(ミルクフェド)を強調したい方にオススメです!

 

「LOGO LINED MESH POCKET BACKPACK」

「LOGO LINED MESH POCKET BACKPACK」は底が靴収納用のスペースにはなっているのですが、商品名にBARは付いていません。バック形状自体がBARタイプとは異なるデザインです。

LOGO LINED MESH POCKET BACKPACK

メインの収納部の開き方が背中側から前に開くイメージです。(開口部のデザイン)

またデザインの特徴として「MILKFED.」ロゴのテープ(ロゴライン)がバック上部に配置されています。個人的には少し大人よりのデザインだという印象です。(結構好きです)

サイズとしては、縦 42.5cm 横 29cm マチ 16cm です。

BACKPACKタイプ

「MILKFED.」(ミルクフェド)のバックパック系デザインのラインナップです。(底収納に別れていないタイプ)

「BIG BACKPACK」リュックらしいデザイン。

「BIG BACKPACK」はシンプルなデザインのリュックです。

カラーは、ブラック、レッド、ピンクがあります。

サイズとしては、縦 48cm 横 30cm マチ 15cmです。容量としては 21Lとたっぷり収納できるサイズです。(なので商品名にビッグが付いているのでしょう)


【8%OFF】MILKFED. ミルクフェド リュック 【BIG BACKPACK】 @kalulu
↑サイズ感、デザイン、かわいいです!

底収納付きは、ややスクエアな印象もあり大人味を感じますが、BIG BACKPACK は丸みのあるデザインでかわいい印象です。

「LOGO BIG BACKPACK」

「LOGO BIG BACKPACK」はさらにシンプルなリュックです。↓ブラックの他にホワイト(全体が白い)があります。

サイズとしては 縦 42cm 横 35cm マチ 20cm です。

「LOGO BACKPACK」

縦にブランドロゴが入った「LOGO BACKPACK」です。

「LOGO LINED BELTED BACKPACK」

「LOGO LINED BELTED BACKPACK」はミリタリー要素も入ったバッグです。ちょっとカッコいい!

サイズとしては、最も縦長で 縦 52.5cm 横 30cm マチ 21cm です。

「VERTICAL LOGO LINED BACKPACK」

「VERTICAL LOGO LINED BACKPACK」は縦にブランドのラインを入れたバックです。

サイズとしては、縦 46cm 横 30cm マチ 18.5cm です。

 

小さくてかわいい!「BACK PACK BAR MINI」

「BACK PACK BAR MINI」はミニタイプのリュックです。これはカワイイ!

Milkfed BACK PACK BAR MINI

サイズとしては 縦 28.5cm 横 17cm  マチ 8.5cm です。

他のモデルが 縦の高さ 42cm、48cm なのですが、この「BACK PACK BAR MINI」は 28.5cmです(30cm定規より短い)。かなり小ぶりです。お子さんにも良いサイズです。

現在、公式オンラインストアで予約受付中です。

MILKFED.のオススメバックパックはこちら

「MILKFED.」(ミルクフェド)のリュックについてラインナップを紹介してきました。一通り商品を眺めた上での購入すべきバックパックは↓こちらです!

差をつけるなら「NEO BIG BACKPACK BAR」(入手困難)

最も高価(14,040円(税込))で現在入手困難、デザインもクールな「NEO BIG BACKPACK BAR」が最も差のつくファッションアイテムです。

カジュアルに攻めるなら「BIG BACKPACK」。

「NEO BIG BACKPACK BAR」をアマゾンでチェック

↓ PC用の収納スペースは使わない人にとって無用なので、同じような使い勝手である「BIG BACKPACK BAR 2」を選択するのも良いでしょう。

カジュアルに攻めるなら「BIG BACKPACK」。

カジュアル路線であれば「BIG BACKPACK」がオススメです。価格は 10,800円(税込) です。

ブランドロゴのカラーには、ブラック、レッド、ピンクがあります。「人と違うピンク」、「大人っぽいブラック」、「やっぱり定番のレッド」など好みで選べます。

宝島社の MILKFED. ブランドブックで安く手に入れる

やはりMILKFED.のバッグは高価です。コストの都合で品質としては下がりますが宝島社のブランドブックであれば低価格で入手できます!!

生地感、作り、パーツなどがブティックでの商品と異なります。

2019年4月26日発売「MILKFED. BIG BACKPACK BOOK」

2019年4月26日発売の「MILKFED. BIG BACKPACK BOOK」は底ポケット収納のタイプで、デザインテイストとしては上で紹介した「LOGO BACKPACK」に近い印象です。

価格は 2,138円。

SIZE(約):タテ43×ヨコ29.5×マチ13.5cm
容量(約):(全体)23L[(上部)17L、(下部)6L]

2019年4月26日発売「MILKFED. BIG BOSTON BAG BOOK」

こちらはボストンバッグですが、なかなかの良デザイン。約35ℓの大容量で、かつ「 MILKFED.初のボストンバッグ」とのことです。旅行用によさそうです。

価格は 2,138円。

やはりコレが定番「MILKFED. BACKPACK BOOK」

使いやすいサイズ、MILKFED.のバックのイメージそのものなのは「MILKFED. BACKPACK BOOK」です。2018年10月22日に発売され、引き続き販売が継続されています。

容量(約)20L、サイズ(約)タテ470×ヨコ290×マチ130mmです。

▼ REDバージョン

▼ BLACKバージョン

「MILKFED.」(ミルクフェド)のバッグについて

男性が見ても魅力的な「MILKFED.」(ミルクフェド)のバックパックです。

宝島社のブランドブックで安く手に入れて楽しむのも良いのですが、長く使うのであれば「MILKFED.」が販売しているしっかりとした商品がオススメです。

「MILKFED.」のバッグを入手しようにも街中で売っているお店を見かけられず入手困難です。

そのため、やはり通販サイトを頼る事になりそうです。(割引もありますしね!)

冒頭でも紹介しましたが 通販であれば入手しやすく、かつ割引も大きいです。オススメの購入先は、割引が効き、返品もしやすいアマゾンがオススメです!→返品には条件があります。こちらをご確認ください。(特に Amazon.co.jpが販売し、Amazon.co.jpが発送する商品 というところがポイントです)

「MILKFED.」(ミルクフェド)を取り扱う、主たるECサイトとしては以下のサイトです。(いずれも「MILKFED.」ブランドサイトのストア にて掲載)

楽天ブランドアベニュー(スーパーディールやクーポンで安い場合あり)

Amazon(ファッションクーポンで15%、20%引き実施も!)

kalulu@楽天市場(10%オフなど割引を明示)



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員ブロガーです。 2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しています。 モノやコトの紹介をしています!

-バッグ, ファッション
-, ,

Copyright© モノ好き。ブログ , 2019 All Rights Reserved.