本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ストレージ

買うならどっち?Samsung 980 PRO、Nextorage Gシリーズの M.2 NVMe 2TBのSSDを購入して比較!

PCIe Gen 4.0×4 に対応した M.2 NVMe 2TB SSD Samsung 980 PRO と Nextorage G シリーズ の2機種を購入したため比較紹介します!どちらもインターフェースはPCIe Gen 4.0×4。最大転送速度は 7,000MB/秒 以上と高速。スピード、価格(コスパ)、耐久性、そして口コミなどから、どちらがオススメなのかを見ていきましょう!

▼今回紹介する商品はこちら!

Samsung 980 PRO 2TB (最大転送速度 7,000MB/秒) NVMe M.2 (2280) 内蔵 SSD MZ-V8P2T0B/EC 国内正規保証品

Nextorage Gシリーズ SSD 2000GB 内蔵SSD M.2 2280 最大転送速度7300MB/s PCIe Gen 4.0 x 4 NVMe 1.4 NE1N2TB/GHNEL

内蔵SSD 仕様比較

今回購入した2つの内蔵SSD、Samsung 980 PRO と Nextorage G シリーズ の仕様比較は以下の通りです。

ブランド・シリーズSamsung 980 PRONextorage Gシリーズ
容量2000 GB2000 GB
フォームファクタM.2 2280(片面実装M.2 2280(両面実装
インターフェースPCIe Gen 4.0×4(NVMe)PCIe Gen 4.0×4(NVMe)
最大読込速度7,000 MB/秒7,300 MB/秒
最大書込速度5,100 MB/秒6,900 MB/秒
NAND TypeSamsung V-NAND TLC3D TLC
DRAM キャッシュメモリDDR4 2 GBDDR4 2 GB
TBW(書き込み耐性)1,200 TB1,400 TB
製品保証5年またはTBWしきい値到達5年またはTBWしきい値到達
データ移行ソフトSamsung Data Migration ソフトウェアAcronis True Image OEM
ユーティリティソフトSamsung Magician
電話サポート
Amazon価格例20,788円20,780円
*価格は2023年8月26日時点の Amazon.co.jp での価格
*違いのある個所をマーキング、黄色のラインは優れている点。違いはあるが、優劣つけがたい箇所は赤色のライン。

この2機種の比較では、アクセス速度面、TBW(書き込み耐性)において、Nextorage Gシリーズの方が優れています。正直なところ、価格が同等であれば Nextorage Gシリーズを選択した方がよいでしょう。特に、ライト速度とTBWの差はポイントです。(アクセス速度の測定結果は後述)

データ移行ソフトウエアについては、どちらの製品にも付属します。入れ替えのSSDのケースを購入すれば簡単に移行することができます。両社ともにマニュアルも用意しているため迷うことはなさそうです。

Samsung 980 PRO には、Samsung Magician というアプリケーションも付属します。SSDのファームウェア更新や、状態の確認、パフォーマンスモードの設定も可能です。

Samsung Magician の画面(1)
Samsung Magician の画面。ここではパフォーマンスモードが設定可能。
パフォーマンスモードが設定可能。

また、Samsung 980 PROの場合には、サポートダイヤルも用意されておりパッケージに記載されている電話番号からサポートを受けることもできるようです。

性能面では Nextorage、サポート面では Samsung が充実しています。

低評価にしている口コミをチェックしてみると、どちらも★1つは全体の3%です。Samsung 980 PRO の場合には、認識しない、速度低下、壊れた という書き込みが見受けられました。Nextorage の場合には、ヒートシンクなし 2TB では海外の方が3か月、6か月で故障との書き込みをされています。(ヒートシンクありも含めると PS5との組み合わせの問題が多数)

内蔵SSD 実機比較

それでは、今回購入した Samsung 980 PRO と Nextorage G シリーズについて実機を確認していきましょう!

パッケージ

パッケージについては、Samsung 980 PRO の方がブラック+レッドでかっこいい印象です。

Samsung 980 PRO 2TB と  Nextorage Gシリーズ 2TB のパッケージ(表)
Samsung 980 PRO (左)と Nextorage G シリーズ(右)のパッケージ

▼ Samsung 980 PRO (左)はサポートダイヤルの電話番号も記載されており、安心感があります。

Samsung 980 PRO 2TB と  Nextorage Gシリーズ 2TB のパッケージ(裏)
Samsung 980 PRO (左)と Nextorage G シリーズ(右)のパッケージ

いざ開封!

パッケージを開けた状態についてもかなり状況が異なりました。

Samsung 980 PRO はトレイに SSDが固定されていました。トレイの下に説明書がありました。

Samsung 980 PRO 2TB を開封したところ
実際には、さらに透明のカバーで守られていました。

Nextorage Gシリーズ 2000GB は、SSDが帯電防止袋に包まれていました。(緩衝材はありません)

 Nextorage Gシリーズ SSD 2000GBのセット内容

パッケージとしては、個人的にはNextorageのSSDのように帯電防止袋に入っていた方が安心ですが、SSDであるため緩衝材は不要なのでしょうが、少し残念です(その分価格が安くなっている可能性はあります)。Samsung の緩衝材、説明書などは好感が持てます。

SSD 外観比較

Samsung 980 PRO と Nextorage G シリーズのSSDそのものについて比較します。
形状としてはどちらも同じ M.2 2280 です。

デザインはブラックにレッドがかっこいいSamsung と さわやかな印象のブルーのNextorage というイメージです。

Samsung 980 PRO 2TB と  Nextorage Gシリーズ 2TB の外観比較(表)

裏面については、Samsung 980 PRO は片面実装のためパーツなし、Nextorage Gシリーズ は両面実装でパーツが実装されています。

Samsung 980 PRO 2TB と  Nextorage Gシリーズ 2TB の外観比較(裏)

Nextorage Gシリーズ 2000GB にはSKhynix のコントローラと思われるICが実装されていました。
ノートパソコンのSSD換装の場合には、片面実装という制約もあるかと存じます。片面実装SSDが必要であれば、Nextorage Gシリーズ 2000GBはNGで Samsung 980 PRO をチョイスすることになります。

内蔵SSDのアクセス速度を実測!

今回購入した Samsung 980 PRO と Nextorage G シリーズ 2TBモデルのアクセス速度を実際に確認しました!
測定に使用するマザーボードは、ASUS ROG STRIX B650-A GAMING WiFi 。M.2 SSDのスロットが3つあるモデルです。ともに使用したのはCPUに接続されるM.2 SSDスロットです。

マザーボードに取り付けた Samsung 980 PRO 2TB と  Nextorage Gシリーズ 2TB。

ただし、構成の都合上、Samsung 980 PRO はOSをインストールした NTFSフォーマット(Cドライブ)、Nextorage G シリーズ はexFATの Dドライブ となり、スロットやフォーマットが違います。

▼ Samsung 980 PRO 2TB の実測アクセス速度です。シーケンシャルリード 6831 MB/秒、シーケンシャルライト 4941 MB/秒 でした。

Samsung 980 PRO 2TB のアクセス速度測定結果

▼ Nextorage Gシリーズ 2000GB の実測アクセス速度です。シーケンシャルリード 6980 MB/秒、シーケンシャルライト 6954 MB/秒 でした。

 Nextorage Gシリーズ SSD 2000GBのアクセス速度

▼ 製品仕様と比較するとこのような結果です。

980 PRO
実測 /仕様最大
Nextorage Gシリーズ
実測/仕様最大
シーケンシャルリード6,831 / 7,0006980 / 7,300
シーケンシャルライト4,941 / 5,1006954 / 6,900
単位は MB/秒

Nextorageのリード最大 7,300 MB/秒 については、スペックを下回る実測結果でした。(320MB/秒の差は少し目につく印象です)
ライトスピードについては、Nextorageの速度が優勢。書き込みの多いドライブ用として重宝する存在です!

Samsung 980 PRO と Nextorage Gシリーズ比較まとめ

今回は、新しい自作PC用に購入した Samsung 980 PRO と Nextorage G シリーズ の 2TBモデル について比較紹介しました。ともにゲーム用としてメーカーも意識している商品でアクセス速度は十分早く、かつ狙いどころの価格帯です。

私が購入した時には Samsung 980 PRO が安かったため、Nextorage Gシリーズよりも 速度が見劣りはするもののコストの観点で「メリットあり」だったため購入しました。
Samsungの方がユーティリティソフトの存在や電話サポートもありますが、Samsung側に価格メリットがなければ、速度の速い Nextorage Gシリーズの購入がおすすめです。
片面実装の 2TB SSD が欲しいという条件であれば、Samsung 980 PRO が合致します。

今回購入していませんが、忘れてはならない KIOXIA の商品も比較しておきましょう。

ブランド・シリーズKIOXIA EXCERIA PROSamsung 980 PRONextorage Gシリーズ
容量2000 GB2000 GB2000 GB
フォームファクタM.2 2280(片面実装M.2 2280(片面実装M.2 2280(両面実装
インターフェースPCIe Gen 4.0×4(NVMe)PCIe Gen 4.0×4(NVMe)PCIe Gen 4.0×4(NVMe)
最大読込速度7,300 MB/秒7,000 MB/秒7,300 MB/秒
最大書込速度6,400 MB/秒5,100 MB/秒6,900 MB/秒
NAND TypeBiCS FLASH™ TLCSamsung V-NAND TLC3D TLC
DRAM キャッシュメモリDDR4 2 GBDDR4 2 GB
TBW(書き込み耐性)800TB1,200 TB1,400 TB
製品保証5年または残り寿命0(TBW同等)5年またはTBWしきい値到達5年またはTBWしきい値到達
データ移行ソフトSamsung Data Migration ソフトウェアAcronis True Image OEM
ユーティリティソフトSSD UtilitySamsung Magician
電話サポート(バッファロー)
Amazon価格例19,980円20,788円20,780円
*価格は2023年8月26日時点の Amazon.co.jp での価格
*違いのある個所をマーキング、黄色のラインは優れている点。違いはあるが、優劣つけがたい箇所は赤色のライン。

KIOXIA EXCERIA PRO の場合、価格も安く、リード速度は Nextorage と同等。ライト速度は、Nextorage に一歩及ばずですが、Samsung 980 PRO よりも速い。
しかし、TBWが 800TBと少ない事がネック。他の製品よりも寿命が短い事になり、比較してしまうと長く使えない可能性があるため、コスパは相対的に下がります。
ただし、800TB(テラバイト)の書き込みにいつ到達するのかがポイントで、上書きが少ない使い方であれば問題ない可能性が高いと考えます。(=使い方次第)

結論としては、速度も速く、TBW(書き込み耐性)も高い Nextorage Gシリーズ 2000GB がおすすめです。
編集用の動画ファイルの置き先として使っています!

▼ Nextorage よりも価格が安ければ、Samsung 980 PRO もアリ!

▼ 価格メリットがあり、頻繁に書き換えない使い方であれば KIOXIA も候補です。



  • この記事を書いた人

The そうじろう

モノ系ブロガー。2014年から「モノ好き。ブログ」を運営。製品レビュー歴は10年を超えます。長年とあるメーカーに勤務し製品設計・開発に従事してきた経験を活かし、独自の視点でその製品の良さ紹介しています。

-ストレージ
-, , ,