REALFORCE ふるさと納税

ふるさと納税で高級キーボード東プレREALFORCEをゲットせよ!モデルラインナップと選び方を紹介します!

高級キーボードの代名詞、東プレのREALFORCE シリーズを「ふるさと納税」でゲットできるのをご存じでしょうか!

しかも楽天市場のふるさと納税で申し込みができるので楽々です!!

僕もREALFORCEを愛用しているのですが、満足感が非常に高く、一度使ってしまうと他社のキーボードが使えなくなります!!

▼ 現在2つのREALFORCEを使っています。HHKBも保有していますが、僕はREALFORCEの30g 静音モデルがお気に入りです。

こちらは僕が保有する R2S-JPV-IV (執筆時点ではふるさと納税にて提供されていません)

REALFORCEソフトウェア

こちらは僕が保有する R2TLSA-JP3-BK (執筆時点ではふるさと納税にて提供されていません)

この記事では、REALFORCEキーボードの選び方、とてもお得で便利な楽天ふるさと納税で返礼品としていただけるREALFOCEのラインナップの紹介、そして独断と偏見のオススメモデルについても紹介します!!

ふるさと納税で返礼品としてREALFORCEキーボードがいただける自治体は神奈川県相模原市です。

相模原市の方は返礼品がいただけませんのでご注意を!

REALFORCEキーボードの選び方

東プレのREALFORCE シリーズには様々な仕様があります。ここではREALFORCEの基本的な選択方法を紹介します。

MacかWinか?

Macintoshで使うなら「Realforce for Mac」、Windowsで使うなら「Realforce for Mac」以外を選択します。

Windows用のキーボードをMacに接続して使えなくもないのですが、カスタマイズ等が必要です。

OSに合ったキーボードを選択した方がよいでしょう。

Windowsであれば、ゲーミングキーボード(Realforce RGB)もラインナップされています。このRealforce RGBはバックライトが光るギミックがありますが、通常のキーボードとして使用できるのでオススメです。

英語配列か日本語配列か?

続いて英語配列か日本語配列にするかを選択します。

日本で購入するパソコンのほとんどは日本語配列です。

こだわって英語配列を使いたい、または英語配列を使っている という方は英語配列を選択しましょう。

こだわりのない方は日本語配列を選択してください。(僕は日本語配列派です)

フルキーボードかテンキーレスか?

続いてフルキーボードかテンキーレスかを選択します。

フルキーボードは右側にテンキー(電卓のような数字などのキー)があるタイプ。
テンキーレスは右側にテンキーがないタイプ。

テンキーをほとんど使っていない方、テンキーのスペース(場所)がもったいない方はテンキーレスを選択してください。

僕はスペースの都合もありテンキーレスを使っていますが、結構数字を入力するため、テンキーがあった方が良いなぁと感じることもシバシバ・・。

最後はキーの重さ(荷重)、APC機能、静音 などのトッピング

最後はキーの重さ(荷重)、APC機能、静音 などのトッピングです。トッピングといいつつ、これらが重要な要素でもあります。

荷重や静音の効果などについては、ショップなどで実物を確認することをオススメします。

荷重を選ぶ

REALFORCEの標準的な荷重は「変荷重」と呼ばれるタイプです。

「変荷重」は45gと30gがキーによって分けられているタイプです。(一つのキーボードの中でキーの荷重が異なるってスゴクないですか??)

指への負担が少なく疲れにくいタイピング設定

より軽い力でキーを押せるよう、変荷重キースイッチのモデルでは、主要部が45g、主に小指で入力するキーは30gになっています。

この他にオール 30g、オール 45g、オール 55g というタイプが存在します。

多くのメカニカルキーボードの荷重は オール 45gです。

僕は軽さを追求して、オール 30gのモデルを使っています。

静音モデルにするかを選択する

打鍵音の静かな静音タイプにするかどうか、スイッチのオン位置を調節できるAPC(アクチュエーションポイントチェンジャー)機能が必要かを選択します。

できれば静音タイプを選択していただきたいと考えています。理由は静音の方がよりREALFORCEを買った!という感覚、高級感を感じられるためです。

APC機能について選択する

APC機能についてはあまりこだわる事もないかと考えています。

東プレ独自のAPC機能により、通常のメカニカルキースイッチより最大25%高速入力(当社調べ)。
各キースイッチのオン位置が1.5mm、2.2mm、3mmの3段階で調節できるため、キースイッチの反応速度を最適化できます。
例えば、素早く入力したいキーは1.5mmに、不意の誤入力を防止したいキーは3mmに設定できます。

スイッチオンを少しでも早くしたい!という方はAPCで1.5mmに設定するのもよいのですが、僕の場合には誤操作が多くなりすぎて効率が落ちました。(個人差ありです)

APC機能については、あればあったで良いですし、APC機能が必要だという方は積極的に選択するでしょう。(あると楽しいです)

楽天ふるさと納税で返礼品としていただけるREALFORCEはこれだ!

楽天でのふるさと納税をオススメする理由は、次の通りです。

  • 他のふるさと納税サイトのような会員登録作業が不要な点(すでに楽天の会員登録済の場合)
  • 金額に応じて楽天ポイントが付与される点
  • 1,000以上の自治体が登録されている点

楽天ふるさと納税で返礼品としていただけるREALFORCEの一覧です。

*2020/9/23 現在の情報です。
参考価格はヨドバシカメラ、ビックカメラの価格をそのまま掲載しました。
還元率については、量販店のポイント還元を考慮せずに計算しています。

Windows用では静音モデルが選択できません。またテンキーレスも2機種のみ。僕なら還元率も高いGamingのキーボードを選択します。英語キーボードならALL 30gを選択します(軽いのが好きなので)。

Macintosh用は充実した印象で APC機能ありかつ静音モデルもあります。

大分類型式配列特徴荷重寄付金額参考価格還元率
GamingR2A-JP4G-BK
日本語APCALL 45g71,000円33,935円48%
GamingR2TLA-JP4G-BK
日本語テンキーレス・APCALL 45g71,000円33,935円48%
R2A-JP4-BK
日本語APCALL 45g61,000円29,150円48%
R2TLA-JPV-IV
日本語テンキーレス変荷重61,000円29,150円48%
R2-US3-BK
英語ALL 30g62,000円24,444円39%
R2-US3-IV
英語ALL 30g62,000円24,444円39%
R2-US5-IV
英語ALL 55g62,000円24,444円39%
R2-US5-BK
英語ALL 55g62,000円24,444円39%
R2-USV-BK
英語変荷重62,000円24,444円39%
R2-USV-IV
英語変荷重62,000円24,444円39%
for MacR2SA-JP3M-BK
日本語APC・静音ALL30g82,000円34,980円43%
for MacR2SA-JP3M-WH
日本語APC・静音ALL30g88,000円34,980円40%
for MacR2-JPVM-BK
日本語変荷重69,000円29,480円43%
for MacR2-JPVM-WH
日本語変荷重69,000円29,480円43%
for MacR2TLSA-US3M-BK
英語テンキーレス・APC・静音ALL30g79,000円32,980円42%
for MacR2TLSA-US3M-WH
英語テンキーレス・APC・静音ALL30g82,000円32,980円40%
for MacR2TL-USVM-BK
英語テンキーレス変荷重69,000円27,980円41%
for MacR2TL-USVM-WH
英語テンキーレス変荷重72,000円27,980円39%

在庫も日々少なくなっており、早めに決める必要があります!!

Windowsで僕が選ぶならコレ!

Windowsの場合、以下のモデルをチョイスすると良いでしょう!

ゲーミングキーボードが最も機能豊富でオススメです。カラフルなバックライトも単色やオフにも設定可能です。

フルキーボードなら↓こちらのモデル。

テンキーレスなら↓こちらのモデルです。

僕の場合、基本的にゲーミングデバイスが好きなので・・・。(ゲームはしないのですが)

「Realforce for Mac」なら僕はコレ!

Macintosh 用で僕が選ぶなら、ホワイト。そして30gです。

日本語のテンキーレスが無いので、どうしてもテンキーレスを・・という方は今回スルーし、普通に購入するか入荷を待つのをオススメします。

ちなみにRealforceは有線接続です。ワイヤレスではないのでご注意を。

以上、ご参考になれば幸甚です!!

最新の在庫状況、ラインナップについては楽天ふるさと納税のページをご確認ください!!

▼ REALFORCEについてのレビュー記事もご参考に!!

【レビュー】東プレREALFORCE R2「R2-JPV-IV」を購入。とにかく買って使い倒そう!

東プレのキーボード REALFORCE R2 を購入しました!(東プレ REALFORCE R2 日本語108配列 静電容量無接点方式 USBキーボード 変荷重 昇華印刷 かな表記あり アイボリー R ...

続きを見る

REALFORCEフルサイズとのサイズ比較
【レビュー】東プレREALFORCEテンキーレス、APC、ALL30gのキーボードR2TLSA-JP3-BKを購入!これ最高!!

東プレのリアルフォース、荷重30g、テンキーレス、APC、静音のキーボードこれは買って大正解でした。リアルフォースは保有しているのですが、変荷重、非静音、テンキーありです。結構音がカチャつくのと押し込 ...

続きを見る

R2TLSA-JP3-BK キーキャップ交換後
REALFORCEのブラックを2.6万円で購入してさらに1.35万円支払う事になった話。(トータル3.95万円以上の支払。リアホ購入はご注意を)

今年「REALFORCE SA R2 テンキーレス 静音/APC機能付きのブラック」を購入しました。全キー30g荷重で非常に心地良い打鍵感、そして静音。キースペーサーを入れたり、APC機能でスイッチの ...

続きを見る



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-REALFORCE, ふるさと納税

© 2020 モノ好き。ブログ