本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

REALFORCE

東プレREALFORCE R3用カラーパネルを購入!なかなか良い!

2022年10月13日

東プレREALFORCE R3用カラーパネルが発売されたため、即購入しました!先日交換したカラーキーキャプとの組み合わせました!個人的にかなり満足しています!3,000円程度の投資で楽しめるため、REALFORCEのカスタマイズとしてかなーりオススメです!

パープルのカラーパネルとグリーンのキーキャップの組み合わせです。

▼今回紹介する商品はこちら!

REALFORCE 東プレ R3 カラーパネル イエロー フルサイズ キーボード アクセサリー M160105

REALFORCE 東プレ R3 カラーパネル の実機を紹介!

アマゾンで購入し、2日後に届きました。

購入したのはテンキーレス用のパープルのカラーパネルです。(M160206)

さすがREALFORCE、このようなアクサセリーでも手を抜かず緩衝材がしっかりしています。

セット内容としては以下の通りです。

  • カラーパネル
  • パネルリムーバー
  • 説明書

実物が届くまで付属品のパネルリムーバーって何なのだろう?と思っていました。
というのもカラーパネルは単に上に乗せるだけのモノだと思っていたのですよ。

パネルリムーバー

REALFORCE R3 って、上のパネルが取り外せるのですね。(知らなかったのは私だけかも)

外し方は説明書に丁寧に書かれています。
このように差し込んで、爪を外していきます。
パネルを外した状態。
後はパネルをハメるだけです。(簡単)

この交換作業、適度な難易度で簡単・確実にパネルの交換ができました。キーキャップの交換と比較するとラクラクです。

交換完了~。

REALFORCE R3 カラーパネルについて

このカラーパネル、「【日本製】 東プレ相模原工場で設計開発を行っており、安定した品質を保持できるよう品質管理を徹底しています。」とのこと。(設計開発と書いてあり、製造がどこなのかは気になりますが。相模原工場ではないのでしょうね)

透明のアクリル板の裏側に色が付いています。

REALFORCE のロゴがやや盛り上がったプリントになっています。

個人的には、ノーマル版のロゴの方がカチッとした印象に見えるので好きです。

通常のパネルに対して、若干厚いように感じました。(重さのせいかしら?)

ノギスでの測定で、通常のパネル厚 3.12mm に対してカラーパネル 3.29mmでした。+0.18mmということになります。

重量については 通常版 73g カラーパネル 78g です。(+5g)

 厚み重量
通常のパネル3.12mm73g
カラーパネル3.29mm78g

気持ちの問題なのでしょう。何となくカラーパネルに交換した後の方が剛性感が高くなったような気がします。(プラシーボ効果?)

▼ パネルは透明であるため、周囲の凹み部分が見えるようになります。

REALFORCE R3テンキーレスにカラーパネルを装着して、大満足!ポイントは以下の通りです!

ポイント

  • 交換は簡単
  • いまのところ指紋も気にならない
  • 光源があれば、当然反射する(手元なのでタイプ中は気にはならない)

REALFORCE R3 をお持ちの方は気分転換にカラーキーキャップ、カラーパネルを交換がオススメです!

REALFORCE 東プレ R3 カラーパネル イエロー フルサイズ キーボード アクセサリー M160105

REALFORCE 東プレ R3 キーボード R3S キーボード 対応 カラーキーキャップセット 日本語配列 54キー

カラーキーキャップは54キーだけの交換ではく118キー全て交換し、カラーパネルと色を合わせた方がシンプルでキレイですよね・・。

REALFORCE 東プレ R3 キーボード ハイブリッドモデル カラーキーキャップセット 日本語配列 118キー

▼ カラーキーキャップ交換の記事

東プレREALFORCE R3用のカラーキーキャップセットを購入!気分転換にオススメのカスタマイズです!

愛用のキーボード東プレREALFORCE R3用のカラーキーキャップセットを購入し、カスタマイズしました!これまでは黒一色のR3でしたが、結構雰囲気が変わり新鮮な気分になりました!デスクツアー的な写真 ...

続きを見る

REALFORCE R3、R3S のセール情報をまとめた記事をご用意しています!



  • この記事を書いた人

The そうじろう

モノ系ブロガー。2014年から「モノ好き。ブログ」を運営。製品レビュー歴は10年を超えます。長年とあるメーカーに勤務し製品設計・開発に従事してきた経験を活かし、独自の視点でその製品の良さ紹介しています。

-REALFORCE