HHKB

バード電子製「HHKB吸振マットHG」を購入しHHKBに貼り付けました!これはかなりオススメ。

2021年6月22日

HHKB HYBRID用に「HHKB吸振マットHG(Professional HYBRIDシリーズ用(Type-S、Classic含む))」(以下、「HHKB吸振マットHG」)を購入しました。

HHKB吸振マットHGを貼り付けた状態

購入した理由は、HHKBの打鍵感を改善させたかった事と使用中にキーボードがズレ動くのを改善させたかったためです。

実は打鍵感はさほど変わりませんでしたが、この「HHKB吸振マットHG」は圧倒的に滑りを防止する効果がありました。

不思議な事にモノとして手に触れた時の質感もアップしました。

「HHKBには防振マットを装着するべき」です。

▼ 今回紹介する商品はこちら!

HHKB吸振マットHG(HYBRID Type-S,HYBRID,Classic用)

「HHKB吸振マットHG」の仕様について

「HHKB吸振マットHG」のメーカー型番は「KMG-HH」。価格は 2,970円です。

■特長
HHKB吸振マットのハイグリップ版!
厚さ2mmのマイクロセルポリマーシートでキースイッチの振動・反発を吸収するHHKBアイソレータです。
表面にエンボス加工を施すことにより、より強固に机に密着します。
余計な力を吸収して、キーボードのタイピングを改善。HHKBをより快適にお使いいただけます。

本商品は、キーボードの底面に貼り付ける吸振マットです。
長時間、打鍵されたキーボードへの衝撃を吸収し、手首、指作の負担を低減します。

材質 2mmマイクロセルポリマーシート
(密度 480Kg / m3 / 25%圧縮荷重 / 0.25MPa / 圧縮残留歪 5.9%)
両面テープ付き(日東No5000)
※表面にエンボス加工
サイズ W288×D105×H2(mm)
重量 約50g

「HHKB吸振マットHG」はPFUの商品ではなく、バード電子の製品です。

「HHKB吸振マットHG」の実物をチェック

それでは「HHKB吸振マットHG」をチェックしていきましょう。

パッケージは横長で薄いモノでした。

HHKB吸振マットHGのパッケージ

「吸振マットHG KMG-HH」です。

HHKB吸振マットHGのパッケージ部分

内容物としては「HHKB吸振マットHG」とバード電子の商品カタログ(のペラ)のみ。

HHKB吸振マットHGの同梱物

「HHKB吸振マットHG」はマイクロセルポリマーシートで出来ており、表面にエンボス加工が施されています。

HHKB吸振マットHGの表面

裏面は日東電工のNo.5000NS。HHKB吸振マットHGの裏面

No.5000NSの商品説明によると、以下の通りの特性を持つ両面テープだそうです。

No.5000NS は、テープ引張強さが高くテープはく離時にテープがちぎれにくいばかりでなく、
被着体との長期貼合わせ後のはく離時でも糊残りしにくいため、再剥離性にもすぐれており、解体に
よるリサイクルが必要な用途に適した両面接着テープです。

「HHKB吸振マットHG」では形状がいびつなためか、紙を外すときに結構ビリビリになりました。

「HHKB吸振マットHG」のHHKBへの貼り付けは僕でもスムーズに行うことができました。

HHKB吸振マットHGを貼り付けた状態

傾き調整機能(=チルト足)、DIP SWへのアクセスも問題なく、銘版部分もくり抜かれています。DIP SWの設定説明が確認できるのが助かります。

HHKB吸振マットHGを貼り付けた状態

「HHKB吸振マットHG」の厚みは 2mm。

商品の説明には「チルト足を畳んでご使用ください。」との記載があります。

HHKB吸振マットHGを貼り付けた状態

元から付いていたゴム足よりも「HHKB吸振マットHG」の方が高さがあります。

チルト足を立てた場合には手前側の「HHKB吸振マットHG」の端しか接地しなくなり、確かに滑りやすくなりました。

チルト足を立てる派の方はご注意を。

僕もチルト足を立てる派だったのですが、この「HHKB吸振マットHG」導入を機にチルト足立てない派に転向しました。

「HHKB吸振マットHG」の感想

「HHKB吸振マットHG」の感想をお伝えします。

みなさん、「HHKB吸振マットHG」は装着した方がいいです。

このラバーシート(マイクロセルポリマーシート)の装着によって、HHKBのモノとしての格が確実に上がります。

ポイント

  • 「HHKB吸振マットHG」を貼る事により重量増(約50g)により手に持った時の質感が大幅にアップ(個人の感想です)。
    剛性感がアップしたような感触にもなります。
  • 机の上での安定度大幅アップ。もう簡単には滑らない。
  • スイッチの振動・反発を吸収(←これは、あまり感じない)

「HHKB吸振マットHG」の購入前に期待していた打鍵感の改善にはなりませんでしたが、滑りについては大幅に改善させることができました。

また「HHKB吸振マットHG」の装着は、さらなにHHKBへの愛情を深めることになりました。

▼ 今回紹介した商品はこちら!

HHKB吸振マットHG(HYBRID Type-S,HYBRID,Classic用)



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-HHKB

© 2021 モノ好き。ブログ