オーディオ

【レビュー】Marshall のBluetooth スピーカー ACTON。これが凄かった!

2017年8月21日

Marshall の ワイヤレススピーカー Marshall ACTON BLUETOOTH(マーシャル アクトン 以下 ACTON)を紹介します。これが、ムッチャ良かったんですよ!超絶オススメです!先に全部書いてしまいますが、音がすごく良い!もうね、音が全部聞こえる!このサイズ、この価格でこれだけの音が得られるのだなぁと感動しているところです。そして、特徴でもあるツマミでの調節がイイ!好きなように直感的に調節できるというのは想像以上に快適でクセになります!

Marshall ACTON

このような写真を撮りたくなるエクステリア。モノとしても最高。

Marshall はギターのアンプなどで有名ですが、そのアンプを使った経験はありません。しかし、ACTONは単なるMarshallのロゴバッジを付けた商品ではないです。(正直、Marshallのオーディオ機器を見た時には「あちゃー、こんなの出しちゃって・・」と思いましたが・・とんでもない勘違いでした!)

マーシャルのアンプのユーザーでも無いため判断もつかないですし、「これぞマーシャルの音だ!」とまでは言う気は無いのですがマーシャルの名に恥じないモノ作り、そして音になっていると思います。

(本記事は、プレスレビュー用の機材を借用し執筆しております)

▼【追記】新型の Marshall ACTON 2 が発売されました!(2019年2月21日発売)こちらが最新のモデルです!さらにカッコイイ!!

▼【追記】Marshall Stockwell 2 がカッコイイ!(2020年2月6日に発売開始されました)コンパクトなタイプです!

Marshall Stockwell 2。ファッションアイテムとしてバッグ感覚で持ち歩きたくなるBluetoothスピーカーに注目!

「Marshall Stockwell 2」が注目されています。ギターアンプメーカー マーシャル のBluetoothスピーカーは何種類かリリースされていますが、この「Marshall Stockwe ...

続きを見る

Marshall ACTON の音質

レニー・クラヴィッツを例に、Marshall ACTON の音の印象を紹介します。

Marshall ACTON

レニー・クラヴィッツのアルバムは、もともとライブ感の強い音源が多い印象ですが、Marshall ACTON を通して聴くと、まるでレニーが目の前で演奏しているような感覚になります。ベースを弾く音まで聞こえてきそう・・。(ちょっと言い過ぎかな?と思いますが、実際にそう感じてしまったものは仕方がないので素直に表現しています)

これが例えば SEKAI NO OWARI のライブであっても、ライブ感をかなり得られます。

RED WARRIORS、The Street Sliders などを聞いもムッチャかっこいい!

そして、ロックだけでなくジャズ(ウッドベースの音もすごい!)、テクノ、クラシックなど・・全てのジャンルで素晴らしい演奏を鳴らしてくれるのです。

結果、数日の間に一通りの好きな楽曲を聞き直しました。

「あれ?ちょっと低音がきついな・・」「高域をもう少し足りない・・」と思ったらスピーカー上側にあるツマミをちょっと回せば簡単に調節できます。

Marshall ACTON

低音を調整すればベースのパワーが変わりますし、高域を調整すればハイハット、シンバルの音の聞こえ方が明確に変わります。当たり前ですが、アプリに備わっているソフト的なプリセットのイコライザー機能とは違う楽しみがあります。

そもそものスピーカー電源を入れる儀式も パチン とトグルスイッチを倒します。これも素敵です。

Marshall ACTON

すでに大きなオーディオシステムを所有していて存分に良い音を楽しんでいる方は別ですが、Marshall ACTONは、これからコンパクトなワイヤレススピーカーを導入する方にオススメできるスピーカーです。

Marshall ACTON

Bose SoundLink Revolve, mini、そして Marshall ACTON

コンパクトといっても、上の写真のようにボーズのような一般的なコンパクトなスピーカーと比べるとムッチャ大きいです。ボーズの素晴らしさは、コンパクトさを感じさせないサウンドです。いかに小さなボディから迫力のある音を引き出すかを考えているメーカーとMarshallとは違うアプローチなのだと考えます。

ACTONの大きくズシリとした筐体から自然に鳴らされる音は素晴らしく、余裕ある音に仕上がっています。そして、あまりの心地よさにどんどん音量を大きくしてしまうので音量注意です!

もっと大きなボディなら、さらにすごい音が鳴るのでしょうが、僕の住居環境、予算では Marshall ACTON がベストフィット、ベストバランス かな、と思っています。

Marshall ACTON パッケージとエクステリアについて

大きめなパッケージで、ロックな印象の写真が掲載されています。(貸し出し用であるため、新品のパッケージ・梱包・商品の状態ではありません)

Marshall ACTON

箱を開けると、左右対称がカッコイイレイアウトです。

Marshall ACTON

左が説明書、中央が有線で接続するためのコード、右側には電源ケーブルが入っています。

↓ 説明書もかなり立派で、厚みがあり、マーシャルブックレットが付属!?とちょっと期待してしまいますが、普通の説明書です。

Marshall ACTON

各国の言語で説明が書かれおり、日本語でも説明もあります。(結構丁寧に書いてあります)

Marshall ACTON 説明書

説明書は日本語にも対応

説明書やコードがはめられている上部の発泡スチロールを持ち上げると本体が入っています。

フロント

正面はレトロスタイルなデザイン。かなりこだわりがあります。

Marshall ACTON

↑ 正面には Marshall ロゴが光ります。

マーシャルロゴがカッコイイのは当然。

Marshall ACTON

↓何?この生地感!そしてゴールドの縁取り!もう、スゴイ!としか言えない。

Marshall ACTON

少し気になったのが、下側やや右寄りにある ↓このつなぎ目。

Marshall ACTON

公式ページの写真でも確認できるので、クリーム色なら目立ってしまっても仕方が無いと推定されます。ブラックなら目立た無い可能性大。

このフロントパネルの裏側には、3/4インチの磁性液体冷却式ドームトゥイーターが左右に、4インチウーファーが中央下側に設置されています。

上部操作パネル

↓ 上部には操作部材と赤LEDによるインジケーターが配置されています。

Marshall ACTON

各スイッチ類など、操作感がすごく良いです。

Marshall ACTON

Marshall ACTON

↓ 少し驚いたのは、このツマミのトップ。

Marshall ACTON

中心からよーく見て欲しい。これ同心円が書かれているのではなく、中心から渦巻き上に線が彫られているのです。細部へのこだわりを感じます。

背面パネル

Marshall ACTON

背面。技適マークも確認できる。

背面左側には、ぽっかりと穴が空いています。これがバスレフ型のダクトでしょう。

Marshall ACTON

そのダクトの下には、Marshall AMPLIFICATION のロゴが入っています。

Marshall ACTON

Marshallのロゴがカッコイイ!

↓ 中央からやや右寄りには、スライドスイッチによるスタンバイモードの設定があります。

Marshall ACTON

スタンダードにしておけば問題無いと思いますが、省電力モードの場合には、スマホとの通信が切れて一定時間後にスタンバイモードに入った後は省電力のためにスマホからウエイクアップさせる事ができません。通常モードでは、スタンバイモードに入ってもスマホ側と再度つながる事ができます。

背面に電源ケーブルを接続します。本体と接続している箇所から数cmは、プラグ部分になります。その分、背面にはスペースが必要になるので設置場所を検討する際には注意しましょう。

Marshall ACTON

底面

スピーカー下部には、ゴム足がついています。

Marshall ACTON

Marshall ACTON を使ってみて気づいた感想など

冒頭で多くの部分を語ってしまいましたが・・・。

追加の注意点:再生を一時停止した時と再生を再開した時などにピチッという小さなノイズが入ります。僕は、音が鳴るんだなぁ・・と思う程度ですが、気になる方は気になるかもしれません。(小さい音です)

多くのワイヤレススピーカーは電源オン時に、スピーカーが起動した事を伝えるなんらかの効果音またはアナウンスが鳴りますが、Marshall ACTON は起動音が鳴りません。

そもそも電源スイッチがメカニカルで視覚的にもオンの確認ができるため、このような起動音は不要なのでしょう。

サイズは 260 X 150 X 150mm で、重さは 3kg です。(実際にはそれほど重くない印象です)

Marshall ACTON

部屋と部屋の間を移動する際には持つ部分が無いため、少し不便です。

ひとまわり小さく、バッテリー内蔵、ストラップ付きの KILBURN(キルバーン)というモデルも存在します。音質の特性が異なるようなので、ACTONと同じ音では無いと推測しますが部屋間移動などを想定される方は候補としても良いでしょう。(ちょっとACTONと比較してみたいです)

より高音質という事であれば、STANMORE(スタンモア)が apt-X というコーデックにも対応しており音質的にも優位なようです。

今回紹介している Marshall ACTON は、2015年頃から流通していた商品のようです。(当時41,500円(税抜))その為か、特に ACTONは 定価で 29,800円(税抜)で安い!と感じる価格設定です。

今回借用した Marshall ACTON、欲しくてしょうがない!!! カッコイイし音もいいんですもの。

↓↓【追記】新型の Marshall ACTON 2 が発売されました!デザイン一新で、カッコ良いです!!今購入するならこちらです!!



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社勤めのサラリーマンです。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 でも、やっぱり猫が好き。

-オーディオ
-, , , ,

© 2020 モノ好き。ブログ