AV機器

REGZA 55X9900Lを購入!良かったところ、悪かったところ。

2022年8月8日

REGZAの2022年フラッグシップモデルである「X9900L(55V)」を購入しました。実際に「X9900L」を使ってみた感想をお伝えできれば、と思います!!

総合的なレビューには程遠く、使っている時に感じた内容を書いていきます!(メモ書きに近い内容でタイトルだけの項もあり。ごめんなさい今のところ写真もありません)

まだ使い始めて1週間程度。今後もコメントがあれば追記していきます!

REGZA X9900L(55V)は2022年7月末のAmazon価格で324,809円の高級モデルです。高っ!!
1年後には20万円くらいになるのでしょうが、後悔しないことにします!

これまで使っていたテレビ

ソニーのBRAVIA KDL-55HX850 (55V フルHD・液晶) を2012年から10年間使いました。

Fire TV Stickを追加、サウンドバーを追加して使う事で、なかなか良い仕事をしてくれました。

まだまだ使えはするのですが、周囲に白い縁が表示されること(故障)、はやく4K環境に移行してみたかった事、そして有機ELへの憧れからの買い替えです。

REGZAに期待していたこと

以前使用していたSONYのTVに対して、REGZA 55X9900L では HDMIのアップデート(HDMI 2.1の機能対応として 4K120P、VRR、eARC、ALLM)、タイムシフトマシン、充実のサウンドを楽しみにしていました。

この際 55インチではなく、65Vへ!とも考えましたが、やはり価格がかなり高くなるため見送りました。(予算都合)

REGZA 55X9900L は "新世代有機ELパネル搭載のレグザ最高峰モデル" ということでREGZA的にはハイエンド。
清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入しました。

購入して気になったこと

いろいろ書きますが、「購入する前に確認しろよ!」などとはどうか言わないで欲しいです。

そう、確認不足な点ばかりです。ゴメンなさい。

でも感じたことを正直に書いておきますね。(たまにGoodポイントが混じっています)

「もう東芝って言わないの?」

購入してから再認識したのですが、レグザブランドは東芝ではなくハイセンス傘下なのですね。

社名も21年3月には「東芝映像ソリューション」から「TVS REGZA」に変更されており、レグザな会社になっていました。

このような変化があると社内ではモチベーションに影響する変化です。

しかし、ITmedia ビジネスオンライン「脱東芝の「レグザ」、国内トップシェア争いまでの復活劇」を読むと全くネガティブではなく、逆に資金面などポジティブに感じました。

また、自身のYouTubeチャンネルで情報も公開しており、非常におもしろい活動になっていると感じます。【カメラ初潜入】レグザ開発拠点の裏側ぜんぶお見せします!#01 が面白かったです。(開発、楽しそう!)

個人的には「東芝レグザ」と呼びたいですが、まぁ我慢します。

Android TV ではなかった

今どきのTVのOSは皆Androidなのだろう、と思っていました。(勝手に)

REGZA 55X9900L は、Android TV ではないのですね。

今年の新製品では、もともとの Linux に回帰してきているという記事をどこかで見ました。

ソフトウェアプラットフォームなどを考えると、まぁ、そうかなぁとも思います。(時間をかけて移行するのかしら?機能復元にはかなり時間がかかりそう・・・)

正直、今後10年使うことを考えると「Android TV」でなくてもOKなのか?という不安はありました。便利なアプリを自由に追加することができないためです。

最悪、HDMIに ストリーミングデバイスを接続すれば解決すればよいと考え、あまり気にしないようにしています。

それでREGZAブランドのスティックデバイスをリリースしたのかな?と勘繰ったりしちゃいますね。

リモコンが最悪だ。

TV購入において今まで使っていたブランドから別のブランドに変えることは、使い慣れていたカメラのメーカーを変えるのに近い感覚。

特にリモコンまわりの変化はかなりキツイ。

もちろん従来からのレグザユーザーにとっては使いやすいのでしょう。

つまり慣れが必要です!

ホームボタンがない!?

リモコンにホームボタンがありません。

組み合わせて使っているBDレコーダーのメイン画面を出す場合に非常に不便です。(サブメニューからたどっています)

ここはUIの設計とも関連するため、理解はします。

指向性きつすぎ

リモコンにTVが反応しないのは辛い。

使っていたソニーのリモコンは電波式だったため、リモコンをどこに向けても反応してくれていました。

これに比べるとレグザは不便。しかも反応範囲がやたら狭く感じます。
(リモコンの出力が弱いのでしょうか?)

そもそもボイス機能のためにBluetooth機能が搭載されているのに
なぜBluetoothリモコン対応をしないのかっ!?!(アップデートお待ちしております♪)

リモコン長すぎ

リモコンがやたら長いです。

今どきはどこも同じ傾向なのでしょうか?

ボタンに角度がついていて凝った作り

リモコンを側面から見ると、ボタンの形状が単純ではないことに気づきます。(一応褒めてはいる)

形状種類のバリエーションに富んでいますが、これが使いやすさにつながっているかは不明。

クリック感あり過ぎ

リモコンのボタンを押すとカチっと音がします。

好きな人もいるかも、ですが私は好きではないです。

(このあたりはメカニカルキーボードにするか、Realforceにするかの違いに近いような。私はRealforceの静音ALL30g派なので・・)

My Choice は良い!

アプリボタンの下側に用意されている My Choice は良いです。
BDレコーダーの起動(HDMI入力1)に割り当てました。

Amazon Prime Video の音声遅延がつらい→解消?最近気にならなくなりました(2022年9月)

Amazon Prime Video では映像に対して音が若干遅れています。

気になって仕方がないため、Amazon Prime Video についてはFire TV Stick 4K Max を接続して見るようになりました。

【2022/9/26追記】購入当初(8月上旬)にはPrime Videoでの音ズレが顕著でしたが、現在では気にならなくなりました。一時的な現象だったのかもしれません。

Bluetooth接続のヘッドホン。音がズレ過ぎて使い物にならない

ヘッドホンでTVを楽しめる!と考えて楽しみにしていた Bluetooth機能。

実際に試してみると、音がかなり進んでいて使い物になりません。

ヘッドホンとTVとの両方で音をだしてみると、スピーカー出力の方が遅く(画面には同期)、ヘッドホンの方が進んでいます。

これはひどい。

機能として載ってはいますが使い物になりません。ヘッドホン以外の用途だと考えた方がよさそうです。

結構熱が出る(近寄ると熱さを感じます)

チャンネル切替が遅い?

リモコンでチャンネルを切り替えてから番組映像が表示されるまでの時間が若干長いように感じます。

こんなモノなのかもしれません。

「Net.TV」ボタン?

アプリボタンの並びとは別に「Net.TV」ボタンがあります。

楽天のサービスなのでしょうか?ちょっと存在が唐突すぎて(勉強不足?)理解できていません。

不具合?画面がフリーズする。

【2022年9月26日追記】REGZA「X9900L(55V)」で地デジ放送で画面がフリーズする現象が発生しました。

発生状況:2022年8月購入から現時点で2回発生。
①2022年8月30日 21時頃 TBS マツコの知らない世界 クロワッサンの世界 視聴中に発生
 
②2022年9月26日22時頃 TBS 2022世界バレー女子 1次ラウンド「日本×チェコ」視聴中に発生
(正確にはわからないが、19時頃からTVはオンしていたと思われる)

モデル:REGZA「X9900L(55V)」 タイムシフトマシン用に6TB HDDを一台(録画時間帯に発生)、録画用に6TB HDDを一台接続(①の発生時の構成は不明)

不具合内容・現象:画面が数フレームリピートしたままとなる。バッファにある2~3フレームの画像が繰り返されているような画面。
何かの操作が起因して発生したわけではなく、放送を見ていると発生。

現象動画 → こちら(ソースがTV放送でもあるため、拡散はお控えください。)

【画面フリーズの解決方法】
リモコンの電源ボタンで、レグザをオフ、オンすると復帰します。
別のチャンネルボタンを押すと、音声は切り替わりますが、画面は変わらない。

良かったとこ

【こいつはスゴイ】タイムシフトマシンがTV番組の楽しみ方を変える!

タイムシフトマシン用に外付けHDDを購入し、活用し始めました。

タイムシフトマシン、スゴイ!

「いゃ~、全部TV番組を録画しても実際のところ見るぅ~?」と思っていました。

実際にタイムシフトマシンを使ってみると、こんな感じでした。

  1. TVをつける
  2. 過去番組表のボタンを押す
  3. タイムシフトマシンで録画されている番組の表が表示される
  4. 気になる番組があれば見る

つまり放送されていたTV番組が YouTube のように選んで始めから見る事ができるのです!

実際に経験してみると、これはムッチャ便利です。

CM飛ばしはできませんが、チャプターの情報が入る番組も多いため、気になる箇所に簡単にアクセスできます。

早見早聞でちょい早スピードで見ることもできます。

リアルタイムでみるより、タイムシフトマシンで見るほうが絶対に便利で時短

「TVなんて見ねぇ~」なんて言っている方、タイムシフトマシン対応のレグザを購入した方が良いです。
楽しみ方が全く変わりますから。

また、途中から番組を見始めて、「これ何の話なのだろう?」と気になったときにはタイムシフトマシンで簡単に番組をさかのぼることができます。これも無茶苦茶便利!

場所の説明はそのコーナーの先頭でのみ説明されることが多く「この場所どこだろう?」「何というお店だろう?」という疑問をすぐに解消できます。

ホント、便利。

映像がキレイ

有機EL 4K なので非常にキレイです。

期待通り、黒が黒い。

ただし、美肌のような処理も入り過ぎると、ちょっと気持ち悪いかな?とも思ったりします。

このあたりは好みに応じて設定でオンオフできる部分も多く、自分好みにできそう。

とりあえず、地上波の処理は「標準」にしました。

暗めにも設定しましたが、もう少し暗くできると良いのですが。

ストリーミングの映像でしかも4Kでもないのですが、
Amazon Prime Video で 「閃光のハサウェイ」の夜の戦闘シーンを見て美しすぎて泣きました
シン・エヴァンゲリオン劇場版」も良かった。

ホント、映像を観ることが楽しくなりました。

音もかなり楽しめる!

音も良いです。

低音については、シアター感を持たせようとすると、さすがに何らかのシステムでサブウーハーを設置しないと期待通りにはならないかな?とは思いますが、
音、いいよ!!

「REGZA 55X9900L」なら、少なくとも5万円以下のサンドバーを追加購入するよりも、内蔵スピーカーで楽しんだ方がよさそうです。

ボヘミアン・ラプソディ のライブシーン!良かったよぉぉぉぉ!
音量は30以上な!

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥4,795 (2022/10/05 19:51:07時点 Amazon調べ-詳細)

設定メニューは好き。

設定メニューはニコンのカメラのようなイメージ。(縦タブタイプ。レグザは内部で別のカテゴリーが貫通しているため使いやすい)

分かりやすくて好きです。

設定を開いた後に閉じる操作に迷っていましたが、最近は「終了」ボタンの存在を知りました。

リモコンは慣れが必要。

リモコンの[シーン/出演者]ボタンが便利

今どきのTVでは常識の機能なのだとは思いますが、リモコンの [シーン/出演者]ボタン が便利です。

出演者を見て「このヒト誰だっけ?」という場合にボタンを押すとTVのサイドに、番組の出演者が表示されます。

ふりがな付きなので、大変助かります!

レグザ導入による変化

REGZA 55X9900L を導入したことによる変化がいくつかあります。

1つは、タイムシフトマシンによってTV番組の楽しみ方が変わったこと。

もう一つは映像が美しいため、映画作品などの円盤(Blu-Ray Disk)がイロイロ欲しくなったこと です。

好きな映画なら、4K UHD版のディスクを購入して REGZA 55X9900L で楽しみたい!と思うようになりました。

(お金がかかるので困った!)

「REGZA X9900L」を買おうぜ!

REGZA 55X9900L を購入して、映像と音とタイムシフトマシンに感動しました!

リアルな感想としてみなさまのご参考になれば幸甚です。

TVの地上波放送があるかぎり、そして他社がタイムシフトマシンを搭載しない限り今後もREGZAを購入することになりそうです。

みなさまも REGZA X9900L シリーズを買いましょう!

55Vにしましたが「あー、やっぱり 65Vがよかったかなぁ」とも思いました。(そりゃそうだろ)

ネット購入であれば、ノジマオンラインが安い印象。
特に週末は限定クーポンなどもあるため、要チェックです!
(ノジマボタンも用意しました)

▼ 65インチ 

▼ 55インチ

▼ mini LED 液晶というのも気になりますね!
もちろん、タイムシフトマシン搭載っっっ
4K液晶レグザのフラッグシップ!

▼ タイムシフトマシン用のHDD選びにかなり悩みました。選んだ外付けHDDについて紹介した記事です。

REGZAのタイムシフトマシン・通常録画用に購入した外付けHDD2機種を紹介!

2022年に発売されたREGZAの「55X9900L」を購入しました。REGZA「55X9900L」はタイムシフトマシン機能が搭載されており、6つの放送局の番組を全録が可能です。また、予約録画機能も搭 ...

続きを見る



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-AV機器
-

© 2022 モノ好き。ブログ