カメラ機材

SHURE MV7にSM7B用のポップガードRK345を装着!効果あり!Amazonでの購入はちょっと待って!

YouTube動画のナレーション録音用に Shure の定番的ポッドキャストマイクロホン「MV7」を購入しました。「MV7」はダイナミックマイクでありながら、YouTube界隈で非常に評判が高いマイクです。

いささかほめ過ぎでは?と思っていましたが、私のようなマイクの取り扱い・ナレーションなどに初心者であっても、実際に「MV7」を使ってみると音声の向上を体感できました!このようなマイクにプラスしてブームアームマイクスタンドも購入したことで、音声の収録に対して意識や姿勢も変わってくる効果もあったのかもしれません。(自己満足かもしれませんが!)

下が今回購入した「RK345」。MV7純正に対して長さの違いがよくわかる。

しかし、MV7を実際に使ってみると、ブレスの音が気になりました。

「MV7」利用者のなかでは、同じSHUREのレジェンドマイク「SM7B」用のポップガード「RK345」に交換するカスタマイズが定番となっているようでしたので、早速私も交換してみました!

この記事では、購入した「SM7B」用のポップガード「RK345」の紹介と、注意すべき購入方法について紹介します!

効果については他の方がYouTubeなどで紹介していますので、先に購入方法を紹介します。

【ご注意】「RK345」は「MV7」に対応したアクセサリーではありません。"やってみたら取り付けが可能"という状況であり、動作保証されているモノではありません。ご購入・ご利用は自己責任で!

ポップガード「RK345」はどこで購入できる?

ポップガード「RK345」についてはSHURE公式楽天ストアでも購入ができず、SMシリーズのマイクロホンのお取り扱いがある販売店に注文して購入する必要があります。(SHUREに確認しました)

検索すればAmazon、楽天市場、Yahooショッピングなどでも購入できます。

Amazonで3000円程度、その他のショップでは 4,400円程度です。

もっと安く購入できるショップを見つけました!

サウンドハウスならSHURE ( シュアー ) / RK345が 1,881円(税込) なのです!
*2022年9月14日時点
*サウンドハウスはSHURE正規販売店です

SHURE ( シュアー ) / RK345 の価格を サウンドハウス でチェック

サウンドハウスとしてのRK345の通常価格は 3,762円~3,980円のようなのですが、現在は値下げ価格での購入が可能な模様です!

SHURE ( シュアー ) / RK345

SHURE ( シュアー ) / RK345

SHURE製のSM7B用ウインドスクリーンです。屋外での収音時に風の音などによって発生するノイズやポップノイズを防止します。
■ウインドスクリーン
■SM7B用
※SM7Bリプレイスメントパーツ

なお、サウンドハウスでは2,000円未満の場合には550円の送料がかかります

私はいつか使うであろう(笑) XLRケーブル(450円)を購入し、2,000円以上になるように調整しました!

購入したXLRケーブル。3mで450円でした。

XLRケーブル検索結果@サウンドハウス

そもそもMV-7のシルバー(SHURE ( シュアー ) / MV7-S-J(シルバー))も安い!です。
マイクもこれから購入するようならサウンドハウスで「MV7」と「RK345」を一緒に購入するのもありですね。

SHURE ( シュアー ) / MV7-S-J

SHURE ( シュアー ) / MV7-S-J(シルバー)

私も「RK345」をサウンドハウスで購入したのですが、発送も早く、夜中に注文したらなんとその日のうちに到着しました!(納期、地域、営業日によるかとは思います)

サウンドハウス、ムッチャオススメです!

「SM7B」用のポップガード「RK345」を「MV7」に付けてみる

「RK345」は息を吹きかけるボイスパーカッションの録音にも使われるマイク「SM7B」に装着されているポップガードです。

左が「MV7」に装着されていたポップガード。右が「SM7B」用のポップガード「RK345」。

そもそもレジェンドマイクのSM7Bにインスパイアされたダイナミックマイクロホンという位置づけであり、「RK345」を「MV7」に装着できてもそれほどおかしいわけではありません。実際に付け替えてみると、確かに取り付けはできるのですが、MV7に付属していたポップガードよりもフィット感は落ちます。

付属していたMV7のポップガードとSM7B用のRK345を比較!

付属していたMV7のポップガードとSM7B用の「RK345」を比較してみると長さが大きく異なります。

左「MV7」のポップガード。右「SM7B」用ポップガード「RK345」。

下部にはプラスチックパーツも付けられおり、円柱形状を保持できるようになっています。

また、スポンジ部分の質感・色味も異なります。

質感は、RK345の方が固め(目が詰まっていそう)で、色合いは元のポップガードが黒だったのに対して、「RK345」はややグレーよりな黒という印象です。

左「MV7」のポップガード。右「SM7B」用ポップガード「RK345」。

重さを測定してみると、MV7のポップガードは 2.2g、SM7B用「RK345」は 6.3g とかなり異なります。(プラスチックパーツと長さの違いが影響しています)

「MV7」のポップガード

「SM7B」用ポップガード「RK345」。

装着してみると、これがなかなかカッコイイ!

オリジナル状態の「MV7」

ポップガードを外した状態のMV7

SM7B用ポップガード「RK345」を装着したMV7

「MV7」に「RK345」を装着することで、シルエット的にも「SM7B」に近づいたような気にもなります

▼ こちらがSM7B。

当然のように先端部分には空洞ができています。
▼「RK345」を装着した状態で先頭を押してみるたところ。

装着感としては、マイクになんとか引っかかっている、という印象で「しっかりと装着されている」という状態ではありません。

ポップガードの違いを動画で比較

下の動画(短いです)にて、ポップガードによる効果が確認できます。

MV7純正から「RK345」の装着に変更することによって、収録時の音量は若干下がる傾向にあります。(動画では音量はバランスを取らず、そのままです)

マイクと口の距離としてはMV7後端から口までの距離を一定にするように心がけました。

若干の音量変化なので大きく問題にはならないと考えます。

動画の例でわかっていただけると思いますが、ポップガード「RK345」の効果はあると感じました。

「RK345」を装着することで、より安心して録音ができるようになりました

「MV7」の利用でポップノイズが気になる方は「RK345」の換装について、検討する価値はあるかと思います。(収録の効率も上がるので費用対効果も高いかと)

▼ MV7にSM7B用のポップガード「RK345」を装着した際のまとめ

ポイント

  • 見た目が向上!
  • ポップノイズを低減に効果あり!
  • 音量レベルは若干下がる傾向(気にならない)
  • 装着感は今一つ(特に問題はない)
  • サウンドハウスでの購入がオトク

▼ 購入するのであれば、価格の安いショップでの購入がオススメです!(すぐに発送してくれました!)

SHURE ( シュアー ) / RK345をサウンドハウスでチェック

SHURE ( シュアー ) / RK345

SHURE ( シュアー ) / RK345

SHURE製のSM7B用ウインドスクリーンです。屋外での収音時に風の音などによって発生するノイズやポップノイズを防止します。
■ウインドスクリーン
■SM7B用
※SM7Bリプレイスメントパーツ

▼ 愛用のブームマイクアームはこちらの商品です。



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-カメラ機材

© 2022 モノ好き。ブログ