PC

ASUS Chromebook Detachable CM3 レビュー!サブ機として大活躍の予感!

2021年4月11日

「ASUS Chromebook Detachable CM3」をASUSさんからお借りすることができたのでレビュー紹介します!このChromebook、実は発注済なのですが、まだまだ届くまでに時間がかかるということでASUSさんにお願いしてお借りすることができました!オールマイティな用途に期待の「ASUS Chromebook Detachable CM3」。実際に使ってみると、なかなか良かったですよ!

正直、この試用で「商品到着前に注文をキャンセルしたくなったらどうしよう!?」と心配でしたが、全くの杞憂でした。

僕のCM3、早く届きますように(祈)!

「ASUS Chromebook Detachable CM3」を購入注文!ただし届くのはまだまだ先だ!

「ASUS Chromebook Detachable CM3」を購入注文!ただし届くのはまだまだ先だ!

人生初のクロームブック「ASUS Chromebook Detachable CM3 (CM3000DVA-HT0019)」をオーダーしました!キャンペーンで激安感が半端ないこともあり、在庫がなく届く ...

続きを見る

▼ 今回紹介する商品はこちら!

ASUS Chromebook Detachable CM3 (CM3000DVA-HT0019)


発売日:2021年3月17日
勉強も仕事も遊びもこれ1台。高精度スタイラスペンを付属したわずか約915gの全部入り2-in-1 Chromebook!
インチ : 10.5型
CPU : MediaTek™ MT8183
OS : Chrome OS
メモリ : 4GB
ストレージ : eMMC : 128GB

ASUS Chromebook Detachable CM3(CM3000DVA-HT0019)のスペックについて

ASUS Chromebook Detachable CM3 スペックについて確認します。

CPU はMediaTek製 MT8183 2GHz 、メモリー4GB、ストレージ 128GB(eMMC)、10.5インチ 1,920x1,200 のタッチ対応ディスプレイ。JIS配列のデタッチャブル(取り外し可能な)キーボード、ASUS USI ペンが付属します。

ASUS Chromebook Detachable CM3 CM3000DVA-HT0019
本体カラー ミネラルグレー
OS (オペレーションシステム) Chrome OS
CPU MediaTek™ MT8183 2GHz
グラフィックス機能 ARM Mali-G72 MP3 (CPU内蔵)
表示機能 10.5型ワイドTFTカラー液晶 1,920×1,200ドット (WUXGA) IPS-levelPanel グレア
外部ディスプレイ出力 最大1,440×900ドット
メインメモリ 4GB LPDDR4X
記憶装置 128GB(CM3000DVA-HT0010は64GB)
インターフェース USB2.0 (Type-C) マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック
入力機能 78キー日本語キーボード (JIS配列) マルチタッチ・タッチパッド、10点マルチタッチ・タッチスクリーン
Webカメラ インカメラ 192万画素Webカメラ内蔵 アウトカメラ 800万画素Webカメラ内蔵 (オートフォーカス対応)
サウンド機能 ステレオスピーカー内蔵 (1W×2) アレイマイク内蔵
バッテリー駆動時間 本体 約12.3時間 本体 + デタッチャブルキーボード 約12時間
電源 ACアダプターまたはリチウムポリマーバッテリー (2セル)
質量 本体 約506g 本体 + デタッチャブルキーボード 約748g 本体 + デタッチャブルキーボード + スタンドカバー 約915g
サイズ (突起部除く) 本体 幅255.44mm×奥行き167.2mm×高さ7.9mm 本体 + デタッチャブルキーボード 幅255.44mm×奥行き167.2mm×高さ13.3mm 本体 + デタッチャブルキーボード + スタンドカバー 幅255.44mm×奥行き167.2mm×高さ16.9mm
Military Grade US MIL-STD 810Hミリタリーグレード規格
Security Google H1 Security Chip
保証期間 本体:購入日より12ヵ月間のインターナショナル保証+購入日より12ヵ月間のASUSのあんしん保証(日本国内保証・要登録)※ バッテリーおよびACアダプター:購入日より12ヵ月間の日本国内保証
主な付属品 ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書、ASUS USI Pen、デタッチャブルキーボード、フレックスアングルスタンドカバー

バッテリーは12時間の駆動が可能。1日使い続けられる印象。

Webカメラも内蔵され、Zoom会議なども可能です。

当然、Wi-Fi、Bluetoothにも対応します。

MILスペックにも対応し、堅牢性も確保されていそうです。(残念ながら、ASUS Chromebook Detachable CM3が対応しているMILスペックの準拠試験対象項目については開示されていません)

価格は 128GB  50,800円(税込)、64GB 44,980円(税込) で非常に購入しやすいのも魅力です。

まさに親しみやすいJIS配列、堅牢性、低価格でGIGAスクール構想を狙った戦略モデルという側面も強そうです!

ASUS Chromebook Detachable CM3 を見ていきましょう!

今回の「ASUS Chromebook Detachable CM3」は、メーカーさんからのレビュー用借用品です。管理用のテプラなども貼られています。

↓ PCらしい箱で届きました。

asus CM3 パッケージ↓ 側面にスペックなどの書かれたステッカーが貼られています。

asus CM3 パッケージ↓「ASUS Chromebook Detachable CM3」のセット内容はこちらの通り。カバー、キーボードはセットされた状態。他にはドキュメントとACアダプターです。(ペンは本体に格納されていました)

asus CM3 内容物

「ASUS Chromebook Detachable CM3」のセット内容

ACアダプターは Type-C の端子を持つタイプ。45W出力です。

asus CM3 電源アダプター

付属のACアダプターは45Wタイプ。

電源をオンすれば、ようこそ!画面が表示されスマホなどのようにセットアップが開始される。

asus CM3 ようこそ画面

本体(ディスプレイ部)の重さは実測で 505g。

asus CM3 本体の重さ

↓ こちらがデタッチャブルキーボード。キーボード単体での重さは実測で 237g。

asus CM3 キーボード

↓ こちらが スタンドカバー。重さは実測で167g。

asus CM3 カバー

4分割されたカバーがヒンジで接続された構成。これにより横・縦両方のスタンドを実現している。

仕様上は「本体 + デタッチャブルキーボード + スタンドカバー 約915g」となっていたが、僕の実測では トータル908gでした。

asus CM3の重さ

「Surface Go 2」のタイプカバーを取り付け時の重量が 783gだったこともあり、やや ずっしりとした印象を持ちます。

これらのスタンドカバー、デタッチャブルキーボードによる構成で、ノートPCとしてもタブレットとしても使えるのがポイントです。

asus CM3 キーボード

↓ スタンドを縦用に開いた状態。

asus CM3 上から見たところ

「iPad」や「Surface Go 2」では別売となるタッチペン、"ASUS USI Pen"が付属するのも嬉しい。

asus CM3 ペンこのタッチペンは、本体のスロットに格納できるのも非常にありがたい。

asus CM3 ペン収納状態

カバーはファブリック。このファブリックは好き嫌いがありそうです。

「ASUS Chromebook Detachable CM3」には、当然カメラも搭載されている。

asus CM3 カメラ

インカメラは 192万画素。

asus CM3 背面

本体背面のアウトカメラは 800万画素でオートフォーカス対応。

↓ 画面側からみて左側面には電源ボタンと音量ボタンが配置されてます。

asus CM3 側面

↓ 画面側からみて右側面にはUSB2.0 (Type-C) マイクロホンとヘッドホン・コンボジャックが配置されてます。

asus CM3 側面

ヘッドホン端子は地味に便利。Webミーティングでヘッドセットを接続して使う事も可能です。

asus CM3 端子

上面にはスピーカーが配置されています。

asus CM3 上面

下面にはキーボード接続用の端子があります。

asus CM3 底面キーボードは強力なマグネットで固定されます。キーボードと本体との接続は無線ではなく、物理的な端子で接続されます。

asus CM3 キーボード接続部背面のスタンドカバーもマグネットで背面に固定されます。

asus CM3 上面と背面

↓ スタンドを開き、画面角度の調整が可能。またデタッチャブルキーボードにも角度がつく工夫がされています。

asus CM3 側面

デタッチャブルキーボードはやや手狭な印象は受けますが、十分なキーピッチがあり、実用的なタイピングが可能です。

asus CM3 キーボード「Surface Go 2」のタイプカバーはペコペコした印象ですが、「ASUS Chromebook Detachable CM3」のキーボードはしっかりとした印象です。

↓ タッチパッドも内蔵され、マウス無しでの操作が可能です。

asus CM3 キーボード↓ キー下側にはゴムの緩衝材があり、持ち運び時などにキーが画面に当たるのを防ぐ効果がありそうです。(このあたりの気遣いが良いですね!)

asus CM3 キーボード

ディスプレイは 10.5型ワイドTFTカラー液晶 1,920×1,200ドット (WUXGA) 。わかりやすく言うとフルHD+の解像度です。

設定をみてみると、初期設定(デフォルト)はフルに表示しておらず、1200x750の設定になっています。

asus CM3 画面の設定

これは、表示する文字サイズやタッチ対応のタブレットとしての使い方を考えての設定だと推測します。

設定によってネイティブなフル解像度(1920x1200)への変更が可能です。

asus CM3 画面の設定

だが、さすがに10.5インチでの1920x1200表示は文字サイズが少し小さい印象を受けました。

Webサイトなどで、文字を多く表示したい場合にはネイティブ解像度での表示がよさそうです。

YouTube動画をブラウザで見ましたが、ネイティブ解像度でかなりキレイに見えました!

NetflixはNetflixアプリでビデオ視聴するよりもブラウザからの再生の方がくっきり感、鮮やかさがあり好印象でした。

画面がノングレアではなくグレアなのもいいですね。

ベゼル(額縁)幅も狭額縁ではないですが「これならOK!」と思える出来。

asus CM3 スタート画面

スピーカーについても映像の音をしっかりと伝えてくれます。ステレオ感(ひろがり)もあり、音量にしたがって臨場感が増してくる印象。

コンテンツによっては、やや高音が耳にささる印象もあります。

音については、十分楽しめると考えますが、もっと低音を!もっと迫力を!という場合にはお気に入りのヘッドホンなどで楽しむこともできます。

「ASUS Chromebook Detachable CM3」は、想像よりもしっかりした作りで、非常に満足度が高いプロダクトでした!

初めての Chromebook の感想

今回の「ASUS Chromebook Detachable CM3」は初Chromebookです。

はじめは戸惑っていましたが、すぐに慣れ始めて、コレ使えるじゃん!という感触を得ました。いままで試してこなかったことを後悔しました。

取り急ぎ、スクロール方向に違和感があったので、設定を変更。
入力方法は絶滅危惧種である「なか入力」派なので、それに変更。

Webの閲覧は問題ないですし、MS Office もインストールして使う事ができる。

Wi-Fi、Bluetoothも当然サポートし、コンパクトなキーボードであるHHKBやマウスを接続して通常のPCライクに使うこともできる。

asus CM3 外付けキーボード

HHKB、マウスを無線接続し、普通のPCのように使える!

立て配置でのタイピングには外付けキーボードが必要になり、この流れを試したくなりますよね。

asus CM3 外付けキーボード

もちろんタブレット単体にして映像の鑑賞をしたりすることも可能。

「おおお!これ、結構いいじゃん!」というのが正直な感想です。

結局「ASUS Chromebook Detachable CM3」ってどうなの?

ノートPCタイプのChromebookとは異なり、「ASUS Chromebook Detachable CM3」は幅広い使い方ができるChromebookです。

「とりあえずの一台」としてもアリな存在です。

個人的には、自宅でサブ的な用途で使うのが正しいと感じました。

家族での共有もでき、子どもが YouTube を見たり、簡単なPCの勉強をしたりするのに使ったり、お母さんが調べものにつかったり、遠方の親族との連絡に使うのにも便利な存在になると思います。

便利ではあるものの、その分画面も小ぶりであるため、長時間バリバリ仕事を!という用途には厳しいかもしれません。(個人的には、長時間・バリバリ用途には15インチの画面が必要という感覚です)

僕の場合、自宅でのメイン作業はデスクトップPCが母艦として使っています。大きな画面を使い、RAW現像、動画編集も行います。
外出先での本気での作業には 15インチのMacBook Pro を使います。
カフェでのライトな作業では「Surface Go 2」を保有しています。(キーボード込みでそこそこ軽いのがポイント)

ここまででもかなり贅沢な構成です。

今回の「ASUS Chromebook Detachable CM3」は、さらに贅沢に自宅内での簡易作業用に使う予定です。

asus CM3 厚み比較

判別しにくいのですが、上が「Surface Go 2」、下が CM3。CM3の厚み17mmに対して「Surface Go 2」は13mmで薄く軽量。「Surface Go 2」はキックスタンドを本体に内蔵している点が大きく違う。(その分価格が高い)

スタミナもありますし、これは結構便利だと思います。

僕のように複数のデバイスをお持ちではない場合、当然、ノートPCライクに持ち運んで使うことも可能です。(デタッチャブルキーボード込みで 900g強の重量なので結構軽いですよね)

「ASUS Chromebook Detachable CM3」は 通常の Chromebookとしての使用方法にプラスして、タブレット単体としても使える点が最大の強み。

テーブルでキーボードも使いながら便利にWeb閲覧し、ベッドでの映像鑑賞ではキーボード、カバーを取り外して使うのもあり。多様な使い方ができる新しいPC。これはアリアリなチョイス!だと思いました。

今回の記事の一部も「ASUS Chromebook Detachable CM3」を使って書きました。文字入力も楽々で全く問題ありませんでした。

これまでも iPad Pro や Xperia z4 Tablet 、Fire Tablet などをノートPCライクに使おうとトライしてきたのでずが、ちょっと無理に使っているという感覚で、一時的には使いましたが、なかなか継続しての運用にまでは到達できませんでした。(最近のiPadも結構良いのかもしれませんが)

最終的にはWindows機で小型軽量な「Surface Go 2」に落ち着いた経緯はあるのですが、今回の「ASUS Chromebook Detachable CM3」はそこに割り込んで入るマシンでした!この出会いはうれしい!

asus CM3 外観比較

「ASUS Chromebook Detachable CM3」は結構使える Chromebook ですよ!

ちなみにセットアップ完了後の使用可能空き容量は 99.9GBでした。(使用中が 28.1GB)
容量に不安がなければ価格の安い 64GB版をチョイスして出費を抑えることも可能です。(個人的には Netflixなどの動画ダウンロードも考えると128GB版が安心かなと)

▼ 今回紹介した商品はこちら!

ASUS Chromebook Detachable CM3 (CM3000DVA-HT0019)


発売日:2021年3月17日
勉強も仕事も遊びもこれ1台。高精度スタイラスペンを付属したわずか約915gの全部入り2-in-1 Chromebook!
インチ : 10.5型
CPU : MediaTek™ MT8183
OS : Chrome OS
メモリ : 4GB
ストレージ : eMMC : 128GB



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-PC
-, , , ,

© 2021 モノ好き。ブログ