本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

GoPro

安くて役立つ!GoPro用フローティングハンドグリップレビュー(モノによっては内部水漏れ注意)

2024年1月28日

プールや海中などで撮影する機会があったため、GoPro用の非純正のフローティングハンドグリップ(フローティングスティック)をAmazon.co.jpで購入し、実際に試用したため実際の商品や使ってみた感想をレビュー紹介します!商品の選択はアマゾンで行いました。同じ商品が複数のブランド(ショップ)から販売されているため、基本性能は同じだと考え、極力低価格な商品を選びました!購入した商品はこちら

感想としては以下の通りです。便利な割に低価格ですので、GoProを水場に持っていく機会があるならば購入しておくと安心感があります。

ポイント

  • 水の中で GoPro を手放しても浮力で浮く
  • 軽量のため通常のグリップとしても持ち運びが苦にならない
  • オレンジ色のキャップで見つけやすい
  • ストラップ付きで安心
  • 内部に小さなモノを収納できる
  • GoProの取り付け簡単、GoProマウントを三脚ネジに変換するアダプター付きで幅広い機種をサポート
  • 低価格だが十分役立つ
  • 【注意】届いた個体は商品写真とは異なり一つパッキンが不足。しっかり締めていたが内部に微量の水が浸水していた。(信頼性の高い(レビュー評価の高い)ショップからの購入が吉)
  • モノとしての満足感は今ひとつ

GoPro公式(純正)の The Handler は4,000円以上するため非常に高価です。純正オプションはクイックリリースに対応しており便利ですが、一時的な利用であれば今回紹介するサードパーティー製のフローティングハンドグリップで十分です。

わずかな出費で欲しかった機能を手に入れることができて満足しました。

▼ 今回紹介する商品はこちら!

サードパーティー製GoPro用フローティングハンドグリップを紹介!

今回購入したサードパーティー製GoPro用フローティングハンドグリップの特徴は以下の通りです。

  • 【フロートグリップ】
    防水/軽量。グリップは中空構造により浮力を実現。グリップ底部の蓋を外すと、お金/鍵等の小物も収納可能。蓋部に防水リングが付いており、水が入ることはありません。
  • 【持ちやすい】
    グリップ部分はソフトスポンジで手触りよいです。滑り止めの粒々が付いており、しっかりとグリップできます。
  • 【ストラップ付】
    脱落防止/サイズ調整可能なハンドストラップも付いていますので安心です。
  • 【目立つ】
    底部のオレンジ色が水中でも見つかり易いです。川や海でサーフィン/波乗り/ダイビング/潜水等の際に、自分撮りや海洋生物撮影等の水中撮影に最適です。
  • 【内容物】
    自撮り棒1、ストラップ1、GoProマウント1/4三脚ネジアダプター*1。※※カメラは付属されません。
  • 【対応機種】
    GoPro ゴープロ hero7 hero6 hero5、Session、AKASO、Surfola、GOOKAM、Apexcam、MUSON、Crosstour、COOAU、APEMAN、DBPOWER、Victure、SJCAM、LEVIN、wimius等のアクションカム/ウェアラブルカメラ/スポーツカメラ等。
https://amzn.to/48LLbZ2

早速今回購入した、サードパーティー製GoPro用フローティングハンドグリップの実機をチェックしていきましょう!

▼ GoPro用フローティングハンドグリップのパッケージはこのようなチャック付きの袋に入っているタイプでした。(このタイプは低価格品によくありますね)

GoPro用フローティングハンドグリップのパッケージ

▼ セット内容はこちらの通り。自撮り棒、ストラップ、GoProマウント1/4三脚ネジアダプターになります。

GoPro用フローティングハンドグリップのセット内容

こちらがGoPro用フローティングハンドグリップの本体。上部はGoProマウントです。非常に軽い!

GoPro用フローティングハンドグリップの外観

グリップ表面は柔らかい手触りです。

▼ GoPro用フローティングハンドグリップの重量はわずか85gでした。(ストラップ、GoPro固定用のネジも装着した状態)

GoPro用フローティングハンドグリップの重量

▼ GoPro用フローティングハンドグリップの底部分のキャップは回転させることで取り外すことができます。

GoPro用フローティングハンドグリップのキャップ
届いた商品はパッキンが一つだった。

商品購入時にはパッキンの具合も確認していて、下の図の矢印のように2つ目のパッキンがあると思っていたのですが、届いた商品のパッキンは一つでした。「まぁ、しっかり締めていれば大丈夫かな?」という甘い考えでテストもせずに実践投入してしまいました。

▼ 底部のキャップを外すと中は空洞になっています。上の写真のようにお札などを入れることができます。

▼ 下のキャップを外した状態ではグリップの表面がスライドをして外れてしまいます。

GoPro用フローティングハンドグリップのグリップ部分は取り外し可能。

▼ GoPro HERO11を装着してみました。ネジでしっかり止まります。

▼ 付属のアダプターを使うことでGoProマウントを三脚ネジに変えることができます。GoPro以外のカメラも使える親切仕様です!

GoProマウントを三脚ネジに変換するアダプター
GoProマウントを三脚ネジに変換するアダプターを取り付けたところ

実際に使ってみました!

グアムに旅行に行った際に、プールおよびビーチで利用しました。

GoPro用フローティングハンドグリップをグアム現地にて使用した
やっとアクションカムとして使う時が来た!

私は、GoPro HERO11 と HERO12 を保有しており、その時々でチョイスして使用しています。
10m以内の水中でも使用できることが GoPro のメリットの一つ。この恩恵を受けるときがようやくやってきました!

▼ GoPro で撮影した動画からの静止画切り出しした画像。水滴によるハレーションはあるものの、水を気にせずプール内にカメラを持って入れることがうれしい!

GoProを取り付けたフローティングハンドグリップを水中に入れて手を放してみると、見事に水面に浮上し浮いています。GoPro側は重いため、カメラが下になりキャップのオレンジがよく見える状態になります。

GoPro用フローティングハンドグリップをつけて水中にいれてみた

▼ 水中ではこのような状態です。

GoPro用フローティングハンドグリップをつけて水中に入っているGoPro

この時、GoProで撮影した映像はこのようなイメージです。結構キレイに映ります。(太陽の強さ、水のキレイさによります)

GoProで撮影した水中での映像


今回ビーチリゾートへGoProを持っていくにあたり、GoPro用フローティングハンドグリップを購入しておいて正解でした!

帰国後に問題発覚。内部に水漏れ。

低価格で機能としては十分だったGoPro用フローティングハンドグリップですが、帰国後にキャップをあけてみると内部に浸水していました
本来は内部にお金などの小物を入れたりできるのですが、今回は特にモノを入れなかったため被害はありませんでしたが、小物入れの防水性能については確認してからモノを入れた方がよさそうです。

確かにアマゾンのレビューで浸水したという記載もありましたが「どうせキャップをしっかり締めていなかったのでは?」と考え甘く見ていました。

非常に安い商品を選択したのですが、購入するならば同じ形状の商品でも評判のよい業者さんのモノが安心です。(しっかりと商品説明に二重パッキンと書かれていると安心できます)
▼ Sametop なら、ダブルシールリングを明記、サイズ調整もしやすそうなストラップが付属しているようです。

以上、参考になったとすれば幸甚です。



  • この記事を書いた人

The そうじろう

モノ系ブロガー。2014年から「モノ好き。ブログ」を運営。製品レビュー歴は10年を超えます。長年とあるメーカーに勤務し製品設計・開発に従事してきた経験を活かし、独自の視点でその製品の良さ紹介しています。

-GoPro
-,