モノ好き。ブログ

「モノ好き。ブログ」は、The そうじろう がモノを中心に紹介するブログです。Anker、Bose、iPhone、Mystery Ranch、ロフト が今は好き。イベント、株主優待、ふるさと納税も紹介します。

ANKER製品

『Anker Nebula Capsule II』の「ピントいまいち」や「AFしない」を解決する方法。追加購入したアイテムも紹介!(購入者向け情報)

『Anker Nebula Capsule II』は持ち運び可能なコンパクトなプロジェクターです。設置の自由度が高くかなりお気に入りのプロジェクターです!『Anker Nebula Capsule II』はピント合わせの為のAF(オートフォーカス)機能を搭載していてMF(マニュアルフォーカス)ができないのです。便利な機能ですが、使っていると、オートフォーカスが自由に起動できないという点に不満を感じてきました。『Anker Nebula Capsule II』は電源オン時、本体が動いた事をNebulaが認識した時、ホームに戻って設定メニューから[手動オートフォーカス]を選んだ時にのオートフォーカスを起動します。設置して位置も合わせているので本体は動かしたくない。アプリを使って見ているのでホームの設定画面にも移動したくないのです。

メニューからオートフォーカスを選ぶのは面倒なのです。

調べてみると、実は、もう1つとても便利なオートフォーカスの開始方法があったので紹介します!

Anker Nebula Capsule II

僕の映像生活を変えてしまった『Anker Nebula Capsule II』。さらに快適にするコト、モノを紹介していきます!

『Anker Nebula Capsule II』手動でオートフォーカスさせる方法。

リモコンの入力切り替えボタン(HDMI/ATV)を3秒以上長押しすると手動でオートフォーカスに突入できることがわかりました!これはムッチャ便利です!(説明書を読み返してみたら書いてありました)

↓大切な事なので繰り返します!

『Anker Nebula Capsule II』は、リモコンの入力切り替えボタン(HDMI/ATV)の3秒長押しでオートフォーカスに入ります!

僕の場合、一度ではイマイチな感じがするので、数回AFを繰り替えています。

プロジェクターのピントのズレについては気になるモノです。この操作を覚えておくとNebula生活がさらに快適になりますよ!

投影した画面が青っぽい?[色温度]の設定で解消できるかも。

『Anker Nebula Capsule II』で投影した画面が青っぽいっぽい場合には、色温度(ホワイトバランス)の設定で解消できるかもしれません。

設定の場所は [設定]=[機器のセットアップ]=[色温度] です。

色温度の設定を変えてみよう。

僕の『Anker Nebula Capsule II』の場合、[色温度]="標準"では画面が青っぽくなります。"標準"以外の"暖色"や"寒色"に設定すると僕にとって落ち着く色合いになります。

それでも映像の色づくり・場面によっては、赤(R)が飽和したり、青(B)が飽和する傾向があります。これについては、仕方のないところかなぁ・・と思っています。

【知ってた?】製品のファームアップはないけどシステムのアップデートがあった。

『Anker Nebula Capsule II』には、製品のファームアップとシステムのアップデートの2種類があります。僕のNebulaでは"システムのアップデート"ができました。(これは製品の製造時期によるかもしれません)

Firmware Version 9.5.8 にアップデート。

何が変わったのかはよくわからないのですが、[熱によるフォーカス調整]という項目が追加になったような気がします。

何らかの不具合のある方はダメ元でアップデートしてみると改善するかもしれません。

定期的に下記2つのアップデートを確認しましょう!

アップデートその1

[設定]=[デバイス設定]=[端末情報]=[システムアップデート]

[設定]=[デバイス設定]=[端末情報]=[システムアップデート]を確認。

アップデートその2

[設定]=[機器のセットアップ]=[更新バージョン]

[設定]=[機器のセットアップ]=[更新バージョン]を確認。

Nebula Capsule II 2019/9/8時点でのファームバージョン

2019/9/8時点の状況

システムのファームウェア Firmware Version 9.5.8 バージョン Android Pie カーネルバージョン 4.9.113

機器のファームウェア 現在のバージョン V0.0.18_20190426

『Anker Nebula Capsule II』ゲット後に追加購入したモノの紹介

『Anker Nebula Capsule II』の為に追加購入したアイテムについて紹介します!

設置自由度確保の為に1.8mのUSBケーブル

設置の自由度を持たせるために1.8mのUSBケーブルを購入しました。一応Anker製で統一しました。充電器からは15V/2Aが流れるそうなので、PD対応で60Wまで対応したこのUSBケーブルであれはOKだと考えていますし、今の所問題なく使えています。ただし電源まわりには注意が必要ですのでご自身で判断願います。

足元小さめのスタンド(三脚)

『Anker Nebula Capsule II』用のスタンドとして三脚を購入しました。通常の三脚に比べて、足元を占有する面積が少ないので良いです。ただしNebulaに力を加えると倒れやすいので注意です。Nebulaとシューとのマッチングが今ひとつでバチッとは固定できないのですが、その緩みが左右の向きの調整に使えます。

画質向上のために安いスクリーン

プロジェクター用スクリーンを購入しました。(サイズのバリエーション多数!壁紙より画質がよくなりました!)

壁への取り付けに少し苦労したり、シワが出てしまったりしますがスクリーンあり/なしでかなり違うので試してみてはいかがでしょう!(価格も60インチで2,000円程度)

快適なPrimeビデオ生活の為に Fire TV Stick

Fire Stick TV を『Anker Nebula Capsule II』用に購入しました。Prime Video のアプリはインストールしたのですが、なんとなく使い勝手、リモコンはAmazon純正のFire TV Stick の方が良いと思っています。ただしケーブルがごちゃつくのであまりオススメはしません。

『Anker Nebula Capsule II』オススメですよ!!



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員ブロガーです。 2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しています。 モノやコトの紹介をしています!

-ANKER製品
-, , ,

Copyright© モノ好き。ブログ , 2019 All Rights Reserved.