オールバーズ

Allbirdsのシューズが気になって早速原宿に見に行って購入!そのまま履いて帰りましたよ!

2020年1月16日

Allbirdsのシューズ。今覚えたばかりのブランドだがムッチャ興味があります。見た目のデザインがキレイで環境に配慮したコンセプト。1月10日に1号店を原宿にオープンしたばかり。これはヤバい。ムッチャ人気に火がつきそうだ。僕自身お店に行って試したい!今はニューバランスを愛用していますが、今回のオールバーズのシューズは僕をニューバランスから移行させてくれるのか!?確かめたい!僕は足がムッチャむれるのです。これがオールバーズでどうなるのか試したい!ということで原宿に行ってきました。

Allbirds

オールバーズ原宿は原宿竹下口からすぐの場所。平日の夜にも関わらずお客さんは結構いて店員さんに話を聞くにも一苦労でした。

Allbirds

とにかく新しいお店ではベーシックなモノをチョイスすることを心がけています。今回、ウール・ランナーとツリー・ランナーのどちらかで迷ったのですが、両方を試し履きさせていただき、履き心地のやわらかい「Wool Runners(ウールランナー)」をチョイスしました。色はオフィス用途も考慮しブラックです。ホントはツートンと迷ったのですが、まずは地味にスタートします。

Allbirds

さっそく履いて帰りました。

履き心地はふんわり、やさしいです。スタイルもかわいいし、これはリピートしてしまうかも!

購入した靴をその場で履いて帰るなんて、スタジオ・アルタのア・ストア・ロボットでドクターマーチンの編み上げブーツを買った時以来ですよ!(20年以上前)

公式サイトにはあまり情報がない!(1/16時点)

現時点では公式サイトも情報がほとんどない状況です。

オンライン販売開始までは今のままかもしれませんね。

オールバーズのざっくり製品構成と価格

オールバーズってどんな種類があるのか?お店でいろいろ聞いて、ようやく全貌がつかめてきました。

まずはアッパーの違いで「ウール」と「ツリー」とがあります。

「ウール」はメリノウール素材。

Allbirds

「ツリー」はユーカリの木の繊維でつくられたメッシュ。

Allbirds

次にスタイルの違いがあり、ベーシックな「ランナー」。「TOPPERS」/「ランナーアップ」のようなややミッドカット。そして紐のない「LOUNGERS」があると覚えればよい。

ウールに対して撥水(?)処理が施されている雨に強いモデルが MIZZLE がある。これが一番人気のようです。(日本は雨がよく降りますからね・・)

↓同じランナーでの比較。左がウール、右がTREEです。

Allbirds

左がウール、右がTREEです。

Allbirds ウール系

ウール・ランナー 価格12,500円。開業当初から販売しているモデルです。

Allbirds

ウール・ランナー

今回僕が購入したのはこのウール・ランナーです。

↓各種リンクはネットでの購入できるモノが表示されますが、並行輸入などのハズです。レビューについては参考になります。価格はかなり高いです。(以下同)

オールバーズウールランナー
【レビュー】オールバーズのウールランナーを購入しての感想。

原宿にショップがオープンし話題のシューズブランド「オールバーズ」のランナー(wool runners)を購入しました。今回はオールバーズランナーの魅力を写真で紹介していきます!感想としては、ゆったりと ...

続きを見る

ウール・LOUNGERS 価格12,500円

Allbirds

ウール・LOUNGERS

ランナー MIZZLE 価格15,000円

Allbirds

ランナー MIZZLE

ランナーアップ MIZZLE 価格17,500円

Allbirds

ランナーアップ MIZZLE

Allbirds TREE系

TREE ランナー 価格12,500円

Allbirds

TREE ランナー

TREE TOPPERS 価格15,000円

Allbirds

TREE TOPPERS

TREE LOUNGERS 価格12,500円

Allbirds

TREE LOUNGERS

BREEZERS 価格12,500円・・・女性用でしょうか

Allbirds

BREEZERS

RARE BIRDS ・・・レアなモデルなのでしょうか・・(取材不足)

Allbirds

RARE BIRDS

ウール・ランナーとランナー MIZZLEの靴底パターンは異なる

撥水加工されているMIZZLEは雨の日の活躍が期待されます。そのためなのか靴底のパターンが異なります。

↓ こちらはウール・ランナー

Allbirds

↓ こちらはランナー MIZZLE。雨天時でもスリップしにくそうな印象です。

Allbirds

オールバーズの国内価格は割高なのか?

日本に進出したばかりのオールバーズです。ランナーが12,500円は高いのか?海外で購入したほうが安いのか?について確認していきます。

オールバーズが日本で出している価格 12,500円は税込みです。

オールバーズの米国サイトでの価格は$95です。今日のドル・円レートは110円/ドル。つまり 10,450円です。

米国は州によって税率が異なるのでここに税金(セールスTAX カリフォルニアで8%前後)がかかり、ほぼ日本の価格と変わらなくなります!

安心して日本で購入してください!

オールバーズ原宿店の状況

僕が訪問した時には、配布しているシューレースが品切れでした。(用意されているカラーは「鳥居レッド」「さくらピンク」「神奈川ブルー」)

代わりに・・ニューヨークから来ているスタッフさんが持ってきてくれたというニューヨークのシューレースをいただきました!

Allbirds

この中から1種類。

↓こちらのバッチも配布されているようです。

Allbirds

かわいいので、いただいちゃいました。うれしい。

Allbirds バッジ

日本らしく桜モチーフでしょうか。

↓こちらのかわいい椅子。初めて座るとガタガタするのでちょっとびっくり。靴を履く姿勢になったときに前傾するようにできています。(なるほど)

Allbirds

商品の説明やサイズフィッティングもあるので、やはりAllbirdsの店舗に足を運んでみていただきたいです。

Allbirds

AMAZONでも オールバーズの並行輸入 がありますが価格が高いため、折角日本に上陸しているので店舗で購入するか、公式通販開始まで我慢して正規品を購入したいところ。

並行輸入との差額で東京までの旅費が出ることもありそうなので、ぜひ店舗にてご購入を!(接客もスゴクよかったです!)

*レシートが電子メールで送られてくるのですが、これがまたかわいいイラスト付き。

領収書メールについているイラスト。かわいい。

"NICE TO SEE EWE" のEWEって「雌羊」の意味のようです。(ウールだけに?)

▼ 購入したウールの感想、レビューの記事もご用意しております!お時間があれば!

オールバーズウールランナー
【レビュー】オールバーズのウールランナーを購入しての感想。

原宿にショップがオープンし話題のシューズブランド「オールバーズ」のランナー(wool runners)を購入しました。今回はオールバーズランナーの魅力を写真で紹介していきます!感想としては、ゆったりと ...

続きを見る



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社勤めのサラリーマンです。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 でも、やっぱり猫が好き。

-オールバーズ
-

© 2020 モノ好き。ブログ