電子辞書

スキャン式電子辞書『Yiida』がすごい!単語を指差せば瞬時に和訳を表示!英語学習のスピードアップに役立つ存在!!

英語学習時の辞書引きを圧倒的にスピードアップしてくれるツール、スキャン式電子辞書『Yiida』 を使ってみましたので紹介します!『Yiida』はスマホアプリとの連携により"指差しだけ”で辞書引きができる超便利なガジェット辞書です。高校生や社会人を中心とした英語学習のスピードアップにかなり役立つオススメ文具といえます!『Yiida』はテキストブックを使用した長文読解などに特に役立つ存在だと思いました!これは便利です!!

Yiidaスキャン式電子辞書

ペーパーバックの読破にも役立つ!

*今回はメーカーさんから商品の提供を受けてレビュー紹介しています。記事内容についての制約は受けておらず、感想を素直に書いています!

スキャン式電子辞書『Yiida』は↓こちら図のように筒状の『Yiida』本体にカメラがついていて、カメラが指差しされている単語を認識。その単語の意味などがスマホに表示されるというモノです。

カメラが単語を認識し、スマホに検索結果を表示!

『Yiida』は英和辞典にのみ対応しています。

▼ 今回紹介する製品、スキャン式電子辞書『Yiida』は↓こちら!

Yiida(イーダ)スキャン式電子辞書 指差すだけで英単語を検索 在宅学習をサポート ワンタッチで単語の意味・発音がわかる 英語学習のアシストツール 単語を瞬間認識・翻訳 高精度 豊富な収録英語語彙 自動的に単語帳を作成 Bluetooth 専用アプリ オフラインでも使用可能 コンパクト 収納便利 シルバー

「文房具総選挙2020」の【トレンド部門】勉強がはかどる! 学生応援文房具部門 にもノミネートされた注目のガジェット。

スキャン式電子辞書『Yiida』は、「文房具総選挙2020」の"【トレンド部門】勉強がはかどる! 学生応援文房具部門" にもノミネートされています!詳しくはこちら

結果発表は2020年5月23日(土)。雑誌『GetNavi』7月号、および「GetNavi web」にて発表されます!!

本当なら僕も投票したかったのですが、情報を知った時にはすでに投票を締め切っていました!!

Yiida基本スペック

スキャン式電子辞書『Yiida』の開発・製造元は、2018年に上海に設立されたテクノロジー企業である「上海翎腾智能科技有限公司」。

画像センサーにはソニーの IMX214 を使用。IMX214 はセンサーサイズ 1/3インチ、13MピクセルのCMOSセンサーです。(IMX214は4Kドライブレコーダーなどに利用されているようです)

そこで得られた画像を、インテルの Movidius MA2450 というチップを使って Ai による画像認識を行った上で翻訳の処理を行います。

認識した単語情報はスマホに転送され、アプリ内で研究社「新英和中辞典」(第七版)による検索結果を表示するシステムです。

Yiida電子辞書アプリのイメージ

研究社「新英和中辞典」(第七版)は2003年に改版された最新版。版を重ねることで語数も多くなっており、信頼できる一冊という印象ですね。

以下は研究社の書籍紹介ページからの引用。

9年ぶりの改訂版。総収録語数10万超。学習辞典の枠を越え、よりいっそうの実用に堪えるよう、情報技術用語を中心とする新語に加え専門語も増強して語彙を大幅に拡充した。類義語・語源などの補助的な情報も再検討し、より深い読解や、単語の理解・記憶の手助けになるよう配慮したほか、発音表記も近年の研究成果に基づき刷新した。用例についてもより現代的になるよう適宜見直し、すべて英米人編集委員の校閲を経た。

総収録語数10万超
・情報技術用語を中心とする新語のほか、専門用語も大幅に補強
・より深い読解と、単語の理解・記憶に役立つ類義語・語源
・最新の研究成果に基づく発音表記
・定評ある用例はすべてネイティブスピーカーが校閲

『Yiida』の基本スペックは以下の通りです。

ワイヤレス接続Bluetooth 4.0
質量190g
本体サイズ34x34x162mm
ブラケット素材ポリカーボネート
ハウジング素材アルミニウム合金
サポートシステムAndroid 4.4またはiOS9.0以降
バッテリー容量3,000mAh
電池の種類リチウムイオンポリマー電池
入力電圧/入力電流5V/2A
動作温度0℃~40℃

認識カバー範囲(スキャンエリア)は1750㎠ で、A4(210mm×297mm)の見開き分以上をカバーしています。(A4の見開きは、210mm×297mm×2=1247㎠)

単語に指をあてるとわずか0.3秒で文字を翻訳!

スキャン式電子辞書『Yiida』の特徴

底面は吸盤になっており、設置の安定性も確保されています。

Yiida 実機レビュー

それではスキャン式電子辞書『Yiida』の実機を確認していきましょう。

↓ こちらが『Yiida』のパッケージです。

Yiidaスキャン式電子辞書

スリムなパッケージ。

↓ 裏側には各種認証マークと必要なアプリへの誘導が行われています。技適とPSEマークがあるので安心です。

Yiidaスキャン式電子辞書

iOSとAndroid向けのアプリが用意されます。

↓ 開封してみると、『Yiida』本体が見えてきました。パッケージの写真は実物よりも小さめですね。

Yiidaスキャン式電子辞書

『Yiida』を開封。中央はサイズ比較のための iPhone 11 Pro。

↓ 内容物は以下の通り、本体とUSBケーブル、そして簡単な説明書です。説明書は日本語化されています。

Yiidaスキャン式電子辞書

『Yiida』のセット内容。

『Yiida』はコンパクトで軽い!

実物を触ってみて驚いたのはそのコンパクトさと軽さでした。長めのポケトルというところでしょうか。

Yiidaスキャン式電子辞書

パッケージやアマゾンの商品写真の「答マーク」ではなく、「セミマーク」です。

↓ 重量は、本体のみで実測199gでした。(スペック上は190gなので少し誤差がありました)

Yiidaスキャン式電子辞書

『Yiida』の本体重量は約199gと軽量。

Yiidaスキャン式電子辞書

こちらが背面。背面には充電用のUSB-Cコネクターが配置されています。

↓ この指かけに親指を載せて、スライドさせると電源オンします。

Yiidaスキャン式電子辞書

*他のレビューにて手を挟みそう、という記載も見ました。閉じる時に上部を押して閉じると手を挟む可能性があります。閉じるときも上の写真のように、親指を載せてスライドさせれば挟み込む可能性はかなり低くなりそうです。

↓ 『Yiida』の電源をオンにした状態。LEDは2つあり、一つは電源状態を、もう一つはBluetoothの状態を表します。電源状態は75%以上が白、25-75%が黄、25%以下で赤に変化します。BluetoothのLED表示は接続すると消灯します。

Yiidaスキャン式電子辞書

↓ スライド機構はかなりしっかりと作り込まれています。(壊れなさそう)

Yiidaスキャン式電子辞書

この角度から見るとセミのように見えなくもないですね。

使う時にスライドしてオンし、使い終わったらスライドして短くしてオフします。

↓ 充電は今どきの製品らしく、USB-C なのがうれしいですね。

Yiidaスキャン式電子辞書

充電端子はUSB-C。

 

吸盤機構がスゴイ。

細くて長い『Yiida』の本体です。これを机の上に立てるとちょっとした振動で倒れてしまいそうです。

ここはよく考えられていて、『Yiida』の底面は吸盤のようになっており倒れにくくなるような工夫が施されています。

Yiidaスキャン式電子辞書

この吸盤機構が不思議なつくりになっていて、本体を延ばしたときだけピタっと引っ付くようになっているのです!よくできている!!

Yiida専用アプリで楽々辞書引きが実現!

『Yiida』を使うにはアプリが必要です。(アプリストアにて「Yiida」で検索)

Yiida電子辞書アプリ

ダウンロード後にはメールによるユーザー認証が必要です。(メールアドレスを入力すると、メールで認証番号が送られてきます)

Yiida電子辞書アプリ

メールアドレスを入力すると認証コードが送られてくるので、それを入力します。

認証番号を入れるた後、パスワードの設定をすればOKです。

その後は、『Yiida』の電源をオンにしてBluetoothのペアリングを実施します。

Yiida電子辞書アプリ

これで使えるようになります!かなり簡単です!

アプリの設定には、自動発音、アクセント選択などの項目があります。

Yiida電子辞書アプリ

自動発音を設定すると、指差しで検索した際に音声で発音するかどうかの選択が可能です。発音は『Yiida』本体ではなくスマホのスピーカーから音が出ます。

[アクセントを選択]では、アメリカ発音かイギリス発音から選択が可能です。(結構違うので注意ですね)

Yiida電子辞書アプリ

辞書はダウンロードしておくことができます。(オフライン辞書) 辞書の容量は70.8MBです。

Yiida電子辞書アプリ

辞書をダウンロードしておけば、ネットに接続していなくても翻訳可能です。(制約あり)

オフライン辞書をダウンロードしておくと、辞書コンテンツをネットワークから転送する必要がなくなるため通信量を減らすことができます。ただし、検索対象の言葉が語形変化(例えば-ingなど)している場合には、Yiida→スマホアプリ→サーバーで原形に変換→スマホアプリ→結果表示 というルートを通るため検索結果が表示されません。快適に使うにはネットワークへの接続が必須だと思ってください。

また、この『Yiida』アプリは本体を接続したときだけ辞書として使えます。普通の英和辞典としての利用はできず、『Yiida』本体が認識した単語の意味が表示されるだけなのです。(後述の復習機能は『Yiida』本体なしのアプリ単体でも使えます)

さあ、アプリをインストールして『Yiida』とペアリングしたら、後は知りたい単語を指で差すだけです!

Yiidaを使ってみた感想

指差せば意味を瞬時に表示。これはスゴイ。

使ってみるまでは「大したモノではないだろうなぁ・・」と思ってしました。(←メーカーさんごめんなさい!!)

しかし、実際に使ってみるとスゴイ正直、感動しました。単語を指差しするとスマホアプリにその単語の意味が瞬時に表示されます!!この速度が結構速い!!

まずは魔法のような現象に驚き、次に、その認識力の高さに感心し、さらにその認識スピードに驚くという展開です!

実際に使っているシーンを動画で紹介します。(発音については少し遅れて再生されます。指差しのタイミングからスマホ側画面に結果表示されるまでの短さに注目してください)

↓ お手数ですが、できれば日本語字幕をオンに!(字幕で説明しています)

もうこれ以上の説明はありません。

とにかく、単語を指差しするとスマホ画面に辞書の内容が瞬時に表示されるのです!

電子辞書の場合、ポチポチとスペルを確認しながらキーボードを押す時間が結構かかりますが、これが不要となる夢の世界です!!

電子辞書を使っての辞書引き時間を考えると圧倒的に時間短縮できることがわかります!

実際の指差しから結果表示までの時間は0.6~1.0秒程度のイメージです。

今回はオフライン辞書をダウンロードし4G回線で通信させています。
推測ですが、結果が表示されるまでには、ピント合わせ、指の静止の判定時間、文字の認識、辞書にヒットするか確認(ここでヒットすれば表示)、辞書にヒットしなければ原形をセンターサーバーに問い合わせ、原形データのリターン、そして結果表示となっていると考えられます。したがって検索結果表示までの時間も指差しした単語の形(複数形、過去形、進行形など)によって変化するようです!

それでも、この手軽さは病みつきになります!!

復習機能もある

『Yiida』電子辞書アプリの機能として、復習機能があります。

これまでに辞書引きした単語=理解できていなかった単語 がランダムに10個出現します。

Yiida電子辞書アプリ

綴りを見て意味を思い浮かべてからタップして翻訳結果を見る という単純な単語カード形式の復習機能ですが、単純ながらも繰り返せば確実に力になります。

何日連続で学習したかの状況も表示されるのでモチベーションも持続します。

復習機能は、なかなか良い機能です!!

不都合があればサポートに問い合わせを

今回のレビューにおいて実は裏話があって、当初使い始めた時には認識しない単語が1ページに数語あったり(これが何度やっても認識しない)、特定の単語を指差しするとアプリが必ず落ちる現象があり「これじゃあ使いモノにならない!」とレビュー途中でお断りしようしたほどダメな状態でした。

現象について詳細に伝えたところ、アプリを更新してリリース(1.4.4)してくれました。この対策アプリではほぼ認識率100%になりました!(恐るべき対応スピード!)

もし認識しないなどの問題があれば、アプリから「フィードバック」から情報提供するか、Amazonでの販売元である fuji-genhigh に連絡することをオススメします。

まだまだ日本での購入者からのフィードバックは少ないと思いますので、具体的な現象をインプットすれば、より改善されると思います!

『Yiida』の魅力は何なのか?

最近はポケトークのような音声翻訳機も手ごろな価格で購入できるようになりました。また、カメラで文章などを撮影してテキストを抽出、抽出したテキストをweb翻訳する事なども簡単にできる時代です。"英語力不要な時代"が近い可能性もあります。

便利にはなりましたが、学校での授業や入試対策、ネイティブとのダイレクト感のあるコミュニケーション、生身で生きる力としての英語力はまだまだ必要です。英語力をつけるには、学習が欠かせません。

単語毎に辞書を引きその単語の正確な意味を知り、変化形を知り、発音を知り、その他の用法などの周辺情報を知るような基本的な学習プロセスはまだまだ大切です。

ポイント

  • 便利な時代になっても、英語学習は必要
  • 辞書を引き、単語の意味、発音、用法を学ぶ学習プロセスは大切

今や高校生では必携となった電子辞書も非常に便利です。紙の辞書をそろえるよりも圧倒的に軽く、コンテンツも豊富で、多機能です。

便利な電子辞書の欠点は、辞書引きに時間がかかる点です。

机に置いたり、両手で持ったりするスタイルがありますが、どのような形であれキーボードで一文字ずつ単語のスペルにしたがって入力するのは手間で時間がかかるのです。

『Yiida』は、デスク上での作業が前提であったり、スマホが必要だったりしますが、辞書引き時間が圧倒的に短縮されるのが最大の魅力です。

文字数や電子辞書のキーボード入力に対する習熟度にもよりますが、例えば綴りの入力に10秒かかっていた時間が0.3秒に短縮されるイメージです。

ひょっとすると電子辞書のキーを打つことで綴りの記憶にプラスになるのかもしれません(ここは懐疑的)。
それよりも『Yiida』を使って辞書引き時間を短縮し、まとめノートの作成時間にあてたり、より学習量を増やしたりする方が英語学習にとって効果的ではないかと思います。

『Yiida』を一度使えばもう元の辞書引き生活には戻れないはずです。(いかに辞書引きで人生をロスしていたことか!)

電子辞書にプラスして『Yiida』を購入するのがオススメ

ただし、電子辞書を購入せず『Yiida』だけで英語学習ができるか?といえばそうではありません。

『Yiida』はデスクでの学習が前提で、さらにスマホ連携が必要な点から、電子辞書のサブという位置づけで『Yiida』を購入するのが良いでしょう。

電子辞書と『Yiida』との併用がオススメです。

使える時には『Yiida』を使い、スマホ利用ができない環境(学校の教室内での学習、寝転んでの読書など)では電子辞書を利用するようなイメージです。

ポイント

  • 電子辞書のサブとして『Yiida』を用意
  • デスクでの学習では『Yiida』を積極的に使い時間短縮
  • その他のシーンでは電子辞書を使うハイブリッド利用がオススメ

ちょっとした『Yiida』に対する不満点

僕が感じた『Yiida』に対する不満点としては、『Yiida』を購入し「新英和中辞典」が入っているアプリをダウンロードしているのに、任意の単語を手入力で検索できない点です。(文字を手入力しての電子辞書的な使い方ができない)

ここは改善してもらいたいところですが、アプリ単体での検索を実現しようとするとライセンス管理を強固にする必要があり開発コスト等に跳ね返ってきます。

どうしてもスマホで「新英和中辞典」を使いたいという場合には別アプリになりますが、専用のアプリを購入するのも手です。価格はiOS版で2,200円です。(僕としては電子辞書との併用をオススメしているのでスマホでの辞書引きに固執する必要はないかな、と考えています)

まだ改善点できる点はあるとは思いますが、『Yiida』の簡単操作、圧倒的な辞書引き時間の短縮効果は魅力的です。

『Yiida』は"買い"か?

『Yiida』はクラウドファンディングのMakuakeにてプロジェクトをスタートし、2020年1月から商品の発送を実施しました。

現在はAmazonで購入が可能です。→ Amazonの『Yiida』商品ページ

Amazonのレビューは現在14件。★の数は4.2です。

レビュー内容について、一通り確認しました。低評価(★1つ)のレビューが一件ありますが、購入直後にAndroidアプリが見つからず返品したという内容でした。返品直後にAndroidアプリが見つかったそうで、今となっては状況が違うため参考とするかは判断が必要です。レビューでは、ほぼ全員が『Yiida』に満足されている傾向にあり、スピードや簡単さが評価されています。要望としては、辞書を変えたいという要望がいくつかありました。(確かに好みの辞書に変えたいという要望は良くわかります。ロングマンやオックスフォードなどの英英辞典の結果も表示されるといいですね)

『Yiida』では指差しで辞書引きができるという特徴からもわかるように、手軽さを追求した仕様であり、素早く、簡単に結果にたどり着けるように設計されています。複数の辞書での横ぐし検索や英和と英英などの切り替えなどは"電子辞書におまかせ”という分野だと考えます。

『Yiida』のAmazonでの価格は18,590円(税込)。より効率的な英語読解・英語学習が実現できる事を考えると『Yiida』はリーズナブルで試す価値が十分あると考えます!

『イン・ハー・シューズ』。いい話ですね。

特に英語と向かいあうことが多くなって来だした方で、英和辞書を引く回数の多い方ほど『Yiida』の購入がオススメです。

逆に「英語翻訳なんてweblioやアルクなどのオンライン辞書で十分」、「電子辞書も持っているし辞書引きをそこまで効率アップする必要もない」とお考えの方には不要な製品です。
また、「単語がかなり頭に入っていてあまり辞書を引かない」という方も、あまり必要はありません。

『Yiida』は、英語学習や英語の読解にある程度の時間をかけている方などにオススメで、特に便利かも!と思うのは、英語圏への留学者(短期・長期問わず)、転勤者などは大量の英語と触れ合う必要があり、慣れていない初期段階においては『Yiida』にサポートしてもらうと良いでしょう。(特に留学の方は、学校での課題量がかなり多いので時間を節約したいはず!)

『Yiida』は、こんな方におすすめ

  • 英和辞典を引く回数が多い方
  • 受験勉強・試験勉強などの時間をできるだけ短縮したい方
  • 辞書を引きながらの英語文書の読解が必要な方
  • 英語圏への留学や転勤をされる方(および帯同される家族の方)

また、上記のおすすめ対象の方へのサプライズギフトとして『Yiida』を贈るのも非常にインパクトがあり、喜ばれると思います!!

(例えば米国への転勤の方にプレゼントとして贈るなど!電子辞書は持っていても『Yiida』は持っていないハズです!)

▼ 今回紹介した製品はこちら!(執筆時点で『Yiida』を購入できるのはAmazonだけのようです)

Yiida(イーダ)スキャン式電子辞書 指差すだけで英単語を検索 在宅学習をサポート ワンタッチで単語の意味・発音がわかる 英語学習のアシストツール 単語を瞬間認識・翻訳 高精度 豊富な収録英語語彙 自動的に単語帳を作成 Bluetooth 専用アプリ オフラインでも使用可能 コンパクト 収納便利 シルバー



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社勤めのサラリーマンです。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 でも、やっぱり猫が好き。

-電子辞書
-, , , ,

© 2020 モノ好き。ブログ