「モノ好き。ブログ」は、The そうじろう がモノを中心に紹介するブログです。Bose、iPhone、Xperia、Mystery Ranch、ロフト が今は好き。イベント、ランチ、株主優待、ふるさと納税も紹介します。

モノ好き。ブログ

オーディオ レビュー

Olasonic IA-BT7 の音質がいい、という評判は本当なのか?

投稿日:2018年7月25日 更新日:

Olasonic IA-BT7 を試用することができたので、使ってみての感想をお伝えします。Olasonic IA-BT7 は、非常に音質に関する評判が高く「いや、それホンマなん?」という疑いもあり、メーカーさんにお願いしてサンプル機をお借りしました。先に結論を書きますが、「こいつスゴイよ!」というのが感想です!全ての3万円クラスのBluetoothスピーカーを試したわけではないのですが、久々に感動し!興奮したモノでした!

試用なので返さなければならないのですが、ムッチャ良いのでホント、メーカーさんに返却したくないです(涙)。

Olasonic IA-BT7

ポータブルなスピーカーだが、気持ち良い音を叩き出す。

Olasonic IA-BT7 仕様について

まずは、Olasonic IA-BT7 の仕様について紹介します。

*表は Olasonic IA-BT7 商品ページより引用させていただきました。

仕様

型番/カラー ウォルナット/シルクホワイト
周波数特性 20Hz~20kHz(44.1KHz再生時)
20Hz~40kHz(LDAC96kHz、サンプリング990kbps再生時)
スピーカー・ユニット φ57mmコーン型フルレンジ
φ110mmコーン型サブウーファー
パッシブラジエーター 120㎜×80㎜
最大出力(ダイナミックパワー) 10W+10W+20W
オーディオ入力 Bluetooth
AI/AUDIO IN
アナログ入力端子
Bluetooth 【通信方式】Bluetooth標準規格ver4.1+EDR
【出力】Bluetooth標準規格Power Class2
【通信距離】約10m
【使用周波数帯域】2.4GHz帯
【変調方式】FHSS
【対応プロファイル】A2DP、AVRCP
対応コーデック】SBC、AAC、Qualcomm® aptX™、
Qualcomm® aptX™ HD、LDAC
【対応コンテンツ保護】SCMS-T方式
【伝送帯域】20Hz~20kHz(44.1KHzサンプリング時)
20Hz~40kHz(LDAC96kHz、サンプリング990kbps再生時
NFC
外形寸法(幅・高さ・奥行き) 275mm×144mm×73mm
質量(g) 2,200g
付属品 ACアダプター、ACケーブル

Olasonic IA-BT7 はハイレゾ対応で、かつ、多様なコーデックに対応しているのが特徴です。ウォークマン、Android、iOS など手持ちの端末のパフォーマンスを最大限に発揮してくれます!

Olasonic IA-BT7 ハイレゾ対応

Olasonic IA-BT7 はハイレゾ対応

【ご注意】充電式でなくACアダプター。

Olasonic IA-BT7 は、バッテリーは内蔵していないため、ACアダプターを常時接続する必要があります。

したがって「アウトドアで使う!」「バスルームで使う!」というような用途には向きません。

Olasonic IA-BT7 のACアダプターのサイズは大きめです。DC15V/4Aの出力なので致し方がないところかもしれません。

Olasonic IA-BT7 ACアダプター

ACアダプターの本体はコードの中間に位置するため、設置の自由度は高く、このACアダプターサイズによるデメリットは少ないと考えます。

無線スピーカーとしての基本性能が高いため、バッテリーの能力低下に悩まされる事がない点について歓迎する向きも多いです。(たしかに!)

Olasonic IA-BT7 を使ってみてよかったポイントを紹介!

Olasonic IA-BT7 を使ってみて良かった点を紹介します。

ザ・ベストバランス!

個人的には部屋のスペースの都合もあり、ポータブルな筐体のスピーカーが良いのです。

Olasonic IA-BT7 は、
ポータブルなスピーカーの中でも僕が購入できるギリギリの価格で、
対応コーデックも豊富(AAC, aptX, aptX HD, LDAC, SBC)、
そして音が良い。

もっとしっかりしたステレオセットで聴くのもいいのでしょうが、限られたスペース、限られた予算、そして利便性を考えると Olasonic IA-BT7 を選択するのが現時点での最適解だと思います!

音楽を”流す”から”聴く”へ変えるスピーカー

Olasonic IA-BT7 は”低音が出過ぎ”、という評価も見られますが、僕はそうは感じませんでした。ベースがしっかりと聞こえつつもタイトな締まりある音で、大好き。(確かに夜などで、低音のヒビキが気になる時もあるので簡単に調整できるといいのに・・と思う事はありました)

Olasonic IA-BT7 でロックを聴くと、一音一音の粒が明確になり、同じ音源でもこれまでよりバンドの演奏がうまくなったように聞こえました(笑)。(「こいつらの演奏カッケーな!」と思ってしまうほどです!これ、すごくないですか!?)

Olasonic IA-BT7 は、ゆったりした音楽も得意で、例えば、矢野顕子の歌声とピアノがキレイに響き渡ります。

最近聴いていなかった矢野顕子をOlasonic IA-BT7が来てからは妙に聴いています。

Olasonic IA-BT7 は音楽をただ流すだけでなく、"音楽を聴こう"と思わせてくれるポータブルスピーカーなのです。

Olasonic IA-BT7 をチェック!

それでは、Olasonic IA-BT7 の実機について紹介していきます。

デザインが近未来レトロ(?)

フロントはスピーカーの構成がはっきりとわかるデザインで、好き嫌いが別れそうなところです。

Olasonic IA-BT7 正面

57mmフルレンジ(10W)x2 と 110mmサブウーファーが配置されている正面を眺めていると・・コアラか何かの顔のようにも見えてきて・・・かわいい??ような気もします。(ネオ・かわいい!?) 僕は問題なく受け入れることのできるデザインです!

Olasonic IA-BT7

グリルは中央が凹んだデザイン

木製キャビネットの質感は好印象です。このウォルナットの木目、僕は好きです。

Olasonic IA-BT7 ウォルナット

カーブがやわらかな印象を与えてくれます。

意外にも奥行きは狭く、これが設置場所に自由度を与えてくれます。

Olasonic IA-BT7 上面

奥行きは 73mm

NFCがムッチャ便利

上面にはNFCが搭載されています。

Olasonic IA-BT7 NFC対応

控えめなNFCマーク。便利です。

NFCを搭載しているウォークマン、Xperiaとの接続はワンタッチで出来るのでムチャクチャ楽です。

Olasonic IA-BT7 と NW-ZX300の組み合わせ

NW-ZX300との接続もNFCでワンタッチ。かつ、LDACで接続されます。

サイズ感としては、ドカベン 山田太郎のお弁当のようなイメージです。(ドカベンのお弁当の方が大きいかもしれません)

Olasonic IA-BT7

この持ち方では、かなりプルプルする重さです。

ボタン類が小さく、若干押しにくい印象もありますが、押せば確実にオンします。

Olasonic IA-BT7 フロントボタン

背面にはパッシブラジエータと入力端子が配置されています。

Olasonic IA-BT7 背面

パッシブラジエータ部分は、音の広がりのためなのか、盛り上がったデザインです。(かっこいい)

Olasonic IA-BT7 パッシブラジエータ

アナログ入力が用意されており、Amazon Echo Dot のようなスマートスピーカーと組み合わせて、良質な音質で楽しむ事もできます。

Olasonic IA-BT7 背面端子

AI IN という表現も新しい!

僕はTVとOlasonic IA-BT7 を有線でつなげてみました。音がむちゃくちゃしっかりと聞こえるようになります!この使い方はかなりオススメ!(映画などはサラウンドスピーカーの方が広がるのかな?と思います)

Bluetoothの再接続は手動

僕は電源オンした際に、前回接続されていたBluetooth機器と自動で再接続するスピーカーしか体験したことがありませんでした。

Olasonic IA-BT7 とSony、Bose製品

しかし、この Olasonic IA-BT7 の場合、電源オン時に前回接続していたソース機器との自動接続に対応していません。そのため、電源オン後には必ずスマホ側でBluetooth接続の操作が必要です。自動接続に慣れている僕は、少し面倒に感じました。

しかし、意図せず接続されるよりも、毎回意思を持って接続した方が良いという考え方もあります。

当初は「なんじゃこりゃ!?」と思っていたのですが、しばらく使っていると、Olasonic IA-BT7 のような、ゆったりと音楽を聴くスピーカーであれば、この接続仕様で良いと思えてきました。

Olasonic IA-BT7 は"買い"!

各所でムッチャ評判のよい Olasonic IA-BT7 なので、改めて僕が訴える必要はないのですが、Olasonic IA-BT7 は"買い"です。

オーディオ&ビジュアルアワード VGP2018 SUMMER リビングオーディオ大賞・Bluetoothスピーカー(2.5万円以上4万円未満) 金賞受賞 の製品でお墨付き!

ポータブルサイズで、3万円強の価格なのに、ホント気持ちの良い音を奏でてくれます!

Olasonic IA-BT7 ロゴ

Olasonic IA-BT7 は、3万円前後で良質なサウンドのBluetoothスピーカーを探している方へオススメです!

ホント、持っている楽曲を全て聞き直したくなりますよ!

Olasonic IA-BT7 購入情報

本体だけでも2.2kgの重量です。Olasonic IA-BT7 の購入は車でショップに行くか、通販の利用がオススメです。

価格.comの登録ショップは、ビックカメラ、ソフマップ、ヨドバシ、フジヤエービック、楽天ビックのみ!

Olasonic IA-BT7 は、アマゾンでも購入できるのですが、販売者はビックカメラです。(ポイントはつきません!)

↓↓それならば、送料無料で 10%のポイント が還元される、ビックカメラ.com での購入がオススメです。

オラソニック ブルートゥーススピーカー IA-BT7 WN ウォルナット

iconicon

オラソニック
ブルートゥーススピーカー IA-BT7 WN ウォルナット [ハイレゾ対応 /Bluetooth対応]
メーカー希望小売価格:オープン価格
メーカー発売日:2018年06月08日
色:ウォルナット
メーカー保証年数:1年

ウォルナットもいいけど、シルクホワイトもキレイですね!

オラソニック ブルートゥーススピーカー IA-BT7 W シルクホワイト

iconicon

オラソニック
ブルートゥーススピーカー IA-BT7 WN ウォルナット [ハイレゾ対応 /Bluetooth対応]
メーカー希望小売価格:オープン価格
メーカー発売日:2018年06月08日
色:シルクホワイト
メーカー保証年数:1年

ビックなら3年の長期保証をつけることもできますよ!



-オーディオ, レビュー
-, , ,

Copyright© モノ好き。ブログ , 2018 All Rights Reserved.