モノ好き。ブログ

「モノ好き。ブログ」は、The そうじろう がモノを中心に紹介するブログです。Anker、Bose、iPhone、Mystery Ranch、ロフト が今は好き。イベント、株主優待、ふるさと納税も紹介します。

ANKER製品

『Anker Nebula Capsule II』用スタンドとしてスタンド型一脚『ベルボンPole Pod Light FREE』 を購入。

小型プロジェクター『Anker Nebula Capsule II』をスリムに立てる為にスタンド型一脚『ベルボンPole Pod Light FREE』を購入したので紹介します!「Velbon スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE」は4月に発売された比較的新しい商品です。もう少し安いモノも考えたのですが、やはり日本の三脚専業メーカーとして60年の歴史を持つベルボンの方が安心感がありました。この商品を購入するまでは普通の三脚を使っていたのですが、「Velbon スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE」の導入で床の設置面積が少なく済み、「なんで部屋の中に三脚立てちゃってるの?」感も無くなりました。Bose SoundLink Revolveなどの三脚穴付きのスピーカーにも使えますし、もちろん運動会、合唱コンクールなどで本来の三脚としても役立つモノです。若干パーツのプラスチック感は気になりますが、軽量であることを考えると納得。オススメです!ただし、これらの商品は自立はしますが少し力が加わると倒れてしまうのでご注意ください。

スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE外箱

ポールポッドの外箱

↓今回紹介する商品。

「Velbon スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE」基本仕様

「Velbon スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE」の基本的な仕様は下記の通りです。

メーカー型番 : Pole Pod Light FREE
サイズ : [全高] 1520mm [縮長] 665mm [最低高] 620mm
脚径 : [ポール部] 20mm [脚部] 17mm
本体質量 : 485g
段数 : [ポール部] 4段 [脚部] 1段(脚部伸縮不可)
脚ロック方式 : [ポール部] レバー式
推奨積載質量 : 1.0kg

プロジェクター用のスタンドとしての購入時のチェックポイントは、積載質量と全高でしょう。

僕が組み合わせようと考えていた『Anker Nebula Capsule II』の重量が 739 g。ケーブル類を取り付けても十分耐えられる計算です。

高さは62cmから152cmまで可変可能です。スクリーンに対してプロジェクターが中心となるように高さ調整できます。

この商品のポイントは本体の重量。

ライバル商品である「SLIK 一脚兼簡易三脚 スタンドポッド5」が680gなのに対して485gと超軽量です。軽量化の為、各操作部材はプラスティク感がやや強い印象です。ここは持ち運びなどの頻度と天秤にかけて判断したいところです。

「Velbon スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE」実機チェック

「Velbon スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE」について見ていきます。

パッケージ内容は、三脚本体とキャリングケースのみです。閉じた状態で全長が665mmです。(意外と長いと思いました。)

スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE

(商品に『Anker Nebula Capsule II』は含まれません)

今回、自由雲台タイプをチョイスしました。ポールポッドライトシリーズには ハンドル雲台動画雲台のバリエーションもあります。(このバリエーションの多さが三脚専業メーカーらしさですね。ちなみにハンドル雲台が一番安いです)

プロジェクタースタンド以外の用途もあるかどうかでチョイスするのがオススメします。僕は見た目のスッキリさを優先しました。

スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE

自由雲台は角度や向きの調整部分にレバーなどがないタイプです。

ポール部分は丸型ではなく、軽量性を重視したEXパイプと呼ばれる丸みのある角柱。少しキリッとした印象でもあります。

スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE

ポール部は軽量性を重視したEXパイプ。

操作が簡単なクイックレバーで高さの調整ができます。タマに輪っかのパーツをくるくる回して締め付ける商品もありますが、操作性はクイックレバーの方が断然スピーディーです。

スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE

伸縮時はクイックレバーで開閉します。

シュープレートはクイックシュー機構になっており簡単に三脚とプロジェクターとを分離可能です。

スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE

ここで注意点。『Anker Nebula Capsule II』の底面の形状の都合により、サイズが小さめの「Velbon スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE」のシュープレートはいくらネジを閉めてもガッチリと固定されません。外れることは無いのですが、プロジェクターに力を加えると左右への首振りが簡単にできます。これを利用して左右の向きの調整をしています(笑)。

↓これまで使っていた三脚と比較すると、スタンド型三脚にすることでいかにシンプルな印象になるのかがわかります。

スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE 比較

左が今回の「Velbon スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE」

設置面積が小さくなり、狭い場所にも設置しやすくなります。また、さらに壁にも近づけられ、プロジェクターの投影面積をより広くできます。

また、見た目のスッキリさがポイントです。『Anker Nebula Capsule II』を取り付けて立ててみると↓このような感じです。

スタンド型一脚 Pole Pod Light FREEにAnker Nebula Capsule II

スタンドマイクのような印象に!カッコいい!

『Anker Nebula Capsule II』による天井投影も脚の向きを合わせることで可能です。(倒れやすいのでご注意を)

スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE 天井への投影

脚と『Anker Nebula Capsule II』の向きを合わせることで天井への投影も可能。

スピーカーやコンパクトなプロジェクターのスタンドとして「Velbon スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE」はなかなか使えそうです!!

SLIKのスタンド三脚も良さそう!

三脚といえばSLIK。SLIKにも実勢価格、性能が「Velbon スタンド型一脚 Pole Pod Light FREE」に似通った商品があります。重量が若干重くなりますが、外で持ち歩かないのであれば逆に安定性が増して安心感があるかもしれません。また、ポール部を外せば、ミニ三脚としても使用可能なのもポイントが高いです。好みでチョイスしてください。



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員ブロガーです。 2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しています。 モノやコトの紹介をしています!

-ANKER製品
-, , , , ,

Copyright© モノ好き。ブログ , 2019 All Rights Reserved.