本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Bose サウンドバー 新着情報

『Bose Smart Soundbar 600』がプレオーダー受付中!(米国の話です)

米国Boseにて新しいスマートサウンドバー『Bose Smart Soundbar 600』の予約受付が開始されました!
プロダクトナンバーとしては離れますが『Bose Smart Soundbar 300』の後継機の模様。
価格は 300 同じ $499 です。
発売日(発送)は2022年10月20日です。(米国の話です)

サイズと重さについては旧モデルである Bose Smart Soundbar 300 とほぼ同一。大きな変化はありません(インチ、ポンド表記です)

・Bose Smart Soundbar 300 2¼" H x 27½" W x 4" D (7 lb)

・Bose Smart Soundbar 600 2.2" H x 27.3" W x 4.1" D (6.9 lbs)

入出力端子も、300と600とで同じです。(HDMI端子は1つ…)

  • HDMI eARC (enhanced Audio Return Channel)
  • Optical input
  • Power
  • USB (for service only)
  • Wired bass module (optional)
  • Wired IR blaster (optional)

付属リモコン、対応アプリ(Bose Music)も変わりません。

Dolby ATMOS に対応!

ほんど soundbar 300 と変化のない仕様ですが、大きな変化があります。

それが、「eARC」対応と「Dolby ATMOS」 への対応です。

Dolby Atmos, exclusive TrueSpace™ technology, and upward firing transducers deliver shockingly immersive sound for a soundbar this size.

引用元 https://www.bose.com/en_us/products/speakers/home_theater/bose-smart-soundbar-600.html

Google翻訳:Dolby Atmos、独自の TrueSpace™ テクノロジー、および上方発射型トランスデューサーにより、このサイズのサウンドバーとしては驚くほど没入感のあるサウンドが実現します。

この upward firing transducers は、上向きに設置されたスピーカーの事。 「Dolby ATMOS」の対応のため、内部構造に変更が加えられています。

▼ 300 の内部構造。中央正面に3つのトランスデューサーを配置。センター以外は楕円形です。

Bose Smart Soundbar 300 の内部構造

▼ 600 の内部構造。中央正面にセンタースピーカー、センタースピーカーの両隣りに上向きのトランスデューサーを配置。

Bose Smart Soundbar 600 の内部構造

▼ 拡大図

Bose Smart Soundbar 600 の内部構造中央部。上向きのトランスデューサー。

正直な印象として、「え?上向きにしただけ!?」とは思いました。
しかし、トランスデューサーの形状も楕円から円形になっており、なんとなく音質も向上しそうです。
また高さ方向の情報を含む「Dolby Atmos」への対応としても上向きというのは正しいようにも感じます。

いゃぁ、『Bose Smart Soundbar 600』!試してみたいです!

日本での価格はどうなる?

『Bose Smart Soundbar 600』の日本での価格について予想してみましょう。

米国での価格は 300 と 600 は同じ $499 です。

Bose Smart Soundbar 300 の現行価格 ¥61,600。(Bose Smart Soundbar 300 の改定前価格は 55,000円)

さすがにBose Smart Soundbar 300 と同じ価格での販売になると予想しますが、どうなるでしょうか!?

ボーズブランドにこだわらなければ、デノンから今年発売されたワイヤレスサブウーハー付き、Dolby Atmos イネーブルドの「DHT-S517」もかなり魅力的です。(試したい!)

デノン サウンドバー Dolby Atmosイネーブルドスピーカー内蔵 ワイヤレスサブウーハー付き 3.1.2ch DHT-S517K

Bose Smart Soundbar 300 ワイヤレスサウンドバー Amazon Alexa・Bose Voice4Video搭載



  • この記事を書いた人

The そうじろう

モノ系ブロガー。2014年から「モノ好き。ブログ」を運営。製品レビュー歴は10年を超えます。長年とあるメーカーに勤務し製品設計・開発に従事してきた経験を活かし、独自の視点でその製品の良さ紹介しています。

-Bose, サウンドバー, 新着情報