PC

スリムなバスパワーUSB3.0ハブを購入。PS4動作確認済、カードリーダーライター使用時にも便利な4ポートハブ。アマゾンでの購入が吉!

バッファローのバスパワーUSBハブ「BSH4U120U3」を購入しました。USB 3.0に対応し、バスパワーの4ポート。価格もアマゾンで1,200円程度でリーズナブル。しかもブランドは安心のバッファローです。ノートPCのUSBポートが足りなくなったため、ポートを増設し、有線のキーボードとマウスを接続するために購入しました。今回購入したUSBハブがなかなか結構良い製品だったので紹介します!(USBハブなのであまり語る部分はありませんが・・・)

バッファローUSBハブ

今回購入した「BSH4U120U3」。

USBハブ「BSH4U120U3」のポイント

  • 高速転送規格USB3.0対応のUSBハブ
  • 持ち運びに便利なスリムタイプ
  • 使い勝手のよい前面3ポート+サイド1ポート設計
  • コンセントのない場所でも使えるバスパワー
  • ケーブル直付けで持ち運びに便利
  • PlayStation4動作確認済み
  • RoHS基準値準拠

▼ 今回紹介する商品はこちら!

BUFFALO PS4対応 USB3.0 バスパワー 4ポートハブ ブラック スリム設計 BSH4U125U3BK

バッファローUSBハブ購入の経緯

僕はキーボードやマウスが好きで、現在はRealforce のキーボードとEndgame Gear のマウス(ともに有線のデバイス)を使っています。最近は、在宅勤務の影響で社用のノートPCで作業しているのですが、やはりお気に入りのキーボードとマウスを使いたい!社用ノートPCには電源用のUSB-CのほかにUSB-Aが2ポートしかありません。ヘッドセットもUSBでの接続のため、残りは1ポート。ここにキーボードとマウスの2つのデバイスを接続するにはハブが必要となります。

2006年に発売されたUSB2.0対応のUSBハブ(バッファロー BHB4-U212シリーズ )も保有しているのですが、さすがにデザイン的にもちょっとアレだったので、スリムでカッコよいハブにしたいと考え購入しました。

バッファローUSBハブ比較

ブラックの方が今回購入したハブ。ブルーが古いハブです。

購入の際には、Buffaloの製品とAnkerの製品とで悩みましたが、アンカーよりも若干価格の安いBuffaloをチョイスしました。(ちょっとAnker製の方がかっこいいかな?と思ったのですが・・)

今回Amazonで購入したUSBハブの型番は 「BSH4U125U3」です。これは"特定販売店向け商品"だそうです。

このスリムタイプのモデルには以下の型番バリエーションがあります。

ベースモデルは 「BSH4U120U3」 です。
アマゾンでは 「BSH4U125U3」・・・特定販売店向け
ビックカメラ、ヨドバシカメラでは 「BSH4U128U3」・・・特定販売店向け。価格が高い(アマゾンに対して倍のイメージ)

このシリーズ、アマゾンでは2020年4月25日から取り扱い、ヨドバシでの販売開始も 2019/10/19 と、比較的新しい製品のようです。

バッファローUSBハブを紹介!

今回紹介するのは、アマゾンで購入したUSB3.0 4ポートバスパワーハブの 「BSH4U125U3」。それでは実際の商品を確認していきましょう。

確かに購入したのは 「BUFFALO PS4対応 USB3.0 バスパワー 4ポートハブ ブラック スリム設計 BSH4U125U3BK」 だったのですが、実際の商品には「BSH4U120U3」とプリントされていました(笑)。特定販売店向けとして型番を変えていても、同じ商品のようです。

バッファローUSBハブ

こちらがパッケージです。

↓ パッケージ裏側です。スリム&スタイリッシュ。USB2.0の約10倍の転送速度などのアピールポイントと供に、接続機器例としてはUSBメモリー、マウス、キーボード、テンキーが挙げられています。対応のOSは Windows 10、8.1、7、Mac OS X 10.9以降となっています。

バッファローUSBハブ

パッケージ裏側。

ちなみに保証期間は6か月間と短めです。

↓ こちらがバッファローのUSBハブです。外形寸法(幅×高さ×奥行)96×11×31mm。ケーブル長は約10cm(コネクター部除く)です。

バッファローUSBハブ

スタイリッシュなデザインです。

重量は非常に軽く、約35gです。

↓ 長辺側に3ポートが並び、短辺側に1ポート配置されています。(ここがポイント)

バッファローUSBハブ

短辺側に1ポート配置されており、USBメモリーなど大きなデバイスを接続できる。

↓ キーボードとマウスを接続したところ。

バッファローUSBハブ

使用イメージ。

↓ 美しくない光景ですが、このような接続で使います。実際にはこの他に、ACアダプター(USB-C PD)、HDMI、有線LAN、ヘッドセットがつながりほぼすべての端子を埋めてしまいます。

バッファローUSBハブ

↓ ここがポイントで、メモリーカードリーダーなど、大きなデバイスは短辺側に配置すれば他のコネクターを塞ぐ事がない。

バッファローUSBハブ

コネクター間は比較的タイト。USBメモリーなどは短辺側に配置すると良い。

ところで、本当に USB3.0 って速いの?確認してみた。

今回はUSB2.0のハブからUSB3.0のハブへの買い替えです。気になるのはUSB3.0って速いのか?というところ。

バッファローUSBハブ

上のブルーのハブが、これまで使っていたUSB2.0 4ポートハブ。

規格値としては USB3.0 が 5Gbps、USB2.0が 480Mbpsです。バイト換算では USB3.0が 640MB/s、USB2.0が60MB/sです。確かに約10倍のスピード。

キーボードやマウスは HID (Human Interface Device) クラス であり、あまり速度には関係なかったハズなので、手持ちのデバイスのなかでは高速なXQDカードリーダーで確認してみました。

以下、デスクトップPC背面のUSB3.1ポート、XQDリーダー(ソニー QBA-SB1A)、XQDカード(QD-M32 READ 440MB/s、WRITE 80MB/s)でテストしています。測定アプリはBlackMagic Design社のDISK SPEED TESTを使いました。(1GBに設定)
*利用したXQDリーダーの定格は5V 900mAなので、今回測定USBハブの供給電流(4ポート合計800mA以内)を超えてしまう可能性がありました。大切なデータの消失にもつながるためセルフパワーのUSBハブの利用をオススメします。

■ USBカードリーダーのPC直結、USB3.0ハブ経由、USB2.0ハブ経由による速度比較表

 WRITE速度READ速度
① デスクトップPC背面のUSB3.1ポートに直接XQDリーダーを接続31.6MB/s297.6MB/S
② デスクトップPC背面のUSB3.0ハブを経由してXQDリーダーを接続30.0MB/s293.8MB/S
③ デスクトップPC背面のUSB2.0ハブを経由してXQDリーダーを接続10.5MB/s36.68MB/S

READにおいてUSB3.0規格値の半分程度の転送速度でした。背面のポート直結時①と今回購入したUSB3.0ハブ経由②とではほぼ値に変わりがありませんでした。

USB3.0ハブ経由②とUSB2.0ハブ経由③とではREADにおいて約8倍のスピード差が確認されました!USB3.0 スッゲェ!!

スピードの速いUSBメモリーやメモリーカードリーダーなどを使うのであれば、USB3.0対応のUSBハブを使用した方が絶対にいいですね!

そもそも今回のハブはアマゾンで1,000円強なので、ここでわざわざUSB2.0のUSBハブを選択するほどの価格メリットもあまりありません。

バッファローのUSBハブ、オススメなの??

今回Amazonで購入したUSBハブ 「BSH4U125U3」(実は 「BSH4U120U3」)はオススメか?

購入時に低評価の商品レビューを見て少し心配していたのですが、価格も安い(ヨドバシの半額のようなイメージ)ですし、ムッチャオススメです!(レビューではコネクターが壊れるほど「固い」という記載が散見されました。これは購入時に非常に心配になったポイントでしたが、僕の個体では特に問題はありませんでした。)

また、実際に使ってみて便利だと気づいたのが、1ポート分短辺側に配置されている点。コネクター直付けで大きな筐体を持つカードリーダー・ライターのようなデバイスを接続する際には、独立した1ポートを使うことで他のポートを塞がずに済み、また、抜き差しが簡単です。

スタイルも悪くありません。気に入っています。

唯一気になるのは保証期間が半年である点。価格も安いので故障したらもう一度購入すればよいかな、とは思うのですがちょっと短い印象はあります。

↓ 類似製品でもアンカー製であれば18ヶ月の製品保証です。(若干価格が高いですが、ケーブルが20cmで使いやすいかも。)

しかし、Amazonで購入したUSBハブ 「BSH4U125U3」(実は 「BSH4U120U3」)は価格からも考えて非の打ち所がないオススメの製品です!!(Amazonがホントに安いです!!)

▼ 今回紹介した商品はこちら!(カラーもシルバー、レッド、ホワイトがあります!)

BUFFALO PS4対応 USB3.0 バスパワー 4ポートハブ ブラック スリム設計 BSH4U125U3BK

勘違いしてしまうといけないので、念のための注意点としては、スマホなどの充電には向かない(供給できる電流が少ない)ところ。充電用途だとするとそれこそアンカーのチャージャーを購入したほうが良いです。

▼ 例えばこのような商品。(逆にハブにはなりません)

パワーデリバリー(PD)や海外電源に対応した「Anker PowerPort III 3-Port 65W」を購入!海外に行く予定はないけど、なかなか良いです。

「Anker PowerPort III 3-Port 65W」を購入しました。既に充電器は多数保有しているのですが、PD対応、海外用電源プラグ付属というのが気になって発売日に追加購入しました。製品と ...

続きを見る

また、今回紹介したUSBハブはバスパワーで、供給電流が4ポート合計800mA以内です。カードリーダーやその他の電流消費のあるUSBデバイスを接続する場合にはセルフパワーのUSBハブを利用してください。



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社勤めのサラリーマンです。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 でも、やっぱり猫が好き。

-PC
-, , , ,

© 2020 モノ好き。ブログ