電子辞書

新型じゃない「ポケトークW」って価格は安いけど購入しても大丈夫なの?(割引クーポン情報あり)

翻訳機・通訳機としてトップ独走中のソースネクストの「ポケトーク」シリーズ。本記事ではポケトークシリーズの中で最も低価格なエントリーモデルである「ポケトークW」についてレビュー・紹介します。特に最新モデルである「ポケトークS/S Plus」と「ポケトークW」との違い、「ポケトークW」の翻訳性能、「ポケトークW」の購入の仕方について紹介していきます!

ポケトークシリーズ画面比較

左からポケトークW、S、S Plus。ポケトークWは購入してもOKなのでしょうか?

現在では様々なメーカーさんから翻訳機・通訳機がリリースされていますが、トップを独走しているのはソースネクストです。
→ プレスリリース「AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)」シリーズが 7月度販売金額シェア 88.5%を獲得

また、サービス業や各種組織団体の翻訳機・通訳機導入においてもポケトークを導入する事例も多く、ポケトークはデファクトスタンダードの商品です。
→ (一例です) プレスリリース「AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)」が全国の郵便局に420台導入 3月19日(木)から利用開始

プロの現場で最も使われているAI通訳機が「ポケトーク」という事です。

一般的に、ユーザーが多いほどフィードバックも多数寄せられますし、売り上げも大きくなり利益が出るほど開発への投資がスムーズになり改善され続け、ますます他社が追随できなくなり、トップをキープし続けるという好循環のループが回ります。

現時点で翻訳機・通訳機を選択するならポケトークを選択するという判断が妥当でしょう!
(↑ ソースネクスト以外の翻訳機・通訳機の購入を否定するものではありません)

先に結論を書いてしまいますが、今回紹介する高コスパの「ポケトークW」はポケトークシリーズの中で最も低価格のモデルですが、翻訳性能は最新の機種と同じ。オススメです!

ポケトークWの起動画面

こちらがポケトークW。(起動画面表示中です)

本記事は2020年8月時点の情報を元に執筆しています。新モデル発売などで状況が変化する場合があります。

▼ 最新情報はこちら!

ポケトークWエントリーパック@Pocketalk.jp(公式) icon


ポケトークW エントリーパック

POCKETALK(ポケトーク)W

「ポケトークW エントリーパック」
19,800円(税抜)
pocketalk.jp 限定販売
icon

「操作ガイドDVD」、「ACアダプター」、「海外変換プラグ」が付属したオトクなパック!

ポケトークシリーズの違いを把握しましょう

まずは、現行ポケトークシリーズの違いについて把握しておきましょう。

外観は大きく異なります。

↓ 形状としてポケトークWは楕円形ですが、S、S Plusはやさしさも持ちつつも直線的なイメージです。

ポケトークシリーズ画面比較

左からポケトークW、S、S Plus です。

↓ 横からみると、ポケトークWは少し厚みがあります。

ポケトークシリーズ厚みの比較

左からポケトークW、S、S Plus です。

下記表では新製品である「ポケトークS/S Plus」 に対する「ポケトークW」の違いを表しています。

"←"は「ポケトークS/S Plus」と同じの意味。
赤文字はマイナスポイント。
太字は「ポケトークW」のメリットです。

驚いた事に、内部デバイスの性能にはほぼ差がありません。

違いは、カメラ翻訳機能、画面サイズ、バッテリー、AI会話レッスン機能の差がメインです。GPSの有無の違いもあるのですが、GPSによる具体的なメリットは不明です。

製品名ポケトーク S/ S Plusポケトーク W
カテゴリハイエンドモデルエントリーモデル
CPUARM Cortex53 Quad-Core 1.3GHz
OSAndroid OS 8.1のカスタマイズOS
メモリROM 8GB、RAM 1GB
充電端子USB Type-C
音声翻訳対応言語数55言語
テキスト翻訳対応言語数20言語
カメラ翻訳/対応言語55言語×
画面サイズ2.8インチ / 3.97インチ2.4インチ
本体サイズ約91.6x53.8×11.5mm / 約123x65×11mm110×59.8×15.8 mm
重量約75g / 約125g約100g
バッテリー1200mAh / 1550mAh2200mAh
連続待受時間約60時間 / 約72時間約240時間
連続翻訳時間約4.5時間 / 約5.5時間約7時間
スピーカー1.5W×2個 / 3.0W× 1個1.5W×2個
マイクノイズキャンセリング機能搭載デュアルマイク
内蔵eSIM
SIMカードスロットnano-SIM
Bluetooth対応
Wi-Fi対応
GPS×
通貨・単位換算
音声での言語切替
AI会話レッスン機能×
履歴端末保存10,000件/ サーバー連携時無制限
データ通信方式、対応周波数帯3G [W-CDMA] 1/2/5/6/19 4G [FDD-LTE] 1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28b [TD-LTE] 38/39/403G [W-CDMA] 1/2/5/6/19 4G [FDD-LTE] 1/2/8/19/28b
価格29,800円(税抜)/ 31,800円(税抜)19,800円(税抜)

「ポケトーク S/ S Plus」 の優れている所については以下の通りです。

S/ S Plus のポイント

  • カメラ翻訳機能あり
  • AI会話レッスン機能あり(英語・中国語)
  • 画面サイズが大きい
  • 音量調整ボタンあり

上記機能・特徴は「ポケトークW」にはありませんが、あなたにとって「どうしても必要な機能」があったでしょうか?

カメラでの翻訳機能が必要であれば「ポケトーク S/ S Plus」をチョイスした方がよいです。

ただし、カメラ翻訳機能の利用頻度が少ないのであればカメラ翻訳はスマホにまかせて「ポケトークW」を購入するという考えもありでしょう。

ポケトークWには音量調整ボタンがありません。そのため、設定画面から音量を変更することになります。

ポケトークWの音量設定

音量調整の物理ボタンがないため音量の調整は設定画面から。

一方で「ポケトークW」の良さは以下の通りです。

W のポイント

  • バッテリーの持ちが良い
  • 翻訳する方向の指定が独立したボタンでわかりやすい
  • 上位機種と変わらない翻訳性能
  • 「ポケトーク S」よりも1万円安い
ポケトークWの物理ボタン

2つの独立したボタンで翻訳する方向の指定が可能。これは使いやすい!

実際に並べて比較してみても翻訳性能・スピードに差異は見られませんでした。

ポケトークシリーズサイズ比較

横に並べて同時に翻訳しましたが、性能差はありませんでした。

「ポケトークW」の画面サイズはシリーズ中最も小型です。文字が見えにくい場合には文字サイズの設定を大きくすることができます。(僕は"大"か"最大"が見えやすいと思いました)

「ポケトークW」の文字サイズ設定による比較

文字サイズの設定による比較。左上 "小"、右上"標準"、左下"大"、右下"最大"。(クリックで画像が大きくなるはずです)

CPUやメモリーなどのハードも同一です。価格の安い「ポケトークW」を買わない理由はありません。

ポケトークWエントリーパック@Pocketalk.jp(公式) icon


ポケトークW エントリーパック

POCKETALK(ポケトーク)W

「ポケトークW エントリーパック」
19,800円(税抜)
pocketalk.jp 限定販売
icon

「操作ガイドDVD」、「ACアダプター」、「海外変換プラグ」が付属したオトクなパック!

ポケトークの翻訳ってどうなの?

ポケトークの翻訳性能は非常に高いです。

まずは、マイクで拾った日本語の認識が正確です。

ポケトークWのマイク(上部)

上端のマイク。(黒と白の堺部分)下側にもマイクがデュアルマイクでしっかり音声を捕捉する。

そして日本語を別の国の言葉に翻訳した結果も的確です。(英語で確認しています)

翻訳のスピードも速い。

さらに音声が非常にナチュラル。

グーグル翻訳の日本語→英語でもイマイチな場合が多いのですが、ポケトークはスゴイです。

ポケトークで唯一気になるのは、日本語の疑問文の認識です。

例えば「新型じゃない「ポケトークW」って価格は安いけど購入しても大丈夫なの?」としゃべった場合には最後の?をイントネーションで表現します。これを理解してくれず、疑問文として受け取ってくれないのです。

この場合、最後の「なの?」を「なのか?」に変えることで疑問文としてポケトークが認識できるようになります。

ポケトークWの翻訳例

これを意識するだけで疑問文の入力の正確さが向上し、お互い(?)気持ちよく仕事ができます。

そして、この英訳のナチュラルさも最高ですよ!!

「新型じゃないポケトーク W って価格は安いけど購入しても大丈夫なのか」

Poketalk W, which is not a new model, is cheap in price, but is it okay to buy it?

ワーォ!

いやホントスゴイ。

「POCKETALKセンター」がかなり便利!

最近のポケトークは「POCKETALKセンター」というサイトで翻訳履歴を表示することができます。

ポケトークWのポケトークセンターへの案内画面

POCKETALKセンターには、ポケトークの画面に表示されるQRコードからアクセスが可能です。

翻訳はクラウド上で行われるため、入力した文と翻訳文の履歴をブラウザで確認ができるようにしただけの機能です。

ポケトークセンターの画面

POCKETALKセンターの画面

しかし、これが意外に便利です。

例えば日本語を英訳して提出する宿題・レポートにブラウザからコピペする、という使い方もできます。

また、instagramなどで英語はもちろん韓国語や中国語でコメントを入れるために、ポケトークに音声入力・翻訳→「POCKETALKセンター」で翻訳コピー→instagramのアプリにペーストするなという使い方も可能です。

訳が不安であればgoogle翻訳などに翻訳結果を入れて今一度日本語にリバースするという確認をすれば安心できるのではないでしょうか。

YouTubeのような動画コンテンツの外国語字幕にも応用できそうです。

ポケトークはまさに国際的な活動のためのツール!!

外国語でも臆せず情報発信していきましょう!!

ポケトークって語学学習に使えるの?

学習面では、「POCKETALKセンター」で表示した英訳を見ながら自分でスピーキングしてみてポケトークに音声入力してしっかり認識してもらえるかを確認するような使い方にも使えます。

例えば、客先との会議で使いそうな説明文や想定した回答文を日本語でしゃべり英語化、「POCKETALKセンター」で英語を表示しながら読み上げて自分のくちからスラスラと出てくるようにスピーキング練習。練習した英語をポケトークに音声入力してしっからポケトークが認識できるようにしゃべれるようになったかを確認するのです。

発音がわからなれば、ポケトークの履歴から文章を選択し発音してもらう。そして、その発音そっくりに繰り返して自分で口にするのです。

相手は機械なので、何度でも追加料金なしで話してくれるのが嬉しいですね!

発音を聞く場合にワイヤレスヘッドホンなどとBluetooth接続での接続も可能です。ヘッドホンのマイクも使えますので周りにあまり迷惑をかけずに英語の学習が可能です。

ポケトークWのBluetooth設定画面

ヘッドホンとのペアリングもスマートホンと同じです。

ポケトークの発音はかなり凝っていて、英語においても米国英語と英国英語がわかれているだけでなく、英語(インド)、英語(オーストラリア)、英語(フィリピン)のように地域が分かれており、地域によって異なる発音・アクセントに対応した聞き取り・発声が可能です。

ポルトガル語がブラジルとポルトガルが用意されているのはもちろん、スペイン語もスペイン、米国、アルゼンチン、コロンビアに分かれています。

ポケトークは語学のプロフェッショナルですね!

2年経過したらどうなる?Wi-Fi接続だけでも使える?

「ポケトークW」には通常「グローバル通信SIM(2年)」(eSIM)が付属します。2年間は国内でも海外でも通信料の心配がなくモバイル回線での通信が可能です。(Wi-Fiに接続する必要なし)

2年経過後はWi-Fiで運用するか、「専用グローバルSIM延長(1年)」(5,000円)「専用グローバルSIM延長(2週間)」(3,000円)にて延長や「専用グローバルSIM(2年)」(10,000円)の購入が可能です。→こちらにて価格などを確認できます。

一方でSIMの付属しない「ポケトークW」も販売されています。決まったWi-Fi環境の元でした使わない場合にはSIMなし版でもOKです。

ポケトークWのWi-Fi設定画面

ポケトークWのWi-Fi設定画面。スマホと同じ使い方です。

しかし、価格差が少ないため個人的にはSIM付属での購入が便利でオススメです。(SIMがあればWi-Fiに接続する手間が不要のため)

以下のような環境でしか使わないならば、「グローバル通信なしモデル」を購入してWi-Fi環境下で使うのもよいでしょう。

  • 自分の家の中でしか使わない(外に持ち出さない)
  • 決まったお店の中でしか使わない
  • モバイルルーターに常時接続できる

ポケトークは他社のSIMを挿入しても使える仕様にはなっています。

ポケトークWのSIMスロット

ポケトークWのSIMスロット

しかし、ソースネクストのグローバルSIMの価格が追加購入でも2年間で10,000円です。

月換算で 417円+税 の計算です。

APN設定などの手間が不要なことからも素直に純正グローバルSIMを購入するのがベストだと考えます。

ポケトークWエントリーパック@Pocketalk.jp(公式) icon


ポケトークW エントリーパック

POCKETALK(ポケトーク)W

「ポケトークW エントリーパック」
19,800円(税抜)
pocketalk.jp 限定販売
icon

「操作ガイドDVD」、「ACアダプター」、「海外変換プラグ」が付属したオトクなパック!

ポケトークはどこで購入するのがベスト?

短期の旅行だけならレンタルを理由する手もある

「ポケトークW」を購入したとして、実際に使うのは7日間の旅行だけ。
しかも一度だけしか使わないのであればレンタルするという選択肢もあります。

例えば、「イモトのWi-Fi」であれば「ポケトークW」のレンタル料金が1日 750円(税別)です。

レンタルなら7日間の利用なら 5,250円で済みます。

購入した場合の金額をレンタル料で割ると何日でペイするかを計算すると 19800円 / 750円/日 = 26.4日 です。

海外旅行でしか使わない。旅行はトータルで 26.4日未満しか行かないとなればレンタルがオトクという計算になります。

一方でレンタルには紛失の際の弁済という側面が必ずあります。

レストランで使い、テーブルに置き忘れた。
タクシーで使い、タクシーの中に忘れた。

など、トラブルは発生しがちです。

単純に紛失した場合には30,000円を支払う必要があります

「あんしんパックプラス」のような保障を付ければ免除となりますが、追加料金が1日500円かかります。

7日間の利用で (750円+500円)x7日 となり 8,750円の料金になります。

盗難にあった場合は、警察等への届け出が必要になったりもするようです。(そこでポケトークが必要なのに!!)

個人的には、レンタルするよりも「ポケトークW」程度の価格なら自分で購入し、失くした場合にはあきらめる方がリーズナブルかな・・という感覚です。

旅先の貴重な時間を盗難届などで消費したくないなぁ、と思います。

「ポケトークW」はどこで購入できるか?

「ポケトークW」は家電量販店(ビックカメラ、ヨドバシカメラ)や主たるECサイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなど)、ソースネクスト公式サイトにて購入可能です。(後述しますが、公式サイトでの購入がオススメです)

*ECサイトの場合、中古品や小さなショップからの出品もあるためご注意ください。

家電量販店の場合

ビックカメラの場合には以下の価格での販売でポイントが10%分付きます!!

モデル価格(税込)ポイント
ポケトークW W1PWW ホワイト SIM別売19,800円1,980pt
ポケトークW W1PWK ブラック SIM別売19,800円1,980pt
ポケトークW W1PWG ゴールド SIM別売19,800円1,980pt
ポケトークW W1PGW ホワイト SIM(2年)付21,780円2,178pt
ポケトークW W1PGK ブラック SIM(2年)付 21,780円2,178pt
ポケトークW W1PGG ゴールド SIM(2年)付 21,780円2,178pt

ポケトーク公式サイトが意外とオススメ

僕がオススメするのは、ポケトーク公式サイトからの購入です。

ポケトーク公式サイトをオススメする理由は以下の通りです。(「ポケトークWエントリーパック」の場合)

オススメポイント!

1,000円オフ(8/31まで)、2,760円相当の付属品などを考えると家電量販店での購入よりもオトクです。

ポケトークWエントリーパック@Pocketalk.jp(公式) icon


ポケトークW エントリーパック

POCKETALK(ポケトーク)W

「ポケトークW エントリーパック」
19,800円(税抜)
pocketalk.jp 限定販売
icon

「操作ガイドDVD」、「ACアダプター」、「海外変換プラグ」が付属したオトクなパック!

ポイントをおさえて説明します!

1,000円オフのクーポン(8/31まで有効)

購入時にクーポンコード pockew_1000_2008 を入力すると、1,000円割引になります!!

クーポンの有効期限は2020年8月末日までです!!

ポケトークWクーポン適用

左下のクーポン入力部分にクーポンを入れて適用すると1,000円引きになります! 画面は公式ストアからのキャプチャーです。

2,760円相当の「ACアダプター」「海外変換プラグ」が付属!

通常の「ポケトークW」のセット内容は↓下の写真の通りです。

ポケトークWのセット内容

充電ケーブルが付属するだけ。

公式ストアで販売されているのは「エントリーパック」で、2,760円相当の「ACアダプター」「海外用変換プラグ」が付属します!

ポケトークWエントリーパック付属品

エントリーパックに付属するDVD、変換プラグ、ACアダプター。画面は公式ストアからのキャプチャーです。

「操作ガイドDVD」(非売品)も付属していますが、内容としては動画がWebでも公開されています

特に「海外用変換プラグ」は A/C/O/SE/BFタイプ対応したスグレモノです!!

これらが付属するなら家電量販店のポイント還元よりもオトクに感じますね。

「落下や水没」にも対応した3年延長保証を付けられる!

公式のストアなら「落下や水没」にも対応した3年延長保証を付けられます。小型で持ち運ぶモノは落下リスクが高く、旅先ではプールやビーチ、お手洗いでの水没のリスクも高いです。

折角購入した「ポケトークW」が壊れて使えなくなる可能性は高いため、是非3年延長保証を付けておきましょう。

価格は2,980円(税別)とちょっと高めですが、10%分のポイントが付きます。

ポケトークワイド延長保証

注文手続きを進めていくと「ワイド延長保証」の案内が登場します。 なるべく申し込みましょう!!

Amazonポイントに交換可能なポイントが付く!

ソースネクストの公式ストアで購入した場合には、独自のポイント「ソースネクストeポイント」が付与されます。

この「ソースネクストeポイント」はソースネクスト・サイトでの商品購⼊やサービスのお⽀払いに使えます。

さらに「ソースネクストeポイント」を「Gポイント」へ交換が可能です。(1ポイント=1G)

さらに「Gポイント」は他社のポイントや現金(!)へも交換ができるのです!!

例えば、98Gが100円相当のアマゾンギフト券に交換が可能です。また、楽天銀行やゆうちょ銀行へ現金に交換も可能です。それぞれ交換手数料がかかる点や最低交換単位が決まっている点は注意ですが、非常に注目度の高いポイントサービスです。

アウトレットが販売される事も!

最後に公式サイトを使ったオトク情報を紹介します。

タイミングによっては公式サイトにて、ポケトークのアウトレット販売やキャンペーンが開催される場合があります。

このようなキャンペーンはオトクにゲットするチャンスなのでお見逃しなく!!

→ 購入前には最新情報をポケトーク公式サイト(pocketalk.jp)でチェック

「ポケトークW」まとめ

「ポケトークW」について紹介してきました。

長くなったため今一度簡単に振り返ると・・・

ポイント

  • 「ポケトークW」は最新モデルと比較して翻訳性能に差は無く、コスパに優れたモデル
  • バッテリーの持ちはシリーズ随一!
  • 購入前にはポケトーク公式サイト(pocketalk.jp)をチェック!

翻訳精度などの向上はサーバー側で対応されますし、本体のソフトウェアアップデートも行われています。

ポケトークWのメニュー画面

最近のアップデートで通貨電卓が追加されました。

なかなか「ポケトークW」はしっかりサポートされているので安心して使えます!
このあたりのサポートのよさも、企業さんなどがポケトークを導入していることも関係していそうですね!

翻訳機・通訳機を購入するならソースネクストの「ポケトーク」シリーズ一択です!

ポケトークWエントリーパック@Pocketalk.jp(公式) icon


ポケトークW エントリーパック

POCKETALK(ポケトーク)W

「ポケトークW エントリーパック」
19,800円(税抜)
pocketalk.jp 限定販売
icon

「操作ガイドDVD」、「ACアダプター」、「海外変換プラグ」が付属したオトクなパック!



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-電子辞書
-, ,

© 2020 モノ好き。ブログ