PC

アマゾンで購入してわかったオススメの「CAT7 LANケーブル」と「おすすめじゃないCAT7 LANケーブル」を紹介!

アマゾンで三種類(三社)の「CAT7 LANケーブル」を購入しました。今回は複数のLANケーブルを購入してみた経験から、オススメのLANケーブルとオススメではないケーブルについて紹介します。

複数のLANケーブルを購入した経緯としては、
・在宅勤務ではノートPCも有線LANでの接続が無線LANよりも安定しスピードが速い事
・Fire TV Stickなどでの動画視聴においても有線LANの方が安定してそうである事
でした。

LANケーブルは価格もさほど高くはない商品ですが、やはり不満を感じないモノを選びたいところ。

たかがLANケーブルですが、使い始めれば長い付き合いになります。

今回は、カテゴリー7(CAT7)に対応した有線LANケーブルの比較になります。

LANケーブルの通信品質については測定ができないため、大きな差はないものとして判断からは除外しています。

購入したのは、AmazonベーシックエレコムUGREENです。今回の比較は、僕が購入したシリーズでの比較になります。

LANケーブルとしての役割はどれも同じなのですが、
個人が室内で使う場合を想定した場合の僕のオススメは UGREEN でした。

LANケーブル比較 UGREEN

UGREENのLANケーブルは購入時に端子の保護キャップがついている点、フラットタイプで取り回しが良く、ケーブルにカテゴリーが印字され、さらにメーカー名も印字されていました。

LANケーブル比較 UGREEN

これまでもUGREENの様々な製品を購入してきましたが、つねづね丁寧なメーカーだと感じています。

LANケーブルでも非常に良い製品を提供していますね。

UGREEN LANケーブル カテゴリー7 RJ45 コネクタ ギガビット10Gbps/600MHz CAT7準拠 イーサネットケーブル STP 爪折れ防止 シールド モデム ルータ PS3 PS4 Xbox等に対応 1M

最もオススメしにくいのが Amazonベーシック

ケーブルが非常に固く、腰が強い。そしてケーブルにカテゴリーの印字がありませんでした。

LANケーブル AMAZONベーシック

ホワイトがAmazonベーシック

エレコム もフラットタイプを購入しケーブルの取り回しは良いのですがケーブルにカテゴリーの印字がありませんでした。

▼▼オススメはUGREENです。より詳しい内容を後述します。

UGREEN LANケーブル カテゴリー7 RJ45 コネクタ ギガビット10Gbps/600MHz CAT7準拠 イーサネットケーブル STP 爪折れ防止 シールド モデム ルータ PS3 PS4 Xbox等に対応 1M

カテゴリー7(CAT7)対応の有線LANケーブルって?

LANケーブルにはカテゴリーという概念があり、対応している通信速度と伝送帯域が規定されています。

*以下の表はサンワサプライの説明から引用させていただいています。

 最大通信速度伝送帯域
カテゴリ5100Mbps100MHz
カテゴリ5e1Gbps
カテゴリ6250MHz
カテゴリ6A10Gbps500MHz
カテゴリ7600MHz
カテゴリ7A1000MHz
カテゴリ840Gbps2000MHz

今回購入したのはCAT7のLANケーブルで、最大通信速度10Gbps、伝送帯域が600MHzの対応です。

このカテゴリーは非常に大切な内容です。

ケーブル購入後にどのカテゴリーだったのかがわからなくなってしまうと、インフラの変更時(例えばより高速な光回線を導入)などにケーブルを買い替えるべきかどうかがわからなくなってしまいます。

その為、ケーブルにカテゴリーの印字があるかどうかについてもチェックします。

各社のLANケーブルについて

すでにオススメのケーブルについて述べていますが、各社のLANケーブルについて写真で説明していきます。

パッケージ

パッケージは UGREEN = AMAZON > エレコム。

LANケーブル比較

左がUGREEN、右がエレコム。(購入したのは長さ3mです)

LANケーブル AMAZONベーシック

Amazonベーシックは箱入り。

ケーブル

ケーブルは Amazonベーシックのみ通常タイプ。その他はフラットです。フラットが欲しかったのですが、Amazonベーシックでは見つけることができませんでした。

LANケーブル比較

左がUGREEN、右がエレコム。

LANケーブル AMAZONベーシック

Amazonベーシックは非フラット。

しかも、Amazonベーシックのケーブルは非常に固く、取り回しが悪いものでした。

LANケーブル AMAZONベーシック

そもそもケーブルの形態が異なるため単純な比較はできないが、ホワイトのAMAZONベーシックのケーブルは重力に負けず持っている位置よりも高い位置をキープするほど固い。

RJ45の端子周り

RJ45の端子について、UGREENのケーブルには端子カバーが装着されていました。

LANケーブル比較 UGREEN

UGREENのケーブルには端子カバーが装着

LANケーブル比較 UGREEN

UGREENのLANケーブルでは端子部分にUGREENの刻印が入っています。

▼ エレコム

LANケーブル エレコム

エレコムのRJ45。(スミマセン、ケーブルにカテゴリーの印字がないためマジックで記入しました) 爪折れ防止の機構は別パーツになっており凝っている印象。

▼ Amazonベーシックは非常にしっかりした印象。

LANケーブル AMAZONベーシック

Amazonベーシック。ガッチリした印象。

LANケーブル AMAZONベーシック

ブランド名の印字あり。

カテゴリーが判別できるか?

LANケーブル単体でカテゴリーの判別ができるのは、UGREENのLANケーブルだけでした。

LANケーブル比較 UGREEN

UGREENのケーブルにはカテゴリーの印字があるので安心。

エレコムのケーブルには何も印字がありませんでした。

LANケーブル AMAZONベーシック

Amazonベーシックのケーブルには 「ASBX 20 20」 という印字はあるが、それが何を意味するかは不明。

各社のLANケーブル比較まとめ

LANケーブルという観点ではどのメーカーでも機能はしますが、今回比較した AmazonベーシックエレコムUGREEN の中では、UGREEN をオススメします。

オススメの理由は以下の通りです。

ポイント

  • ケーブルがフラットで取り回しが良い
  • ケーブルにカテゴリーが印字されており後で困らない
  • 購入時、端子の保護キャップがついている

▼▼オススメはUGREENです!
商品ページで割引クーポンが存在する場合もあるので要チェックです!
(2020/8/15時点で15%引きクーポンが表示されています!)

UGREEN LANケーブル カテゴリー7 RJ45 コネクタ ギガビット10Gbps/600MHz CAT7準拠 イーサネットケーブル STP 爪折れ防止 シールド モデム ルータ PS3 PS4 Xbox等に対応 1M



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-PC
-, , ,

© 2020 モノ好き。ブログ