PC オーディオ

Nintendo Switchでワイヤレスイヤホンが使えるアダプター「BT-W3」をレビュー!夜のリングフィット アドベンチャーのお供にオススメ!

Nintendo Switchでワイヤレスイヤホンが使えるBluetoothオーディオトランスミッター「Creative BT-W3」を紹介します!「Creative BT-W3」はNintendo Switch専用のアダプターではなく、PS4、PCやMacでも使え、さらに低遅延な aptX LLと 高品位な aptX HDといったオーディオコーデックも利用可能という超絶リッチなトランスミッターです!ちなみにFireタブレットでも使えました。オーディオに特化した製品なのでキーボードやマウスを接続するBluetoothアダプターではありませんのでご注意を。

「Creative BT-W3」イメージ

対応プラットフォーム、対応コーデックが多彩な「Creative BT-W3」。なかなか良い製品。

▼ 今回紹介する「Creative BT-W3」はこちら!

Creative BT-W3 Bluetooth トランスミッター USB オーディオ/チャット用 ゲーム/テレワーク 低遅延 aptX LL/高音質 aptX HD対応 PCソフト不要 PS4/Switch対応 HP-BTW3

Nintendo Switch のサウンドをワイヤレス化できて便利に!

「Creative BT-W3」をNintendo Switch のUSBポートに接続すれば、Switchのサウンドをワイヤレスイヤホンで聞くことができるようになります。

「Creative BT-W3」とNintendo Switch

本体のUSB-Cに接続した例。ドック使用時にはドックのUSB端子に接続して使います。

最近、ようやく我が家にも「Nintendo Switch」が導入されました。

「Creative BT-W3」とワイヤレスイヤホンがあれば、TVから音を出さなくてもよくなるのでリングフィットアドベンチャーを夜にこっそりプレイする際に非常に便利です。

通常のゲームであれば、有線接続のヘッドホンを利用してもOKですが、体を動かすゲームタイトルにはやはりワイヤレスイヤホンがベストです!

これを実現してくれるのが「Creative BT-W3」です!

「Creative BT-W3」以外にもNintendo Switchで使える中華なオーディオトランスミッターはAmazonにて多数販売されています。

↓例えばこのような商品です。

対応Nintendo Switch / Switch Lite PS4 Macbook PC用 GuliKit Route Air Pro Bluetoothアダプター マイク付き フォートナイトのボイスチャット aptX低遅延 

個人的にはやはり安心感のあるブランドの製品を使いたいところです。

今回紹介する「Creative BT-W3」は PC用サウンドカード「Sound Blaster」シリーズで有名な クリエイティブメディア の製品です。安心感が違います。

Nintendo SwitchはUSBでのUSBオーディオに対応しているようで、サウンドをUSBからデジタルデータで出力できるのです。

「Creative BT-W3」はUSBオーディオ対応デバイスとして振る舞い、SwitchからのUSBオーディオデータを受け取り、Bluetooth信号に変換する役割を担います。

Nintendo Switch版『フォートナイト』がSwitch で直接ボイスチャットが利用できる為、これらにも利用することができます。

「Creative BT-W3」の特徴

「Creative BT-W3」の特徴について紹介します。

以下ニュースリリースより引用します。太字、マーキングは本サイトにて実施。

Creative BT-W2の進化モデルであるCreative BT-W3は、新たにUSB-Cインターフェイスを採用Bluetoothバージョンも最新の5.0となり、通信距離も従来モデル BT-W2の最大10mから最大30m※1にパワーアップ。サポートするオーディオ コーデックもSBC/aptX/aptX LLに加え、より高品位なBluetoothオーディオを実現するaptX HD※2もサポートしました。

USB-Cポート搭載のNintendo SwitchMacBookなどのほか、USB-A ポートを備える一般的なPCやPS4ともUSB接続が可能なUSB C-to-A 変換アダプター※3が付属、ドライバーなどのインストールも不要の簡単プラグ&プレイ接続で、様々なBluetooth機器でワイヤレスオーディオ再生※4がお楽しみ頂けます。また、ボイスチャットに便利なアナログマイク※5も同梱しており、PC/MacやPS4のヘッドセット端子に接続してマイクも利用できます

BT-W3は4つのオーディオ コーデック - aptX LL、aptX HD、aptX、SBCをサポートしており、接続するBluetooth機器がこれら複数のコーデックに対応している場合、BT-W3側から使用するオーディオ コーデックを選択※6することが可能。例えば、遅延が気になるゲームの場合は低遅延オーディオ コーデックのaptX LLを選んだり、高品位オーディオ リスニングを行う場合はaptX HDを選んだりと言った、利用シーンに合わせてオーディオ コーデックを変更できます。

BT-W3はまた、ワイヤレス オーディオ再生用のBluetoothプロファイルであるA2DPの他に、携帯電話/スマートフォンなどで用いられるワイヤレス通話用のHFPプロファイル※7にも対応しており、音声通話に対応したBluetooth製品に搭載のマイクで音声通話も可能です。
この場合、モノラル音声とマイクを同時に利用することが可能で、PC/Mac上でのビデオ会議やボイス チャット ソフトウェアで、お手持ちのワイヤレス ヘッドセットやハンズフリー通話対応ワイヤレス スピーカーを利用して通話が行え、ステイホーム中のテレワークやリモート学習にも大変便利です。

※1:障害物のない空間での目安であり、接続するBluetooth機器側も本機同等以上の距離にて通信可能である必要があります。本製品の使用する無線信号は他の電子機器や医療機器の動作に影響をおよぼす場合があります。また、その他の機器の2.4GHz帯無線通信に影響を及ぼしたり、他の機器からの電波によって本機の無線通信が影響を受ける場合があります。
※2:USBオーディオの再生品質は16bit/48kHz固定となります。
※3:付属のUSB-C to USB-A変換アダプターは当製品でUSBデータ転送を行うものであり、USB-PD等での充電には対応していません。本製品以外には使用しないで下さい。
※4:A2DPに対応するBluetoothデバイスでのオーディオ再生に対応していますが、すべてのBluetoothデバイスやソフト/アプリ等での動作を保証するものではありません。
※5:優先して利用するマイクを指定する必要がある場合があります。Nintendo Switchで同梱のマイクを使用する場合は、BT-W3をHFP-offファームウェアに変更する必要があります。
※6:BT-W3にてオーディオ コーデックを切り替えるには、接続するBluetoothデバイスが対応のオーディオ コーデックをサポートしている必要があります。
※7:HFPに対応するBluetoothデバイスでの音声通話に対応していますが、すべてのBluetoothデバイスやソフト/アプリ等での動作を保証するものではありません。

機能豊富ですね!

【主な仕様】

  • Bluetoothバージョン: Bluetooth 5.0
  • 対応プロファイル:
    A2DP(ワイヤレスステレオBluetooth)
    AVRCP(Bluetoothリモートコントロール)
    HFP(ハンズフリープロファイル)
  • 対応コーデック:
    aptX LL
    aptX HD
    aptX
    SBC
  • 通信距離:
    約30m(見通し距離)

【パッケージ内容】

    • Creative BT-W3
    • 専用USB C-to-A 変換アダプター
    • 3.5mm 4極アナログマイク
    • クイックスタートガイド/ハードウェア保証書

「Creative BT-W3」を実機チェック!

それでは「Creative BT-W3」の実物を確認していきましょう。

「Creative BT-W3」パッケージ

「Creative BT-W3」のパッケージ

パッケージ裏側にも細かく製品特徴が紹介されています。

「Creative BT-W3」パッケージ裏側

「Creative BT-W3」のパッケージ裏側

パッケージ内容は、「Creative BT-W3」本体、専用USB C-to-A 変換アダプター、3.5mm 4極アナログマイク、その他ドキュメント類です。

「Creative BT-W3」セット内容

パッケージ内容

製品保証は1年間です。

↓ 「Creative BT-W3」の本体。先端にコーデック切り替え用のボタンがあります。端子はUSB-C。

「Creative BT-W3」本体

↓ 通常のUSB端子 Type-A にも接続できるように、編近アダプターが付属します。

「Creative BT-W3」本体にアダプター接続

アダプターを接続した状態。

↓ また、アナログマイクも付属しており PS4 のコントローラー()のマイク端子に接続してボイスチャットが可能になります。

「Creative BT-W3」のマイク

Nintendo Switchでも同梱のアナログマイクを使用することができます。ただし、パソコンを使用してBT-W3をHFP-offファームウェアに変更する必要があります。(マイクを使わないならそのまま使ってOKです)
→ こちらの公式ページを参照願いします。

例えば、Microsoft Surface Go 2 のUSB-C端子に接続した場合には、↓このイメージです。

「Creative BT-W3」PCに接続Surface Go 2 はBluetoothに対応しているため、基本的には「Creative BT-W3」を接続する必要はありません。
しかし、低遅延のaptX™ LLや高品位なaptX HD といったコーデックを使いたい場合に「Creative BT-W3」を使うメリットはあります。

「Creative BT-W3」のコーデック切り替え機能をチェック!

「Creative BT-W3」でコーデックを切り替えしてみましょう!

「Creative BT-W3」がサポートしているコーデックのなかで、接続相手が対応しているコーデックが2つ以上あれば、本体のボタンを押す事でコーデックを変更することができます。

「Creative BT-W3」コーデック選択方法

コーデックは本体のボタンを押す毎に変わる。(接続相手が対応しているコーデックのみ選択可能)

「Creative BT-W3」は、aptX LL、aptX HD、aptX、SBC の4種類のオーディオコーデックに対応しています。

例えば、SBC にしか対応していないワイヤレスイヤホンと接続した場合には、対応がSBCだけなのでコーデックを切り替えることができません。

SBCとAACに対応しているワイヤレスイヤホンと接続した場合には、共通して対応しているコーデックがSBCだけなのでコーデックを切り替えることができません。

ワイヤレスイヤホンがSBCとaptXに対応していれば、SBCとaptXとを切り替える事ができます。

今回は多数のコーデックに対応しているBluetoothレシーバー「FiiO BTR3」を使って確認します。BTR3も受信しているコーデック種類についてLEDの色で表してくれるので確認ができるのです。残念ながらBTR3側の表示ではaptX LL と aptX とが同じカラーで表示されてしまい区別することができません。

「Creative BT-W3」コーデックチェック

BT-W3が白=aptX LL、BTR3が紫=aptX or aptX LL

「Creative BT-W3」コーデックチェック

BT-W3が黄色=aptX HD、BTR3が黄色=aptX HD。しっかりaptX HDで出力している模様!

「Creative BT-W3」コーデックチェック

BT-W3が緑=aptX、BTR3が紫=aptX or aptX LL

「Creative BT-W3」コーデックチェック

BT-W3が青=SBC、BTR3が青=SBC

写真ではLEDの色がわかりにくかったと思いますが、コーデックの切り替えはしっかりできているようでした!

さらに「Creative BT-W3」が AAC やLDAC にも対応していると最高なのですが!!ちょっと欲張りすぎでしょうか。

「Creative BT-W3」は買いか!?

「Creative BT-W3」の価格は、Amazonで4,928円(税込、2020/8/24時点)。

ちょっと高い印象もありますが、クリエイティブブランドであることを考えると仕方がないところでしょうか。

「Creative BT-W3」のポイントは以下の通りです。

ポイント

  • PS4™やNintendo Switch™をワイヤレス オーディオで楽しめる
  • Bluetooth バージョン 5.0 対応 距離30m!
  • 低遅延のaptX™ LLや高品位なaptX HD オーディオ コーデックをサポート
  • USB Type-Cインターフェイス
  • 簡単プラグ&プレイ接続
  • PS4やNintendo Switch、PC/Macで使える
  • ボイスチャットに便利なアナログ マイクを同梱
  • 使用シーンに合わせてオーディオ コーデックを選択することも可能(接続機器が対応している必要あり)
  • テレワークやリモート学習にも便利

個人的には、Switchとワイヤレスイヤホンとがつながる事だけで「その価値あり!」と考えています。

▼ 今回紹介した Switchでも使える「Creative BT-W3」はこちら!

Creative BT-W3 @ Amazon.co.jp



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社勤めのサラリーマンです。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 でも、やっぱり猫が好き。

-PC, オーディオ
-, , , ,

© 2020 モノ好き。ブログ