ANKER製品 オーディオ

ANKERの新製品『soundcore Wakey』を紹介!目覚まし、チャージャー、スピーカーの3in1。#APC19

2019年6月11日

ANKERの新製品『soundcore Wakey』を紹介します!『soundcore Wakey』は目覚まし時計と充電機能、そしてワイヤレススピーカーが一体になった製品です。これ一台でベッドサイドがシンプルになる夢のような製品です!こりゃマジで欲しいわ!!

Wakeyの特徴の紹介写真。

Wakeyの特徴。目覚まし時計、ワイヤレス・USB充電。

だがしかし『soundcore Wakey』の予定価格は9,999円、残念ながら価格は安くないです。たっけーよ!!
いや高いのか??適当に試算してみると・・スピーカーが4500円、チャージャー機能が2800円(ワイヤレス)にプラスして1500円(ACアダプターね)。ここまでで8,800円。後1200円が時計の価格。え!考えみるとそれほど高くないじゃん?

なお、CES2019での発表時には$99.99でしたので、米国で購入するよりも安いです。

しっかし、この『soundcore Wakey』のデザインとカラー、ムッチャ可愛くないですかぁ!?

Wakeyのカラバリの写真

Wakeyのカラバリはネイビー、ブラック、ピンク、ホワイトの4色展開。

『soundcore Wakey』は Ankerならではのプロダクト。人に寄り添った存在であるスピーカーとチャージャー。これをワイヤレスチャージングも含めて一体化できるのはANKERだけでしょう!

↓以下想像です。

普通のスピーカーメーカーだと・・・
「いやー、わかりますよぉ。枕元にスピーカーと充電器。そして目覚ましでしょ?
やればできますよ、やれば。
しかし枕元で充電って危なくないですか!?
布団がかかってしまって高温になったりして!
そんなリスクを犯してまで当社でその製品必要ですか!?」
となるわけです。
やはり経験のないメーカーにとってチャージャー関連は安全対策などの面でリスクが高いのです。

これができてしまうのが ANKER ですよ!

↑想像ここまで。

Wakeyを発表する猿渡氏

Wakeyを発表する猿渡氏。

チャージングブランドとして、ここまで経験を積んだメーカーも少ないでしょう。

『soundcore Wakey』は、2019年夏発売予定。価格は9,999円を予定しています。

今回は、ANKERさんの新製品発表会である ANKER Power Conference '19 Summer でチェックしてきた『soundcore Wakey』を紹介します!

発売されました!

【実機レビュー】Anker Soundcore Wakey がかなり良い!FMラジオ、ワイヤレスチャージ、スピーカー、など機能満載で満足感がスゴイ!

アンカーの新製品発表会で注目していた Soundcore Wakey が発売されました!僕は、Soundcore Wakey をムッチャ楽しみにしていたので、アンカーさんに頼み込んで一足お先に実機を確 ...

続きを見る

soundcore Wakey 仕様

詳細なニュースリリースは無いため、簡易的な仕様紹介となりますが、ご了承を。

soundcore Wakey 仕様

品番 A3300

電源入力 : 15 V 3 A
ワイヤレス充電出力 : 10W (Samsung 用 ) 7.5W (iPhone 用 )
充電出力 : 5 V 2 A
オーディオ出力 : 5 W × 2
サイズ : 82 x 92 x 200 mm
重量 ( 本体のみ ): 572 g
Bluetooth: バージョン 5.0
Bluetooth 動作範囲 : 20 m

アプリ対応 あり、防水規格には非対応。

豊富な充電機能が魅力!

「Qi対応デバイスを天面に置くだけで、最大10Wでワイヤレス充電が可能(5W, 7.5W, 10Wに対応)。また、背面には2つのUSBポートも搭載。」

天面がワイヤレス充電ポートになっている。

ワイヤレス充電に対応したiPhoneにも対応。

iPhoneへのワイヤレス充電については、7.5Wに対応。

背面の2つのUSBポートは5V 2A に対応。(それぞれなのか合計2Aかは不明。取材不足ですが電源入力が5V 3AなのでUSBポートトータルで2Aかと)

スビーカーにバッテリーは内蔵せず、常にACアダプターを接続する必要があります。電源の入力は5V 3Aなのでそこそこサイズの大きなACアダプターが付属するのだと推測します。(←取材不足)

soundcore Zero のACアダプターが 5V 3Aです。

背面にはオーディオ入力端子があります。また、FMアンテナの接続端子も用意され、FMラジオにも対応!!

背面の大きめの穴は、バスレフポートでしょうか。スピーカースペックとしては5Wx2という情報だけでパッシブウーハーのような存在はなさそうです。

現行の soundcore Motion B が6Wx2なのでそれよりも出力としては弱い存在です。

操作ボタン類は前面下部に均等に並べられています。

左からライトセンサー、FM ラジオボタン、音量 - ボタン、多機能ボタン、音量 + ボタン、Bluetooth ボタン / Bluetooth 表示、時計ボタン です。

電源オンオフはACアダプターの抜き差しです。

「10種類のアラーム音に加え、快適な睡眠を促す睡眠導入音をアプリから選択可能」とのこと。

この『soundcore Wakey』に対応したスマホアプリはこれまでの soundcore アプリの模様。(soundcoreアプリの対応機器にWakeyが含まれています)

目覚まし機能はアプリで時間を設定。アラームが鳴っているときに、どれかのボタンを押すとスヌーズモードに入る。アラームを停止するには、いずれかの
ボタンを数秒間長押す必要があります。これならバッチリ目が覚めるかも・・!

『soundcore Wakey』の魅力ってなに?

まだ音質は確認していないのですが、多分軽めでカリッとした音がなるのかなぁ・・と思っています。(お願いして音を聴かせてもらえばよかった!取材不足です)

しかし『soundcore Wakey』のデザイン、機能の豊富さがすごい。これまでもスピーカーの内蔵バッテリーからスマホに充電できるスピーカーはありましたが、今回の『soundcore Wakey』は電源接続が必要で、どっしりした存在。まさにベッドサイドのハブのようなイメージ。

意外にもFMラジオ機能を積んできたのも面白い。製品にはワイヤー状のアンテナが付属するようです。

実物を使ってみないとわかりませんが、J-waveのグッドモーニングトーキョーで目覚めることもできるのかも!?(取材不足)

個人的には『soundcore Wakey』のステキデザインとカラバリが好き。Ankerらしさが凝縮されたプロダクトだなぁ・・。発売が楽しみです!

 



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-ANKER製品, オーディオ
-, , ,

© 2020 モノ好き。ブログ