本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Bose サウンドバー

Bose SoundTouch 300 SoundBar が Pre-Order中。(米国Boseの話です)

2016年9月17日

ボーズのシアターシステムである SoundTouchシリーズ に新機種が出るようです。米国はすでに先行してプレオーダーが開始されているようです。10月中旬に米国では発売予定のようです。

soundtouchi300

【追記】実際に SoundTouch 300 を使ってみてレビュー記事を書きました。

【レビュー】Bose SoundTouch 300 soundbar。実際に使ってわかった、実力とオススメ度。

Boseのホームシアター SoundTouch 300 soundbar を Boseさんからお借りすることができました!早速開封&使ってみましたので使用感などを紹介したいと思います! The そうじ ...

【追記ここまで】

横長のサウンドバーで、スタイリッシュなイメージ。

価格は、やや低めです。本体 699.95ドル。

好みに応じて バスモジュール(699.95ドル)、リアサラウンドスピーカー(299.95ドル)を追加できます。これらのモジュール、スピーカーはワイヤレスでの接続です!

↓まずはこのビデオでウーハーなどの並びを見ていただきたい!(10秒の位置です)いくつ付いているかよくわかりません!

BluetoothとWi-Fiに対応し、”For Music & Movies” をうたっています。

主たる入出力

  • HDMIの入力
  • HDMIの出力
  • 光オーディオ入力
  • 有線LAN
  • ADAPTiQ(自動音場補正機能)システムセットアップ用入力
  • バスモジュールへの物理出力

この他にCEDIA 2016にて、Lifestyle 650 & 600 も発表された模様です。

日本での展開は見えていませんが、Solo 5 の評判もいいようなので、SoundTouch 300 も販売して欲しいですね!(買えませんが)

CEDIAは、Custom Electronic Design & Installation Association の略のようです。米国でのホームシアター設備の施工認定プログラムを展開している団体のようですね。

CEDIA 2016は米国ダラスで9月16日〜17日の間、開催されました。

 



  • この記事を書いた人

The そうじろう

モノ系ブロガー。2014年から「モノ好き。ブログ」を運営。製品レビュー歴は10年を超えます。長年とあるメーカーに勤務し製品設計・開発に従事してきた経験を活かし、独自の視点でその製品の良さ紹介しています。

-Bose, サウンドバー
-,