オーディオ

【レビュー】完全ワイヤレスイヤホン「Tribit Flybuds 1」。ワイヤレス充電にも対応した高コスパTWSイヤホンです!

2020年7月19日

完全ワイヤレスイヤホン「Tribit Flybuds 1」を試しました!2020年6月に発売されたばかりの新商品です。「Tribit Flybuds 1」を実際に使ってみて、安定した接続、良好な音質、ワイヤレス充電にも対応するコスパの高い製品だと感じました。低価格の完全ワイヤレスイヤホンとしてオススメの商品です!

「Tribit Flybuds 1」本体

今回はメーカーさんよりレビュー用の商品を提供していただきました。Thank you!

▼▼ 今回紹介する商品はこちら!

Tribit Flybuds 1【Bluetooth5.0 ワイヤレスイヤホン2020年 ミニ型&IPX7防水】 最大30時間音楽再生/両耳 左右分離型/マイク内蔵/技適認証済/ブルートゥースイヤホン高音質 内蔵マイク搭載 USB充電&無線充電 iPhone/Android/iPad/PC 多機種対応

「Tribit Flybuds 1」の仕様について

「Tribit Flybuds 1」の仕様について確認していきましょう。Amazonの商品ページから引用しています。

【製品仕様】
Bluetooth仕様:Bluetooth5.0
通信距離:約15メートル
連続再生時間:約30時間
イヤホン重量 : 約 3.9g/一個 
防水規格:IPX7
本体重量:78g 
ケース寸法:約60.7x60.7x37(mm)
iOS、 Android、ipad、pcの様々なOSに対応できます。

特徴としては以下の通りです。

内蔵マイク
2種類のイヤーチップ付き
持ち運びに便利
メカニカルボタン(120g力)は,従来のイヤホンに比べ,軽くクリックするだけでイヤホンを制御できる
USB−cインタフェースは, USBの裏表を分けることなく,より効率的かつ高速に利用できる
1回の充電で最大音量の場合は5時間の連続使用が可能であるが、50%の音量であれば約6時間使用可能
充電ケースを合わせた4回の追加充電で最大30時間となります。
音場豊かな8.2mm径ダイナミックドライバーを搭載し、低音再生能力を備えていて、従来モデルより高い音質と震撼的な臨場感を与えます。
友人や家族、先輩などにプレゼント用にも最適

「Tribit Flybuds 1」の特徴について、ポイントをまとめると以下の通りです。

ポイント

  • 音場豊かな8.2mm径ダイナミックドライバーを搭載
  • 最大音量で約5時間の再生が可能
  • レース併用で最大30時間の再生が可能
  • IPX7の防水規格に対応
  • USB-C採用
  • ワイヤレス充電に対応

ケース含めての重さは78gで、持ち運びが苦にならないのもポイントです。
(写真ではストラップを取り付けて測定しているため、少し重く表示されています)

「Tribit Flybuds 1」重量

ストラップも付けての測定なので少し重くなり実測では 79g でした。

この価格帯でも充電ケースのワイヤレスチャージ対応が嬉しいです。
通勤・通学などでイヤホンを使って、家に帰ったらケースをチャージャーに乗せておけば充電されるのが非常に便利です。

「Tribit Flybuds 1」ワイヤレスチャージ

ANKER Soundcore Wakeyでもワイヤレス充電可能でした。

これでアンダー5,000円。買いでしょう!!

「Tribit Flybuds 1」の実機をチェック!

それでは「Tribit Flybuds 1」の実機をチェックしていきましょう。

外箱はシンプルでキレイなデザインです。

「Tribit Flybuds 1」外箱

箱のデザインもキレイ。

部分的に使われるオレンジがキレイです。

「Tribit Flybuds 1」外箱裏

箱の裏側。MODEL名はBTH91 Made in China です。

箱の中もしっかりと整えられており、いいですね。

「Tribit Flybuds 1」内箱

ケースと付属品が入っています。

内容物としては、「Tribit Flybuds 1」が格納された充電ケース、充電用ケーブル+ストラップ、イヤーチップ、説明書等のドキュメントです。

「Tribit Flybuds 1」セット内容

「Tribit Flybuds 1」のセット内容です。

写真ではわかりにくいのですが、充電用のUSBケーブルがストラップでまとめられているのがユニークでした。

付属のUSBケーブルは片側がUSB-Cになっています。

「Tribit Flybuds 1」付属ケーブルはUSB-C

付属のUSBケーブル

イヤーチップは2種類が付属します。なんとなくサイズが極小からLまで用意されているようにも見えます。

「Tribit Flybuds 1」イヤーピースは2種類

付属の交換用イヤーチップ。

充電ケースは丸くミニマルサイズです。

「Tribit Flybuds 1」充電ケース

ケース表面にはTribitのロゴがあります。

ケース底面には技適番号のブリントがされています。ワイヤレス充電にも対応しています。

「Tribit Flybuds 1」充電ケース裏側

充電ケース裏面。

ケースの側面には、カバーに覆われた充電用のUSB-Cポートが配置されています。

「Tribit Flybuds 1」充電ケース側面端子

側面にUSB端子があり、充電が可能。

「Tribit Flybuds 1」はケースにメカニカルなヒンジ機構を設けていません。ケースの上側と下側とをつないで一体成型し、そのつなぎ部分をハトメのようなパーツで留めることでヒンジの代用としているところがスゴイ!これは究極のコストダウンだと感じました!

「Tribit Flybuds 1」充電ケースを開く

メカニカルなヒンジではなく工夫されたパーツ設計で開閉機構を実現している。

さらにその折り曲げ部を利用することで、ストラップを付けられるというのもナイスアイデアです!この部分、アイディアが詰まっていますね!!

「Tribit Flybuds 1」ストラップ

ストラップ取り付け可能なのもポイントが高い!

イヤホンはマグネットで充電ケース内に固定されます。ケース内の2本の端子でイヤホンを充電するようです。

「Tribit Flybuds 1」充電ケースの接点

イヤホン本体の内側にも充電用の接点があります。

「Tribit Flybuds 1」本体充電端子

イヤホン内側。イヤーチップの交換も可能です。

「Tribit Flybuds 1」のイヤホン本体はIPX7に対応。非常に小型で寝ながら使う「寝ホン」としても役立ちそうです。

「Tribit Flybuds 1」本体

非常に小型なイヤホン本体。

コンパクトであるため、装着時には耳からの出っ張りも少ないのもうれしいところ。耳とのフィット感も良好です。左右の区別がつきにくいのですが、表面にR(右)とL(左)の表記があるので左右を間違う事はありません。

「Tribit Flybuds 1」

充電時には、イヤホン、ケースのLEDが光り、充電状態が把握できます。ケース側は4連のLEDです。

「Tribit Flybuds 1」は、価格から考えてもかなり満足のいく質感でした。特にミニマルサイズのイヤホン本体、ストラップ取り付け可能な充電ケースなどポイントが高いです!

「Tribit Flybuds 1」の使用感を紹介!

「Tribit Flybuds 1」の使用感を紹介します。

Bluetooth接続良好。各種レスポンスが嬉しい。

Bluetoothによるスマホとのペアリングはスムーズに完了しました。

街歩きでも試した範囲では途切れもありませんでした。

耳に装着すると、「パワーオン」「ペアリング」「コネクテッド」などの状況を英語でお知らせしてくれます!(カッコイイ!)

チャージするためにケーブルをつなぐとブルっとケースが振動します。(ワイヤレス充電も同様)

イヤホンの側面にボタンがあるのですが、操作には慣れが必要そうです。

フィット感が高い。

このようなレスポンスがしっかりあるとユーザーとしても安心しますね。

イヤホン本体は、かなり小さく、耳へのフィット感がかなり高い印象です。(このあたりは耳の形状にもよるでしょう)

「落ちてしまいそう」という心配はありません。

「Tribit Flybuds 1」の音質について

「Tribit Flybuds 1」の音も良好でした。

耳のフィット感が高いこともあり、低音が出ていて、好みの音!

もう少しギターの音が出るといいなぁとは思う事もありませんが、コスパの観点から考えるとこれはアリ。

イヤーチップは二種類が付属しています。

黒いイヤーチップの方が、高域もクリアになり低音も締まる印象がありました。(こちらの方が好きでした)
このあたりのイヤーチップによる音の違いを試すのも楽しみの一つです。

価格的にエントリーの完全ワイヤレスイヤホンですが「買ってみたけど価格に対してがっくり_| ̄|○」という事にはなりません。

これはアマゾンでのレビューからも確認できます。(多くの方がコスパの良さを感じているようです)

安心して購入してください。

「Tribit Flybuds 1」ってどう?

「Tribit Flybuds 1」について紹介してきました。

ポイントは価格、デザイン、コンパクトさ、ワイヤレレスチャージ対応、価格比満足いく音質 です。

「Tribit Flybuds 1」は5,000円を切る価格。
コストパフォーマンスが高い完全ワイヤレスイヤホンです。

▼▼ 今回紹介した商品はこちら!
クーポンやタイムセールで安くなっている時もあります!

Tribit Flybuds 1【Bluetooth5.0 ワイヤレスイヤホン2020年 ミニ型&IPX7防水】 最大30時間音楽再生/両耳 左右分離型/マイク内蔵/技適認証済/ブルートゥースイヤホン高音質 内蔵マイク搭載 USB充電&無線充電 iPhone/Android/iPad/PC 多機種対応



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-オーディオ
-, ,

© 2020 モノ好き。ブログ