「モノ好き。ブログ」は、The そうじろう がモノを中心に紹介するブログです。Bose、iPhone、Xperia、Mystery Ranch、ロフト が今は好き。イベント、ランチ、株主優待、ふるさと納税も紹介します。

モノ好き。ブログ

スマホ

Allroundoのケーブルがコンパクトでかわいい!そして便利![PR]

投稿日:2018年10月14日 更新日:

カールケーブルがかわいい、Allroundoのスマホ充電用ケーブルを紹介します。Allroundoの魅力はこのパッケージングにあります。円形のかわいいケースにカールケーブルがくるりと格納されていて、さらに各種変換アダプターもケース内にキレーイに収納できるのです。アダプターとの組み合わせにより micro USB、Lightning、USB-C に対応できるので、ほとんどの機器の充電が可能です!かわいいのにムッチャ便利!

今回は、メーカーさんからレビュー用サンプルをご提供いただいています!Thanks!!

ケースの質感がGood!

Allroundoの魅力の1つが、ケースです。丸いケースに合成皮革のストラップが付いています。

ケースに貼られているロゴシールにはシックなロゴと"Northern Germany"の文字が書かれていてかっこいいです。ただ、素材が紙のようで、スレなどですぐに傷がついてしまいそう(ちょっと心配)。

スレてきてしまったら、お気に入りのステッカーを貼っても良いでしょう。

背面には、Allroundoのロゴが大きく刻印されています。

せっかくのストラップとかわいいケースなので、バッグなどに取り付けたいですね。リュックの金具にカラビナをつけて、Allroundoを取り付けるのも良いでしょう。

リュックへの取り付けイメージです。

↓ ケースは、下側を持ち上げてオープンします。

↓ ケースはこのように全開になります。

ケースを開けると、ケーブル、アダプターがキレイに格納されています。

ケーブル、アダプターはやわらかい土台に固定されています。

不意にケースが開いてしまったり、ケースをひっくり返しても中身のケーブルが落ちる事はありません。(良く出来ています!)

とにかく全部入り!

Allroundoのプラスチック製ケースの中には、ケーブルと3つの端子アダプタが入っています。
・micro USBケーブル(給電側は Type A)
・Lightning端子アダプタ
・USB-C端子アダプタ
・USB-C端子アダプタ(給電側用)

ケースとその中に収まっていたケーブルとアダプター。

Allroundoは、普段持ち歩くスマホやイヤフォン、モバイルバッテリーなど、ほとんどのデバイスの充電が可能でファッションアクセサリーとして身に着けることが出来る、オールインワンなアイテムです。

充電元としては、Type A、USB-C に対応。充電先としては、Micro USB、Lightning、USB-C に対応しています。そのため、組み合わせとしては 6通りに対応します。

イロイロ良くできています!

Allroundoならとにかくコンパクトにまとまる。

普段は Lightningケーブルが必要な iPhone と iPad、Micro USBが必要なイヤホン類、USB-C が必要な Huawei P20(無印) を持ち歩いている僕。

ケーブル類はミニマムに↓この三本とUSB-Cの変換アダプターです。(ミニマムじゃないという話も・・)

短いライトニング、Micro USBケーブル、長いライトニング、USB-C変換アダプターがレギュラーラインナップ。左は Anker のモバイルバッテリー。

短いケーブルはLightningとMicro USBの二本。長いケーブルは Lightningのケーブルです。当初は短いケーブルだけだったのですが、新幹線や飛行機、観光バスなどで備え付けの充電機を使うには長いケーブルがあると便利!ということを学んだので長めのLightningケーブルも持ち歩くことにしています。

このバラバラしたケーブル類が、Allroundoなら↓こんなにコンパクトに!USB-Cのアダプターってパラパラしちゃって扱いに困っていたのでケースに収まるのが嬉しいです。

Allroundoなら、コンパクトにスッキリまとまります。

もちろんケーブルが一本になるので、同時に2つのデバイスを充電できない というデメリットはあります。(そもそも持ち歩いているモバイルバッテリーの端子が一つのモデルなので大きな問題はありません)

iPhone 7、9.7インチ iPad Pro の充電、Huawei P20 の充電(ややスロー) は確認できました。一方で Anker の入力がUSB-Cである「PowerCore+ 26800 with USB-C PD」への充電はできませんでした(USB-C=USB-Cに変換した場合、先端だけUSB-Cにした場合ともに充電出来ませんでした。)。

一部相性があるようなので、Amazonのレビューなどをご参考に。

カールコードがかわいい。

Allroundoの特徴の1つであるカールコード。通常はコンパクト。必要な時にビョーンと伸ばして使うことができます。

カールコード。黒よりもミントカラーがよかったかな・・?

↑このカールコードも、もっと伸ばせば50cm。もう少し長さが欲しいけど、なんとか実用範囲でしょう!

飲み会などで「あ、充電しとこ」なんて言って、このケーブルを出したら「かわいーーーっ!」って絶対に言われますよね。(僕なら絶対に言います(笑))

だって、くるくるってなっていて、びょーんってなるんですよ!?絶対かわいい!

正直、僕のメインスマホである iPhone への充電の場合にもアダプターが必要なのがちょっと残念なのですが、ケーブルが可愛いのでしかたがないです!

iPhone充電時には付属のアダプターが必要です。

目印によりアダプターの接続がわかりやすい。

Allroundoの各種アダプターには、メーカーのロゴが入っています。

ケーブル側のMicro USB端子にアダプターを接続する時には、Micro USBに印字されている文字とアダプターに印字されているロゴとを合わせるようにすればOKです。(簡単!)

メーカー名とロゴを合うせてアダプターを接続すればOKです。

アダプターの格納もケースの印字を目印に。

Allroundoには合計で3つのアダプターがセットになっていて、ケースから出して、しまう時にややこしそう!と思いがちですが、ケース側にアダプターの格納場所が刻印されていて迷う事はありません。整理が下手な僕でもいつも同じ場所に格納できます。ホント良く考えられています。

暗くて見えにくいのですが、Lightningの刻印が見えるでしょうか。

この刻印のおかげもあり、Allroundoのケーブルやアダプターは毎回開封したてのように気持ちよくケースに収まります。

Allroundo なかなか良いです。

Allroundoは、ハイセンスなケースを使いコンパクトであるため、持ち歩きしやすく、必要な時にすぐに利用できます。

ケース内部も格納が良く考えられていてケーブル、アダプターが整理して格納できます。

6通りの接続方法が可能で、多くのデバイスに対応できます。

Allroundo の隣は iPhone 6。サイズ感が伝わるでしょうか。

Allroundoは、商品パッケージも良くできているので、ちょっとしたギフトとして使っても良いですね!

Allroundoの商品パッケージです。

Allroundo ケーブルには、ホワイト、ミント、ブラックの3つのカラーが用意されています。

ホワイト、ミント、ブラックの三色展開。

ミントがケーブルカラーとしは珍しく、目立つのでオススメです!ホワイトもキレイめなのでいいですね!

Amazonにて 10月15日から10月31日まで 20%オフセールの予定!(変更の可能性あり、価格含めて商品ページにてご確認ください!)

↓Allroundo ミント

↓Allroundo ホワイト

↓Allroundo ブラック



-スマホ

Copyright© モノ好き。ブログ , 2018 All Rights Reserved.