オーディオ

【レビュー】 EarFun Free(2020最新進化版) 完全ワイヤレスイヤホンを試す!

2020年1月2日

EarFunの完全ワイヤレスイヤホンの最新モデル「【2020最新進化版】 EarFun Free」を紹介します!完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。ここ数年でアンダー5,000円の価格レンジでここまでの音質、十分な再生時間を確保し、さらにワイヤレス充電まで対応するとは!世の中の変化についてくのが大変です・・。今回メーカーさんからレビュー用サンプルを提供していただきトライした「EarFun Free」についての感想を紹介していきます。

文中では「EarFun Free」と表現していますが、特記のない場合には最新モデル「【2020最新進化版】 EarFun Free」のことを意味しています。

EarFun Free は軽い!

何がスゴイって、この軽さ。重さはわずか58g。この重さでケース併用すると30時間の再生が可能なのです!

EarFun Free 改良版

公式には60gですが、実測では58gでした。

完全ワイヤレスイヤホンは必ずケースも持ち歩く必要があります。そのケースが重いとテンションが下がりますが、この「EarFun Free」はケースも軽くて持ち歩きが苦になりません!

EarFun Free はデザインが良い!

EarFun Free はデザインがキレイです!!とてもイイ!!

EarFun Free 改良版

EarFunのホワイトモデル。清潔感がある。

EarFun Free 改良版

シンプルにEarFunと刻まれたホワイトのケース。

↓フタを開けてもキレイ。

EarFun Free 改良版

ケースを開けるとホワイトで統一されたイヤホンが登場。

EarFun Free 改良版

イヤホン本体もシンプルでキレイです!イヤーチップもホワイト!

ホワイトがとてもキレイで、かなり気に入っています。

気になるポイントを挙げるとすると、本体側面に配置されたボタン。この位置は力を入れると耳に押し付けることになるのでちょっと気になります。

ただし、僕は操作のほとんどをスマホ側で行うため、このボタン配置が決定的なマイナスポイントにはなりません。

ちょっといいな、と思ったのはこのボタンでの音量調整も可能なこと。R側のボタンの二回押しで音量アップ、L側ボタンの二回押しで音量ダウンです。

EarFun Free は充電端子がUSB-C!

さらに、充電の端子がUSB-C!Type Cの何がいいって、端子に上下(裏表)が無いところ。iPhoneのLightningケーブルみたいに気にせずケーブルを接続できるのです!

EarFun Free 改良版

充電端子は最新のUSB-C。

もちろん充電用のケーブルが付属しています!

EarFun Free 改良版

付属ケーブルもホワイトで統一してきています。

「EarFun Free」は1回の充電で6時間連続再生が可能。充電ケースによりイヤホンを4回フル充電可能です。(合計最大30時間再生)

また、イヤホンを10分間充電すると2時間再生可能です!これなら日常使いで十分です!

合計30時間なので、通勤往復2時間として、15日間(=半月)使えますね!

EarFun Free はワイヤレス充電にも対応!

「EarFun Free」はこの価格でワイヤレス充電にも対応しています!(スゴイ!)

EarFun Free 改良版

EarFun Freeはワイヤレスチャージングにも対応。

ワイヤレス充電の用途として、イヤホンとの相性が最高だと思っています。

家に帰って、チャージパッドの上に置いて充電する必要があるため、イヤホンのような家ではあまり使わないデバイスとは相性がいいのです。

一方、スマホとワイヤレス充電との相性はイマイチで、寝る前にスマホを使ってしまい、寝落ちすると朝充電されていないこともあります。

イヤホンのように家ではあまり使わないようなデバイスとワイヤレス充電との相性は抜群です。この価格帯でワイヤレス充電に対応したEarFun、エライ!

EarFun Free の音について

「EarFun Free」は完全ワイヤレスイヤホンで、Bluetoothの音声コーデックのSBCとAACに対応しています。イヤホン本体を耳に装着すると密閉感もありリスニングに集中できます。

価格を考えると音質は十二分に良い音です!低音は適度に強調されていますが、この加減がちょうど良いです。高音もクリアに聞こえ、価格を考えると満足度の高い音です。

【2020最新進化版】 EarFun Free

iPhone 11 Pro との相性も良い。

iPhone 11 Pro にて動作確認をしていますが、映像コンテンツにおいては、YouTubeでわずかに遅れを感じ(←これはよくあります)、Amazonプライムビデオでの映像視聴時の音ズレは、ほぼ問題がありませんでした。

「EarFun Free」は様々な点でバランス感が秀逸で、音楽を楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。

「EarFun Free」その他の情報

「EarFun Free」の周辺情報についてもお知らせしておきます。

パッケージデザインもキレイです。

【2020最新進化版】 EarFun Free

パッケージのデザインもキレイです。

内容物はイヤホン本体、ケース、ケーブル、イヤーチップ、ドキュメントです。

【2020最新進化版】 EarFun Free の同梱品

パッケージ内容です。

イヤーチップもホワイトで、S,M.Lの3サイズが用意されています。(Mサイズは本体に取り付け済み)

【2020最新進化版】 EarFun Free の基本仕様は以下の通りです。

主な仕様

Bluetooth規格:5.0
対応コーデック:AAC、SBC
Bluetoothプロファイル:A2DP、AVRCP、HFP、HSP
Bluetooth動作範囲:15m
重量:5.5g(片方のイヤホンのみ)、60g(充電ケース+イヤホン)
防水規格:IPX7
周波数特性:20Hz~20kHz

「EarFun Free」のレビューまとめ

最後に「EarFun Free」のポイントをまとめておきます。

今回完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Free」について使ってみた僕なりに感じた内容を書きました。「うわぁ、かなりホメまくっているなぁ・・」という印象を持たれたと思います。

ここで Amazonのレビュー(注:2020年進化版の前の商品ですが)を確認してみて欲しいです。→こちら

Amazonレビューの星は 4.7/5.0 です。473の評価の中で84%の方が星5つを付けています!これはスゴイ。価格が安いのにデザイン・音が良いという点で評価されているのだと考えます。

「EarFun Free」のおすすめポイントはこちら!

ポイント

  1. EarFun Free は軽い!(ケース含めて約60g)
  2. EarFun Free はデザインが良い!(清潔感のあるホワイトがおすすめ)
  3. 充電端子がUSB-C!
  4. 1回の充電で6時間連続再生。ケース併用で最大30時間再生!
  5. ワイヤレス充電に対応!
  6. EarFun Free は音も良い!
  7. 価格がこれでアンダー5,000円!

以上の通り「EarFun Free」はコスパの高い完全ワイヤレスイヤホンです。

2019年の年末に「【2020最新進化版】 EarFun Free」が発売されています。今回のレビューでもこの改良版で確認しています。

主な進化点(改善点)は以下の内容です。(メーカーさんからのコメントからピックアップして紹介しています)

  • 左イヤホン単独使用が可能に
  • Bluetooth通信品質の強化(より音が途切れにくい)
  • 「音量調節」の操作が可能に

多少の価格差であれば最新版の購入がおすすめです!

↓こちらが「【2020最新進化版】 EarFun Free」。

↓こちらが進化前のEarFun Free



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社勤めのサラリーマンです。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 でも、やっぱり猫が好き。

-オーディオ
-, , ,

© 2020 モノ好き。ブログ