PC

2021年に15インチMacBook Pro Early 2013 のバッテリー交換をおこなった話。

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Early 2013)の内蔵バッテリーをAppleストアにて2021年春に有償交換修理してもらいました。バッテリーの交換費用は21,780円。かなり高額の出費でしたが、交換してよかったな!と思いました。まだまだ愛用されている方も多いかと思います。比較的最近の情報であるため、みなさんの参考になればと思い、記事化しておきます。

僕のMacBook Pro (Retina, 15-inch, Early 2013)で起きた症状

僕のMacBook Pro (Retina, 15-inch, Early 2013)で起きた症状を紹介します。

ここ数年のことだと思いますが、電源を接続せずに使用していると、バッテリー残量が十分ある状態であるにもかかわらず突然画面が真っ暗になる現象が発生していました。キーの操作では反応がなく(電源オフしていると推測)、ACアダプターを接続して再起動させれば正常に動作します。その後はACアダプターを取り外してもおおむね正常動作します。

最近になって、下の画像のように「バッテリーの交換修理」が表示されるようになりました。

この表示がでるようになったのはmacOSをMojave更新したためかもしれません。それともOSに関係はなく致命的な状態になったのかもしれません。

システム情報にてバッテリーの状態を確認したところ、充放電回数は 442回でした。

公式情報によると MacBook Pro (Retina, 15-inch, Early 2013)の最大充放電回数は 1,000回。まだ半分に満たない回数なのに・・とも思いますが・・。

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Early 2013)を購入したのは、2014年。都合7年が経過していますので、さすがにバッテリーも交換時なのでしょう。

↓ 2014年にMacを購入した時の記事。この記録が残るところがブログの良さです!(1世代落ちで買ったつもりが想定外の2世代落ちだったという・・)

MacBook Pro 15インチ Retinaディスプレイモデル early 2013 を今更ながら購入。

アップルのMacを買いました。 今まで、MacBook Pro 13' Mid 2010 をBootCampで主としてWindows マシンとして使い、2013年7月にモバイル用・寝室用としてMacB ...

続きを見る

MacBookのバッテリー交換費用は以下の通りです。僕の15インチMacBook Proの場合 21,780円です。最新の情報については公式の情報をご確認ください。

MacBook Pro保証対象外修理サービス料金
16 インチ MacBook Pro21,780 円
15 インチ MacBook Pro Retina ディスプレイ21,780 円
13 インチ MacBook Pro Retina ディスプレイ21,780 円
15 インチ MacBook Pro14,080 円
13 インチ MacBook Pro14,080 円
MacBook Air保証対象外修理サービス料金
13 インチ MacBook Air14,080 円
11 インチ MacBook Air14,080 円
MacBook保証対象外修理サービス料金
12 インチ MacBook21,780 円

「うへぇぇぇ 2万円越えかよぉぉぉぉ」と思いました。

バッテリーを交換しても「最大7時間のバッテリー駆動時間(ワイヤレスインターネット閲覧)」のスペックは当然変わらず、今となっては見劣りするのは事実です。(16インチMacBook Pro で「最大11時間のワイヤレスインターネット閲覧」です!)

しかし、この質感、このディスプレイのパソコンが延命できるならバッテリー交換する価値がある!と判断しました。
キーボードも交換になる!という情報も決め手でした。

【修理前】長年の使用によりテカりが発生。さらにスキマにはホコリもかなり詰まっています!これがキレイになるなら!という思いもあり、バッテリー交換します!

(若干起動時間は長いものの)まだまだ MacBook Pro (Retina, 15-inch, Early 2013) は現役で使えますもん!!

なお、現在の用途はサブ機としての運用です。メイン機であるなら新規購入かな、と思います。

Genius Barを訪問し、有償修理。

バッテリー交換の決心をしたので Genius Barを予約訪問し、有償修理してもらいました。

スタッフさん、開口一番「あ、ビンテージMacですね」
*ビンテージ製品とは、販売中止から 5 年以上 7 年未満の製品だそうです。

その場で診断もしていただき、バッテリーが劣化していることを確認。

注意点・リスクとして以下の説明がありました。

  • パーツを集めての対応になる。(その場で修理はできない、時間がかかる)
  • パーツが手に入らず、修理せずに引き取ってもらうこともある。
  • 交換作業時、内部のコネクターなど劣化によりさらにダメージを負う可能性がある。
  • 90日間の初期不良保証期間の間に初期不良が見つかってもその時点でパーツがなく修理対応できない可能性がある。
  • 配送は出来ず店舗まで受け取りに来てもらう必要がある。(発送はできない)

初期不良があっても修理対応できない可能性については、かなりビビりました。

「持ち運ばないなら、修理せず、使う時には必ずACアダプターを接続して使うという考えもあります」
というコメントも。

しかし「バッテリー交換してみたい!」という気持ちに勝てず修理を決行しました!

ちなみに僕のMacBook Pro (Retina, 15-inch, Early 2013) の裏側はゴム足が1つ取れています。

「これもついでにチョイチョイと直してもらえませんか?」(取れた部品はあるのでボンドで付けるとか・・) ←言い方はもう少し丁寧です。

ゴム足は底パーツ(裏蓋)全体の交換となり、10,000円程度かかるとのこと。ここは断念しました。(両面テープで付けます)

修理に出してから、5日後に受け取り可能の連絡が来ました。

当初の予定に対して3日早い!結果でした。

結果はMacがピカピカになって戻って来て大満足!

【修理後】キーボードがホコリも無く、サラリとした表面に!!新品そっくりさんに!

【修理前】修理前にホコリが詰まっていた排気口。

【修理後】ホコリなくキレイに!!(写真が小さくてすみません)

側面のUSBポートなどのホコリも取り払われていました。(ありがとう!)

バッテリーも元気になりました!(製造元 SMP、デバイス名 bq20z451 なのは変わらず)

【修理後】

今回対応していただいた、ジーニアスバーの方も非常に丁寧で気持ちよかったです。

2万円出した価値はあったかな、と思っています! アップルさん、サンキュー!

これからもガシガシ使って行きます!!

ポイント

  • バッテリー交換の費用は21,780円
  • 修理に数日かかる
  • ストアに出すと引き取りに行く必要がある
  • 古い製品なので修理についてリスクがある
  • キーボードが新品に交換される!
  • 各所に溜まったほこりが取り除かれる!(必ずキレイになるとは限りません)
  • バッテリーが新しくなる!
  • Appleのスタッフさんの対応が気持良い!

▼ こちらのゴム足が評判良いのですが、15インチには使えないのでしょうか・・?(サイズ違うのかな)



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-PC

© 2021 モノ好き。ブログ