「モノ好き。ブログ」は、The そうじろう がモノを中心に紹介するブログです。Bose、iPhone、Xperia、Mystery Ranch、ロフト が今は好き。イベント、ランチ、株主優待、ふるさと納税も紹介します。

モノ好き。ブログ

Bose

Bose SoundLink Revolve 用の三脚にはマンフロットのコンパクト三脚 PIXI・PIXI EVO!

投稿日:2018年1月5日 更新日:

Bose SoundLink Revolve 用に三脚を購入しました。Manfrottoというイタリアの三脚ブランドの商品です。Manfrotto の商品はデザインが結構好きなのです。今回は、そのManfrottoのミニ三脚を二種類購入しました。

Bose の 360度スピーカーである、Bose SoundLink Revolve の底面にはユニバーサルマウントに対応した穴が空いています。この穴はいわゆる「三脚穴」であり、三脚などネジ径のあうスタンドを取り付ける事ができます。

床などにスピーカー直置きするより少し上にあげたい場合や、アウトドアなどで地面に起きにくい場合、そしてリスニングポイントを上にあげたい場合には三脚などを利用すると良いでしょう。

今回購入したのは、「Manfrotto ミニ三脚 PIXI」と「Manfrotto ミニ三脚 PIXI EVO」です。価格は PIXIが約2,200円、PIXI EVO が 約 3,600円です。EVOの方が少し高いのですが、機能は多いです。サイズ的にはPIXIの方が小さくていいのではないかな?と思います。

Manfrotto ミニ三脚 PIXI

Manfrottoのミニ三脚 PIXI (MTPIXI-B) の基本スペックは下記の通りです。

自重:230g
開脚時高さ:13.5㎝
格納時高さ:18.5㎝
最大耐荷重:1.0kg
材質:ステンレス

Manfrotto PIXI の上端には(当然ですが)三脚ネジが取り付けられていて、Bose SoundLink Revolve を取り付ける事ができます。

SoundLink Revolve 底面のユニバーサルマウントに取り付けます。取り付け時は、スピーカーまたは三脚のどちらかを回転させてネジ締めしていきます。

↓ SoundLink Revolve を Manfrotto PIXI に取り付けた状態です。三脚の足を閉じた状態です。

三脚をしっかりと開けば↓下の写真のように安定して立ちます。

Manfrotto PIXI は、三脚なので、角度を調整できます。(スピーカー設置時にはあまり使わないと思いますが・・)

赤いボタンを押すと押している間、ボール雲台がリリースされます。押しながら角度調整する事で、斜めに設置したりする事も可能です。

あまり角度をつけると、倒れやすくなるのでご注意を。

Manfrotto PIXI は、他のコンパクト三脚よりも高い価格かもしれませんが、非常にしっかりとした作りです。三脚の足自体もかなり硬質な素材で、単なるスピーカーの台だけではなく、ちょっとした撮影時の三脚としても使っていただきたいです!

今回紹介したブラック以外に、ピンク、レッド、ホワイトも用意されていますので、カラーも要チェックです。

Manfrotto PIXI EVO

Manfrotto PIXI EVO は、上で紹介した Manfrotto EVOよりも大きく、価格が高い三脚です。

開脚角度は2段階に変更可能、脚の長さは5段階に変更が可能
アダプトとアルミニウムの素材の組み合わせで軽量でありながらも、安定性を確保
開脚角度:2段階(55°/80°)/脚の長さ:5段階/全伸高:20cm/最低高:10.5cm
パン回転角:360°/自重 250g/最大耐荷重 2.5kg

モノとして高い存在なのですが、フットプリントが大きいです。

↓ スピーカーを取り付ける際には、台座についている円盤を回せばネジが回るようになっていて、ネジが締まっていく構造です。(結構便利)

ボール雲台のサイドについているノブを回すと雲台が自由に動くようになります。雲台を固定するにはノブの逆方向に回します。

足の開く角度が2段階用意されています。サイドについているスライドスイッチで角度を切り替えます。

足の長さも5段階変えられます。長さの調整は、それぞれの足にあるボタンを押しながら伸縮させます。

↓ 最も脚を縮めた状態。

↓ 最も脚を伸ばした状態。

脚を伸ばせば伸ばすほど高さが高くなります。(20cmまでの高さになります)

最後に

ざっくりと二種類の Manfrotto のミニ三脚を紹介しました。機能も PIXI EVO の方が多いのですが、サイズもかなり変わってきます。

使用されるシチュエーションによって、どちらを買うかを決めるべきだと考えます。

「テーブルの上などでちょっと高さをつけたい」という場合には PIXI をチョイス。

「少し高さを出したい」という場合には PIXI EVO をチョイスです。

Revolve+の重量は 0.91kgなので PIXI でも十分耐荷重を満たしていますが、サイズ感から考えると、Revolve+の場合には PIXI EVO をチョイスした方が良さそうです。(保有していない為試す事ができず残念です)

以上、Bose SoundLink Revolve/Revolve+ 用の三脚選びの参考になると幸甚です!

個人的には、Designed in Italy である Manfrotto を使うのがカッコイイと思っています!



-Bose
-, , ,

Copyright© モノ好き。ブログ , 2018 All Rights Reserved.