「モノ好き。ブログ」は、The そうじろう がモノを中心に紹介するブログです。Bose、iPhone、Xperia、Mystery Ranch、ロフト が今は好き。イベント、ランチ、株主優待、ふるさと納税も紹介します。

モノ好き。ブログ

ANKER製品

Zolo Liberty の新モデル 「Zolo Liberty S」、コンパクトな防水スピーカー Anker 「Soundcore Icon Mini」 を写真で紹介!

投稿日:2018年11月30日 更新日:

Anker PowerConference 2018 Autumn に参加し、今後販売が予定されているアンカーの新製品情報をゲットしてきました。Zolo Liberty のアップデート、Soundcore系の新製品に注目にレポートします!

今回の発表会で展示紹介されていたのは、完全ワイヤレスイヤホンの Zolo Liberty S、Soundcore Liberty Air、スピーカー製品では、Soundcore Model Zero、Soundcore Motion+、Soundcore Icon、Soundcore Icon Mini の四機種でした!今回の記事では、完全ワイヤレスイヤホン Zolo Liberty S、SoundCore Sport 後継の コンパクトな防水スピーカー Soundcore Icon Mini の2機種を中心に写真でくわしく紹介します!

今回スタッフの方に詳しい情報を聞くことができず、また、発売前であることから未確認な項目も多々ありますがご了承を。

Zolo Liberty S 再生時間が大幅にアップ!

人気の Zolo Liberty(無印)がS付きモデルにアップグレード!!販売開始 2019年Q1、価格は未定です。

外観の見た目は、Zolo Liberty(無印) と差がない模様。比較写真を撮影しましたが、どっちがどっちか区別が付きません。

↓違いがあるのは、裏面の印字。型番が異なるのです。(それだけ!?)

↓ Zolo Liberty(無印)の型番(Model)がZ2000なのに対して、Zolo Liberty S は 型番が Z2001 です。

すでに 技適取得済み。

それ伴い、FCCなど各種認証番号が変わっています。バッテリー容量は変わらず 2600mAhでした。製品名が Zolo Liberty のままでSの文字がないのが気になりますが、発売時には変更されるのかもしれません。

イヤホン本体も外観上は差が無いようでした。↓一方がZolo Liberty(無印)で、もう一方が Zolo Liberty S です。(スミマセンわからくなりました)

Zolo Liberty(無印)とZolo Liberty Sとで現在把握できている進化点は、Bluetoothバージョンが 4.2 → 5.0に、連続再生時間が 最大24時間 → 最大100時間(!!) の2つです。

バッテリーの容量は変わっていないのに再生時間がざっくり4倍になったのは驚き!!イヤホン単体での再生時間の情報は無いのですが、単純に計算すると 3.5時間だった再生時間が、14時間になってしまいます!!(詳細は未確認です)

重さは約105gとのことでほぼ同じ重量だと推測されます。

Zolo Liberty(無印)と上位機種である Xolo Liberty+ との差分であった グラフェンドライバーのサイズ、周囲音の取り込み機能のあり/なし、Zolo Life アプリ対応 の状況も気になるところ!(この辺りは、Zolo Liberty(無印) の仕様を継続かな・・と推測しています)

Zolo Liberty S の発売が楽しみです!

↓ Zolo Liberty(無印) についてレビューしています!

Zolo Liberty
Zolo Liberty レビュー。7,999円で期待超えの完全ワイヤレスイヤホン!

衝撃的な完全ワイヤレスイヤホンが登場しました!モバイルバッテリーで有名なアンカーのオーディオブランドである Zolo の Liberty です!価格はなんと 7,999円!2017年12月24日(クリ ...

続きを見る

Soundcore Icon Mini デザインがかわいい!!

Anker Soundcore Sport の魅了を受け継ぐ最新モデル Anker Soundcore Icon Mini が今後登場予定(発売開始時期、価格未定)です。展示会でチェックしたのみで音質は未確認なのですが、ムッチャコンパクト。とにかく、丸みを帯びたデザインがかわいいのです!Bluetooth 5.0対応、IPX7の防水対応、連続再生時間 最大8時間、重さは約180g。

↓この美しい丸み!!

ボタンはいつも通りの構成。低音の具合を切り替えるBass Upボタンはありません。

↓ 裏面はシンプルです。

資料には明記されていませんでしたので、推測ですがパッシブラジエーターを内蔵していて低音も出そうです。

サイズ感から Beoplay P2Bose SoundLink Micro を彷彿させます。

スピーカーとしてのワット数としては Anker Soundcore Sport と同じ3Wですが、この Soundcore Icon Mini も元気なサウンドを奏でてくれるのでしょうか!?

Soundcore Icon Mini の発売が待ち遠しい!!

↓ Anker Soundcore Sport についてもレビューしています。パンチの効いたサウンドが特徴でした!

買って実感!Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカーがとてもいい!

Anker SoundCore ポータブルワイヤレススピーカーに続いて、Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカーを購入しました! AnkerSoundCore ポー ...

続きを見る

その他の製品

Soundcore Liberty Air

Soundcore Liberty Air については、↓こちらの記事参照願います。2019年Q1発売開始予定、予定販売価格 7,999円です。

Anker Soundcore Liberty Air が2019年に発売される!スティックタイプハイコスパモデルの予感!

完全ワイヤレスイヤホンの新製品である Anker Soundcore Liberty Air が2019年Q1に発売されます!予定価格は税込 7,999円。Apple AirPods似の印象は拭えない ...

続きを見る

Soundcore Icon

発売開始 2019年Q1。価格未定。

IPX7、重量 約350g、5Wx2。

↓Soundcore Motion B との比較。Soundcore Iconの方が、背が低いですが横に長いです。

 

Soundcore Motion+

30W出力、高音質。重量 1000g。

Soundcore Model Zero 12月4日は20%オフ!!

発売開始 2018年12月4日。予想販売価格 19,800円。IPX5、60W、ハイレゾ対応とのこと。

ようやく販売開始です!実機の印象は品良くまとまっており、かなり好印象。

上部のハンドルが持ちやすくていい感じでした。女性が街中で持ち歩いても・・・スピーカーとは気づかれないかも・・。(いや、バレますか・・)

Bass Up テクノロジーに対応。

↓ カバーを開けると3.5mmのオーディオ入力と電源端子が見えました。USBでのチャージではなく、ACアダプターでの電源供給ではないかと推測します。

説明書の図においてもACアダプターのように見えます。

Soundcore Model Zero は、デンマークの Scan-Speak(スキャンスピーク)社設計のドライバーを Soundcore 製品として初めて搭載したモデルという点でも注目ですが、やはりデザインに注目です!Soundcore Model Zero のような特徴的なデザインだと、ドラマに登場したりインフルエンサーが紹介するとすぐに話題になって人気機種になりそうです!

2018年12月4日(火)10:00から販売で初回100個限定、20%OFFで販売されます!( Amazonのみ)
(税込19,800円→税込15,840円/※ 売り切れ次第終了)

以上、僕が気になったオーディオ製品を中心に紹介しました!!



-ANKER製品

Copyright© モノ好き。ブログ , 2018 All Rights Reserved.