サバイバル仕様な究極のモバイルバッテリーを紹介!

\ シェアしてください /

災害時には、情報収集・家族との連絡用のスマートフォン。情報収集に便利なスマートフォンでもバッテリー切れが起きればただの文鎮です。

その心配を解決するためには、防災グッズとしてのモバイルバッテリーを準備する事が一番。今回は、サバイバルシーンで本領を発揮するモバイルバッテリーとして、AUKEY(オーキー) の PB-P24 を紹介します!

Aukey PB−P24

このPB-P24モバイルバッテリー、機能がすごいのですよ!

  • 12,000mAhの大容量!
  • 2ポートの出力(同時に2つのスマホを充電可能)
  • ソーラーパネルで充電可能!(かなーり時間がかかりそうですが)
  • LEDライト搭載!(しかも2灯)
  • シガレットライター機能!(マジ!?)

まさに、バーサタイル!を具現化した存在!これは究極です!

合コンの席などで、このAUKEY PB-P24 をお披露目すれば、

「The そうじろうさん(のモバイルバッテリー)って、頼りになるぅ〜♥」

って感じでモテるんじゃないですか!?(←アサハカデスネ)

この AUKEY の PB-P24 モバイルバッテリー、上に書いた通り機能満載!防災グッズとして、非常持ち出しバッグに入れておきましょう!(3ヶ月に一度の充電を推奨されています)

今回は、レビュー用としてAUKEYさんにサンプルを提供していただきました!

Special Thanks:AUKEY

スポンサーリンク
ad1(336px)

モバイルバッテリー PB-P24 ボックス、内容物

AUKEY PB-P24 1200mAh Solor Power Bank の外箱です。

Aukey PB−P24 箱(表)

パワーバンク というのが、AUKEYのモバイルバッテリーのシリーズ名のようです。箱はAUKEYらしいダンボール調に黒い線画と文字が書かれています。

Aukey PB−P24 箱

1200mAh ソーラーパワーです!

箱の裏には会社名、住所等の情報の他に、Made in China の表記があります。

Aukey PB−P24 箱 裏

箱を開けてみると、USBケーブルが見えてきました。(反対から開けたのかも・・?)

Aukey PB−P24 ケーブル

内容物としては下の写真の通りです。(モバイルバッテリー本体、充電用USBケーブル、説明書、保証関連のカードが入っていました)

Aukey PB−P24 内容物

モバイルバッテリー本体、USBケーブル、説明書、保証関連のカード

保証期間は24ヶ月です!安心して使えます。

付属のUSBケーブルは、片側がMicroUSBで、もう一方は通常の端子です。

Aukey PB−P24 付属USBケーブル

モールド部分に、少しバリがありますが、実使用上は問題ないと思います。

長さは、1フィートです。コード部分の長さは24cmでした。持ち運びで邪魔にならず、ちょうど良い長さです。

説明書は、多言語対応で(複数の言語での説明が1冊になっています)日本語の説明もあります

モバイルバッテリー PB-P24 エクステリアと機能

AUKEY モバイルバッテリー PB-P24 本体をチェックしていきます。

PB-P24本体は、しっかりとした筐体で、サバイバルを意識した作りです。

Aukey PB−P24 本体

↓ 強度確保のためか、裏側にも、このようにゴツゴツとした凹凸があります。

Aukey PB−P24 裏

裏面の中央には、シルク印刷でスペックが記載されています。

Solar Power Bank
Model PB-P24
Capacity:12000mAh、111wh
Input: 5V 2A
Output 1/2: 5V 2.1A Max

↓ 厚みとしてはこのイメージです。サイズ:162 x 81 x 22mm 重さ:320g です。

Aukey PB−P24 斜めから

↓ 左サイドです。ライターのゴム蓋があります。

Aukey PB−P24 側面

正面上部にボタン、インジケーターが集中しています。

Aukey PB−P24

左上角にはストラップホールが用意されています。ストラップなどを取り付けると良いでしょう。

パネルに十分な光が当たっている場合には、ソーラー充電インジケーターが点灯し、本体バッテリーへの充電が行われます。撮影時にフラッシュを発光させたためか、ソーラー充電インジケーターが点灯した状態の写真になりました。

説明書によると ソーラーパワー 1.8w(ソーラーパネルの誤記?)、変換効率 23.5% です。知識がないため、太陽光でどの程度充電できるかは把握できていません。

Aukey PB−P24 ソーラーパネル

電源・ライターボタンを押すと電源が入り、残量インジケーターでバッテリー残量が表示されます。残量表示は、15%,50%,75%,100%の4段階です。

電源・ライターボタンを押し続けるとフラッシュライターがオンし、タバコ等に火をつけることができます。

シガレットライター機能が頼もしい!

左サイドのゴムキャップ下にシガレットライターが内蔵されています。

Aukey PB−P24 ライター部カバー

キャップを開くと、↓ ぐるぐるした部品が見えます。

Aukey PB−P24 ライター部

電源ボタンを押し続けると・・ポワッ!と赤くなります!

Aukey PB−P24 ライター高温

周囲がプラスティックであることも考えると、サッとタバコに火をつけたり、キャンプ等の種火への着火に使えます。(実際の使用においては、火事、火傷、機器へのダメージに注意してご利用ください)

試しにティッシュに火をつけてみたところ、しっかりと線香状に火がつきました。

キャップをしたままでもライターが発熱します。ただし一定時間または温度によって停止する仕様のようなので、溶ける事はなさそうです。(停止は確認しましたが、溶けないというのは推測です。くれぐれもご注意してお使いください)

 ライト機能が嬉しい!

ライトは贅沢にも2灯です。

ライトボタンの長押しで、底面に配置されているライトが点灯し、短押しでモードが切り替わります。

Aukey PB−P24 ライト

ライトボタンによって、ライトオン→SOSパターン→フラッシュライト→オフの順番でモードが変わります。

Aukey PB−P24 ライト

発光部は2つですが、ほぼ、一つの光のように照らします。

Aukey PB−P24 ライト

SOSパターンは、「・・・ --- ・・・」での点滅です。

バッテリー満充電の状態で、どの程度の時間ライトを点灯できるのかはわかりませんが、かなりの時間、持ちそうです。

二台同時充電可能

底面には、USBと刻印されたラバーキャップが配されています。

Aukey PB−P24 USB端子カバー

キャップを開けると、中央にバッテリー本体充電用の端子があり、その両脇に端末充電用のポートが配置されています。

Aukey PB−P24 USB端子

少し奥まった位置に端子があるため、出力電流を測定する装置をケーブルとの間に挟むことができませんでした。通常のケーブルであれば問題ないはずですが、バッテリーに直接差し込むタイプの機器を充電しようとした場合には、この段差によって、充電ができない場合が想定されます。

Aukey PB−P24 挿さらない

バッテリーへの充電においては、スペック通り約2Aの電流が流れていました。

Aukey PB−P24 充電電流

iPhoneへの充電については、先に記載した物理的な問題で充電電流の測定ができませんでした。スペック上の出力では、5V 2.1A です。iPhone では、1A程度での充電が実現されていると推測します。

Aukey PB−P24 充電中

本体への充電中や端末を充電している間には、残量インジケーターでバッテリー残量が表示されます。

Aukey PB−P24 充電中

AUKEY PB-P24 まとめ

AUKEY PB-P24 の 仕様上の重量は 320g です。家庭内での実測では 336gをマークしました。(測定器の精度は確保されていません。参考値です)

Aukey PB−P24 重量

ソーラー充電、ライト、そしてシガレットライター機能が”売り”のAUKEY PB-P24 です。これらの機能の無い AUKEY のモバイルバッテリー PB-N28 は、245gです。

価格も、PB-P24 3,199円に対して PB-N28 は 2,099円です。軽さ、価格を追求するなら、余分な機能の無い、シンプルな12000mAhクラスのモバイルバッテリーを購入した方が良いでしょう。

今回レビューした AUKEY PB-P24 は、ちょっとした心配に備えて用意しておくモバイルバッテリーです。

旅行、アウトドアのお供に。そして災害発生時を想定した防災用品として購入するのがピッタリです

もちろん、普段から持ち歩くのもありです!

災害の発生を事前に知る事ができませんし、ネタとしてお友達に紹介するコミュニケーションツールとしても使えるでしょう!出力が2ポートあるので、お友達と仲良く同時に充電もできます。

実は、あらゆる用途にマッチする事ができる、最強のモバイルバッテリー AUKEY PB-P24ですよ!

スポンサーリンク
ad1(336px)