ソニーWF-1000Xのアップデートが50%で止まる問題について。他のBT機器との接続切断がポイント。

\ シェアしてください /

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-1000Xの右側イヤホン音切れ問題を解消した本体ソフトウェアアップデート(Ver.1.0.7)が11月30日に公開されました!このアップデートの何がすごいって、何度アップデートを繰り返しても失敗が続き、成功しないのです。このWF-1000Xのアップデート失敗について twitter で情報をチェックする限り、多くの方の手元で発生している模様でした。(これにより、WF−1000Xの人気の高さもうかがい知ることができました!)

公開から1日が経過して、twitter 界隈では”アップデート50%で失敗問題” は iPhone での発生が多く、iPad ではアップデート成功!というような状況が見えてきました。

僕も、iPhone 7 + iOS 11.1.2 では 50%で失敗問題が発生(5回程度試行)しましたが、iPad Pro(9.7インチ) + iOS 11.1.2 では一回でアップデート成功しました!

こんなに問題になっているのに、ソニーからはアナウンスがないのか!?と思っていたら、FAQが用意されていました。

スポンサーリンク
ad1(336px)

ソニーのFAQには、12/1 時点ですでに”50%で失敗問題”の対応が用意されていた・・

ソニーのサポートページには、WF-1000Xに関して下記のQ&Aが掲載されています。

一つは、「失敗しました」と表示されるが、アップデートはできているパターン。(こちらのQ&Aから転載。これは僕の現象には該当しません)

本体ソフトウェアアップデート中に、「失敗しました」と表示され、Headphones Connect が終了してしまった(WF-1000X)
アップデート完了後に最初の画面に戻ってしまいました

「Headphones Connect」を起動し、本体ソフトウェアのバージョンをご確認ください。
内容
稀に上記の症状が発生しますが、ヘッドホンのソフトウェアバージョンが「1.0.7」と表示されればアップデートは正常に完了しています。
ソフトウェアバージョンが「1.0.7」未満の場合は、再度アップデートをおこなってください。

文書番号: SH000161511
更新日: 2017/12/01

もう一つは、50%で止まる!しかもiOSのケースが記載されていました!これは該当しそうです。(こちらのQ&Aから引用)

iPhoneなどios機器で本体ソフトウェアアップデートをおこなうと、「ソフトウェアの転送中」に50%で止まってアップデートができない。

下記をご確認のうえ再度アップデートをおこなってください。

内容

ios機器にBluetooth Low Energy機器(ウェアラブル端末、スマート・ウォッチなど)が接続されていると、アップデートできないことがあります。
本機以外のすべてのBluetooth機器とios機器の接続を切断してから、再度アップデートをおこなってください。

また、以下の点もご確認ください。
「Headphones Connect」以外のアプリをすべて終了する
iPhoneなどios機器とWF-1000X本体を極力近づける

周辺のWi-Fi機器やBluetooth機器など、無線を発している機器を遠ざける

文書番号: SH000161512
更新日: 2017/12/01

僕の場合、iPhone 7 で iOS 11.1.2 、そして Bluetooth Low Energy (BLE)で Misfit Ray というウェアラブル端末が接続されている状況でした!(これが原因だったのか!?)僕は所有していないのですが、Apple Watch などもBLEを採用しているのではないでしょうか??

推測ですが、iPhone を使っていて WF-1000X を購入するユーザー層は、Apple Watch やその他のBLE搭載デバイスを所有しているパターンは多いでしょうし、さらに iPad も所有している方も多いでしょう。そのため、BLEでデバイスを接続している iPhone では WF-1000Xのアップデートが50%で失敗する問題が発生し、あまりBLEデバイスを接続しない iPad ではアップデートが成功するのでしょう。

ソニーさん!この内容はアップデート手順のページにしっかりと記載しておくべきでしょう!(多くの方がストレスを感じ、時間を無駄にしています!)

2017/12/2 5:29 時点で、WF-1000X 本体ソフトウェアアップデート手順ページ(iOS)に記載されている注意事項は下記の3点です。

注意1)
アップデートのダウンロード中、データ転送中、アップデート実行中は、「本体を充電ケースに挿入」したり、「電源OFF」を絶対にしないでください。これらの操作をしてしまいますと、本機が使用できなくなることがあります。

注意2)
極力Bluetoothの接続が安定している環境でアップデートを行って下さい。
※電車など乗り物に乗っている状態やWi-Fiや電子レンジ、コードレス電話などの2.4GHz帯の電波が多く飛び交うような環境ではアップデートを行わないようご注意ください

注意3)
WF-1000Xやスマートフォンのバッテリーライフが十分にあることをご確認の上アップデートを行って下さい

ポイントは他のBluetooth機器との接続切断

僕の場合には、iPad Proでアップデートしてしまったので、iPhone の他のBluetooth接続を切断する事でうまくいくかどうかはわかりません。

しかし、前述のFAQに記載されている通り、他のBLE接続機器(特にApple Watch)による影響はあるはずです。(僕の場合には、ウェアラブルデバイスの Misfit Ray が原因だったと推測します)

現在WF-1000Xのソフトウェアアップデートで失敗している方には、他のBluetooth機器との接続を解除した状態でのアップデートを試してみて欲しいと思います。(結果について、コメントいただけると参考になります!)

ここで”接続を解除”と言っているのは、”未接続”の状態を意味しています。

接続済みデバイスの i をタップすると 「接続解除」と「このデバイスの登録を解除」の二つが表示されます。

↓ 例が悪く、WF-1000Xになっていますが、WF-1000X以外のデバイスの接続を解除するのが手順です。WF-1000Xの接続は解除しないでください。

例としてWF-1000Xになっていますが、WF-1000Xとの接続を解除しろと言う事ではありません。

「接続解除」をタップして、WF-1000X以外のデバイスが未接続の状態になっていれば良いと理解しています。

うまくアップデートができれば、その後に接続したいデバイスをタップすれば再接続されるはずです。(デバイスがパワーオンして待ち受けになっている必要があります)

”接続済み”状態で「このデバイスの登録を解除」しか表示されない場合には、登録を解除するしかないでしょう。(僕のMisfit Rayはそのパターンです)アップデート完了後に再度ペアリングが必要になるはずです。

それでもアップデートが失敗する場合には、こちらのページを参照いただき、ソニーのサポートに相談しましょう!

アップデート時間が長かった(iOSは約37分)

どこかの記事で、アップデート時間が17分程度という記載を見た記憶があるのですが、40分弱でイヤホン本体へのアップデート転送&アップデートが完了しました。これは環境によるものでしょうが、アップデート中に画面を「閉じないでください」というメッセージが記載されている事もあり、インターネットやSNSなど他の作業ができないのも苦痛でした。

本体ソフトウェアアップデート手順のページにも、「iOSの場合、上記6から10の手順で約37分かかります。」という記載がありました。(Androidの場合には、「Androidの場合、上記6から10の手順で約17分かかります。」という記載がありました)

1.0.7にアップデートしたら室内でも音切れが発生するのですが・・?

音切れ対策が施されたWF-1000X本体ソフトウェアにアップデートした後から、室内で使っていて右側の音切れが頻発しています。

アップデートする前までは調子が良かったのに・・アップデートしたら目立つのです・・。

ちょっと確認してみると、Bluetooth接続にWF-1000Xが並んで2つ現れていました。(一つは未接続でもう一つは接続済み)

とりあえず未接続のWF-1000Xを削除しておきました。

何度か接続し直しため、複数登録されていたのかもしれません。この状態で少し様子を見ます。

最後に

WF-1000X は なかなか良いイヤホンだと思います。僕にとっては音切れについてアップデートしなくても特に問題ありませんでした。(Ver.1.0.5 でした)

WF-1000X イヤホン

実際にアップデートして、失敗を繰り返したわけですが、今回のアップデートできない問題についてソニー側から積極的に情報公開されなかったのは少し残念でした。

また、アプリでしかアップデートできず、しかもケースから取り外した状態でなければアップデートできないというのも「残念仕様」でした。(バッテリーが持たないのに、ケースから取り外して・・という仕様に驚き)

Bose SoundSport Free であれば、[ケースに装着&カバーを開けておく] の状態で無線でのアップデートが可能ですし(非常に時間がかかる)、ケースとPCを接続してPCからのアップデートも可能なのです(時間は比較的短い)。このあたり、イヤホン本体の端子数による制約かな、と思います。(コストですね)

しかしながら、これに懲りず、ソニーには積極的にアップデートを行っていただきたいと思います!

当ブログでは、完全ワイヤレスイヤホンを各種紹介しています!

↓ WF-1000X レビュー!

ソニーWF-1000Xを購入!音質が良いという評価は本当か?
ソニーの完全ワイヤレスイヤホンWF-1000Xのレビューです。宇多田ヒカルさんのCMでも話題のWF-1000Xですが、音質が良い・悪い、音切れが多いなど評価が割れています。実際に使ってみると、バッテリー持続時間、動画音声の遅延など注意点はありますが、通勤通学には十分で、音質も良好。音切れも少なく非常に好印象でした。

↓ Bose SoundSport Free についても紹介しています!

Boseの完全ワイヤレスイヤホン SoundSport Free wireless headphones 購入レビュー!
Bose初の完全ワイヤレスのイヤホン、SoundSport Free wireless headphones を購入しました!左右のイヤーピースをつないでいたワイヤーが無くなり、活動の自由度が上がったトゥルーワイヤレスモデルです。音質は左右間ワイヤーありの SoundSport ...

↓ Beoplay E8 について紹介しています!NFMIで途切れが少ない!

Beoplay E8 レビュー。大人のあなたが選ぶべき完全ワイヤレスイヤホン。
BANG & OLUFSEN から発売されたばかりの完全ワイヤレスイヤホン、Beoplay E8 について紹介します!ケースを含めて全てが上質、エレガント。まさに、大人の為の完全ワイヤレスイヤホンです。左右の接続にNFMIが使われており、完全ワイヤレスの悩みである左側の音...

スポンサーリンク
ad1(336px)

コメント

  1. 匿名 より:

    apple watch をオフにしたら成功しました。何回も50%で失敗し続け途方にくれてました。情報ありがとうございました。

    • The そうじろう より:

      匿名さま
      コメントありがとうございます!
      Apple Watch との接続が影響するのですね。
      2回はアップデートできませんし、Apple Watch は保有しておりませんでしたので、助かりました!